スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使う、視覚に障碍のあるユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボードとスクリーンリーダーでOneNoteを使用して、 Excelブックやその他のファイル、テーブル、画像、レコーディングなど、さまざまな種類のコンテンツをノートに追加します。ナレーター、ジョーズ、NVDA を使ってテストしましたが、一般的なアクセシビリティの標準と手法を踏襲していれば、他のスクリーンリーダーと連携することができます。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

この記事の内容

ファイルを挿入する

ファイル (Microsoft Word 文書など) を OneNote のページに挿入すると、そのファイルのコピーがノート内に置かれます。ファイルはアイコンとして表示され、そのアイコンを選んでファイルを開き、その内容を編集することができます。

  1. OneNote で、ファイルを挿入するページの場所にカーソルを置きます。

  2. Alt キーを押しながら N キーを押して、[挿入] タブを開きます。F キーを押して、[添付ファイル​​] オプションを開きます。

  3. [挿入するファイルの選択] ダイアログが開きます。

    • フォーカスは [ファイル名] フィールドにあります。ファイル名を入力するか、tab キーまたは Shift + tab を使用して、ダイアログ内のセクション内を移動することができます。セクション内を移動するには、方向キーを使用します。フォルダーを開くには、enter キーを押します。

    • 添付するファイル上で、Enter キーを押します。

  4. [ファイルの挿入] ダイアログボックスが開きます。ダイアログ内を移動するには、上下の方向キーを使用します。ダイアログのオプションは、添付するファイルの種類によって異なる場合があります。移動時にオプションが読み上げられます。

  5. ファイルを挿入するには、Enter キーを押します。

添付されたファイルは、関連付けられたノートブックの一部として格納されます。ノートブックを別の場所に移動すると、挿入されたファイルはそのノートブックと一緒に移動されます。

テーブルを挿入する

テーブルを使えば、情報をより簡単に見つけて読み取ることができます。OneNote に基本的なテーブルをすばやく簡単に追加することができます。

  1. OneNote で、テーブルを挿入するページの任意の場所にカーソルを置きます。

  2. Alt キーを押しながら N キーを押して、[挿入] タブを開きます。T キーを押して、[テーブル] オプションを開きます。

  3. 方向キーを使用して、表のサイズを選択します。現在選択されている表のサイズが移動すると読み上げられます。必要なサイズが読み上げられたら、enter キーを押します。

    テーブルが挿入され、フォーカスが表の最初のセルに移動します。"コンテンツブロック、編集" と読み上げられます。

ノート シールを挿入する

ノート シールは、OneNote でノートを分類および優先順位付けする手法です。1 行のテキストから段落全体にいたるまでノート シールを付けることができます。

  1. ノート シールを付けるテキストの行の先頭にカーソルを置きます。

  2. Alt キーを押しながら H キーを押して、[ホーム] タブを開きます。T キーを押して、[ノート ​​シール] オプションを開きます。

  3. 上下の方向キーを使用して、オプションを移動します。移動時にオプションが読み上げられます。

  4. Enter キーを押していずれかを選びます。

ヒント: キーワードとカテゴリ別にタグ付きノートを検索することができます。検索するには、Alt + H キーを押します。[ノートシールの概要] ウィンドウが開き、[グループ化] フィールドにフォーカスが移動します。下方向キーを押してオプションのリストを開き、下方向キーを繰り返し押してオプションを移動します。enter キーを押して選択します。タグの一覧に移動するには、tab キーを押して、ナレーターによってタグ付きテキストが読み上げられるまで待ちます。ノートブックのタグ付きノートテキストに戻るには、Esc キーを押します。

リストを挿入する

箇条書きまたは段落番号のリストを挿入して、テキストを整理し、読みやすくします。

箇条書きリストを挿入する

項目を特定の順に並べる必要のないリストを作成する場合は、箇条書きの書式を使います。

  1. リストを開始する場所にカーソルを置きます。

  2. *」 (アスタリスク) を入力し、Space キーを押します。OneNote で自動的に箇条書きが開始されます。

  3. リスト項目のテキストを入力します。Enter キーを押して、新しいリスト項目を開始します。

番号付きリストを挿入する

順番に見ていく必要のある番号付きリストを作成する場合は、段落番号の書式を使います。

  1. リストを開始する場所にカーソルを置きます。

  2. 1. (数字の 1 とピリオド)」を入力し、Space キーを押します。OneNote で自動的に番号付きリストが開始されます。

  3. リスト項目のテキストを入力します。Enter キーを押して、新しいリスト項目を開始します。

ファイルから画像を挿入する

  1. 画像を追加する場所にカーソルを置きます。

  2. Alt キーを押しながら N キーを押して、[挿入] タブを開きます。P キーを押して、[画像] オプションを開きます。[画像の挿入] ダイアログが開きます。

  3. [図の挿入] ダイアログで、方向キーと Tab キーを使用して、挿入する画像に移動します。フォルダーを開くには、enter キーを押します。

  4. Enter キーを押して、画像を挿入します。

Excel ブックを埋め込む

このオプションでは、ブックのコピーを作成し、ノートにブックの静的画像を追加します。画像の上には、Excel の完全に機能するブックにリンクするアイコンがあります。

