スキップしてメイン コンテンツへ
スクリーンリーダーを使用して Skype for Business を検索して移動する

スクリーンリーダーを使用して Skype for Business を検索して移動する

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Skype for Business は身体や視覚に障碍のあるユーザーが簡単に会議およびメッセージング アプリを使えるようにするためのアクセシビリティ機能を備えています。 プラットフォーム固有のアクセシビリティ設定と機能の詳細については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」をご覧ください。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • キーボード ショートカットについては、「Skype for Business のキーボード ショートカット」をご覧ください。

  • このトピックでは、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。 ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの詳細なガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。 JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。 一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

Skype for Business のレイアウトを理解する

(Z0z_)を使用すると、250の出席者として、オンライン会議のスケジュール設定や実施を行うことができます。 さらに、同僚に通話を発信したり、メッセージを送信したりすることができます。 [ Z0z_ ] UI に含まれる要素は、選択したコミュニケーション要素 (連絡先、会話、電話、または会議) に基づいて変わります。

視覚、視力、身体に障碍があるユーザーの場合、Skype for Business UI のメンタル モデルを構築してください。 UI の領域と特定の要素については、次の表で説明します。

エリア

このエリア内にある要素

最初の行: メニュー バーまたは個人用設定した投稿

  • アプリの既定のビューを使用している場合は、今日の予定は何ですか。テキストボックスは1行目にあります。 ここには、個人用設定に基づく投稿を表示します。

  • アプリのメニューバーを表示するように既定のビューを変更すると、メニューバーは最初の行に表示され、次に [今日の予定]テキストボックスが表示されます。

2 番目の行: ユーザーに関する情報

  • ユーザー名

  • [状態] メニュー。 [連絡可能]、[取り込み中]、[応答不可] などの他のオプションの中から状態を示します。

  • [場所] テキストボックスとボタンを設定します。 場所を表示したり、場所の設定を行えるようにします。

3番目の行: UI とオプションボタンのメイン領域に表示される情報を変更するタブグループ

  • [連絡先] タブ。 連絡先に関する情報が表示されます。

  • [チャットルーム] タブ (お使いのアカウントで利用可能な場合)。 所属するチャットルームまたはフォローしているチャットルームに関する情報が表示されます。

  • [会話] タブ。 現在の会話と過去の会話についての情報が表示されます。

  • [電話] タブ。 電話をかけるためのボイスメールとダイヤルパッドに関する情報が表示されます (アカウントで利用可能な場合)。

  • [会議] タブ。 今後の会議に関する情報が表示されます。

  • [オプション] ボタン。 アプリの設定にアクセスできます。

  • [メニューバーの表示] ボタン。 次のボタンとメニューにアクセスできます。

    • [ファイル] メニュー

    • [今すぐ会議] ボタン

    • [ツール] メニュー

    • [ヘルプ] メニュー

    • [メニューバーの表示] をオンにします。 UI の最初の行でアプリのメニューバーを表示または非表示にします。

可変行数: 選択したタブに対応する情報

[連絡先] タブを選択すると、次の情報が表示されます。

  • [ユーザーの検索] ボックス。 組織内のユーザーを検索します ( または、組織で利用可能な場合は、)。

  • [連絡先] ビューのタブ:

