スクリーン リーダーを使って PowerPoint のスライドを操作する

スクリーン リーダーを使って PowerPoint のスライドを操作する

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

This article is for people who use a screen reader program with the Office products and is part of the Office Accessibility content set. For more general help, see Office Support home.

PowerPoint 2016 では、キーボードと、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、プレゼンテーションのスライドを追加、削除、配置できます。スライドのサイズと向きを変更することもできます。

注記: 

この記事の内容

新しいスライドを追加する

現在のスライドのレイアウトまたは新しいテンプレート レイアウトに基づいて、プレゼンテーションに新しいスライドを簡単に追加できます。

現在のスライドのレイアウトに基づいて新しいスライドを追加する

新しいプレゼンテーションでは、タイトル スライドは自動的に追加されます。前のスライドのレイアウトに基づいて、新しいスライドを追加できます。

  1. キーボードで、Ctrl + M キーを押します。次の音声が聞こえます。"スライド <スライドの数および一覧上での新しいスライドの位置> が選択されました"。

テンプレート レイアウトに基づいて新しいスライドを追加する

  1. 標準表示で、Alt キーを押しながら H、I キーを順に押すと、次の音声が聞こえます。"<最初のスライド レイアウトのタイトル>、<使用できるアイテムの数および一覧上での現在のアイテムの位置>、メニュー"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"メニュー バーから移動、Office テーマ、<現在のスライドの番号>、<使用可能なスライドの数および一覧上での現在のスライドの位置>、<最初のレイアウトのタイトル>、グリッド、<使用できるレイアウトの数および一覧上での現在のレイアウトの位置>"。

    スライド レイアウト メニュー リストが開きます。

  2. 選ぶスライド レイアウトが聞こえるまで Tab キーを押します。次に、Enter キーを押します。新しいスライドの番号が読み上げられます。JAWS では、次の音声が聞こえます。"入力、選択されていません"。

    フォーカスがスライド ウィンドウに移動します。

スライドを削除する

  1. 標準表示の縮小表示ペインで、削除するスライドの番号が聞こえるまで、↑ または ↓ キーを押します。

  2. Del キーを押します。"<現在のスライドの番号と一覧上でのその位置>、選択されました" と聞こえます。JAWS では、次の音声が聞こえます。"入力、メニューから移動、選択なし"。

スライドを並べ替える

元の場所のスライドを切り取って、新しい場所に貼り付けることで、スライドを並べ替えることができます。

  1. 標準表示の縮小表示ペインで、移動するスライドの番号が聞こえるまで、↑ または ↓ キーを押します。

  2. スライドの一覧でスライドを上下に移動するには、Ctrl + ↑ キーまたは Ctrl + ↓ キーを押します。一覧でのスライドの新しい番号が読み上げられます。

    スライドをプレゼンテーションの先頭に移動するには、Ctrl + Shift + ↑ キーを押します。スライドをプレゼンテーションの末尾に移動するには、Ctrl + Shift + ↓ キーを押します。

スライドをセクション別に整理する

意味のあるエンティティにスライドをグループ化するには、スライドを複数のセクションに整理できます。たとえば、1 つのプレゼンテーションを他のユーザーと作業している場合、各同僚に作業するセクションを割り当てることができます。

セクションは、標準表示およびスライド一覧表示の縮小表示ペインに表示されます。スライド ショー 表示では、表示も読み上げもされません。

  1. 標準表示の縮小表示ペインで、セクションの最初のスライドにするスライドが読み上げられるまで、↑ または ↓ キーを押します。Alt キーを押しながら、H、T1 キーを押します。次の音声が聞こえます。"セクションの追加、メニュー項目"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"メニュー、メニューから移動、セクションの追加"。次に、Enter キーを押します。次の音声が聞こえます。"スライド、<セクションの最初のスライドのタイトル>、<スライドの数、および一覧内での現在のスライドの位置>、選択されました"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"メニューから移動、選択なし"。無題のセクションが追加されています。

  2. 無題のセクションに名前を付けるには、縮小表示ペインで、"<セクションの番号>、無題セクション" と聞こえるまで ↑ または ↓ キーを押してから、Shift + F10 キーを押します。"<プレゼンテーション名>.pptm、自動保存、PowerPoint ウィンドウ、<最初のメニュー項目> メニュー項目、セクション名の変更、メニュー項目" と聞こえます。JAWS では、次の音声が聞こえます。"シフト、F10、メニュー、セクション名の変更"。次に、Enter キーを押します。[セクション名の変更] ウィンドウにいることがスクリーン リーダーで読み上げられます。

  3. セクションの新しい名前を入力します。次のように聞こえるまで Tab キーを押します。"名前の変更ボタン"。次に、Enter キーを押します。次の音声が聞こえます。"スライド、番号および場所、選択されました"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"入力、選択されていません"。