  1. Excel ブックを埋め込む場所にカーソルを置きます。

  2. Alt キーを押しながら N キーを押して、[挿入] タブを開きます。X キーを押して、[スプレッドシート] オプションを開きます。[既存の Excel スプレッドシート] オプションが選択されています。Enter キーを押します。

    ヒント: 新しいスプレッドシートを作成することもできます。新規に作成して埋め込む場合は、下方向キーを押してから Enter キーを押します。

  3. [挿入するドキュメントの選択] ダイアログボックスが開きます。フォーカスは [ファイル名] フィールドにあります。ダイアログセクション間を移動するには、tab キーまたは Shift + tab を使用します。セクション内を移動するには、方向キーを使用します。 enter キーを押してフォルダーを開きます。ファイルの場合は、enter キーを押して選択します。

  4. [ファイルの挿入] ダイアログボックスが開きます。下方向キーを1回押して、[スプレッドシートの挿入] オプションに移動します。enter キーを押してExcelブックを埋め込みます。埋め込まれたブックの名前が読み上げられ、カーソルは埋め込まれたブックの下のページに配置されます。

オンライン ビデオを埋め込む

  1. ビデオ ソースのアドレスをコピーします。

    注: ビデオ サイトがすべてサポートされるわけではありません。現在サポートされているサイトは、「オンライン ビデオを OneNote 2016 for Windows に挿入する」で確認してください。

  2. ノートブックで、ビデオを挿入する場所にカーソルを置きます。

  3. Alt + N キーを押して [挿入] タブを開きます。 J キーを押して、[オンラインビデオ] オプションを開きます。[オンラインビデオの挿入] ダイアログが開きます。フォーカスが [ビデオアドレス] フィールドに表示され、フィールドの内容が読み上げられます。

  4. Ctrl キーを押しながら V キーを押して、ビデオ リンクを貼り付けます。アドレスを入力することもできます。

  5. [ OK ] ボタンに移動し、enter キーを押します。

    ビデオと埋め込まれたビデオ プレーヤーへのリンクが、ノートブックのページに追加されます。

オーディオ録音またはビデオ録画を挿入する

場合によっては、ノートを入力するよりも、オーディオを録音するかビデオを録画する方が早くて簡単なことがあります。録音/録画中にノートを取ると、録音/録画したオーディオ/ビデオにリンクされます。オーディオを録音またはビデオを録画する前に、コンピューターにマイクと Web カメラが装備されており、その両方が設定済みで機能していることを確認してください。また、すべての関係者が録音/録画することを承知しており、録音/録画担当者に適切な権限があることを確認してください。

  1. ノートブックで、録音/録画を挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. Alt キーを押しながら N キーを押して、[挿入] タブを開きます。

  3. オーディオを録音するには、次のようにします。

    • A キーを押します。録音が開始されます。

    • 録音を一時停止するには、Alt キーを押しながら J キーを押して、U キーを押します。

    • 録音を停止するには、Alt キーを押しながら J キーを押して、S キーを押します。

    ビデオを録画するには、次のようにします。

    • V キーを押します。録画が開始されます。

    • 録画を停止するには、Alt キーを押しながら F4 キーを押します。

  4. 録音/録画を再生するには、ノートブック ページの該当する場所に移動します。そこに到達すると、スクリーン リーダーでファイルが読み上げられます。Ctrl + Alt + P キーを押して、再生を開始します。

関連項目

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

Windows の OneNote のキーボード ショートカット

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote のアクセシビリティ

キーボードと VoiceOver の組み込み macOS スクリーンリーダーを使用して、ファイル、テーブル、画像、ビデオ、オーディオレコーディングなど、 OneNote for Macのノートにさまざまな種類のコンテンツを追加します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • キーボード ショートカットについては、「OneNote for Mac のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Mac OS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

ファイルを挿入する

ファイル (Microsoft Excel ブックなど) を OneNote のページに挿入すると、そのファイルのコピーがノート内に置かれます。ファイルはアイコンとして表示され、そのアイコンを選んでファイルを開くと、その内容を編集できます。

  1. OneNote で、ファイルを挿入するページの場所にカーソルを置きます。

  2. メニュー バーに移動するには、Control + Option + M キーを押します。"メニュー バー Apple" と読み上げられます。

  3. "挿入" と読み上げられるまで右方向キーを押し、"添付ファイル..." と読み上げられるまで下方向キーを押します。選択するには、Control + Option + space キーを押します。

  4. ファイルを選択するためのダイアログが開きます。方向キーを使用して、ダイアログ内のセクションを参照します。セクションを入力するには、Control キーと Option キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押します。セクションのアイテム間を移動するには、方向キーを使用します。