    • [グループ] タブ。 お気に入り、カスタムグループ、その他の連絡先別に連絡先をグループ化して表示します。

    • [状態] タブ。 オンラインまたは退席中など、自分の状態別に連絡先を表示するグループ。

    • [リレーションシップ] タブ。 グループには、同僚友達、家族ワークグループなど、自分とのプライバシー関係に基づいて連絡先が表示されます。

    • [新規作成] タブ。 自分を連絡先リストに追加したユーザーが表示されます。

    • 連絡先を追加し、グループを作成し、[連絡先リスト] をカスタマイズします。 連絡先の追加、グループの作成、表示オプションの設定を行います。

  • 名前、状態、デバイスの機能 ([ビデオ使用可能] など) を含む各ユーザーの連絡先の詳細。

[会話] タブを選択すると、次の情報が表示されます。

  • [すべての会話] タブ。 現在の会話と過去の会話がすべて表示されます。

  • [不在着信した会話] タブ。 不在着信した会話が表示されます。

  • [通話] タブ。 通話履歴が表示されます。

  • 通話履歴内の各会話または各通話。

[電話] タブを選択すると、(お使いのアカウントで有効になっている場合に) 次の情報が表示されます。

  • ユーザーまたは会議室を検索するか、[電話番号をダイヤルしてください] 検索ボックス。 組織内のユーザーを検索するか、電話番号を入力してダイヤルします。

  • [ダイヤル パッド] ボタン: 電話番号の入力ができます。 また、最後の電話番号をリダイヤルして電話をかけることができます。

  • 「ボイスメールのオプション」を参照してください。 次のコマンドを含むメニューが表示されます。 [ボイスメールの呼び出し]、[応答メッセージの変更]、[ボイスメールの設定] を選びます。

  • 各ボイス メール。

[会議] タブを選択すると、次の情報が表示されます。

  • [今すぐ会議] ボタン。 今すぐ会議を開始します。

  • 予定日でグループ化された各会議。

最後の行: プライマリ デバイスに関する情報

[プライマリデバイス] メニューを選択します。 プライマリデバイスに関するオーディオとビデオの情報を表示します。

キーボードを使って移動する

キーボードショートカットでは、_ 0 z_を使用できます。 詳細については、「 Skype For business のキーボードショートカット」を参照してください。 以下は、Skype for Business でよく使用されるキーボード ショートカットです。

  • いずれかのz0z_ UI の要素を前に移動するには、tab キーを押すか、Shift キーを押しながら tab キーを押します。

  • メニューバー内を参照するか、またはタブ間を移動するには、右方向キーまたは左方向キーを押します。

  • リストウィンドウ内の項目間を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。

  • 項目を選択するには、Enter を押します。 ダイアログを閉じるかフォーカスを元に戻すには、Esc を押します。

  • メニューバーの表示と非表示を切り替えるには、[ z0z_ ] メインウィンドウで、Alt キーを押します。 メニューバーには、[ファイル] (Alt + F)、[今すぐ会議] (alt + M)、[ツール] (alt + T)、および [ヘルプ] (alt + H) という4つのメニューがあります。 メニューの項目を開くには、まず、メニューのショートカットキーを押してから、メニュー項目の文字 (下線付き) を押します。 たとえば、[ツール] メニューの [オプション] メニュー項目を開くには、Alt キーを押しながら T キーを押し、O キーを押します。

  • メインウィンドウで各タブを開くには、次の操作を行います。

    • Ctrl キーを押しながら1キーを押して、[連絡先] タブを開きます。

    • Ctrl キーを押しながら2キーを押して、[チャットルーム] タブを開きます。

    • Ctrl キーを押しながら3キーを押して、[会話] タブを開きます。

    • Ctrl キーを押しながら4キーを押して、[電話] タブを開きます。

    • Ctrl キーを押しながら5キーを押して、[会議] タブを開きます。

  • 連絡先との通信を開始するには、連絡先リストで、連絡先が読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを繰り返し押し、読み上げられたら enter キーを押して [オプション] メニューを開きます。 Tab キーを押してメニュー内を移動します。 オプションを選択するには、Enter キーを押します。

Skype for Business に関する特別な考慮事項

IM のテキストのサイズを変更する

会話に表示されるテキストのサイズを変更するには、次の手順を実行します。

  1. 会話ウィンドウで、"その他のオプションボタン" という音声が聞こえるまで Tab キーを押し、読み上げられたら enter キーを押します。 [その他のオプション] メニューが開きます。

  2. [IM のテキスト表示サイズ] メニュー項目を選択するには、T キーを押します。

  3. 目的のテキスト表示サイズを選択するには、目的のサイズが読み上げられるまで下方向キーを押し、聞こえたら Enter キーを押します。

    注: この操作では、画面上のテキスト サイズが変更されますが、送信するメッセージのテキスト サイズは変更されません。

    ヒント: IM 入力領域にフォーカスをすばやく移動するには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら M キーを押します。

