スキップしてメイン コンテンツへ
スクリーン リーダーを使って PowerPoint でプレゼンテーションを表示する

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でプレゼンテーションを表示する

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

[発表者] ビューまたは [スライドショー ] ビューを使用して、プレゼンテーションを対象ユーザーに配信するには、キーボードとスクリーンリーダーで PowerPoint を使います。 プレゼンテーションを最大限に活用するには、発表者ツールを使うことをお勧めします。 ここでは、ナレーター、JAWS、および NVDA でテストしていますが、他のスクリーンリーダーと共に使用できるのは、一般的なアクセシビリティ標準と手法に準拠しているためです。

[スライドショー ] 表示では、2番目のディスプレイに接続しているときに、発表者ビューが自動的に開始されます。 発表者ツールでは、プレゼンテーション中にノートを操作できます。参加者にはスライドのみが表示されます。

注: 

この記事の内容

スライド ショーを開始する

  1. プレゼンテーションを PowerPointで開きます。

  2. スライド ショーを開始するには、F5 キーを押します。

    2 つ目のディスプレイに接続していると、発表者ツールが自動的に開始されます。 単一のモニターで作業している場合に、発表者ツールに移動するには、スライド ショーで Shift キーを押しながら F10 キー、R キーを押します。

  3. スライド間の移動方法:

    • 次のスライドに移動するには、pagedown キーを押します。

    • 前のスライドに戻るには、Pageup キーを押します。

    • 特定のスライドに移動するには、スライド番号を入力して Enter キーを押します。

    • コンテキスト メニューを開くには、Shift キーを押しながら F10 キーを押します。 下方向キーを使用して、メニューのオプション間を移動します。 移動するたびにスクリーン リーダーが項目を読み上げます。

  4. スライド ショーを終了するには、Esc キーを押します。

発表者ツールを使用してプレゼンテーションを行う

発表者ビューでは、 PowerPoint のプレゼンテーションの実行に役立つキーボードショートカットを使用できます。

操作内容

キー

ノートの次の行を読み上げます。

Alt + A

ノートの前の行を読み上げる。

Alt + Z

経過時間を読み取ります (これで、発表者ツールを開始するとすぐにタイマーが開始されます)。

Alt + W

次の手順を読み上げる (たとえば、次のスライド、次のアニメーション、スライドショーの最後)。

Alt + Q キー

発表者ツールを閉じるには、Esc キーを押します。

黒い画面を表示する

プレゼンテーションを一時停止し、空白の黒い画面を表示するには、B キーを押します。プレゼンテーションに戻ってスライドを再度表示するには、Esc キーを押します。

ヒント: 代わりに空白の白い画面を表示するには、W キーを押します。戻るには、W キーをもう一度押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint で発表者のノートとコメントの読み上げまたは追加を行う

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でプレゼンテーションを印刷する

ショートカット キーを使用して PowerPoint プレゼンテーションを行う

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint でプレゼンテーションを作成するための基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーンリーダーを使用して PowerPoint を参照して操作する

スライドショービューまたは発表者ツールを使用して、プレゼンテーションを対象ユーザーに配信するには、キーボードと、macOS の組み込みスクリーンリーダーである VoiceOver を使用して PowerPoint を使用します。 スライド ショー表示では、自分のコンピューター画面に表示されているプレゼンテーションと同じものが対象ユーザーに表示されます。 発表者ツールでは、自分のコンピューター画面に発表者のノートを含むプレゼンテーションを表示しながら、対象ユーザーにはノートのないスライドを表示することができます。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • キーボード ショートカットについては、「PowerPoint 2016 for Mac のショートカット キー」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

スライド ショーを開始する

  1. プレゼンテーションを PowerPointで開きます。

  2. スライド ショーを開始するには、Command キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押します。

  3. 次のスライドに進むには、Space キーを押します。 前のスライドに戻るには、Delete キーを押します。

  4. スライド ショーを終了するには、Esc キーを押します。

発表者ツールを使用してプレゼンテーションを行う

2 つの画面を使用することで、対象ユーザーには別の画面でスライドを表示しながら、他のプログラムを実行して画面に発表者のノートを表示することができます。

発表者ツールを設定する

発表者ツールを使うには、自分のコンピューターが複数のモニターに対応していることと、2 番目のモニターまたはコンピューターが自分のコンピューターに接続されていることを確認します。

2 つの画面にプレゼンテーションを表示する

  1. プレゼンテーションを PowerPointで開きます。

  2. まだ画面を共有していない場合は、プレゼンテーションを表示するコンピューター上で Command + F2 キーを押します。

  3. 自分のコンピューターの発表者ツールでプレゼンテーションを開始するには、Option + Enter キーを押します。

    自分の画面には発表者のノートとスライドが表示され、他の画面にはプレゼンテーションのみが表示されます。

    ヒント: 発表者のノートが間違った画面に表示される場合は、表示を切り替えることができます。 Control + Option + I キーを押して Item Chooser を開き、「ディスプレイの切り替えボタン」と入力します。 Control+Option+Space キーを押してボタンを選択し、Control+Option+Space キーを押して切り替えます。 フォーカスはまだボタンにあります。 このボタンから移動するには、右方向キーを押します。