  5. 目的のファイルが見つかったら、Enter キーを押して挿入します。

添付されたファイルは、関連付けられたノートブックの一部として格納されます。ノートブックを別の場所に移動すると、挿入されたファイルはそのノートブックと一緒に移動されます。

テーブルを挿入する

  1. OneNote で、テーブルを挿入するページの場所にカーソルを置きます。

  2. タブに移動するまで、F6 キーを繰り返し押します。VoiceOver では、タブの名前が読み上げられます。[挿入] タブに移動していない場合は、VoiceOver で "挿入、タブ、2/4" と読み上げられるまで、右方向キーまたは左方向キーを押します。タブを選択するには、Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  3. VoiceOver で "テーブル、メニュー ボタン" と読み上げられるまで、Tab キーを繰り返し押します。選択するには、Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  4. テーブルのサイズを定義するには、右方向キーと下方向キーを押します。移動すると、VoiceOver で現在のサイズが読み上げられます。たとえば、"3 列、3 行のテーブル、ボタン" のように読み上げられます。

  5. 目的のサイズが読み上げられたら、Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。テーブルがノートブックのページに追加されます。

タグを挿入する

ノート シールは、OneNote でノートを分類および優先順位付けする手法です。1 行のテキストから段落全体にいたるまでノート シールを付けることができます。

  1. OneNote で、タグを付けるテキストの一部を選択します。

  2. タブに移動するまで、F6 キーを繰り返し押します。VoiceOver では、タブの名前が読み上げられます。[ホーム] タブに移動していない場合は、VoiceOver で "ホーム、タブ、1/4" と読み上げられるまで左方向キーを押します。タブを選択するには、Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  3. VoiceOver で "[タスク] タグ、ボタン" と読み上げられるまで、Tab キーを繰り返し押します。[タスク] は、グループ内の最初のタグです。その他のタグを参照するには、方向キーを使用します。

  4. 使用するタグ上で、Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。タグがノートに追加されます。

リストを挿入する

リスト項目を特定の順序に並べる必要がない場合は、箇条書きを作成します。

  1. OneNote で、リストを開始するページの場所にカーソルを置きます。

  2. *」 (アスタリスク) を入力し、Space キーを押します。OneNote で自動的に箇条書きが開始されます。

  3. リスト項目を入力します。Enter キーを押して、新しいリスト項目を開始します。

    ヒント: 箇条書きを終了するには、Enter キーを 2 回押します。

順番に見ていく必要のある番号付きリストを作成するには、段落番号の書式を使います。

  1. OneNote で、リストを開始するページの場所にカーソルを置きます。

  2. 1.」 (数字の 1 とピリオド) を入力し、Space キーを押します。OneNote で自動的に番号付きリストが開始されます。

  3. リスト項目を入力します。Enter キーを押して、新しいリスト項目を追加します。

    ヒント: 箇条書きを終了するには、Enter キーを 2 回押します。

ファイルから画像を挿入する

  1. OneNote で、画像を追加する場所にカーソルを置きます。

  2. メニュー バーに移動するには、Control + Option + M キーを押します。"メニュー バー Apple" と読み上げられます。

  3. "挿入" と読み上げられるまで右方向キーを押し、"画像..." と読み上げられるまで下方向キーを押します。選択するには、Control + Option + space キーを押します。

  4. 画像ファイルを選択するためのダイアログが開きます。方向キーを使用して、ダイアログ内のセクションを参照します。セクションを入力するには、Control キーと Option キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押します。セクションのアイテム間を移動するには、方向キーを使用します。

  5. 目的のファイルが見つかったら、Enter キーを押して挿入します。

オンライン ビデオを埋め込む

ノートブックに埋め込みビデオ プレーヤーを簡単に追加できます。

注: ビデオ サイトがすべてサポートされるわけではありません。現在サポートされているサイトは、「オンライン ビデオを OneNote 2016 for Windows に挿入する」で確認してください。

  1. ビデオ ソースのアドレスをコピーします。

  2. ノートブックで、ビデオ プレーヤーを挿入する場所にカーソルを置きます。

  3. ノートブックにアドレスを貼り付けるには、Command キーを押しながら V キーを押します。VoiceOver で "貼り付け完了" と読み上げられます。

    埋め込みビデオ プレーヤーと一緒に Web ページへのリンクが、ノートブックに追加されます。

オーディオ録音を挿入する

オーディオを録音する前に、すべての関係者が録音することを承知しており、録音担当者に適切な権限があることを確認してください。

  1. ノートブックで、録音/録画を挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. メニュー バーに移動するには、Control + Option + M キーを押します。"メニュー バー Apple" と読み上げられます。

  3. "挿入" と読み上げられるまで右方向キーを押し、音声が聞こえるまで下方向キーを押します。 "オーディオレコーディング" を選択するには、Control + Option + space キーを押します。

