スクリーンリーダーを使用して Yammer を調べて移動する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボードとスクリーンリーダーを使用して、 Yammerのページ、スレッド、フィード、受信トレイを移動します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • Yammerを使用する場合は、 Microsoft Edgeを web ブラウザーとして使用することをお勧めします。Yammerは web ブラウザーで実行されるため、キーボードショートカットはデスクトッププログラムとは異なります。たとえば、f6 キーの代わりに Ctrl + f6 を使用して、コマンドをジャンプまたは移動することができます。また、F1 (Help) や Ctrl + O (Open) などの一般的なショートカットは、 Yammerではなく、web ブラウザーに適用されます。

この記事の内容

Yammer ページを移動する

フィードとスレッドを移動する

Yammer 受信トレイ内を移動する

ショートカット キーによる移動

Yammer ページを移動する

見出しまたは WAI-ARIA 文書のランドマークを使用して、 Yammerページ内を移動することができます。

見出しを使った移動

Yammerでは、レベル2の見出しを使用して、ナビゲーション領域、グループ見出し、メッセージコンポーザなど、ページのメインセクションを識別します。使い慣れていないYammerのページに初めてアクセスすると、ページ上の機能の概要を確認するために、レベル2の見出しだけを参照すると便利な場合があります。

WAI-ARIA ドキュメント ランドマークを使った移動

WAI-ARIA ドキュメント ランドマークを使って移動することもできます。 ドキュメント ランドマークは、次のページ領域に表示されます。

  • サイト全体のバナー

  • バナー内のナビゲーション領域と検索領域

  • 左側のナビゲーション バー

  • メイン コンテンツ領域

  • 右側の関連コンテンツ パネル

フィードとスレッドを移動する

Yammer会話は、他のユーザーが最初のメッセージに返信するときに、メッセージや質問を投稿したときに開始されます。メッセージとその返信は、"スレッド" と呼ばれます。見出しを使用して、スレッド間を移動できます。スレッド内の最初のメッセージには見出しレベル3があり、各返信には見出しレベル4が含まれています。

通常、 Yammerページ領域には、スレッドのコレクションが含まれています。これを "フィードページ" と呼びます。または単に "フィード" と呼ばれます。たとえば、[ホーム] ページ、[すべての会社] ページ、インタレストグループと個人のページはフィードページです。

フィードページには、メッセージを入力して新しい会話を開始できる領域を含めることができます。さらに、[ホーム] ページには [お知らせ] 領域が含まれています。

Yammer 受信トレイ内を移動する

Yammer受信トレイには、個人またはグループのメンバーとして、ユーザーが直接自分に送信したメッセージが含まれています。さらに、記載されているグループからメッセージを受信する場合があります。

Yammer受信トレイページには、フィードページとは異なるレイアウトがあります。メインコンテンツ領域には次のものが含まれます。

  • 新しいメッセージを作成するためのフォームでダイアログを開くメッセージを作成するボタン

  • 未読メッセージプライベートメッセージすべてのメッセージなど、ビューを選択するための一連のタブ

  • 検索領域: 受信箱を検索します。

この後に、各メッセージとその返信に移動するリンクのリストが続きます。

ショートカット キーによる移動

注: 1つまたは複数のキーストロークを使用してページ内を移動するスクリーンリーダーを使用している場合は、別のスクリーンリーダーモードに変更するか、 Yammerキーボードショートカットを使用するためにパススルーキーを使用する必要がある場合があります。そうしないと、キーボード入力はYammerコマンドではなくスクリーンリーダーのナビゲーションコマンドとして扱われることがあります。

キーボードショートカットを使用して、サイトの特定の領域に移動することができます。たとえば、 Yammerの受信トレイに移動するには、g キーを押します (小さな caps g と、その後に小さい cap i)。

ショートカットの一覧を開くには、Yammer ページの任意の場所にある疑問符 (?) キーを押します。

スクリーンリーダーフォーカスがテキスト入力を受け付けるコントロールにある場合、キーボードショートカットはアクティブではありません。

関連項目

Yammer でスクリーンリーダーを使用する基本的な作業

Yammer のキーボード ショートカット

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×