  4. 次のスライドに移動するには、N キーを押します。前のスライドに戻るには、P キーを押します

  5. 発表者のノート セクションに移動するには、VoiceOver で、"ノート ペイン、レイアウト エリア" と読み上げられるまで右方向キーまたは左方向キーを繰り返し押します。 Control+Option+Shift キーを押しながら下方向キーを押して選択すると、VoiceOver によってノートが読み上げられます。 発表者のノートを閉じるには、Control+Option+Shift キーを押しながら上方向キーを押します。

  6. プレゼンテーションを停止するには、Esc キーを押します。

黒い画面を表示する

プレゼンテーションを一時停止し、プレゼンテーション中に空白の黒い画面を表示するには、B キーを押します。プレゼンテーションに戻ってスライドを表示するには、B キーをもう一度押します。

ヒント: 代わりに空白の白い画面を表示するには、W キーを押します。戻るには、W キーをもう一度押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint で発表者のノートとコメントの読み上げまたは追加を行う

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でプレゼンテーションを印刷する

PowerPoint for Mac のキーボード ショートカット

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーンリーダーを使用して PowerPoint を参照して操作する

PowerPoint では、iOS の組み込みスクリーンリーダーである VoiceOver を使用して、プレゼンテーションのスライド間を移動することができます。 スライド ショーを開始、移動、終了する方法と、黒いスライドを使用してプレゼンテーションを非表示にする方法について説明します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • PowerPointのタッチ機能については、「 PowerPoint For iPhone タッチガイド」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

スライド ショーを開始する

  1. プレゼンテーションを PowerPointで開きます。

  2. VoiceOver が "このスライドからスライド ショーを開始します、ボタン" と読み上げるまで、1 本指を使って右方向にスワイプします。 画面をダブルタップし、スライド ショーを開始します。

スライド間を移動する

  1. 次のスライドに進むには、スライド ショー プレゼンテーションで 3 本指を使って左方向にスワイプします。 前のスライドに戻るには、3 本指を使って右方向にスワイプします。

  2. スライドに移動すると、VoiceOver がスライド タイトルを読み上げます。 スライドの残りのコンテンツを読み上げるには、1 本指を使って右方向にスワイプします。 フォーカスが次のテキスト ボックスに移動し、VoiceOver がコンテンツを読み上げます。

    ヒント: ノック音が聞こえたら、スライドの最後に達しており、他に読み上げるコンテンツがないことを意味します。

  3. スライド ショーを終了するには、3 本指を使って左方向にスワイプします。スライド ショーの最後に達すると、スライド ショー ビューが閉じます。

    スライド ショーをすぐに終了するには、3 本指を使って下方向にスワイプし、ツールバーを表示します。 VoiceOver が "スライド ショーを終了します、ボタン" と読み上げるまで、1 本指を使って画面の左上隅までゆっくりとドラッグします。 ダブルタップしてボタンを選び、スライド ショーを終了します。

プレゼンテーションを非表示にする

  1. スライド ショー プレゼンテーションで 3 本指を使って下方向にスワイプして、ツールバーを表示します。

  2. VoiceOver が "スライド ショー黒、ボタン" と読み上げるまで、1 本指を使って画面の右上隅にゆっくりとドラッグします。 ダブルタップしてボタンを選び、プレゼンテーションを非表示にします。

  3. フォーカスはまだボタンにあります。 VoiceOver が "スライド ショー標準、ボタン" と読み上げます。 スライドをもう一度表示するには、画面をダブルタップします。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint のスライドを操作する

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint でプレゼンテーションを保存する

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーンリーダーを使用して PowerPoint を参照して操作する

PowerPoint for Android では、Android の組み込みスクリーン リーダーである TalkBack を使用して、プレゼンテーションのスライド間を移動できます。 スライド ショーを開始、移動、終了する方法と、黒いスライドを使用してプレゼンテーションを非表示にする方法について説明します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • PowerPoint for Android のタッチ機能については、「PowerPoint for Android タッチ ガイド」を参照してください。

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

スライド ショーを開始する

  1. プレゼンテーションを PowerPointで開きます。

  2. "プレゼンテーション ボタン" と読み上げられるまで 1 本の指で右にスワイプします。 画面をダブルタップし、スライド ショーを開始します。 "選択済み、スライド 1" と読み上げられます。