  4. 録音を停止するには、VoiceOver で "オーディオ、選択されました、タブ" と読み上げられるまで、F6 キーを繰り返し押します。VoiceOver で "停止、ボタン" と読み上げられるまで、Tab キーを繰り返し押します。Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押して、ボタンを選択し、録音を停止します。

関連項目

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

OneNote for Mac のキーボード ショートカット

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote のアクセシビリティ

OneNote for iOS では、iOS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、iCloud に保存されたファイル、画像、ビデオなどのさまざまな種類のコンテンツをノートに追加できます。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

ファイルを挿入する

ファイル (Microsoft Excel ブックなど) を OneNote のページに挿入すると、そのファイルのコピーがノート内に置かれます。ファイルはアイコンとして表示され、そのアイコンを選んでファイルを開くと、その内容を編集できます。

注: ファイルは、挿入する前に、iCloud または OneDrive に保存する必要があります。iCloud の設定に関する詳細については、「iCloud Drive を設定する」を参照してください。

  1. OneNote で、ファイルを挿入するページの場所にカーソルを置きます。

  2. "ファイルの挿入、ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  3. 挿入するファイルの名前が聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップしてファイルを挿入します。

注: 添付されたファイルは、関連付けられたノートブックの一部として格納されます。ノートブックを別の場所に移動すると、挿入されたファイルはそのノートブックと一緒に移動されます。

To Do タグを挿入する

各行にマークを付けることができるチェック ボックスを持つ、タスクの一覧を作成することができます。

  1. OneNote で、To Do アイテムを作成するページの場所にカーソルを置きます。

  2. "タスクとしてノート シールを付ける、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。

行の先頭にチェック ボックスが挿入されます。

リストを挿入する

リスト項目を特定の順序に並べる必要がない場合は、箇条書きを作成します。

箇条書きを作成する

  1. OneNote で、リストを開始するページの場所にカーソルを置きます。

  2. "箇条書き、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。OneNote で自動的に箇条書きが開始されます。

  3. リスト項目を入力します。Return キーを選択して、新しいリスト項目を開始します。Return キーをすばやく見つけるには、4 本の指で画面の下半分をタップして、画面をダブルタップします。

    ヒント: リスト項目の作成を停止するには、Return キーを 2 回押します。

順番に見ていく必要のある番号付きリストを作成する場合は、段落番号の書式を使います。

番号付きリストを作成する

  1. OneNote で、リストを開始するページの場所にカーソルを置きます。

  2. "段落番号、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。OneNote で番号付きリストが自動的に開始されます。

  3. リスト項目を入力します。Return キーを選択して、新しいリスト項目を開始します。Return キーをすばやく見つけるには、4 本の指で画面の下半分をタップして、画面をダブルタップします。

    ヒント: リスト項目の作成を停止するには、Return キーを 2 回押します。

カメラから写真を挿入する

ノートの書き込み中にデバイスのカメラで写真を撮り、ノートにその写真を添付します。

  1. OneNote で、写真を追加するノートを開きます。

  2. "画像の挿入、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。

  3. 4 本の指で画面の下半分をタップして、"画像撮影、ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプします。画面をダブルタップします。

  4. "OneNote がカメラへのアクセスを求めています" と読み上げられることがあります。その場合、"OK" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  5. "画像撮影、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。目的の方向でカメラを向けて、画面をダブルタップします。

    写真が撮影されたことを示すサウンドが聞こえます。

  6. "使用、ボタン" と読み上げられるまで、左にスワイプします。画面をダブルタップして、写真を挿入します。

  7. "OneNote が写真へのアクセスを求めています" と読み上げられることがあります。その場合、"OK" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

ファイルから画像を挿入する

  1. OneNote で、写真を追加するノートを開きます。

  2. "画像の挿入、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。

  3. 4 本の指で画面の下半分をタップして、"ライブラリから、ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプします。画面をダブルタップします。

  4. "OneNote が写真へのアクセスを求めています" と読み上げられることがあります。その場合、"OK" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  5. "すべての写真、ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  6. 追加する画像の名前が読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップして画像を選択します。

  7. "完了、ボタン" と聞こえるまで左にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  8. "使用、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップして画像を挿入します。

オンライン ビデオを挿入する

ノートブックにオンライン ビデオを含める場合、ノートにリンクを貼り付けるだけで挿入することができます。

  1. 挿入するビデオを参照し、そのリンクをクリップボードにコピーします。

  2. OneNote で、ビデオを挿入するノートを開きます。

  3. "編集" と聞こえるまで、2 本の指で押さえたまま左または右に回転させます。

  4. "貼り付け" と聞こえるまで下にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップして、リンクをテキスト フィールドに貼り付けます。

