スクリーン リーダーを使って Outlook にイメージまたはメールの添付ファイルを保存するには

スクリーン リーダーを使って Outlook にイメージまたはメールの添付ファイルを保存するには

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボードとナレーター、組み込みの Windows スクリーン リーダーを使って、電子メールからお使いのコンピューターに埋め込まれた画像または添付ファイルを保存するのにOutlook 2016を使用します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Outlook のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

メールから画像を保存します。

簡単に、メールの本文に埋め込まれている画像を保存することができます。

  1. Outlookでは、お使いのコンピューターに保存する画像を含むメールに移動し、開く Enter キーを押します。

  2. Caps Lock ながら右方向キーを押して、「イメージ」を聞く

    注: 電子メールに埋め込まれている複数の画像がある場合は、ナレーターを呼び出すすべての「イメージ」します。元のファイル名が維持されるよう、添付ファイルとして送信する送信者を確認することができます。添付ファイルを保存する方法については、メールの添付ファイルを保存するを参照してください。

  3. 画像のコンテキスト メニューを開くには、Shift + F10 キーを押します。サウンドが:「切り取り、メニュー項目、無効にします」。

  4. 「メニュー項目、図として保存」し、Enter キーを押しますが聞こえるまでに、下向き矢印キーを押します。サウンドが:「ファイルの保存、編集、ファイル名を編集します」。

  5. 画像ファイルの名前を入力します。

  6. "保存ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、目的の音声が聞こえたら Enter キーを押します。

    イメージをお使いのコンピューターに保存し、メールにフォーカスを返します。

メールの添付ファイルを保存します。

場合によってメールの添付ファイルとしてイメージまたはその他のファイルを受信します。すべての種類の添付ファイルを保存するには同じようにします。

  1. Outlookでは、お使いのコンピューターに保存する添付ファイルを含むメールに移動し、開く Enter キーを押します。

    ヒント: メールボックスを閲覧するには、サウンドが"で添付ファイル"送信者名の前に、メッセージには、1 つ以上の添付ファイルが含まれている場合。

  2. 「新しいドキュメント ウィンドウ、」最初の添付ファイルの名前とファイル サイズが続くが聞こえるまでは、shift キーを押しながら Tab キーを押します。複数の添付ファイルがある場合は、ナレーターでは、何がありますが、たとえば、「1 の 2 つの添付ファイル」

  3. 添付ファイルの間を移動するには、右と左方向キーを使用します。

  4. 現在選択されている添付ファイルを保存するには、alt キーを押しながら J、A、V キーを押します。「ファイルの添付ファイル、ファイル名」の後に、元のファイル名が聞こえます。

    ヒント: すべての添付ファイルを同時に保存するには、alt キーを押しながら J、A、a: キーを押します。サウンドが:「すべての添付ファイル、[OK] ボタン、添付ファイル、リストの更新を保存します」。選択内容を確認するには、「[OK] ボタン、」を聞くし、し、Enter キーを押してになるまで、Tab キーを押しながら Enter キーを押します。すべての添付ファイルは、お使いのコンピューターに保存し、電子メールの添付ファイルの一覧にフォーカスを返します。

  5. ファイル名を変更する場合は、新しい名前を入力します。

  6. "保存ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、目的の音声が聞こえたら Enter キーを押します。

    お使いのコンピューターにファイルが保存されているし、フォーカスが電子メールの添付ファイルの一覧に戻る。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook のメール内を移動するためのキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Outlook メールの移動をスクリーン リーダーを使用します。

キーボードと VoiceOver、組み込みの Mac OS のスクリーン リーダーを使ってメールからお使いのコンピューターに添付ファイルを保存するのにOutlook 2016 for Macを使用します。

注: 

メールの添付ファイルを保存します。

1 つの操作をメールからのすべての添付ファイルを保存することができます。

  1. Outlookでは、お使いのコンピューターに保存する添付ファイルを含むメールに移動し、開く Enter キーを押します。

  2. 「すべてダウンロード, ボタンをクリックすると、」が聞こえるまで Tab キーを押すと、コントロール + オプション + space キーを押してからします。サウンドが:「ファイルを保存するディレクトリを選択します」。

  3. 聞こえるまで Tab キーを押し「の選択、ボタン、」コントロール + オプション + space キーを押します。サウンドが:「ダイアログ ボックスを閉じる」。