通話を開始または受信するときにスクリーン リーダーのボリュームを調整する

お使いのコンピュータが Dolby オーディオ制御を搭載している場合、Skype for Business を使用して通話を開始または受信するときにスクリーン リーダーからの音声フィードバックの音量が下がる場合があります。 これは既知の問題であり、すべてのオーディオデバイスの製造元向けのz0z_で解決されます。 ただし、すべてのデバイスで修正が実装されるまでは、この音量低下の問題を回避するために次の 2 つの方法のいずれかを使用できます。

  • 外付け USB スピーカーを接続する。 非 USB スピーカーでは、Dolby ドライバでお使いのデバイスの内蔵オーディオが使用されます。 デバイスの内蔵スピーカーまたはヘッドホン ジャックに接続したスピーカーを使用する代わりに、外付け USB スピーカーを接続します。

  • オーディオ ドライバの Dolby 機能を無効にする。 ドルビー機能にアクセスするには、次の手順を実行します。

    1. Windows ロゴキーを押しながら I キーを押して、[設定] を開き、「サウンド」と入力します。 "サウンド" と読み上げられるまで下方向キーを押し、enter キーを押します。

    2. [サウンド設定] ダイアログボックスで、現在のオーディオデバイスが読み上げられるまで下方向キーを押し、次に Alt キーを押しながら P キーを押してプロパティを開きます。

    3. [ Dolby ] タブを開くには、"ドルビー" と読み上げられるまで tab キーを押し、"選択済み、Dolby tab" と読み上げられるまで右方向キーを押します。

Skype for Business のテレタイプ端末 (TTY) モードを有効にする

テレタイプ端末 (TTY) デバイスを使用するときに、Skype for Business で TTY モードをオンにするには、次の手順を実行します。

  1. [ツール] メニューの [オプション] メニュー項目を開くには、" z0z_" のように、Alt キーを押しながら T キーを押し、O キーを押します。 "Skype for Business、オプション" と読み上げられます。

  2. "電話タブ項目" と読み上げられるまで下方向キーを押した後、"オフ、TTY チェックをオンにする" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  3. TTY モードをオンにするには、Space キーを押します。 次の音声が聞こえます: "オンになっています"。

音声認識機能を使用して Skype for Business を操作する

音声認識ツールは、身体に障碍がある方や (キーボードやマウスではなく) 音声コマンドを使用する必要がある方が、Skype for Business を含む、Microsoft 製品を操作する場合に役立ちます。

サード パーティ製の音声認識ツール、または Windows オペレーティング システムに付属の音声認識機能を使用することができます。 コンピューターで音声認識を有効にする場合は、「音声認識を使う」をご覧ください。

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って通話を受信および発信する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使用して画面を共有する

Skype for Business のキーボード ショートカット

Skype for Business でのスクリーン リーダーの使い方

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business で会議をよりアクセスしやすくする

Mac での Skype for Business は身体や視覚に障碍のあるユーザーが簡単に会議およびメッセージング アプリを使えるようにするためのアクセシビリティ機能を備えています。 プラットフォーム固有のアクセシビリティ設定と機能の詳細については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」をご覧ください。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • キーボード ショートカットについては、「Skype for Business のキーボード ショートカット」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

Mac 版 Skype for Business のレイアウトを理解する

(Z0z_)を使用すると、250の出席者として、オンライン会議のスケジュール設定や実施を行うことができます。 さらに、同僚に通話を発信したり、メッセージを送信したりすることができます。 [ Z0z_ ] UI に含まれる要素は、選択したコミュニケーション要素 (会話、会議、電話、連絡先) に基づいて変わります。

視覚、視力、身体に障碍があるユーザーの場合、Skype for Business UI のメンタル モデルを構築してください。 UI のエリアと固有の要素を、次の表に示します。