  4. スライドを並べ替える」の説明に従って、適切なセクションにスライドを移動します。

    ナレーターでセクション名を聞くには、縮小表示ペインで ↑ または ↓ キーを押します。JAWS ではセクション名は読み上げられません。

プレゼンテーション内のすべてのスライドの方向を変更する

スライド セット全体の向きを、横から縦に、またはその逆に、簡単に変更することができます。

  1. 標準表示で、Alt キーを押しながら G、S キーの順に押します。"<スライド サイズ メニュー一覧の最初の項目>、メニュー" と読み上げられます。JAWS では、次の音声が聞こえます。"下部リボン、カスタマイズされたグループ ボックス"。

  2. 次のように聞こえるまで、↑ または ↓ キーを押します。"ユーザー設定のスライドのサイズ、メニュー項目"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"メニュー、メニューから移動、ユーザー設定のスライドのサイズ ドット ドット ドット"。次に、Enter キーを押します。次の音声が聞こえます。"入力、スライド <現在のスライドの番号および一覧上でのその位置>、選択されました"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"入力、メニューから移動、スライド サイズ、スライド サイズ、コンボ ボックスのスライド サイズ"。[スライドのサイズ] ウィンドウが開きます。

  3. [スライドのサイズ] ウィンドウで、"選択、横、ラジオ ボタン、Alt + L" または "選択、縦、ラジオ ボタン、Alt + P" と聞こえるまで、Tab キーを押します。

    JAWS では、次の音声が聞こえます。"向き、スライド、<現在選択されているオプション> ラジオ ボタンがオン"。JAWS では、選びたいオプションが読み上げられるまで、↑ または ↓ キーを押します。

    ヒント: ナレーターでは、[スライドのサイズ] ウィンドウのオプションを聞いて移動するには、Caps Lock + ↑ または ↓ キーを押してもかまいません。

  4. 選択する準備ができたら、次のように読み上げられるまで Tab キーを押します。"OK ボタン"。次に、Enter キーを押します。次の音声が聞こえます。"Microsoft PowerPoint ウィンドウ、ボタン"。 JAWS では、次の音声が聞こえます。"Microsoft PowerPoint、Microsoft PowerPoint ボタン"。確認ウィンドウが開きます。

  5. [Microsoft PowerPoint] ウィンドウで、次のいずれかを行います。

    • コンテンツのサイズを最大化するには、次の音声が聞こえるまで Tab キーを押します。"最大化"。JAWS では、次の音声が聞こえます。”最大化ボタン"。スライドに多くのコンテンツがある場合、このオプションを使うとすべてのテキストがスライドに収まらない可能性があります。

    • スライドに収まるようにコンテンツを縮小するには、次の音声が聞こえるまで Tab キーを押します。"サイズに合わせて調整"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"サイズに合わせて調整ボタン"。このオプションは、スライドにすべてが収まるように、コンテンツを小さいフォント サイズにします。次に、Enter キーを押します。次の音声が聞こえます。"入力。スライド、<使用できるスライドの数および一覧での現在のスライドの位置>"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"入力、選択されていません"。

      縮小表示ペインにフォーカスが移動します。

スライドのサイズを変更する

スライドのサイズを変更するには、既定のサイズ オプション [標準 (4:3)] または [ワイド画面 (16:9)] を選ぶか、スライドのサイズをカスタマイズします。

スライド サイズをワイド画面と標準の間で切り替える

  1. 標準表示で、Alt キーを押しながら G、S キーの順に押します。"<スライド サイズ メニュー一覧の最初の項目>、メニュー" と読み上げられます。JAWS では、次の音声が聞こえます。"下部リボン、カスタマイズされたグループ ボックス"。

  2. [スライドのサイズ] メニューで、次のいずれかの操作を行います。

    • 標準サイズを選ぶには、メニュー一覧で、次のように聞こえるまで ↑ または ↓ キーを押します。"標準、4 コロン 3、2 つのうち 1 つ"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"標準、左親、4 コロン 3 右親、2 つのうち 1 つ"。

    • ワイド画面サイズを選ぶには、メニュー一覧で、次のように聞こえるまで ↑ または ↓ キーを押します。"ワイド画面"。

  3. 次に、Enter キーを押します。次の音声が聞こえます。"Microsoft PowerPoint ウィンドウ、ボタン"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"Microsoft PowerPoint、Microsoft PowerPoint ボタン"。確認ウィンドウが開きます。

  4. [Microsoft PowerPoint] ウィンドウで、次のいずれかを行います。

    • コンテンツのサイズを最大化するには、次の音声が聞こえるまで Tab キーを押します。"最大化"。JAWS では、次の音声が聞こえます。”最大化ボタン"。スライドに多くのコンテンツがある場合、このオプションを使うとすべてのテキストがスライドに収まらない可能性があります。

