スクリーンリーダーを使用して予定表を検索して移動する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

キーボードとスクリーンリーダーを使って、任意のビューを調査して移動し、その間を移動します。 これはナレーターでテストしましたが、一般的なアクセシビリティ標準や手法に従う限り、他のスクリーンリーダーと連携する可能性があります。

注: 

この記事の内容

メインビューと画面要素内を移動する

[ z0z_ ] のメインビューと画面要素の間を移動するには、次の操作を行います。

  • F6 キーまたは Shift + F6 キーを押して、メインビューの領域間でフォーカスを切り替えます。

  • セクション内のフォーカスを移動するには、tab キーを押すか、Shift キーを押しながら tab キーを押します。

  • ボタンまたは選択可能な要素にフォーカスがある場合、enter キーを押して操作を実行するか、要素を選択します。

メインビューには、次の領域が含まれます。ビューの左側にあるナビゲーションウィンドウと右側のメインコンテンツ領域。

ナビゲーション ウィンドウ

ナビゲーションウィンドウは、メインビューの左側にあります。 次の要素が含まれています。

  • ナビゲーションウィンドウの展開と折りたたみのナビゲーションボタン。

  • 新しいカレンダーイベントを追加するための [新しいイベント] ボタン。

  • メインコンテンツ領域のフォーカスを選ぶ日付の選択コントロール。

  • 個々の予定表を選んで、メインビューで表示またはフィルターを適用するための [予定表] メニュー。

  • [予定表] メニューに追加する予定表を追加するには、[予定表の追加] をクリックします。

  • 他のアプリケーションを起動するためのナビゲーションタブと、[設定 ] ウィンドウを開くための [設定] ボタンをクリックして、すべてのz0z_設定を編集することができます。

ナビゲーションウィンドウと設定ウィンドウ内を移動するには、目的の項目が読み上げられるまで tab キーを押すか、Shift キーを押しながら tab キーを押し、読み上げられたら enter キーを押して選択します。

メイン コンテンツ領域

メインコンテンツ領域の現在の予定表には、現在フォーカスされている日付と、その中に含まれるすべてのイベントが表示されます。 既定では、予定表は [月] ビューに表示されます。 メインコンテンツ領域には、次のサブ領域があります。

  • カレンダーの日付とイベントのグリッドビュー。

  • 検索フィールドが含まれているトップメニューバー と、グリッドビューを前後に移動するための移動ボタンと戻るボタン。

  • [今日へ移動] ボタンと [表示] メニューが含まれている、右上隅のメニューバー。

サブ領域間を移動するには、F6 キー (次へ) または Shift + F6 キー (前へ) を押します。 各サブ領域内を移動するには、目的のオプションが読み上げられるまで tab キー (進む) または Shift + Tab キー (後方) を押し、目的のオプションが読み上げられたら enter キーを押して選択します。

予定表とメールアプリの間を移動する

  1. [ z0z_ ] から [ z1z_] に移動するには、ctrl + 1 キーを押します。

  2. [z1z_] の [z0z_] に戻るには、Ctrl + 2 キーを押します。

関連項目

予定表でスクリーンリーダーを利用する基本的な作業

スクリーンリーダーを使用して予定表の予定または会議をスケジュールする

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×