ビデオのリンクは、ビデオのプレビュー画像に自動的に変換されます。

オーディオ録音を挿入する

オーディオを録音して、ノートブックに挿入することができます。たとえば、閲覧者に音声メモを残すことができます。

  1. OneNote で、録音を挿入するノートを開きます。

  2. "オーディオの​​録音、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。

  3. OneNote からマイクを使用するためのアクセス権を求められる場合があります。その場合、"OK" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  4. 録音が開始されます。必要なすべての内容を録音したら、"記録の停止" と聞こえるまで右にスワイプして、画面をダブルタップします。

録音は、その場所をマークする音符のアイコンと共に、ノートに挿入されます。

関連項目

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote のアクセシビリティ

OneNote for Android では、Android のスクリーン リーダーである TalkBack を使用して、画像、ビデオ、リストなどのさまざまな種類のコンテンツをノートに追加します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • OneNote for Android を起動する前に TalkBack を有効にしていることを確認します。

この記事の内容

To Do タグを挿入する

各行にマークを付けることができるチェック ボックスを持つ、タスクの一覧を作成することができます。

  1. OneNote で、To Do アイテムを作成するページの場所にカーソルを置きます。

  2. "To do ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

行の先頭にチェック ボックスが挿入されます。

リストを挿入する

OneNote for Android では、箇条書きと段落番号の両方をすばやく作成することができます。

行頭文字を使った箇条書きを作成する

リスト項目を特定の順序に並べる必要がない場合は、箇条書きを作成します。

  1. OneNote で、リストを開始するページの場所にカーソルを置きます。

  2. "箇条書きボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。OneNote で自動的に箇条書きが開始されます。

  3. リスト項目を入力します。スクリーン キーボードの Enter キーを選択して、新しいリスト項目を開始します。Enter キーを選択するには、"Enter" と読み上げられるまでキーボード上で指をドラッグし、指を離します (必要に応じて、ダブルタップします)。

    ヒント: 画面上のアイテムを検索することで、キーボードを探すことができます。検索するには、画面に指を置いてドラッグします。アクセスするたびに TalkBack がアイテムを読み上げます。アイテムを選択するには、目的のアイテムで指を離します。デバイスの設定によっては、画面をダブルタップして文字を挿入する必要があります。

    ヒント: リスト項目の作成を停止するには、Enter キーを 2 回押します。

番号付きの箇条書きを作成する

順番に見ていく必要のある番号付きリストを作成する場合は、段落番号の書式を使います。

  1. OneNote で、リストを開始するページの場所にカーソルを置きます。

  2. "段落番号ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。OneNote で番号付きリストが自動的に開始されます。

  3. リスト項目を入力します。スクリーン キーボードの Enter キーを選択して、新しいリスト項目を開始します。Enter キーを選択するには、"Enter" と読み上げられるまでキーボード上で指をドラッグし、指を離します (必要に応じて、ダブルタップします)。

    ヒント: リスト項目の作成を停止するには、Enter キーを 2 回押します。

カメラから写真を挿入する

ノートの書き込み中にデバイスのカメラで写真を撮り、ノートにその写真を添付します。

  1. OneNote で、写真を追加するメモを開き、写真を追加する場所にカーソルを置きます。

  2. "写真ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプした後、画面をダブルタップします。[挿入] メニューが開き、"挿入" と読み上げられます。

  3. "写真をキャプチャする" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  4. 次のように読み上げられることがあります。"OneNote に「写真と動画の撮影」を許可しますか?"その場合は、"許可ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。[カメラ] が開き、次のように読み上げられます。"カメラ写真モード"。

  5. "キャプチャ ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。目的の方向でカメラを向けて、画面をダブルタップします。

    写真が撮影されたことを示す音が聞こえ、フォーカスが [プレビュー] 画面に移動します。

  6. 次のように読み上げられるまで右にスワイプします。"画像を保存する"。画面をダブルタップして、写真を挿入します。次のように読み上げられます。"画像を挿入しています"。

  7. 写真が挿入され、フォーカスが OneNote ページに移動します。

ファイルから画像を挿入する

  1. OneNote で、写真を追加するメモを開き、写真を追加する場所にカーソルを置きます。

  2. "写真ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプした後、画面をダブルタップします。[挿入] メニューが開き、"挿入" と読み上げられます。

  3. "ギャラリーの画像" と読み上げられるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。[最近] の写真を参照できる新しい画面が開きます。次のように読み上げられます。"最近"。

  4. [画像]、Google [ドライブ]、[写真]、または [OneDrive] など、別の場所に移動するには、"ルートを表示するボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。[次から開く] メニューが開きます。目的の場所が読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップして開きます。移動するたびに、場所が読み上げられます。

  5. ある場所のファイルまたはフォルダーを参照するには、選択する項目の名前が読み上げられるまで右または左にスワイプします。項目を選択するには、画面をダブルタップします。

  6. 画像を選択すると、[プレビュー] 画面が開きます。次のように読み上げられるまで右にスワイプします。"画像を保存する"。画面をダブルタップして、画像を挿入します。