    • スライドに収まるようにコンテンツを縮小するには、次の音声が聞こえるまで Tab キーを押します。"サイズに合わせて調整"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"サイズに合わせて調整ボタン"。このオプションは、スライドにすべてが収まるように、コンテンツを小さいフォント サイズにします。次に、Enter キーを押します。次の音声が聞こえます。"入力。スライド、<使用できるスライドの数および一覧での現在のスライドの位置>"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"入力、選択されていません"。縮小表示ペインにフォーカスが移動します。

スライドのサイズをカスタマイズする

異なる画面または用紙サイズにユーザー設定のサイズを使うように、スライドのサイズを変更することができます。

  1. 標準表示で、Alt キーを押しながら G、S キーの順に押します。"<スライド サイズ メニュー一覧の最初の項目>、メニュー" と読み上げられます。JAWS では、次の音声が聞こえます。"下部リボン、カスタマイズされたグループ ボックス"。

  2. [スライドのサイズ] メニューで、次のように読み上げられるまで、↑ または ↓ キーを押します。"ユーザー設定のスライドのサイズ"。次に、Enter キーを押します。"<現在のスライドの番号と一覧上でのその位置>、選択されました" と聞こえます。JAWS では、次の音声が聞こえます。"入力、メニューから移動、スライド サイズ、スライド サイズ、コンボ ボックスのスライド サイズ"。[スライドのサイズ] ウィンドウが開きます。

  3. [スライドのサイズ] ウィンドウで、スライドのサイズを変更するには、プレゼンテーションの対象の書式を選択するか、プレゼンテーションの高さ、幅、向きを設定します。

    • プレゼンテーションの対象の形式を選択するには、次の音声が聞こえるまで Tab キーを押します。"スライドのサイズ"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"スライドのサイズ、コンボ ボックス、<現在の選択>"。↓ キーを押して、ドロップ ダウン メニューを展開します。メニューで、選びたいオプションが読み上げられるまで、↑ または ↓ キーを押します。次に、Enter キーを押します。

    • 幅、高さ、向きを設定するには:

      • スライドの幅を変更するには、次の音声が聞こえるまで Tab キーを押します。"幅"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"幅、編集、スピン ボックス"。選びたい値が読み上げられるまで ↑ または ↓ キーを押すか、値を入力します。

      • スライドの高さを変更するには、次のように聞こえるまで Tab キーを押します。"高さ"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"高さ、編集、スピン ボックス"。選びたい値が読み上げられるまで ↑ または ↓ キーを押すか、値を入力します。

      • 向きを設定するには、次の音声が聞こえるまで Tab キーを押します。"縦ラジオ ボタン、Alt + P" または "横ラジオ ボタン、Alt + L"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"向き、スライド、<現在の選択>、ラジオ ボタン"。選択を変更するには、↑ キーまたは ↓ キーを押します。

    ヒント: ナレーターでは、[スライドのサイズ] ウィンドウのオプションを聞いて移動するには、Caps Lock + ↑ または ↓ キーを押してもかまいません。

  4. 選択する準備ができたら、次のように読み上げられるまで Tab キーを押します。"OK ボタン"。次に、Enter キーを押します。次の音声が聞こえます。"Microsoft PowerPoint ウィンドウ、ボタン"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"Microsoft PowerPoint、Microsoft PowerPoint ボタン"。確認ウィンドウが開きます。

  5. [Microsoft PowerPoint] ウィンドウで、次のいずれかを行います。

    • コンテンツのサイズを最大化するには、"最大化" と聞こえるまで Tab キーを押します。JAWS では、"最大化ボタン" と読み上げられます。スライドに多くのコンテンツがある場合、このオプションを使うとすべてのテキストがスライドに収まらない可能性があります。

    • 新しいスライドに収まるようにコンテンツを縮小するには、次の音声が聞こえるまで Tab キーを押します。"サイズに合わせて調整"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"サイズに合わせて調整ボタン"。このオプションは、スライドにすべてが収まるように、コンテンツを小さいフォント サイズにします。

  6. Enter キーを押します。次の音声が聞こえます。"入力。スライド、<使用できるスライドの数および一覧での現在のスライドの位置>"。JAWS では、次の音声が聞こえます。"入力、選択されていません"。縮小表示ペインにフォーカスが移動します。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でテキストを追加し、書式を設定する

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint に画像と表を挿入して編集する

ショートカット キーを使用してプレゼンテーションを作成する

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を使用して、PowerPoint を操作する方法

PowerPoint 2016 for Mac では、キーボードと、Mac OS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、プレゼンテーションのスライドを追加、削除、配置できます。スライドのサイズと向きを変更することもできます。

以下のタスクは、PowerPoint の標準表示で実行されます。標準表示に移動するには、Command + 1 キーを押します。

注記: 

この記事の内容

新しいスライドを追加する

現在のスライドのレイアウトまたは新しいテンプレート レイアウトに基づいて、プレゼンテーションに新しいスライドを簡単に追加できます。

現在のスライドに基づいて新しいスライドを追加する

  1. PowerPoint のスライド セットで、前のスライドのレイアウトに基づいて新しいスライドを追加するには、Command キーと Shift キーを押しながら N キーを押します。VoiceOver で "新しいスライド" と読み上げられ、スライドが追加されます。

