スクリーン リーダーを使って Outlook 内のフォルダーを操作するには

スクリーン リーダーを使って Outlook 内のフォルダーを操作するには

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボードと JAWS など、組み込みの Windows スクリーン リーダーのナレーターのスクリーン リーダーを使ってOutlook 2016を使用して、新しいフォルダーを作成して、アイテムを移動します。名前変更、移動、またはフォルダーを削除するもことができます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Outlook のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

フォルダー ウィンドウを表示します。

Outlook内のフォルダーで作業を開始するにする必要が最初のフォルダー ウィンドウが表示されているかどうかを確認します。

Outlookメイン ビューで、 [フォルダー] ウィンドウを表示するには、alt キーを押しながら V、F、n ください。 を押します

新しいフォルダーを作成する

、たとえば、送信者、件名に従って、メールを整理するために新しいフォルダーを作成することができます。

  1. Outlookメイン] ビューで、alt キーを押しながら O、なければキーを押す.サウンドが:"新しいフォルダーの作成、名前を編集します"。名前のテキスト フィールドには、フォーカスがあります。

  2. フォルダーの名前を入力し、Tab キーを押し、[します。「フォルダーが含まれている、」のサウンドが、現在選択されているオプションを続けます。

  3. 新しいフォルダーに含まれる項目の種類を選択するには、alt キーを押しながら下方向キーを押します。上矢印または下向き方向キーのし、Enter キーを押して、目的の種類が聞こえるまでします。メールのフォルダーを作成する場合は、メールと投稿アイテムを選択します。

  4. 新しいフォルダーを作成するには、Tab キーを押し、場所を選択します。サウンドが:「受信トレイ」と表示されます。↑ キーを押してまたは下方向キーの場所が聞こえるまでします。

    たとえば、受信トレイと同じレベルのフォルダーを作成する場合は、キーを押して上方向キー、メール アカウントの名前が聞こえるまで。別のフォルダー内に新しいフォルダーを配置する場合、方向キーを押してまたは下方向キー、フォルダーが聞こえるまで場合します。

    後で、[フォルダーの場所を変更することができます。手順については、フォルダーを移動するに進みます。

  5. 問題がなければ、選択肢を含む、いったん enter キーを押します。フォルダーには、アルファベット順または、選択内容に応じて、別のフォルダー内のフォルダー ツリーのいずれかが追加されます。

メールをフォルダーに移動します。

  1. フォルダーに移動するメールに移動します。

  2. Ctrl キーと shift キーを押しながら V キーを押します。[アイテムの移動] ダイアログを開きます。

  3. 上矢印または下向き方向キーのし、Enter キーを押して、目的のフォルダーが聞こえるまでします。

フォルダーの名前を変更する

  1. Outlookメイン ビューでは、現在選択されているフォルダーが聞こえるまで F6 キーを押します。

  2. 上矢印または下方向キー、フォルダーが聞こえるまでする名前の変更、shift キーを押しながら F10、R. キーを押します「編集、」現在のフォルダー名が続くが聞こえます。

  3. 新しいフォルダーの名前を入力して、し、Enter キーを押します。

フォルダーを移動する

  1. Outlookメイン ビューでは、現在選択されているフォルダーが聞こえるまで F6 キーを押します。

  2. 方向キーを押してか矢印キーを押し、フォルダーが聞こえるまでし、移動、shift + f10、M キーを押します。[フォルダーの移動] ダイアログを開きます。フォルダー一覧には、フォーカスがあります。

  3. 方向キーを押してまたは下向きの矢印キーをフォルダーを移動する場所を聞くし、Enter キーを押します。

フォルダーを削除する

フォルダーを削除するときにまずOutlookで削除済みアイテムフォルダーに移動されます。フォルダーを完全に削除するには、[削除済みアイテム] フォルダーを空にするか、個別に削除済みアイテムフォルダーからフォルダーが 1 つだけを削除します。