  7. 画像が挿入され、フォーカスが OneNote ページに移動します。次のように読み上げられます。"画像を挿入しています"。

オンライン ビデオを挿入する

ノートブックにオンライン ビデオを含める場合、ノートにリンクを貼り付けるだけで挿入することができます。

  1. 挿入するビデオを参照し、そのリンクをクリップボードにコピーします。

  2. OneNote で、ビデオを挿入するノートを開きます。

  3. "リンク メニュー ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。[リンク] メニューが開き、次のように読み上げられます。"アドレス編集ボックス"。

  4. 画面をタップしたまま、"貼り付け" と読み上げられるまで左にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップして、リンクをテキスト フィールドに貼り付けます。

  5. ハイパーリンク アドレスではなく、ページに表示されるテキストを追加するには、"表示するテキストの編集ボックス" と読み上げられるまで左にスワイプし、スクリーン キーボードを使用してテキストを入力します。

  6. リンクを挿入するには、"完了ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

オーディオ録音を挿入する

オーディオを録音して、ノートブックに挿入することができます。たとえば、閲覧者に音声メモを残すことができます。

  1. OneNote で、録音を挿入するノートを開きます。

  2. "オーディオ ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. "OneNote に「写真と動画の撮影」を許可しますか?" と表示されることがあります。その場合は、"許可ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  4. 録音が開始されます。必要なすべての内容を録音したら、"停止ボタン" と聞こえるまで右にスワイプして、画面をダブルタップします。

  5. 録音が挿入され、フォーカスが OneNote ページに移動します。次のように読み上げられます。"オーディオ ノートが作成されました"。

関連項目

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のページを読み上げる

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote のアクセシビリティ

キーボードとスクリーンリーダーでOneNote for Windows 10を使用して、 Excelブックやその他のファイル、テーブル、画像、リンクなど、さまざまな種類のコンテンツをノートに追加します。ナレーター、ジョーズ、NVDA を使ってテストしましたが、一般的なアクセシビリティの標準と手法を踏襲していれば、他のスクリーンリーダーと連携することができます。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

この記事の内容

テーブルを挿入する

テーブルを使えば、情報をより簡単に見つけて読み取ることができます。OneNote に基本的なテーブルをすばやく簡単に追加することができます。

  1. OneNote で、テーブルを挿入するページの場所にカーソルを置きます。

  2. Alt + N キーを押して [挿入] タブを開きます。下方向キーを1回押してから、"表ボタン" と読み上げられるまで tab キーを押します。

  3. Enter キーを押して、テーブルを追加します。

    1つの行と2つの列を含むテーブルが挿入されます。フォーカスは最初のセルに含まれます。"表が挿入されました" と読み上げられます。ジョーは、"2 つの列と1行のテーブルを入力してください。" という通知を発表しました。

  4. 表を入力します。テーブルに別の列を追加するには、2番目の列で tab キーを押します。

    別の行を追加するには、行の最後で Enter キーを押します。

    テーブルをそのままにしておく場合は、下方向キーを押します。

ファイルを挿入する

ファイル (Microsoft Excel ブックなど) を OneNote のページに挿入すると、そのファイルのコピーがノート内に置かれます。ファイルはアイコンとして表示され、そのアイコンを選んでファイルを開くと、その内容を編集できます。

  1. OneNote で、ファイルを挿入するページの場所にカーソルを置きます。

  2. Alt + N キーを押して [挿入] タブを開きます。下方向キーを1回押し、"File ボタン" と読み上げられるまで tab キーを押します。enter キーを押してメニューを開きます。

  3. メニューでは、[添付ファイルとして挿入] 項目が選択されています。Enter キーを押します。ファイルの PDF 印刷イメージを挿入する場合は、下方向キーを押してから Enter キーを押します。

  4. [開く] ダイアログが開きます。Shift キーを押しながら tab キーを押すか、ダイアログセクション間を移動し、上下の方向に移動するには、ダイアログボックス内のセクション内でスクロールします。

  5. ファイルを挿入するには、Enter キーを押します。

添付されたファイルは、関連付けられたノートブックの一部として格納されます。ノートブックを別の場所に移動すると、挿入されたファイルはそのノートブックと一緒に移動されます。