    ヒント: 現在のスライドを複製するには、Command キーと Shift キーを押しながら D キーを押します。

テンプレート レイアウトに基づいて新しいスライドを追加する

  1. 標準表示で、タブに移動するまで F6 キーを押します。現在選択されているタブに移動します。必要に応じて、VoiceOver で [ホーム] タブと読み上げられるまで、左方向キーを押します。タブを選択するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  2. [ホーム] タブで、下方向キーを 1 回押してリボンに移動します。

  3. Ctrl キーと Option キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押して、リボンに入ります。

  4. VoiceOver で "新しいスライド、メニュー ボタン" と読み上げられるまで、繰り返し右方向キーを押します。

  5. メニューを開くには、Ctrl キーと Option キーと Shift キーを押しながら M キーを押します。VoiceOver で次のように読み上げられます。"新しいスライド、ウィンドウ。新しいスライド、ギャラリー。"

  6. Ctrl キーと Option キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押して、ギャラリーに入ります。

  7. アイテム間を移動するには、方向キーを押します。移動すると、VoiceOver でアイテムが読み上げられます。

  8. レイアウトを選ぶには、Enter キーを押します。スライドがスライド セットに追加されます。

スライドを削除する

  1. 標準表示に移動するには、Command + 1 キーを押します。

  2. VoiceOver で "縮小版ウィンドウ、リスト、アイテムが 1 個選択されました。" と読み上げられるまで、F6 キーを押します。

  3. Ctrl キーと Option キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押して、縮小版ウィンドウに入ります。VoiceOver で次のように読み上げられます。"縮小版ウィンドウ、リスト、アイテムが 1 個選択されました。"

  4. スライド間を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。移動すると、VoiceOver ではスライドのタイトルが読み上げられます。

  5. 削除するスライド上で、Delete キーを押します。スライドが削除されます。

スライドを並べ替える

現在の場所のスライドを切り取って、新しい場所に貼り付けて、スライドを並べ替えることができます。

  1. 標準表示の VoiceOver で、"縮小版ウィンドウ、リスト、アイテムが 1 個選択されました。" と読み上げられるまで、F6 キーを押します。

  2. Ctrl キーと Option キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押して、縮小版ウィンドウに入ります。VoiceOver で次のように読み上げられます。"縮小版ウィンドウ、リスト、アイテムが 1 個選択されました。"

  3. スライド間を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。移動すると、VoiceOver ではスライドのタイトルが読み上げられます。

  4. 移動するスライド上で、Command キーを押しながら X キーを押して、スライドを切り取ります。

  5. スライド間を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。移動すると、VoiceOver ではスライドのタイトルが読み上げられます。

  6. 切り取ったスライドを挿入する位置の後のスライド上で、Command キーを押しながら V キーを押します。

スライドをセクション別に整理する

スライドを意味のあるエンティティを構成するセクションにグループ化できます。たとえば、1 つのプレゼンテーションを他のユーザーと作業している場合、各同僚に作業するセクションを割り当てることができます。

セクションは、標準表示およびスライド一覧表示の縮小表示ペインに表示され、VoiceOver によって読み上げられます。

  1. 標準表示の縮小版ウィンドウで、セクションの最初のスライドに移動します。

  2. タブに移動するまで F6 キーを押します。[ホーム] タブに移動していない場合は、そのタブに到達するまで左方向キーを押します。VoiceOver で次のように読み上げられます。"ホーム、タブ、1/8。"タブを選択するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  3. リボンに移動するには、下方向キーを押します。VoiceOver で次のように読み上げられます。"スクロール範囲。"現在スクロール範囲上にいます。"

  4. Ctrl キーと Option キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押して、リボンに入ります。VoiceOver で次のように読み上げられます。"スクロール範囲内、<アイテム数>、<フォーカスされているボタンの名前>。"

  5. VoiceOver で "セクション、メニュー ボタン。" と読み上げられるまで、繰り返し右方向キーを押します。メニューを開くには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  6. [セクションの追加] オプションを選択するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  7. セクション名を入力し、Enter キーを押します。セクションが縮小版ウィンドウで表示されています。縮小版ウィンドウでセクションに移動すると、VoiceOver でセクション名が読み上げられます。

スライド セット内のスライドの方向を変更する

PowerPoint のスライドは自動的に横向きに設定されます。ただし、スライドの向きを縦向きに変更したり、縦向きを横向きに変更したりすることができます。

  1. 標準表示で、タブに移動するまで F6 キーを押します。[デザイン] タブに移動していない場合は、そのタブに到達するまで右方向キーまたは左方向キーを押します。VoiceOver で次のように読み上げられます。"デザイン、タブ、3/8。"タブを選択するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  2. [デザイン] タブで、VoiceOver で "スライドのサイズ、メニュー ボタン" と読み上げられるまで、繰り返し Tab キーを押します。