フォルダーを削除すると、その中のすべてのアイテムも削除しています。

削除済みアイテム] フォルダーに移動します。

フォルダーは、 [削除済みアイテム] フォルダーに移動した、ときに、別のフォルダーに移動しても取得できます。手順については、フォルダーを移動するに進みます。

  1. Outlookメイン ビューでは、現在選択されているフォルダーが聞こえるまで F6 キーを押します。

  2. 上矢印または下方向キー、フォルダーが聞こえるまで、削除し、たい D. shift キーを押しながら、F10 キーを押しますサウンドが:"Microsoft Outlook で [はい]"します。

  3. フォルダーとその内容を削除済みアイテムフォルダーに移動するには、[Enter キーを押します。

[削除済みアイテム] フォルダーを空にする

削除済みアイテムフォルダーを空にすると、すべてのアイテムが完全に削除されます。

  1. [削除済みアイテム] フォルダーに移動すると、f6 キーを押して、現在選択されているフォルダーを聞くして ↑ キーを押しますまたは下矢印キーが聞こえるまで「削除済みアイテム」

  2. Shift キーを押しながら F10、Y キーを押します。サウンドが:"Microsoft Outlook で [はい]"します。

  3. フォルダー内のすべてのアイテムを完全に削除するには、Enter キーを押します。

削除済みアイテム フォルダーから 1 つのフォルダーを削除します。

削除済みアイテム] フォルダー内のすべてのアイテムを削除しない場合は、1 つのフォルダーを個別に削除できます。

  1. 完全に削除するフォルダーに移動して、矢印キーを押し、フォルダーが聞こえるまでするか、現在選択されているフォルダーを聞くして ↑ キーを押しますまで f6 キーを押します。

  2. Shift キーを押しながら f10 キーを押して、D. キーを押しますサウンドが:"Microsoft Outlook で [はい]"します。

  3. フォルダーを完全に削除するには、Enter キーを押します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して箇条書きリストまたは番号付きリストを作成する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook のメール内を移動するためのキーボード ショートカット

Outlook でキーボード ショートカットを使用して拡大/縮小する

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Outlook を操作する方法

キーボードと VoiceOver、組み込みの Mac OS のスクリーン リーダーを使ってOutlook 2016を使用して、新しいフォルダーを作成し、アイテムを移動します。名前変更、移動、またはフォルダーを削除するもことができます。

注: 

この記事の内容

新しいフォルダーを作成する

、たとえば、送信者、件名に従って、メールを整理するために新しいフォルダーを作成することができます。

  1. Outlookメイン ビューでは、表、] 現在選択されているフォルダー、およびフォルダーの未読メ ッ セージの数が聞こえるまで] タブの [キーを押します。

  2. 新しいフォルダーの場所を選択するには、方向キーを押してまたは下方向キーの場所が聞こえるまでします。

    たとえば、受信トレイと同じレベルのフォルダーを作成する場合は、キーを押して上向き矢印"Outlook"のサウンドが別のフォルダー内のフォルダーを作成する場合は、目的のフォルダーの名前が聞こえるまで下方向矢印キーを押します。

    後で、[フォルダーの場所を変更することができます。手順については、フォルダーを移動するに進みます。

  3. Shift キーを押しながらコマンド + N キーを押しますサウンドが:「フォルダー、無題のフォルダー」。フォルダー名のテキスト フィールドには、フォーカスがあります。

  4. 新しいフォルダーの名前を入力し、Enter キーを押します。

メールをフォルダーに移動します。

  1. フォルダーに移動するメールに移動します。

  2. キーを押します shift キーを押しながらコマンド + M します。サウンドが:「フォルダーを選択します」。

  3. 目的のフォルダーの名前の入力を開始します。入力すると、フォルダーの一覧が更新されます。

  4. フォルダーの名前を聞くし、し、Enter キーを押してになるまでは、下向き矢印キーを押します。

フォルダーの名前を変更する

  1. Outlookメイン ビューでは、表、] 現在選択されているフォルダー、およびフォルダーの未読メ ッ セージの数が聞こえるまで] タブの [キーを押します。

  2. 方向キーを押してまたは下方向キー、フォルダーが聞こえるまでたい名前の変更、Enter キーを押します。

  3. 新しいフォルダーの名前を入力して、し、Enter キーを押します。

フォルダーを移動する

  1. 移動先のフォルダーに移動してには、矢印キーを押し、フォルダーが聞こえるまでするか、現在選択されているフォルダーを聞くして ↑ キーを押しますまで] タブの [キーを押します。

