スキップしてメイン コンテンツへ
スクリーンリーダーを使用して、Microsoft Teams で最近のアクティビティをチェックする

スクリーンリーダーを使用して、Microsoft Teams で最近のアクティビティをチェックする

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

前回の Microsoft Teamsへのアクセス以降に発生したことを簡単に確認するには、キーボードとスクリーンリーダーを使用して [アクティビティ] ビューを開き、[スナップ] でアクティビティフィードを参照します。 JAWS と NVDA を使ってテストしましたが、一般的なアクセシビリティ標準と手法に従う限り、他のスクリーンリーダーと連携する可能性があります。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • 最新バージョンの JAWS には、Microsoft Teams の既定値として設定された仮想 PC カーソル モードはなくなりました。 仮想 PC カーソル モードをオンにする方法については、「JAWS 仮想カーソルを有効にする」を参照してください。

この記事の内容

アクティビティ フィードで通知を見つける

すべての通知が [アクティビティ] ビューのアクティビティフィードに表示されるため、常に最新の状態になります。 他のユーザーによって次の操作が行われると、必ず通知を受け取ることになります。

  • @メンションされる

  • 所属するチームやチャネルがメンションされる

  • 自分が参加している会話に返信される

  • 自分のメッセージに返信される

  1. [アクティビティフィード] を開くには、Ctrl + 1 キーを押します。

  2. "封筒メニュー" と読み上げられるまで、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。

  3. "一覧" という音声が聞こえるまで Tab キーを押し、フィードの最初の通知をクリックします。 送信者情報、通知のコンテンツと詳細、およびリスト内で選択された通知の数と位置が読み上げられます。

  4. [その他オプション] メニューを開くには、Space キーを押します。 「既読としてマーク」または「未読としてマーク」と読み上げられます。 メニュー内で移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 選択するには、Enter を押します。 メニューを終了するには、Esc を押します。

    注: 不在着信やボイスメールなど、すべての通知に使用できる [その他のオプション] メニューが表示されていない可能性があります。

  5. 通知のリスト内を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。

ヒント: 通知をすばやく見つけるには、画面の上部にある [検索] を使用します。 検索に移動するには、ctrl キーを押しながら E キーを押します。

  • ユーザーのアクティビティを検索するには、検索フィールドに「 / 」と入力して、enter キーを押します。 "ユーザーの名前を入力してください" と読み上げられます。 アクティビティを検索するユーザーの名前を入力して、enter キーを押します。

  • @Mentions を検索するには、検索フィールドに「 /メンション」と入力して、enter キーを押します。

アクティビティ フィードをフィルターする

フィードに表示される通知を選択することができます。 たとえば、誰かが自分のメッセージに返信したときに通知を受け取るようにすることができます。

  1. [アクティビティフィード] を開くには、Ctrl + 1 キーを押します。

  2. "封筒メニュー" と読み上げられるまで、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。

  3. Tab キーを押します。 "すべてのフィードのフィルターオプションを表示するには、クリックしてください。" と読み上げられます。 NVDA の場合は、Space キーを押します。 JAWS で、Shift キーを押しながら Space キーを押します。 フィルター メニューが開きます。

  4. メニュー内を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 選択するには、Enter を押します。 フィードに、選択した項目のみについての通知が一覧表示されるようになります。

  5. フィルターを削除するには、"フィードフィルターの削除" と読み上げられるまで Tab キーを押します。 NVDA の場合は、Space キーを押します。 JAWS で、Shift キーを押しながら Space キーを押します。

注: 特定のアクティビティに関する通知を受け取らない選択をすると、それらについてのバナー通知の受信も停止します。

アクティビティを確認する

自分のアクティビティで送信したメッセージを見つけることができます。

  1. [アクティビティフィード] を開くには、Ctrl + 1 キーを押します。

  2. "封筒メニュー" と読み上げられるまで、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。

  3. [マイアクティビティ] を選択するには、enter キーを押し、下方向キーを1回押してから、もう一度 enter キーを押します。

    リストウィンドウで送信されたメッセージの一覧が開きます。 最新のメッセージが選択され、[コンテンツ] ウィンドウのメッセージを含むスレッドにフォーカスが移動します。 スクリーンリーダーによってメッセージが読み上げられます。