  3. メニューを開くには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。VoiceOver で次のように読み上げられます。"スライドのサイズ、メニュー ボタンが押されました。現在ギャラリー上にいます。"

  4. Ctrl キーと Option キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押して、メニューに入ります。VoiceOver で次のように読み上げられます。"スライドのサイズ、ギャラリー、<メニューのアイテム数>、<現在選択されているサイズ>。"

  5. VoiceOver で "ページ設定。" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  6. Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。 [ページ設定] ダイアログが開きます。

  7. "スライドを縦方向にする" または "スライドを横方向にする" など、目的の方向オプションに移動するまで、右方向キーを押して、Control キーと Option キーと Space キーを押しながら選択します。

  8. VoiceOver で "OK、既定、ボタン。" と読み上げられるまで Tab キーを押します。ボタンを押すには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  9. 現在のコンテンツが選択した方向に収まらない場合は、選択した方向に合わせてどのようにコンテンツを拡大縮小するかを確認するダイアログが表示されます。

    • コンテンツを縮小するには、VoiceOver で “縮小、ボタン。” と読み上げられるまで Tab キーを押します。このオプションは、スライドにすべてが収まるように、コンテンツのサイズを変更し、小さいフォント サイズにする場合があります。

    • コンテンツのサイズを最大化するには、VoiceOver で "拡大、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押します。スライドに多くのコンテンツがある場合、このオプションを使うとすべてのコンテンツがスライドに収まらない可能性があります。

    オプションを選択するには、Enter キーを押します。

スライドのサイズを変更する

スライドのサイズを変更するには、既定の 2 つのサイズ オプション [標準 (4:3)] または [ワイド画面 (16:9)] を選ぶか、最適なサイズにカスタマイズすることができます。

ワイド画面から標準、または標準からワイド画面にサイズを変更する

  1. 標準表示で、タブに移動するまで F6 キーを押します。[デザイン] タブに移動していない場合は、そのタブに到達するまで右方向キーまたは左方向キーを押します。VoiceOver で次のように読み上げられます。"デザイン、タブ、3/8。"タブを選択するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  2. VoiceOver で "スライドのサイズ、メニュー ボタン" と読み上げられるまで、繰り返し Tab キーを押します。

  3. メニューを開くには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。VoiceOver で次のように読み上げられます。"スライドのサイズ、メニュー ボタンが押されました。現在ギャラリー上にいます。"

  4. メニューに移動するには、Ctrl キーと Option キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押します。VoiceOver で次のように読み上げられます。"スライドのサイズ、ギャラリー、<メニューのアイテム数>、<現在選択されているサイズ>。"

  5. オプション間を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。移動すると、VoiceOver でオプションが読み上げられます。

  6. サイズを選択するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  7. 小さい値に変更する場合は、選択したサイズに合わせてコンテンツを拡大縮小するかどうかを確認するダイアログが表示される可能性があります。

    • コンテンツを縮小するには、VoiceOver で “倍率、既定、ボタン。” と読み上げられるまで Tab キーを押します。このオプションは、スライドにすべてが収まるように、コンテンツのサイズを変更し、小さいフォント サイズにする場合があります。

    • コンテンツのサイズを最大化するには、"サイズ調整しない、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押します。スライドに多くのコンテンツがある場合、このオプションを使うとすべてのテキストがスライドに収まらない可能性があります。

    オプションを選択するには、Enter キーを押します。

スライドのサイズをカスタマイズする

  1. 標準表示で、タブに移動するまで F6 キーを押します。[デザイン] タブに移動していない場合は、そのタブに到達するまで右方向キーまたは左方向キーを押します。VoiceOver で次のように読み上げられます。"デザイン、タブ、3/8。"タブを選択するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  2. VoiceOver で "スライドのサイズ、メニュー ボタン" と読み上げられるまで、繰り返し Tab キーを押します。

  3. メニューを開くには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。VoiceOver で次のように読み上げられます。"スライドのサイズ、メニュー ボタンが押されました。現在ギャラリー上にいます。"

  4. メニューに移動するには、Ctrl キーと Option キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押します。

  5. VoiceOver で "ページ設定。" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  6. Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。 [ページ設定] ダイアログが開きます。

  7. 右方向キーを 2 回押します。VoiceOver によって "ワイド画面" または "画面に合わせる (4:3)" などの現在選択されているサイズが読み上げられます。

  8. オプションを表示するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  9. オプションを参照するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。移動すると、VoiceOver でオプションが読み上げられます。オプションを選択するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  10. VoiceOver で "OK、既定、ボタン。" と読み上げられるまで Tab キーを押します。ボタンを選択するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  11. 別のサイズに変更すると、選択したサイズに合わせてコンテンツを拡大縮小するかどうかを確認するダイアログが表示されます。

    • コンテンツを縮小するには、VoiceOver で “縮小、ボタン。” と読み上げられるまで Tab キーを押します。このオプションは、スライドにすべてが収まるように、コンテンツのサイズを変更し、小さいフォント サイズにする場合があります。