  2. ショートカット メニューを開くには、コントロールとオプションながら shift キーを押しながら M キーを押します。

  3. メニューには、「フォルダーを移動する」と入力しますが聞こえるまで下方向矢印キーを押します。サウンドが:「コピー先のフォルダーの名前は、検索ボックスに入力します」。

  4. コピー先のフォルダーの名前の入力を開始します。入力時に、検索結果の一覧が更新されます。

  5. Enter キーを押して、目的の移動先フォルダーが聞こえるまでに、下向き矢印キーを押します。

フォルダーを削除する

フォルダーを削除するときにまずOutlook[ゴミ箱] に移動されます。フォルダーを完全に削除するには、[ゴミ箱] フォルダーを空にするか、ゴミ箱] フォルダーからフォルダーが 1 つだけを個別に削除します。

フォルダーを削除すると、その内のすべてのアイテムも削除しています。

フォルダーを [ゴミ箱] に移動します。

フォルダーを [ゴミ箱] に移動、ときに、別のフォルダーに移動しても取得できます。手順については、フォルダーを移動するに進みます。

  1. Outlookメイン ビューでは、表、] 現在選択されているフォルダー、およびフォルダーの未読メ ッ セージの数が聞こえるまで] タブの [キーを押します。

  2. 上矢印または下方向キー、フォルダーが聞こえるまで、削除し、たいコマンド + Delete キーを押します。サウンドが:"を削除"します。フォルダーは、[ゴミ箱] に移動します。メッセージ一覧にフォーカスが移動します。

[ゴミ箱] フォルダーを空に

ゴミ箱フォルダーを空にすると、すべてのアイテムは完全に削除されます。

  1. [ゴミ箱] に移動する、キーを押して] タブの [下方向キーまたは ↑ キーを押し、現在選択されているフォルダーを聞くになるまでのサウンドが「ゴミ箱」と表示されます。

  2. ショートカット メニューを開くには、コントロールとオプションながら shift キーを押しながら M キーを押します。

  3. メニューには、「空のフォルダー」を聞くし、し、Enter キーを押してになるまで下方向矢印キーを押します。サウンドが:「はこのフォルダー内のすべてのメッセージを削除することを確認します」。

  4. [ごみ箱]フォルダーの内容を完全に削除するには、Tab キーを押しします。サウンドが:「削除」します。Enter キーを押します。

[ゴミ箱] フォルダーから 1 つのフォルダーを削除します。

[ゴミ箱] フォルダーのすべてのアイテムを削除しない場合は、1 つのフォルダーを個別に削除できます。

  1. フォルダーに移動するが、現在選択されているフォルダーを聞く ↑ キーを押しますまたは下方向キー、フォルダーが聞こえるまでテストまで、Tab キーを押し、完全に削除します。

  2. コマンド キーを押しながら Del キーを押すキーのキーを押します。サウンドが:「は、選択したフォルダーを完全に削除することを確認します」。

  3. フォルダーを完全に削除するには、Tab キーを押します。サウンドが:「削除」します。Enter キーを押します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して箇条書きリストまたは番号付きリストを作成する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Outlook for Mac のキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Outlook を操作する方法

Voiceover を利用、組み込みの iOS スクリーン リーダーをOutlook 2016を使用して、新しいフォルダーを作成し、アイテムを移動します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