  4. Control + オプション + コマンド + 関数と左方向キーを押します。サウンドが:「を閉じる] ボタン」。

  5. コントロール + オプション + Space キーを押して、メールを閉じて、受信トレイに戻ります。

    すべての添付ファイルは、元のファイル名を使って、コンピューターに保存されます。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook for Mac のキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Outlook メールの移動をスクリーン リーダーを使用します。

Voiceover を利用、組み込みの iOS スクリーン リーダーで、添付ファイルをメールから、iCloud ドライブに保存するのにiOS 版 Outlookを使用します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

メールの添付ファイルを保存します。

  1. iOS 版 Outlook] で、iCloud、ドライブに保存する添付ファイルを含むメールに移動し、[開く] 画面を 2 回タップします。メールにフォーカスが移動します。

    ヒント: 受信トレイを閲覧するには、メッセージには、1 つ以上の添付ファイルが含まれている場合、その送信者の後に「添付ファイルあり」の名前とメッセージの件名を鳴らします。

  2. 最初の添付ファイルが見つかるまで右へスワイプします。ファイル名と一時停止して「添付ファイルです」の後に、添付ファイルのサイズを再生します。最初の添付ファイルが見つかったら、1 つを保存する添付ファイルが見つかるまで右へスワイプでない場合。

  3. 画面を 2 回タップします。iOS 版 Outlookでは、添付ファイルのプレビューを読み込みます。再生するときに、プレビュー準備ができたら:「閉じる] ボタン」。

  4. 聞こえるまで右にスワイプして「共有、ボタン、」し、[画面を 2 回タップします。

  5. 聞こえるまで右にスワイプして"ファイルに保存] ボタン、"し、[画面を 2 回タップします。

  6. "ICloud レベル 1、折りたたまれているドライブ"を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。サウンドが:「このオプションを選択すると、iCloud ドライブ、レベル 1、展開します」。

  7. 聞こえるまでスワイプ「の追加、ボタン、」し、[画面を 2 回タップします。

  8. サウンドが:「を閉じる] ボタン」。メールにフォーカスを戻すには、[画面を 2 回タップします。

    添付ファイルが、iCloud ドライブに保存されているし、ファイルアプリで見つかることができます。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Outlook メールの移動をスクリーン リーダーを使用します。

TalkBack、組み込みの Android スクリーン リーダーでAndroid 版 Outlookを使用すると、メールから埋め込まれた画像または添付ファイルを保存します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

メールから画像を保存します。

簡単に Google ドライブにメールの本文に埋め込まれている画像を保存することができます。

  1. Android 版 Outlook、お使いのデバイスに保存する画像を含むメールに移動し、[開く] 画面を 2 回タップします。

  2. 埋め込まれた画像が見つかるまで右へスワイプします。TalkBack 通常発表、文字と数字を続けての長い文字列として:「グラフィック」します。

  3. 画面を 2 回タップします。サウンドが:「で、2 のアイテム 1 ~ 2 を示す開く」オプションの数が異なる場合があります。

  4. 「写真、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。サウンドが:「アイテムをダウンロードします」。

  5. 聞こえるまで右にスワイプして「共有、ボタン、」し、[画面を 2 回タップします。

    注: 聞こえるまで右にスワイプ「写真を連絡先にアクセスを許可する」場合は、「許可する、ボタン、」し、[画面を 2 回タップします。

  6. 「保存するドライブの」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。サウンドが:「共有、ドライブに保存します」。文書のタイトルフィールドには、フォーカスが移動します。

    注: 聞こえるまで右にスワイプ「写真、メディア、およびデバイス上のファイルにアクセスできるようにするドライブ」場合は、「許可する、ボタン、」し、[画面を 2 回タップします。

  7. 既定のファイル名を使用していない場合は、フィールドに新しい名前を入力します。

  8. 「保存、ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右へスワイプします。サウンドが「1 つのファイルをアップロード」イメージが保存されているときにします。

  9. スワイプしてダウン、左に、メールにフォーカスを戻します。

    画像は、Google ドライブに保存されます。

メールの添付ファイルを保存します。

場合によってメールの添付ファイルとしてイメージまたはその他のファイルを受信します。すべての種類の添付ファイルを保存するには同じようにします。

  1. Android 版 Outlook、お使いのデバイスに保存する添付ファイルを含むメールに移動し、[開く] 画面を 2 回タップします。

  2. 保存する添付ファイルが見つかるまで右へスワイプします。応答では、添付ファイルのファイルの種類、名、およびサイズを発表します。

  3. スワイプして右に 1 回します。ファイル名が続く「ファイル操作] の」が聞こえます。画面を 2 回タップします。

  4. 「保存するデバイスを」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。

    注: 聞こえるまで右にスワイプ「写真、メディア、およびデバイス上のファイルにアクセスするには、次のように Outlook を許可する」場合は、「許可する、ボタン、」し、[画面を 2 回タップします。