    • コンテンツのサイズを最大化するには、VoiceOver で "拡大、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押します。スライドに多くのコンテンツがある場合、このオプションを使うとすべてのコンテンツがスライドに収まらない可能性があります。

    オプションを選択するには、Enter キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でテキストを追加し、書式を設定する

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint にオーディオまたはビデオを挿入する

PowerPoint 2016 for Mac のキーボード ショートカット

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint でプレゼンテーションを作成するための基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

PowerPoint 2016 for iOS では、iOS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、プレゼンテーションのスライドを追加、削除、配置できます。

注記: 

  • New Office 365 features are released gradually to Office 365 subscribers, so your app might not have these features yet. To learn how you could get new features faster, visit When do I get the newest features in Office 2016 for Office 365?.

  • PowerPoint 2016 for iOS のタッチ機能については、「PowerPoint for iPhone タッチ ガイド」を参照してください。

  • This topic assumes that you are using the built-in iOS screen reader, VoiceOver. To learn more about using VoiceOver, visit Apple accessibility.

  • This topic assumes that you are using an iPhone. Some navigation and gestures might be different for an iPad.

この記事の内容

PowerPoint でスライドの追加、配置変更、削除を行う

現在のスライドのレイアウトまたは新しいテンプレート レイアウトに基づいて、プレゼンテーションに新しいスライドを追加したり、不要になったスライドを削除したりすることが簡単に行えます。現在の場所のスライドを切り取って、新しい場所に貼り付けて、スライドを並べ替えることもできます。

新しいスライドを追加する

  1. プレゼンテーションで、新しいスライドを追加する場所の前に位置するスライドが読み上げられるまで、右または左にスワイプします。移動時にはスライドが、"スライド、<スライドの合計数> の <スライド番号>" と読み上げられます。

  2. 画面をダブルタップします。"選択されました" と読み上げられます。

  3. “新しいスライド ボタン” と読み上げられるまで左右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    スライドがスライド セットに追加されます。

  4. 挿入したスライドのレイアウトを変更するには、"レイアウト ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。テンプレートのオプションを参照するには、右にスワイプします。移動時には、VoiceOver がテンプレートを読み上げます。現在選択されているレイアウトの場合、"選択されています" と読み上げられ、レイアウト名も読み上げられます。テンプレートを選ぶには、画面をダブルタップします。

スライドを並べ替える

  1. プレゼンテーションで、移動するスライドが読み上げられるまで、左右にスワイプします。移動時には、スライドが読み上げられます。

  2. 画面をダブルタップします。"選択されました" と読み上げられます。

  3. 2 本の指で画面をダブルタップします。"他のアイテムの表示、メニュー項目" と読み上げられます。コンテキスト メニューがポップアップ表示されます。

  4. コンテキスト メニューで、"切り取り、メニュー項目" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. 切り取ったスライドを移動する場所の前に位置するスライドが読み上げられるまで、左右にスワイプし、画面をダブルタップします。"選択されました" と読み上げられます。

  6. 2 本の指で画面をダブルタップします。"すべて選択、メニュー項目" と読み上げられます。

  7. スライドを貼り付けるには、"貼り付け、メニュー項目" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。スライドが新しい場所に移動します。

スライドを削除する

  1. プレゼンテーションで、削除するスライドが読み上げられるまで左右にスワイプします。移動時には、スライドが読み上げられます。

  2. 画面をダブルタップします。"選択されました" と読み上げられます。

  3. 2 本の指で画面をダブルタップします。"他のアイテムの表示、メニュー項目" と読み上げられます。

  4. 画面をダブルタップし、"削除、メニュー項目" と読み上げられるまで左にスワイプします。

  5. スライドを削除するには、画面をダブルタップします。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でテキストを追加し、書式を設定する

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を使用して PowerPoint を操作する方法

PowerPoint for Android では、Android の組み込みスクリーン リーダーである TalkBack を使用して、プレゼンテーションのスライドを追加、削除、配置できます。

注記: 

  • New Office 365 features are released gradually to Office 365 subscribers, so your app might not have these features yet. To learn how you could get new features faster, visit When do I get the newest features in Office 2016 for Office 365?.

  • PowerPoint for Android のタッチ機能については、「PowerPoint for Android タッチ ガイド」を参照してください。

  • This topic assumes that you are using the built-in Android screen reader, TalkBack. To learn more about using TalkBack, go to Android accessibility.

  • This topic assumes you are using this app with an Android phone. Some navigation and gestures might be different for an Android tablet.

