スキップしてメイン コンテンツへ

スクリーンリーダーユーザー向けの Office 2016 と Office 365 のエディターの相違点

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Office 2016 から Office 365 に切り替え、スクリーンリーダーを使用する方法を教えてください。 この記事では、エディターの変更と新機能についてご説明しました。

コンテキスト メニュー

Office 2016、[文章校正用にフラグが付けられたテキスト] のコンテキストメニューには、修正候補が5つまで、[すべて無視] と [辞書に追加] などの校正コマンドが含まれています。

Office 365のエディターのコンテキストメニューは、アクセシビリティのために完全に再設計されています。 [候補] および [文章校正] は、標準のコンテキストメニューに追加された、別の [スペルチェック] または [文章校正] サブメニューに表示されます。 校正の問題のフラグが付けられたテキストのコンテキストメニューを開くと、最初の修正候補にフォーカスが設定されます。 [スペルチェック] または [文章校正] サブメニューに移動して、標準のコンテキストメニューコマンドにアクセスするには、Esc キーを押します。

[スペルチェック文章校正] サブメニューには、各候補が分割ボタンとして表示されます。 候補を選択するには、Enter キーまたは Space キーを押します。 各スペルまたは "可能な単語選択エラー" の候補には、類義語の一覧が表示され、目的の修正候補を選択するのに役立ちます。 [分割] ボタンを展開し、[音声読み上げ]、[すべて変更]、[オートコレクト] の順に選択し、右方向キーを押してサブメニュー内を移動し、次に、Enter キーを押して目的のコマンドを選択します。

スペルチェックと文章校正ウィンドウ

Office 2016 の [スペルチェックと文章校正] ウィンドウには、問題の修正候補の一覧と、[無視]、[オートコレクトに追加]、[すべて変更] などの操作を実行するためのボタンが含まれています。 [スペルチェックと文章校正] ウィンドウを開くには、F7 キーを押します。 文書内にスペルや文法の問題がある場合、最初の問題はウィンドウで自動的に開かれます。 F6 キーを押して、[スペルチェックと文章校正] ウィンドウにフォーカスを移動します。 ウィンドウ内を移動するには、Tab キーを押すか、Shift キーを押しながら Tab キーを押して、ウィンドウ内の候補とその他のボタンの間でフォーカスを移動します。

修正候補を選択するか、問題に対して別の操作を実行すると、次のスペルまたは文法の問題が自動的に開かれます。 文書に残りの問題が残っていない場合は、画面に "スペルチェックと文章校正が完了しました" というダイアログボックスが表示されます。 Enter キーを押して、ウィンドウを閉じます。

Office 365では、[スペルチェックと文章校正] ウィンドウがエディターの概要とエディターのウィンドウに置き換わります。

エディターの概要とエディターのウィンドウ

[エディターの概要] ウィンドウは Office 365 専用の機能です。この機能を使用すると、文書内の修正と絞り込みのリストを、直線的な方法で、または一度に1つずつ参照することができます。 F7 キーを押すと、[エディターの概要] ウィンドウを開くことができます。

[エディターの概要] ウィンドウ内を移動するには、Tab キーを押すか、Shift キーを押しながら Tab キーを押して、ウィンドウ内のカードの間でフォーカスを移動します。また、カード内を移動するには上下の方向キーを押します。 項目を選択するには、Enter キーを押します。

[概要] ウィンドウの [カテゴリ] または [すべての結果の表示] ボタンを選択すると、[エディター ] ウィンドウに移動します。このウィンドウには、カテゴリまたはリスト内の最初の問題に関する詳細、候補の一覧、 1 回限り無視または追加オプションなどのオプションが表示されます。 辞書。 [エディター] ウィンドウ内を移動するには、Tab キーまたは Shift + Tab キーを押すか、上下の方向キーを押して、ウィンドウ内の候補とその他のボタンの間でフォーカスを移動します。

[エディター ] ウィンドウを開くと、スペルまたは文法の問題がある元の文章が含まれた読み取り専用のテキストボックスにフォーカスが移動します。 スクリーンリーダーの標準的な読み取りコマンドを使用して、元の文章内を読み取って移動したり、フラグが設定された単語が文章内のどこにあるかを確認したりすることができます。

[エディター ] ウィンドウでは、各候補が分割ボタンとして表示されます。 候補を選択するには、Enter キーまたは Space キーを押します。 各スペルまたは "可能な単語選択エラー" の候補には、類義語の一覧が表示され、目的の修正候補を選択するのに役立ちます。 [分割] ボタンを展開して、[音声読み上げ]、[すべて変更]、[オートコレクト] の順に選択した場合、Alt キーを押しながら下方向キーを押してサブメニュー内を移動し、Enter キーを押して目的のコマンドを選択します。

修正候補を選択するか、問題に対して別の操作を実行すると、[エディター ] ウィンドウでは同じカテゴリの次の問題が自動的に開かれ、もう一度、元の文を含む読み取り専用のテキストボックスにフォーカスが移動します。 カテゴリに残りの問題が残っていない場合は、[エディターの概要] ウィンドウにフォーカスが戻ります。 [エディター ] ウィンドウでは、選択したカテゴリ内、またはすべての結果の一覧内で、 [次の問題] と [前の問題] のボタンを使用して移動することもできます。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×