  5. スワイプしての左下に受信トレイにフォーカスを戻します。

    添付ファイルがデバイスに保存されているし、ダウンロードアプリで見つかることができます。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Outlook メールの移動をスクリーン リーダーを使用します。

ナレーター、組み込みの Windows スクリーン リーダーのOutlook メールを使用して、デバイスにメールの添付ファイルを保存します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、Windows Phone でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、タブレットまたは PC では異なる場合があります。

メールの添付ファイルを保存します。

  1. Outlook メール、お使いのデバイスに保存する添付ファイルを含むメールに移動し、[開く] 画面を 2 回タップします。電子メールの最初にフォーカスが移動します。

  2. 添付ファイルの場所はメッセージ ヘッダーにフォーカスを移動する左にスワイプします。ファイル名と最初の添付ファイルのサイズが聞こえます。最初の添付ファイルにシークする 1 つを保存する添付ファイルが見つかるまでが左スワイプします。

  3. 2 本の指で画面を 2 回タップします。サウンドが:「] メニューのポップアップ、カスタム」。

  4. 「保存] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右へスワイプします。サウンドが:「アプリ、このデバイスでは、1/2 を選択します」。使用できるアプリの数が異なる場合があります。

    注: OneDriveに添付ファイルを保存する場合は、代わりに、まで右へスワイプ"OneDrive、"を聞くと、画面を 2 回タップします。

  5. 画面を 2 回タップします。サウンドが:「ブラウザー, ドキュメント」。右へスワイプするまで「ダウンロード」を聞くして、画面を 2 回タップします。

  6. "次へ] バーの [アプリ] を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。

  7. 「保存、アプリ バーのボタン」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右へスワイプします。

    添付ファイルがデバイスにダウンロードフォルダーに保存されているし、メールにフォーカスを返します。ファイル エクスプ ローラーアプリをダウンロードしたファイルを参照することができます。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook メールの移動をスクリーン リーダーを使用します。

キーボードとナレーター、組み込みの Windows スクリーン リーダーを使ってOutlook Web Appを使用すると、メールを自分のコンピューターから、画像など、添付ファイルを保存できます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Outlook on the web のショートカット キー」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • Outlook Web App を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。Outlook Web App は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Outlook Web App には適用されません。

メールの添付ファイルを保存します。

  1. Outlook Web App] では、お使いのコンピューターに保存する添付ファイルを含むメールに移動し、閲覧ウィンドウにフォーカスを移動するには、Ctrl + F6 キーを押します。「閲覧ウィンドウ]」については、添付ファイルの数が続くが聞こえます。

    ヒント: メールボックスを参照するときのサウンドが「添付ファイル」送信者名の後に、メッセージには、1 つ以上の添付ファイルが含まれている場合。

  2. Enter キーを押します。サウンドが:「会話の添付ファイルを選択します」。

  3. 添付ファイル] のいずれかを検索する下向き方向キーを押し、し、Enter キーを押します。

  4. 「リンクを無効になっている」が続く、保存する添付ファイルの名前とファイル サイズが聞こえるまでは、Caps Lock ながら右方向キーを押してください。

  5. 1 回 Caps Lock ながら右方向キーを押します。サウンドが:"その他のアクション] ボタンが折りたたまれている"。Enter キーを押します。

  6. 「メニュー項目、ダウンロード、」が聞こえるまで下方向矢印キーを押すと、Enter キーを押します。サウンドが「通知テキスト, とすると、」添付ファイルの名前を続けます。

  7. CapsLock キーを押しながら右方向キーを押し、"保存ボタン" が聞こえたら Enter キーを押します。

  8. ナレーターは、ファイルのダウンロードが完了したら、ユーザーに知らせます、通知を閉じた後に Enter キーを押します。

  9. 聞こえるまで Tab キーを押し"ツールヒント、閉じる、メールに戻る"し、enter キーを押して、閲覧ウィンドウにフォーカスを戻すにします。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook on the web のショートカット キー

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook メールの移動をスクリーン リーダーを使用します。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×