リストを挿入する

箇条書きまたは段落番号のリストを挿入して、テキストを整理し、読みやすくします。

箇条書きリストを挿入する

リスト項目を特定の順序に並べる必要がない場合は、箇条書きを作成します。

  1. OneNote で、リストを開始するページの場所にカーソルを置きます。

  2. *」 (アスタリスク) を入力し、Space キーを押します。OneNote で自動的に箇条書きが開始されます。

  3. リスト項目を入力します。Enter キーを押して、新しいリスト項目を開始します。

    ヒント: リスト項目の作成を停止するには、Enter キーを 2 回押します。

番号付きリストを挿入する

順番に見ていく必要のある番号付きリストを作成する場合は、段落番号の書式を使います。

  1. OneNote で、リストを開始するページの場所にカーソルを置きます。

  2. 1.」 (数字の 1 とピリオド) を入力し、Space キーを押します。OneNote で自動的に番号付きリストが開始されます。

  3. リスト項目を入力します。Enter キーを押して、新しいリスト項目を開始します。

    ヒント: リスト項目の作成を停止するには、Enter キーを 2 回押します。

カメラから画像を挿入する

ノートの書き込み中にデバイスのカメラで写真を撮り、ノートにその写真を添付します。

  1. OneNote で、写真を追加するノートを開きます。

  2. Alt + N キーを押して [挿入] タブを開きます。下方向キーを1回押して、"画像ボタン" と読み上げられるまで tab キーを押します。

  3. enter キーを押して [画像] メニューを開き、"カメラから" と読み上げられるまで Tab キーを押します。次に enter キーを押します。カメラが開き、ファインダー内にフォーカスが移動します。

  4. "写真を撮るボタン" と読み上げられるまで tab キーを押します。

  5. 写真を撮るには、Space キーを押します。

  6. tab キーを押して、"すべてのボタンを挿入" と読み上げられます。space キーを押して、写真を挿入します。

ファイルから画像を挿入する

  1. OneNote で、画像を追加するページの場所にカーソルを置きます。

  2. Alt + N キーを押して [挿入] タブを開きます。下方向キーを1回押して、"画像ボタン" と読み上げられるまで tab キーを押します。

  3. enter キーを押します。[開く] ダイアログが開きます。フォーカスは [ファイル名] フィールドにあります。ファイル名を入力するか、tab キーまたは Shift + tab を押して、ダイアログ内のセクション内を移動します。セクション内を移動するには、方向キーを使用します。

  4. Space キーを押してファイルを選びます。Alt キーを押しながら O キーを押して、画像を挿入します。

リンクを挿入する

  1. OneNote で、リンクを追加するページの場所にカーソルを置きます。

  2. Alt + N キーを押して [挿入] タブを開きます。下方向キーを1回押し、"リンクボタン" と読み上げられるまで tab キーを押します。

  3. Enter キーを押します。リンクの詳細を入力するためのリンク ウィンドウが開きます。

  4. フォーカスは [アドレス] フィールドにあります。アドレスを入力するか貼り付けます。

  5. リンクに他のテキストを使う場合は、Shift + Tab キーを 1 回押して、[表示するテキスト] フィールドに移動します。リンク テキストを入力して、Enter キーを押します。リンクがページに挿入されます。

関連項目

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

OneNote for Windows 10 のキーボード ショートカット

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

OneNote のアクセシビリティ

キーボードとスクリーンリーダーでOneNote Onlineを使用して、 Excelブックやその他のファイル、テーブル、画像、ビデオ、レコーディングなど、さまざまな種類のコンテンツをノートに追加します。ナレーター、ジョーズ、NVDA を使ってテストしましたが、一般的なアクセシビリティの標準と手法を踏襲していれば、他のスクリーンリーダーと連携することができます。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • OneNote Online を使用する場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使用することをお勧めします。OneNote Online は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、OneNote Online には適用されません。

この記事の内容

テーブルを挿入する

テーブルを使えば、情報をより簡単に見つけて読み取ることができます。OneNote に基本的なテーブルをすばやく簡単に追加することができます。

  1. OneNote で、テーブルを挿入するページの任意の場所にカーソルを置きます。

  2. Alt + Windows ロゴキーを押しながら N と入力して、[テーブル] オプションを開きます。

  3. 方向キーを使用して、表のサイズを選択します。現在選択されているサイズが移動すると読み上げられます。必要なサイズが読み上げられたら、enter キーを押します。

    テーブルが挿入され、フォーカスがテーブルの最初のセルに移動します。"表、編集領域、編集" と読み上げられます。

  4. セルの内容を入力します。次のセルに移動するには、右方向キーまたは Tab キーを押します。新しい行を開始するには、tab キーを押すか、行の末尾に入力します。

ファイルを挿入する

ファイル (Microsoft Word 文書など) を OneNote の添付ファイルとして挿入すると、そのファイルのコピーがノート内に置かれます。ファイルはアイコンとして表示され、そのアイコンを選んでファイルをダウンロードして開くと、内容を編集できます。

  1. OneNote で、ファイルを挿入するページのページにカーソルを置きます。

  2. Alt + Windows ロゴキー + N、F を押して、[添付ファイル] オプションを選択します。

  3. [開く] ダイアログが開きます。フォーカスは [ファイル名] フィールドにあります。ファイル名を入力するか、tab キーまたは Shift + tab を使用して、ダイアログ内のセクション内を移動することができます。セクション内を移動するには、方向キーを使用します。フォルダーを開くには、enter キーを押します。