この記事の内容

PowerPoint でスライドの追加、配置変更、削除を行う

現在のスライドのレイアウトまたは新しいテンプレート レイアウトに基づいて、プレゼンテーションに新しいスライドを追加したり、不要になったスライドを削除したりすることが簡単に行えます。現在の場所のスライドを切り取って、新しい場所に貼り付けて、スライドを並べ替えることもできます。

新しいスライドを追加する

  1. プレゼンテーションの縮小版ウィンドウで、新しいスライドを追加する場所の前に位置するスライドが読み上げられるまで、右または左にスワイプします。移動時にはスライドが、"スライド、<スライド番号>" と読み上げられます。

  2. 2 本の指で画面をダブルタップします。スライドが選択され、編集表示が開きます。

  3. "戻るスイッチが選択されていません" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。縮小表示ペインにフォーカスが移動します。

  4. “新しいスライド ボタン” と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

    スライドがスライド セットに追加されます。

  5. 挿入したスライドのレイアウトを変更するには、スライド編集ビューで、"レイアウト メニュー" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。[レイアウト] メニューで、テンプレートのオプションを参照するには、右にスワイプします。移動時には、TalkBack がテンプレートを読み上げます。現在選択されているレイアウトの場合、レイアウト名が読み上げられ、"選択されています" と読み上げられます。テンプレートを選ぶには、画面をダブルタップします。

スライドを並べ替える

  1. プレゼンテーションの縮小版ウィンドウで、移動するスライドが読み上げられるまで、左右にスワイプします。移動時には、スライドが読み上げられます。

  2. 画面をダブルタップします。コンテキスト メニューがポップアップ表示されます。"編集ボタン" と読み上げられます。

  3. コンテキスト メニューで、"切り取りボタン" と聞こえるまで右にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。

  4. 切り取ったスライドを移動する場所の後に位置するスライドが読み上げられるまで、左右にスワイプし、画面をダブルタップします。"編集ボタン" と読み上げられます。

  5. スライドを貼り付けるには、"貼り付けボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。スライドが新しい場所に移動します。

スライドを削除する

  1. プレゼンテーションの縮小版ウィンドウで、削除するスライドが読み上げられるまで、左右にスワイプします。移動時には、スライドが読み上げられます。

  2. コンテキスト メニューを開くには、画面をダブルタップします。"編集ボタン" と読み上げられます。

  3. コンテキスト メニューで、"削除ボタン" と聞こえるまで右にスワイプします。

  4. スライドを削除するには、画面をダブルタップします。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でテキストを追加し、書式を設定する

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint でプレゼンテーションを作成するための基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を使用して PowerPoint を操作する方法

PowerPoint Mobile では、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、プレゼンテーションのスライドを追加、配置、削除できます。

注記: 

PowerPoint でスライドの追加、配置変更、削除を行う

現在のスライドのレイアウトまたは新しいテンプレート レイアウトに基づいて、プレゼンテーションに新しいスライドを追加したり、不要になったスライドを削除したりすることが簡単に行えます。現在の場所のスライドを切り取って、新しい場所に貼り付けて、スライドを並べ替えることもできます。

新しいスライドを追加する

  1. プレゼンテーションの縮小版ウィンドウで、“項目” と読み上げられるまで、1 本の指で画面の上または下にスワイプします。新しいスライドを追加する場所の前にあるスライドが読み上げられるまで、左右にスワイプします。移動時にはスライドが、"スライド <スライド タイル>、<スライドの合計数> の <スライド番号>" と読み上げられます。

    注: 編集表示から縮小版ウィンドウに移動するには、"戻るボタン" と読み上げられるまで左にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。縮小版ウィンドウの選択したスライドにフォーカスが移動します。

  2. スライドを選択するには、画面をダブルタップします。

  3. “新しいスライド ボタン” と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    スライドがスライド セットに追加されます。

  4. 挿入したスライドのレイアウトを変更するには、スライドを選択して "編集ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。スライドが編集表示で開きます。スライドの編集表示で "レイアウト ボタン折りたたみ" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。[レイアウト] メニューでテンプレートのオプションを参照するには、右にスワイプします。移動時には、ナレーターがテンプレートを読み上げます。現在選択されているレイアウトの場合、"選択されています" と読み上げられ、レイアウトも読み上げられます。テンプレートを選ぶには、画面をダブルタップします。

スライドを並べ替える

  1. プレゼンテーションの縮小版ウィンドウで、“項目” と読み上げられるまで、1 本の指で画面の上または下にスワイプします。次に、移動するスライドが読み上げられるまで、左右にスワイプします。移動するたびに、スライドが読み上げられます。

  2. 画面をダブルタップします。コンテキスト メニューがポップアップ表示されます。"ユーザー設定" と読み上げられます。

  3. コンテキスト メニューで、"切り取りボタン" と聞こえるまで右にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。

  4. 切り取ったスライドを移動する場所の後に位置するスライドが読み上げられるまで、左右にスワイプし、画面をダブルタップすると、コンテキスト メニューが開きます。"ユーザー設定" と読み上げられます。

  5. スライドを貼り付けるには、"貼り付けボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。スライドが新しい場所に移動します。