この記事の内容

新しいフォルダーを作成する

、たとえば、送信者、件名に従って、メールを整理するために新しいフォルダーを作成することができます。

  1. 任意のメールに移動し、[開く] 画面を 2 回タップします。

  2. 電子メールで左スワイプが聞こえるまで「その他の会話の操作、ボタン、」し、[画面を 2 回タップします。

  3. [オプション] メニューで「移動] ボタン、」と画面を 2 回タップし、という言葉がするまで右へスワイプします。

  4. 新しいフォルダーを作成するには、「新しいフォルダーを作成する」と画面を 2 回タップし、という言葉がするまで右へスワイプします。サウンドが:「テキスト フィールドに、通知を作成する、編集します」。

  5. 使用して、スクリーン キーボードを新しいフォルダーの名前を入力します。

  6. 完了すると、「の作成] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまでが左スワイプします。フォルダーが作成され、会話に移動] ダイアログにフォーカスが移動します。

メールをフォルダーに移動します。

  1. フォルダーに移動し、[開く] 画面を 2 回タップ メールに移動します。

  2. 電子メールで左スワイプが聞こえるまで「その他の会話の操作、ボタン、」し、[画面を 2 回タップします。

  3. [オプション] メニューで「移動] ボタン、」と画面を 2 回タップし、という言葉がするまで右へスワイプします。

  4. 目的の画面を 2 回タップし、フォルダーが聞こえるまで右へスワイプします。メールは、選択したフォルダーに移動されます。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Outlook を操作する方法

使ってOutlook 2016 TalkBack、組み込みの Android スクリーン リーダーを新しいフォルダーを作成して、アイテムを移動します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

新しいフォルダーを作成する

、たとえば、送信者、件名に従って、メールを整理するために新しいフォルダーを作成することができます。

  1. 任意のメールに移動し、[開く] 画面を 2 回タップします。

  2. 電子メールで左スワイプ「他のオプション]、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまでです。

  3. [オプション] メニューで「フォルダーに移動」と画面を 2 回タップし、という言葉がするまで右へスワイプします。サウンドが:「会話に移動します」。

  4. 新しいフォルダーを作成するには、「新しいフォルダーを作成する」と画面を 2 回タップし、という言葉がするまで右へスワイプします。サウンドが:「新しいフォルダー名, エディット ボックス」。

  5. 使用して、スクリーン キーボードをフォルダーの名前を入力します。

  6. 完了したら後、は、「元に戻す] ボタン、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで、1 本の指を画面上にドラッグします。[完了] ボタンは、画面の右下隅にあります。

    フォルダーが作成され、会話に移動] ダイアログ ボックスで選択されています。

メールをフォルダーに移動します。

  1. フォルダーに移動し、[開く] 画面を 2 回タップ メールに移動します。

  2. 電子メールで左スワイプ「他のオプション]、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまでです。

  3. [オプション] メニューで「フォルダーに移動」と画面を 2 回タップし、という言葉がするまで右へスワイプします。サウンドが:「会話に移動します」。

  4. 目的の画面を 2 回タップし、フォルダーが聞こえるまで右へスワイプします。[フォルダーを選択します。

  5. フォルダーにメールを移動するにするまで右へスワイプ「[OK] ボタン、」を聞くし、画面を 2 回タップします。サウンドが:「会話に移動します」。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Outlook を操作する方法

ナレーターは、組み込みの Windows スクリーン リーダーのOutlook 2016を使用して、新しいフォルダーを作成して、アイテムを移動します。名前変更、移動、またはフォルダーを削除するもことができます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、Windows Phone でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、タブレットまたは PC では異なる場合があります。

この記事の内容

新しいフォルダーを作成する

、たとえば、送信者、件名に従って、メールを整理するために新しいフォルダーを作成することができます。

  1. メッセージの一覧で左スワイプ「ナビゲーション ボタン、」と、2 回タップが聞こえるまで画面。

  2. 「その他] ボタン、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。サウンドが:「すべてのフォルダー」。

  3. すべてのフォルダー ] ビューで、左スワイプが表示されるまで「新しいフォルダーの作成、Outlook の」を再生し、画面を 2 回タップします。サウンドが:"新しいフォルダーの作成、編集します"。

  4. 使用して、スクリーン キーボードをフォルダーの名前を入力します。

  5. 完了したら後、は、"Enter"を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで、1 本の指を画面上にドラッグします。Enter キーについては、画面の右下にあります。