エリア

このエリア内にある要素

1 番目の列: メイン ナビゲーション グループ

  • マイ プロファイルのポップアップ ボタン:

    • 空き時間情報の変更

    • 個人用設定に基づく状態メッセージの書き込み

  • [チャット] タブ

  • [会議] タブ

  • [通話] タブ

  • [連絡先] タブ

2番目の列: メインナビゲーショングループの各アイテムに関連するアイテムを一覧表示するウィンドウ

  • [チャット]:

    • [チャットを検索] ボックス

    • IM のリスト

  • [会議]:

    • 今後の会議のリスト

  • [通話]:

    • [すべての通話] オプション

    • [不在着信] オプション

    • 保存した通話 (お持ちの場合)

    • [ボイスメール] オプション (設定に応じて変わる)

  • [連絡先] には、次の項目が表示されます。

    • [すべての連絡先] オプションは次の場所にあります。

      • [連絡先を検索] ボックス

      • お気に入りの連絡先グループ

      • その他の連絡先連絡先グループ

    • [新しい連絡先] オプション (連絡先として追加したが、連絡先に追加されていないユーザー向け)

3 番目の列: 2 番目の列で選択された項目の詳細を示すウィンドウ。

  • チャットログや連絡先カードなどのチャットや連絡先の詳細情報が含まれています。

  • 選択した会議に参加するためのボタンを提供します。

  • 通話用のダイヤルパッドを示しています。

既定では、[連絡先] タブが選択されている [ z0z_ ] が始まります。

会話を個別のウィンドウに表示する

既定では 、同じウィンドウの別のウィンドウにある連絡先のインスタントメッセージ (IM) の会話がすべて表示されます。 会話が別個のウィンドウに表示されている場合に、会話を管理する必要がある場合もあります。 設定を変更するには、[環境設定] を使用します。

  1. [環境設定] に移動するには、[ z0z_] のように、Command +、(カンマ) キーを押します。

  2. 既定では、 _ z0z_環境設定を初めて開くと、 [全般] タブが選択されます。 「全般、選択済み、ボタン」と読み上げられます。

    ヒント: タブ間を移動するには、Tab キーを押します。 タブを選択するには、Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  3. 必要に応じて、"会話を別のウィンドウで表示する、オフになっているチェックボックス" と読み上げられるまで Tab キーを押します。 オプションを選択するには、Control+Option+Space キーを押します。

着信メッセージと通話のサウンドのオンとオフを切り替える

着信メッセージの効果音で、新しいインスタント メッセージまたは着信通話があることが通知されます。 通話とメッセージの通知は、既定ではオンになっています。 設定は、[環境設定] で変更できます。

  1. [環境設定] に移動するには、[ z0z_] のように、Command +、(カンマ) キーを押します。

  2. "通知、ボタン" と読み上げられるまで、左方向キーまたは右方向キー、または Tab キーを押します。 次に Control+Option+Spacebar キーを押します。

  3. 目的のオプションが読み上げられるまで、左方向キーまたは右方向キー、または Tab キーを押します。

    • 「通話に関連したサウンドを再生」を使用して、通話のオンとオフを切り替えることができます。

    • "メッセージに関連するサウンドを再生する" を使用して、メッセージの表示と非表示を切り替えることができます。

    • 画面共有中に通知のオンとオフを切り替えるには、[画面共有中に通知を停止する] を選びます。

    オプションをオンまたはオフにするには、Space キーを押します。

キーボードを使って移動する

VoiceOver がオンになっている状態で、Quick Nav もオンになっていることを確認します。 コントロールキーとオプション キーは「VoiceOver キー」または「Control + Option キー」と呼ばれます。 VoiceOver コマンドを入力するには、Control + Option キーを押しながら、他の 1 つ以上のキーを押します。

  • メイン ウィンドウ内を移動するには、Control+Option+方向キーを押します。 また、Tab キー (前に進む) または Shift + Tab キー (後方に移動) を使用してウィンドウ内を移動することもできます。