  4. 添付するファイル上で、Enter キーを押します。

タグを挿入する

ノート シールは、OneNote でノートを分類および優先順位付けする手法です。1 行のテキストから段落全体にいたるまでノート シールを付けることができます。

  1. ノート シールを付けるテキストの行の先頭にカーソルを置きます。

  2. Alt + Windows ロゴキー + H を押して、 Tagオプションを開きます。

  3. 上下の方向キーを使用して、オプションを移動します。移動時にオプションが読み上げられます。

  4. 使用したいタグが読み上げられたら、enter キーを押します。タグが追加されます。

リストを挿入する

箇条書きまたは段落番号のリストを挿入して、テキストを整理し、読みやすくします。

箇条書きリストを挿入する

特定の順序に並べる必要がないリスト項目の場合は、箇条書きを使用します。

  1. OneNote で、リストを開始する場所にカーソルを置きます。

  2. *」 (アスタリスク) を入力し、Space キーを押します。箇条書きが自動的に作成されます。

  3. リスト項目のテキストを入力します。Enter キーを押して、新しいリスト項目を追加します。

    ヒント: リスト項目の作成を停止するには、Enter キーを 2 回押します。

番号付きリストを挿入する

順番に見ていく必要のあるリスト項目の場合は、番号付きリストを使います。

  1. OneNote で、リストを開始する場所にカーソルを置きます。

  2. 1.」 (数字の 1 とピリオド) を入力し、Space キーを押します。番号付きリストが自動的に作成されます。

  3. リスト項目のテキストを入力します。Enter キーを押して、新しいリスト項目を追加します。

    ヒント: リスト項目の作成を停止するには、Enter キーを 2 回押します。

カメラから写真を挿入する

デバイスを使って写真を撮影し、ノートに添付します。操作を始める前に、カメラがコンピューターに接続されていることを確認します。

  1. ノートブックで、写真を挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. Alt + Windows ロゴキー + N、P を押して、[画像] オプションを選択します。

  3. [開く] ダイアログが開き、[ファイル名] フィールドにフォーカスが移動します。初めてOneNoteからカメラを開いている場合は、カメラアプリを参照する必要があります。 Shift キーを押しながら Tab を2回押すと、左側のセクションに移動します。次に、"カメラ" と読み上げられるまで下方向キーを押します。enter キーを押して開きます。

  4. カメラは、ファインダーを中心として開きます。[写真] ボタンに移動するには、"写真の撮影ボタン" と読み上げられるまで tab キーを押します。写真を撮るには、enter キーを押します。

  5. "開くボタン" と読み上げられるまで tab キーを押します。enter キーを押して、写真をノートに挿入します。

ファイルから画像を挿入する

  1. OneNote で、画像を追加する場所にカーソルを置きます。

  2. Alt + Windows ロゴキー + N、P を押して、[画像] オプションを選択します。

  3. [開く] ダイアログが開きます。フォーカスは [ファイル名] フィールドにあります。ファイル名を入力するか、tab キーまたは Shift + tab を使用して、ダイアログ内のセクション内を移動することができます。セクション内を移動するには、方向キーを使用します。

  4. 画像を挿入するには、Enter キーを押します。

オンライン ビデオを埋め込む

ノートブックに埋め込みビデオ プレーヤーを簡単に追加できます。

注: ビデオ サイトがすべてサポートされるわけではありません。現在サポートされているサイトは、「オンライン ビデオを OneNote 2016 for Windows に挿入する」で確認してください。

  1. ビデオ ソースのアドレスをコピーします。

  2. ノートブックで、ビデオ プレーヤーを挿入する場所にカーソルを置きます。

  3. Ctrl キーを押しながら V キーを押して、アドレスをノートブックに貼り付け、Enter キーを押します。

    ビデオと埋め込まれたビデオ プレーヤーへのリンクが、ノートブックに追加されます。フォーカスはビデオ プレーヤーにあります。

オーディオ録音を挿入する

オーディオを録音する前に、すべての関係者が録音することを承知しており、録音担当者に適切な権限があることを確認してください。

  1. ノートブックで、録音/録画を挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. Alt + Windows ロゴキーを押しながら N と入力して、[オーディオの録音] オプションを開きます。

  3. ブラウザーがマイクを使用するためのアクセス許可を要求した場合は、ブラウザーにフォーカスを移動して承諾する必要があります。shift + F6 キーを押してフォーカスをブラウザーに移動し、"Yes ボタン" と読み上げられるまで shift + Tab キーを押します。enter キーを押して選択します。

  4. 録音が開始されます。前の手順でフォーカスをブラウザーに移動した場合は、Shift + F6 キーを押してフォーカスを OneNote に戻します。

  5. レコーディングを停止するには、Alt キーを押しながら Windows ロゴを + J、A、S と入力します。

    ヒント: レコーディングを再生するには、ノートブックページのレコーディングに移動します。ファイルが届くと聞こえます。再生を開始するには、Alt + Windows lodo キーを押します。

関連項目

OneNote でスクリーン リーダーを使って、ノートブック、セクション、ページを整理する

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

OneNote Online のショートカット キー

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

OneNote のアクセシビリティ

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×