スライドを削除する

  1. プレゼンテーションの縮小版ウィンドウで、“項目” と読み上げられるまで、1 本の指で画面の上または下にスワイプします。次に、削除するスライドが読み上げられるまで、左右にスワイプします。移動するたびに、スライドが読み上げられます。

  2. コンテキスト メニューを開くには、画面をダブルタップします。"ユーザー設定" と読み上げられます。

  3. コンテキスト メニューで、"削除ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。

  4. スライドを削除するには、画面をダブルタップします。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でテキストを追加し、書式を設定する

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを印刷する

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint でプレゼンテーションを作成するための基本的な作業

アクセシビリティ機能を使用して PowerPoint を操作する方法

PowerPoint Online では、キーボードと、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、プレゼンテーションのスライドを追加、削除、配置できます。

注記: 

  • New Office 365 features are released gradually to Office 365 subscribers, so your app might not have these features yet. To learn how you could get new features faster, visit When do I get the newest features in Office 2016 for Office 365?.

  • キーボード ショートカットについては、「ショートカット キーを使用してプレゼンテーションを作成する」を参照してください。

  • This topic assumes that you are using the built-in Windows screen reader, Narrator. To learn more about using Narrator, go to Get started with Narrator.

  • This topic makes note of the JAWS functionality as well. To learn more about JAWS for Windows, go to JAWS for Windows Quick Start Guide.

  • This topic assumes you are using this app with a PC. Some navigation and gestures might be different for a Windows phone or tablet.

  • PowerPoint Online を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。PowerPoint Online は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、PowerPoint Online には適用されません。

この記事の内容

新しいスライドを追加する

現在のスライドのレイアウトまたは別のレイアウトに基づいて、プレゼンテーションに新しいスライドを追加できます。

  1. PowerPoint Online の [編集表示] で、タブに移動するまで Ctrl + F6 キーを繰り返し押します。現在選択されているタブをナレーターが読み上げます。たとえば、[ホーム] タブが選択されている場合は、"選択されている、ホーム、H タブ、アイテム" と読み上げられます。JAWS は、たとえば、"ホーム、H タブ、選択されている" と読み上げます。

    ヒント: PowerPoint Online でプレゼンテーションを開くと、閲覧表示で開きます。編集表示に切り替えるには、"プレゼンテーションの編集" と読み上げられるまで Ctrl + F6 キーを繰り返し押します。Enter キーを押して、メニューを開きます。次に、下方向キーを 1 回押します。"ブラウザーで編集" と読み上げられます。Enter キーを押し、編集表示でプレゼンテーションを開きます。

  2. N キーを押し、[挿入] タブを開きます。次に、SI キーを押して [新しいスライド] ダイアログを開きます。

  3. ダイアログ ボックスで、現在のスライドに基づくスライド レイアウトが選択されます。他のレイアウトを操作するには、方向キーを使用します。

  4. レイアウトに基づいて新しいスライドを選択し、追加するには、そのレイアウトに移動し、Enter キーを押します。

スライドを並べ替える

スライドを動かし、プレゼンテーション内の順序を変更できます。

  1. 編集表示で、縮小版ウィンドウに移動するまで Ctrl + F6 キーを押します。縮小版ウィンドウに移動すると、ナレーターが現在のスライドの番号とタイトルを読み上げます。JAWS では、"スライド パネル" と読み上げられます。

  2. 移動するスライドの番号が聞こえるまで、↑ または ↓ キーを押します。

  3. スライドをプレゼンテーションの先頭に移動するには、Ctrl + ↑ キーを押します。スライドが 1 つ上に移動します。

    スライドをプレゼンテーションの末尾に移動するには、Ctrl + ↓ キーを押します。スライドが 1 つ下に移動します。

    スライドをプレゼンテーションの最初のスライドとして配置するには、Ctrl + Shift + ↑ キーを押します。スライドをプレゼンテーションの最後のスライドとして配置するには、Ctrl + Shift + ↓ キーを押します。

スライドを削除する

  1. 編集表示で、縮小版ウィンドウに移動するまで Ctrl + F6 キーを押します。縮小版ウィンドウに移動すると、ナレーターが現在のスライドの番号とタイトルを読み上げます。JAWS では、"スライド パネル" と読み上げられます。

  2. 削除するスライドの番号が聞こえるまで、↑ または ↓ キーを押します。

  3. Del キーを押します。

    ヒント: 削除を元に戻すには、Ctrl + Z キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でテキストを追加し、書式を設定する

ショートカット キーを使用してプレゼンテーションを作成する

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint でプレゼンテーションを作成するための基本的な作業

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft wants to provide the best possible experience for all our customers. If you have a disability or questions related to accessibility, please contact the Microsoft Disability Answer Desk for technical assistance. The Disability Answer Desk support team is trained in using many popular assistive technologies and can offer assistance in English, Spanish, French, and American Sign Language. Please go to the Microsoft Disability Answer Desk site to find out the contact details for your region.

If you are a government, commercial, or enterprise user, please contact the enterprise Disability Answer Desk.

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×