    フォルダーが作成され、すべてのフォルダーのビューでは、最初のフォルダーに移動します。

メールをフォルダーに移動します。

  1. フォルダーに移動するメールに移動し、2 本の指で画面を 2 回タップします。

  2. 左ボタンを移動、"と画面を 2 回タップしが聞こえるまでにスワイプします。[移動] ダイアログを開きます。

  3. 変更] ビューで、し、目的の画面を 2 回タップし、[フォルダーが聞こえるまで右へスワイプします。

フォルダーの名前を変更する

  1. メッセージの一覧で左スワイプ「ナビゲーション ボタン、」と、2 回タップが聞こえるまで画面。

  2. 「その他] ボタン、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。サウンドが:「すべてのフォルダー」。

  3. すべてのフォルダー ] ビューで、右へスワイプするまで、名前を変更するフォルダーを聞くして、2 本の指で画面を 2 回タップします。サウンドが:「] メニューのポップアップを」。

  4. 「名前の変更] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右へスワイプします。現在のフォルダーの名前が「新しいフォルダーの作成、編集するには、」が続くが聞こえます。

  5. 使用して、スクリーン キーボードを新しいフォルダーの名前を入力します。

  6. 完了したら後、は、"Enter"を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで、1 本の指を画面上にドラッグします。Enter キーについては、画面の右下にあります。

    フォルダー名が変更されているし、すべてのフォルダーのビューにフォーカスを返します。

フォルダーを移動する

  1. メッセージの一覧で左スワイプ「ナビゲーション ボタン、」と、2 回タップが聞こえるまで画面。

  2. 「その他] ボタン、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。サウンドが:「すべてのフォルダー」。

  3. すべてのフォルダー ] ビューで、右へスワイプするまで、移動するフォルダーを聞くして、2 本の指で画面を 2 回タップします。サウンドが:「] メニューのポップアップを」。

  4. 「移動] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右へスワイプします。サウンドが:「すべてのフォルダー、[送信トレイ]」。

  5. 左にスワイプまたは右を格納する場所が聞こえるまでフォルダーの移動し、画面を 2 回タップします。

フォルダーを削除する

フォルダーを削除するときにまずOutlookで削除済みアイテムフォルダーに移動されます。フォルダーを完全に削除するには、[削除済みアイテム] フォルダーを空にするか、個別に削除済みアイテムフォルダーからフォルダーが 1 つだけを削除します。

フォルダーを削除すると、その内のすべてのアイテムも削除しています。

削除済みアイテム] フォルダーに移動します。

フォルダーは、 [削除済みアイテム] フォルダーに移動した、ときに、別のフォルダーに移動しても取得できます。手順については、フォルダーを移動するに進みます。

  1. メッセージの一覧で左スワイプ「ナビゲーション ボタン、」と、2 回タップが聞こえるまで画面。

  2. 「その他] ボタン、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。サウンドが:「すべてのフォルダー」。

  3. すべてのフォルダー ] ビューで、右へスワイプするまで、削除するフォルダーを聞くして、2 本の指で画面を 2 回タップします。サウンドが:「] メニューのポップアップを」。

  4. 「の削除] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右へスワイプします。サウンドが:「削除、[キャンセル] ボタン」。

  5. 左にスワイプして「削除、[OK] ボタン」を聞く削除済みアイテム] フォルダーに移動] を 2 回タップ画面。

[削除済みアイテム] フォルダーを空にする

削除済みアイテムフォルダーを空にすると、すべてのアイテムが完全に削除されます。

  1. メッセージの一覧で左スワイプ「ナビゲーション ボタン、」と、2 回タップが聞こえるまで画面。

  2. 「その他] ボタン、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。サウンドが:「すべてのフォルダー」。

  3. すべてのフォルダー ] ビューで、まで右へスワイプとという言葉が"、[削除済みアイテム] フォルダー、ダブルタップして 2 本の指で画面します。サウンドが:「] メニューのポップアップを」。