  • 項目を操作するには、Control+Option+Shift+↓キーを押します。

  • 項目を選択および選択解除するには、Control+Option+Space キーを押します。

  • 項目から離れるには、Control+Option+Shift+↑キーを押します。

  • メニューまたはリスト内を参照するには、上方向キーまたは下方向キーを押し、選択するには Space キーを押します。

  • メニューまたはリストを終了するには、Esc キーを押します。

  • アプリケーションメニューはメニューバーにあり、[ z0z_] のメニューとコマンドが含まれています。 メニュー バーにアクセスするには、Control+Option+M キーを押します。 「メニュー バー、アップル」と読み上げられます。 [Skype for Business]、[ファイル]、[編集]、[連絡先]、[会話]、[ウィンドウ]、[ヘルプ] メニュー間を移動するには、→キーを使用します。 下方向キーを押してメニューを開き、上下の矢印をクリックしてメニュー内の項目を参照します。 アイテムを選択するには、Space キーを押します。

詳細については、「Skype for Business のキーボード ショートカット」をご覧ください。

VoiceOver 項目セレクターを使用する

簡単に Skype for Business 内を移動するために、VoiceOver 項目セレクターも使用できます。 項目セレクターを有効にするには、Control+Option+I キーを押します。 「項目セレクター メニュー」と読み上げられます。 メニュー内で移動するために方向キーを使用して、読み上げられる内容を聞きます。

Skype for Business の環境設定に移動する

[環境設定] を開くには、Command +, (カンマ) キーを押します。 "環境設定" と現在のタブ名が読み上げられます。 Control + Option + 方向キーまたは Tab キーを使用すると、ウィンドウ内を移動してオプションが読み上げられます。 オプションをオンまたはオフにするには、Space キーを押します。 [ユーザー設定] を閉じるには、Esc キーを押します。

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って通話を受信および発信する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使用して画面を共有する

Skype for Business のキーボード ショートカット

Skype for Business でのスクリーン リーダーの使い方

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business 会議のアクセシビリティを高める

iPhone および iPad 用の Skype for Business アプリは身体や視覚に障碍のあるユーザーが簡単に会議およびメッセージング アプリを使えるようにするためのアクセシビリティ機能を備えています。 プラットフォーム固有のアクセシビリティ設定と機能の詳細については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」を参照してください。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。 一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

この記事の内容

Skype for Business のレイアウトを理解する

iPhone で Skype for Business アプリを開始した後は、レイアウトに次の要素が表示されています。

注: Skype for Business では、最近のアクティビティに基づいて表示するものが選ばれます。 お使いのデバイスに応じて、表示内容が変わります。

  • プロファイル、[会議] ボタン、通話を行うための [電話] ボタン (お使いのアカウントで利用できる場合)、および [連絡先] ボタン。

  • [連絡先を検索] ボックス

  • [予定] 見出し (目前に迫っている会議がある場合)

  • [最近] 見出し。ここでは会議を含む、最近のすべての通信を一覧表示します。

タッチを使用した操作

VoiceOver とタッチを使用して移動します。

  • 上下左右にスクロールするには、3 本の指を使用して目的の方向にスワイプします。

  • コマンドまたは UI 要素を選ぶには、1 回タップします。

  • 選択したコマンドまたは UI 要素をアクティブ化するには、ダブルタップします。

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って通話を受信および発信する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使用して画面を共有する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使用した基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business で会議をよりアクセスしやすくする

Android 用の Skype for Business アプリは身体や視覚に障碍のあるユーザーが簡単に会議およびメッセージング アプリを使用できるようにするためのアクセシビリティ機能を備えています。 プラットフォーム固有のアクセシビリティ設定と機能の詳細については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」をご覧ください。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。 一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