スライド間を移動する

  1. スライド ショーの表示中に、次のいずれかの操作を行います。

    • 次のスライドに進むには、"次のスライド ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

    • 前のメールに戻るには、左にスワイプし、"前のスライド ボタン" と読み上げられたら画面をダブルタップします。

  2. スライドに移動すると、TalkBack がスライド番号を読み上げます。 スライド タイトルを読み上げるには、"タイトル テキスト ボックス <タイトル>" と読み上げられるまで左にスワイプします。 スライドの残りのコンテンツが読み上げられるようにするには、1 本の指で右にスワイプします。 次の要素にフォーカスが移動して、TalkBack がコンテンツを読み上げます。 TalkBack でテキスト要素が "コンテンツ プレースホルダー <テキスト>" と読み上げられます。

    ヒント: 次のスライド番号が読み上げられない場合は、スライドの最後に達しており、それ以上読み上げるコンテンツがないことを意味します。

  3. スライド ショーを終了するには、"スライド ショーの終了ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

プレゼンテーションを非表示にする

プレゼンテーションを一時停止し、空白の黒い画面を表示します。

  1. スライド ショーの表示中に、"オフ、空のスクリーン、切り替え" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 "オン" と読み上げられます。

  2. スライドをもう一度表示するには、画面をダブルタップします。 "オフ" と読み上げられます。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint のスライドを操作する

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint でプレゼンテーションを保存する

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーンリーダーを使用して PowerPoint を参照して操作する

PowerPoint Mobile では、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、プレゼンテーションのスライド間を移動できます。 スライド ショーを開始、移動、終了する方法と、黒いスライドを使用してプレゼンテーションを非表示にする方法について説明します。

注: 

この記事の内容

スライド ショーを開始する

  1. プレゼンテーションを PowerPointで開きます。

  2. "プレゼンテーション ボタン" と読み上げられるまで 1 本の指で右にスワイプします。 画面をダブルタップし、スライド ショーを開始します。

    ヒント: 画面を検索することで、アイテムを探すこともできます。 検索するには、画面に指を置いてドラッグします。 アクセスするたびにナレーターがアイテムを読み上げます。

スライド間を移動する

  1. スライド ショーの表示中に、次のいずれかの操作を行います。

    • 次のスライドに進むには、"次のスライド ボタン" と読み上げられるまで右または左にスワイプし、画面をダブルタップします。

    • 前のメールに戻るには、左にスワイプし、"前のスライド ボタン" と読み上げられたら画面をダブルタップします。

    ヒント: 最後のスライドが表示されると、"スライド ショーの最後です" と読み上げられます。 画面をダブルタップして、プレゼンテーション表示を閉じます。

  2. ナレーターがスライド番号とタイトルを読み上げます。 フォーカスをスライド タイトルに移動するには、"タイトル テキスト ボックス" と読み上げられるまで右にスワイプします。 スライドの残りのコンテンツが読み上げられるようにするには、1 本の指で右にスワイプします。 フォーカスは次の要素に移動します。 ナレーターが、"コンテンツ プレースホルダー" とテキスト要素を読み上げます。

    ヒント: 右にスワイプした後で、"ノート" と読み上げられた場合、スライド内にそれ以上コンテンツがないことを意味します。

  3. プレゼンテーションの途中でスライドを終了する場合、"スライド ショー終了ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプして、読み上げられたら画面をダブルタップします。

プレゼンテーションを非表示にする

プレゼンテーションを一時停止し、空白の黒い画面を表示します。

  1. スライド ショーを表示中に、"オフ、空のスクリーン ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 "オン、空のスクリーン ボタン" と読み上げられます。

  2. スライドをもう一度表示するには、画面をダブルタップします。 "オフ、空のスクリーン ボタン" と読み上げられます。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint のスライドを操作する

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint でプレゼンテーションを保存する

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

スクリーンリーダーを使用して PowerPoint を参照して操作する

キーボードと画面で Web 用 PowerPoint を使って、プレゼンテーションを対象ユーザーに提供します。 ナレーターと JAWS を使ってテストしましたが、一般的なアクセシビリティ標準と手法に従う限り、他のスクリーンリーダーと連携する可能性があります。 スライドショーを開始、移動、終了する方法について説明します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • Web 用 PowerPoint を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。 Web 用 PowerPoint は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 キー (ヘルプ) や Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Web 用 PowerPoint には適用されません。

スライド ショーを開始する

  1. [表示] タブに移動するには、Alt キーを押しながら Windows ロゴ キーを押し、W キーを押します。"選択済み、表示タブの項目" と読み上げられます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • プレゼンテーションの最初のスライドからスライド ショーを開始するには、B キーを押します。

    • 現在のスライドからスライド ショーを開始するには、C キーを押します。

  3. スライドショーが開始されます。 次のスライドに移動するには、N キーを押します。前のスライドに移動するには、P キーを押します。

  4. スライド ショーを終了するには、Esc キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint のスライドを操作する

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でテキストを追加し、書式を設定する

PowerPoint Online のショートカット キー

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint でプレゼンテーションを作成するための基本的な作業

スクリーンリーダーを使用して PowerPoint を参照して操作する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×