  4. 「フォルダーを空の] ボタン、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。サウンドが:「フォルダーを空に、[キャンセル] ボタン」。

  5. 左にスワイプし、「[OK] ボタン」を聞く削除済みアイテムフォルダーからすべてのアイテムを削除する] を 2 回タップ画面。

削除済みアイテム フォルダーから 1 つのフォルダーを削除します。

削除済みアイテム] フォルダー内のすべてのアイテムを削除しない場合は、1 つのフォルダーを個別に削除できます。

  1. メッセージの一覧で左スワイプ「ナビゲーション ボタン、」と、2 回タップが聞こえるまで画面。

  2. 「その他] ボタン、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。サウンドが:「すべてのフォルダー」。

  3. すべてのフォルダー ] ビューで、し、2 本の指で画面を 2 回タップし、[フォルダーが聞こえるまで右へスワイプします。サウンドが:「] メニューのポップアップを」。

  4. 「の削除] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右へスワイプします。サウンドが:「削除、[キャンセル] ボタン」。

  5. 左にスワイプして「削除、[OK] ボタン」を聞く削除済みアイテムフォルダーからフォルダーを削除する] を 2 回タップ画面。

参照

Outlook でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

アクセシビリティ機能を利用して Outlook を操作する方法

キーボードとナレーター、組み込みの Windows スクリーン リーダーを使ってOutlook Web Appを使用して、新しいフォルダーを作成し、アイテムを移動します。名前変更、移動、またはフォルダーを削除するもことができます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Outlook on the web のショートカット キー」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • Outlook Web App を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。Outlook Web App は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Outlook Web App には適用されません。

この記事の内容

フォルダーのナビゲーション ウィンドウを表示します。

Outlook Web App内のフォルダーの使用を開始するには、最初のフォルダーのナビゲーション ウィンドウが表示されることを確認する必要があります。

Outlook Web Appメイン ビュー内のフォルダーのナビゲーション ウィンドウを表示するには、「フォルダー、さらに、」を聞くし、し、Enter キーを押してになるまで] タブの [キーを押します。"「フォルダー、さらに、」ではなく"メール最新のナビゲーション ウィンドウに戻る、フォルダー ウィンドウのサウンドがまだ表示されます。

新しいフォルダーを作成する

、たとえば、送信者、件名に従って、メールを整理するために新しいフォルダーを作成することができます。

  1. 現在選択されているフォルダーを聞くし、方向キーを押してまたは下向き方向キーの新しいフォルダーを作成する場所が聞こえるまでになるまで、Tab キー キーを押します。

  2. コンテキスト メニューを開くには、alt キーを押しながら shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  3. ] メニューで上矢印または下向き矢印キーを「新しいフォルダーを作成する」や「新しいサブフォルダーを作成する」し、Enter キーを押してが聞こえるまでです。サウンドが:"フォルダー ウィンドウで、編集"または"< 名前 > を編集します"。

  4. 新しいフォルダーの名前を入力し、Enter キーを押します。

メールをフォルダーに移動します。

  1. フォルダーに移動するメールに移動します。

  2. コンテキスト メニューを開くには、alt キーを押しながら shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  3. ] メニューで、方向キーを押してや「移動、折りたたまれているメニュー項目、」が聞こえるまで、矢印キーを押し、右矢印キーを押します。

  4. サブメニューには、し、Enter キーを押して、目的のフォルダーが聞こえるまで下方向矢印キーを押します。

    ヒント: フォルダーが一覧にない場合は、「別のフォルダーに移動」し、Enter キーを押しますが聞こえるまで下方向矢印キーを押します。Enter キーを押してをオンにし、目的のフォルダーが聞こえるまでに、下向き矢印キーを押します。「ボタンを移動」し、Enter キーを押しますが聞こえるまでに] タブの [キーを押します。