Skype for Business のレイアウトを理解する

Android スマートフォンで Skype for Business アプリを開始した後は、レイアウトに次の要素が表示されています。

注: Skype for Business では、最近のアクティビティに基づいて表示するものが選ばれます。 お使いのデバイスに応じて、表示内容が変わります。

  • プロファイル、[会議] ボタン、通話を行うための [電話] ボタン (お使いのアカウントで利用できる場合)、および [連絡先] ボタン。

  • [連絡先を検索]、または [会社のディレクトリで検索] ボックス (ユーザーのアカウント設定に応じて変わる)。

  • [予定] 見出し (目前に迫っている会議がある場合)

  • [最近] 見出し。ここでは会議を含む、最近のすべての通信を一覧表示します。

タッチを使用した操作

TalkBack とタッチを使用して移動します。

  • 上下左右にスクロールするには、2 本の指を使用して目的の方向にスワイプします。

  • コマンドまたは UI 要素を選ぶには、1 回タップします。

  • 選択したコマンドまたは UI 要素をアクティブ化するには、ダブルタップします。

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って通話を受信および発信する

Skype for Business for Android でプレゼンテーションを共有するために TalkBack を使用する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使用した基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business で会議をよりアクセスしやすくする

Windows Phone 用のz0z_アプリには、四肢や視覚障碍など、障碍のある方が簡単に会議とメッセージングアプリを使用できるようにするためのアクセシビリティ機能が含まれています。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。 ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの詳細なガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、Windows Phone でこのアプリを使っていることを前提としています。 一部のナビゲーションとジェスチャは、タブレットまたは PC では異なる場合があります。

この記事の内容

Skype for Business のレイアウトを理解する

[ Z0z_ ] のメインビューの右上隅には、プロフィールの画像と現在の状態が表示された[情報] ボタンがあります。 このボタンを使用すると、個人のメモの追加や編集、連絡可能状況の変更、サインアウト、着信の転送設定の変更を行うためのメニューにアクセスできます。

[情報] ボタンの下には、現在のビューの見出しが表示されます。 [連絡先]、[最近]、[会議] という3つのビューがあります。 [ * Z0z_] を開くと、[連絡先] ビューに表示されます。 このビューには連絡先グループが表示されます。グループを移動して開き、連絡先にアクセスすることができます。

[最近] ビューには、会話や通話などの最新のアクティビティが一覧表示されます。 会議ビューには、今後の会議が表示されます。

各ビューの下部には、次のボタンを含むアプリバーがあります。

  • 電話番号を入力して通話を発信するためのキーパッド

  • 受信したボイスメールメッセージを聞くためのボイスメール

  • 組織のディレクトリ内のユーザーを検索します。

注: 使用できるボタンは、組織のz0z_のセットアップによって異なる場合があります。

アプリバーを展開して、[サインアウト]、[設定]、[Skype for businessについて] のいずれかを選ぶことができます。

タッチを使用した操作

(Z0z_)の要素間を移動して順番を移動するには、次のジェスチャを使用します。

  • 右にスワイプして前方に移動し、左にスワイプしてビューまたはリストの前に移動します。

  • アイテムを選択、開く、または展開するには、画面をダブルタップします。

  • 連絡先最近会議の表示を切り替えるには、2本の指で左または右にスワイプします。

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使用した基本タスク

Skype for Business の Outlook on the web は身体や視覚に障碍のあるユーザーが簡単にメッセージング アプリを使用できるようにするためのアクセシビリティ機能を備えています。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • キーボード ショートカットについては、「Outlook on the web のショートカット キー」をご覧ください。

  • このトピックでは、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。 ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの詳細なガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。 一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • Skype for Business の Outlook on the web を使用する場合は、Web ブラウザーに Microsoft Edge を使用することをお勧めします。 Skype for Business の Outlook on the web は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Outlook on the web には適用されません。

この記事の内容

Skype for Business のレイアウトを理解する

Skype for Business の Outlook on the web は Outlook on the web で実行します。 "Z1z_" の左上隅には、" z0z_アプリ起動ツール" が含まれています()。 同じリボン上で、[ Skype For business ] ボタンを使用してz0z_を起動します。