フォルダーの名前を変更する

  1. 矢印キーを押し、フォルダーが聞こえるまで名前を変更するか、現在選択されているフォルダーを聞くして ↑ キーを押しますまで Tab キーをキーを押します。

  2. コンテキスト メニューを開くには、alt キーを押しながら shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  3. メニューには、「名前の変更] メニュー項目」を聞くし、し、Enter キーを押してになるまで下方向矢印キーを押します。「編集、」現在のフォルダーの名前が続くが聞こえます。

  4. 新しいフォルダーの名前を入力して、し、Enter キーを押します。

フォルダーを移動する

  1. 矢印キーを押し、フォルダーが聞こえるまで移動するか、現在選択されているフォルダーを聞くして ↑ キーを押しますまで Tab キーをキーを押します。

  2. コンテキスト メニューを開くには、alt キーを押しながら shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  3. メニューには、「移動] メニュー項目」を聞くし、し、Enter キーを押してになるまで下方向矢印キーを押します。

  4. フォルダーの移動] ダイアログ ボックスで、enter キーを押してをオンにし、目的の場所が聞こえるまで下方向キー キーを押します。

  5. フォルダーを移動するには、「ボタンを移動」し、Enter キーを押しますが聞こえるまで] タブの [キーを押します。

フォルダーを削除する

フォルダーを削除するときにまずOutlookで削除済みアイテムフォルダーに移動されます。フォルダーを完全に削除するには、[削除済みアイテム] フォルダーを空にするか、個別に削除済みアイテムフォルダーからフォルダーが 1 つだけを削除します。

フォルダーを削除すると、その中のすべてのアイテムも削除しています。

削除済みアイテム] フォルダーに移動します。

フォルダーは、 [削除済みアイテム] フォルダーに移動した、ときに、別のフォルダーに移動しても取得できます。手順については、フォルダーを移動するに進みます。

  1. 矢印キーを押し、フォルダーが聞こえるまで削除するか、現在選択されているフォルダーを聞くして ↑ キーを押しますまで Tab キーをキーを押します。

  2. コンテキスト メニューを開くには、alt キーを押しながら shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  3. メニューには、「削除] メニュー項目」を聞くし、し、Enter キーを押してになるまで下方向矢印キーを押します。サウンドが:「アラート、フォルダーの削除、[OK] ボタンにフォーカスします」。

  4. フォルダーとその内容を削除済みアイテムフォルダーに移動するには、[Enter キーを押します。

[削除済みアイテム] フォルダーを空にする

削除済みアイテムフォルダーを空にすると、すべてのアイテムが完全に削除されます。

  1. [削除済みアイテム] フォルダーに移動すると、キーを押して] タブの [は、現在選択されているフォルダーを聞くし、方向キーを押してまたはが聞こえるまで、↓ キー:「アイテムを削除します」。

  2. コンテキスト メニューを開くには、alt キーを押しながら shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  3. メニューには、「すべてのメニュー項目を削除する」と入力しますが聞こえるまで下方向キーを押します。サウンドが:「通知、すべてを削除する、[OK] ボタンに焦点します」。

  4. フォルダー内のすべてのアイテムを完全に削除するには、Enter キーを押します。

削除済みアイテム フォルダーから 1 つのフォルダーを削除します。

削除済みアイテム] フォルダー内のすべてのアイテムを削除しない場合は、1 つのフォルダーを個別に削除できます。

  1. Tab キーを押し、現在選択されているフォルダーを聞くして ↑ キーを押しますか削除されるまで下矢印キーが聞こえるまで"アイテム、折りたたまれている"

  2. フォルダーを展開するには、右矢印キーを押します。

  3. 削除する場合、フォルダーが聞こえるまでは、下向き矢印キーを押します。

  4. コンテキスト メニューを開くには、alt キーを押しながら shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  5. メニューには、「削除] メニュー項目」を聞くし、し、Enter キーを押してになるまで下方向矢印キーを押します。サウンドが:「アラート、フォルダーの削除、[OK] ボタンにフォーカスします」。

  6. フォルダーとその内容を完全に削除するには、[Enter キーを押します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Outlook on the web のショートカット キー

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

アクセシビリティ機能を利用して Outlook を操作する方法

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×