_ Z1z_ (z1z_) の最初のページを開くと、[すべての連絡先] タブがアクティブになります。 この2つのタブの最初の部分には、すべてのz0z_連絡先が、名のアルファベット順に一覧表示されます。 2つのタブの2つ目の [オンライン] タブでは、現在オンライン状態のユーザー (z0z_)の連絡先が一覧表示されます。

連絡先で Enter キーを押すと、その人とのチャットが開かれます。 [連絡先] ウィンドウは、チャットウィンドウに置き換えられます。 チャットウィンドウの上部には、連絡先の名前と状態が表示されます。 [メンバーの追加] ボタンをクリックするだけで、他のユーザーをチャットに追加することができます。 連絡先の情報の下には、会話で送信されたメッセージがあります。 [ Z0z_ ] チャットウィンドウの下部には、メッセージを入力できるチャット入力フィールドがあります。 [絵文字] アイコンは、チャット入力フィールドの右側にあります。

右の余白には3つのコントロールがあります。 「 Skype の検索」ボックスを使用すると、「コンタクト」を検索することができます。 「コンタクト」ボタンをクリックすると、「コンタクト」ウィンドウが表示されます。 「新規チャット」ボタンをクリックすると、1人または複数のコンタクトとの新しい会話をz0z_で開始できます。

アクティブな会話が進行中の場合、参加者のアイコンは、右余白にある3つのコントロールの下に表示されます。

[ Z0z_ ] ウィンドウの右下余白には、[チャット通知の切り替え] アイコンと [フィードバックの送信] アイコンの2つの項目が追加されています。 最初に、 z0z_チャット通知をオフまたはオンにします。 2番目のページでは、新しいブラウザータブにフィードバックフォームが表示されます。ここでは、" z0z_ " チームにメッセージを送信できます。

キーボードを使って移動する

Windows の組み込みスクリーンリーダーであるナレーター とナレーターを使用して、[z1z_] (_ 0z_ _ ) での移動と画面要素の切り替えを行います。 JAWS などの他のスクリーンリーダーを使用することもできます。 Windows でナレーターのオン/オフを切り替えるには、Ctrl キーを押しながら Windows ロゴキーを押しながら Enter キーを押します。

  • スクリーンリーダーを起動した後、_ z1z_ の [ z0z_ ] に移動するには、"アプリ起動ツールを開く" と読み上げられるまで Ctrl + F6 キーを押します。 次に、"下方向キーを使用して Skype for Business の会話ウィンドウを使う" という音声が聞こえるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。

  • [ Z0z_ ] コントロール間を移動するには、Tab キーを使用して順に移動し、Shift + Tab キーを押して前の画面に移動します。 下方向キーを使用して、一覧の下に移動します。 選択するには、Enter キーを押します。

    このバージョンのz0z_は、どちらもz1z_の内部で動作するため、 2 z2z_ コントロールからz3z_コントロールに移動するのは簡単です。 Ctrl + F6 キーまたは Shift + Tab キーを押すことで、簡単に Skype のコントロールに戻ることもできます。

  • [すべての連絡先] タブから [連絡先] リストに移動するには、最初の連絡先の名前が読み上げられるまで Tab キーを押します。

  • [連絡先] リストで連絡先の名前の間を移動するには、下方向キーまたは上方向キーを押します。 連絡先にフォーカスが置かれている場合は、連絡先の名前またはメールアドレスと現在の状態が読み上げられます。 現在選択されている連絡先との会話を開始するには、Enter キーを押します。

  • スクリーン リーダーの読み上げが停止したり、予期しない動作を実行したりする場合は、Alt + Tab キーを押して現在のウィンドウから移動し、再び Alt + Tab キーを押して、このウィンドウに戻ります。 これで、現在のウィンドウ上でスクリーン リーダーのフォーカスがリセットされます。

  • Skype for Business を終了するには、Esc.キーを押します。

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使用してインスタント メッセージを送信する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って連絡先にユーザーを追加する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使用した基本タスク

Skype for Business で会議をよりアクセスしやすくする

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×