  4. [マイアクティビティ] リストに戻るには、"フィードメニュー" と読み上げられるまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押し、"一覧" と読み上げられるまで tab キーを押します。

  5. メッセージの一覧を下に移動するには、下方向キーを押します。 現在選択されているメッセージを含むスレッドに移動するには、Enter キーを押します。

通知に返信する

読み上げられた通知に興味を持ったときに、そのアクションへ移動して参加することができます。 たとえば、自分がチームメンバーによって @メンションされた場合に、[会話] タブの @メンションされたメッセージに移動して、内容の詳細を確認し、メッセージに返信します。

  1. [アクティビティフィード] を開くには、Ctrl + 1 キーを押します。

  2. "封筒メニュー" と読み上げられるまで、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。

  3. 通知の一覧に移動するには、"一覧" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  4. 返信したい通知が読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、enter キーを押します。 関連する会話が [会話] タブに表示されます。

  5. チャネルメッセージに返信するには、R キーを押します。チャットメッセージに返信するには、C キーを押します。

  6. メッセージを入力します。 返信を送信するには、Enter キーを押します。

通知設定をカスタマイズする

[アクティビティ] フィード、電子メール、またはバナーでどの種類の通知を受け取るかを細かく調整できます。

  1. Microsoft Teamsの任意の場所で、ctrl キーを押しながらコンマ (,) キーを押します。 [設定] ダイアログが開きます。

  2. "[通知] タブ" と読み上げられるまで下方向キーを押し、enter キーを押します。

  3. 設定内を移動するには、Tab キーを押します。

  4. ドロップダウンメニューを展開するには、Space キーを押します。 メニュー内を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 選択するには、Enter を押します。

  5. [通知] タブを終了するには、Esc キーを押します。

  6. [設定] ダイアログボックスを閉じるには、Esc キーを押します。

注: Microsoft Teams にサイン インしていない場合は、見逃したアクティビティについての電子メール通知を受け取ります。

関連項目

スクリーンリーダーを使用して Microsoft Teams でチャットする

Microsoft Teams でスクリーンリーダーを使用して teams を作成および変更する

Microsoft Teams のキーボード ショートカット

Microsoft Teams でスクリーンリーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーンリーダーを使用して Microsoft Teams を調査およびナビゲートする

前回の Microsoft Teams on Macへのアクセス以降に発生したことを簡単に確認するには、キーボードと VoiceOver、macOS のスクリーンリーダーを使用してアクティビティビューを開き、[スナップ] でアクティビティフィードを参照します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

アクティビティ フィードで通知を見つける

すべての通知が [アクティビティ] ビューのアクティビティフィードに表示されるため、常に最新の状態になります。 他のユーザーによって次の操作が行われると、必ず通知を受け取ることになります。

  • @メンションされる

  • 所属するチームやチャネルがメンションされる

  • 自分が参加している会話またはフォローしている会話に返信する

  • 自分のメッセージに返信される

  • 自分のメッセージに対していいね! される

  1. アクティビティフィードを開くには、Command + 1 キーを押します。 "フィード" という音声が聞こえます。

  2. フィードの最初の通知が読み上げられるまで、Tab キーを押します。 送信者の名前と現在の状態が読み上げられます。その後、チャネル情報と通知の内容が読み上げられます。

  3. 通知のリスト内を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。

ヒント: 

  • 検索を使用すると、@mentions または他のユーザーのアクティビティをすばやく見つけることができます。 @Mentions に移動するには、Command + E キーを押して [検索] フィールドに移動し、「 /メンション」と入力して Return キーを押します。 フォーカスは、先ほど説明した最新のメッセージに移動します。 応答するには、R キーを押して入力を開始します。 他の @mentions を見つけるには、アクティビティフィードに移動します。

  • 他のユーザーのアクティビティを検索するには、Command + E キーを押し、「 /activity 」と入力して Return キーを押します。 探しているユーザーの名前を入力します。 入力と同時に検索結果が一覧表示されます。 検索結果の一覧に移動するには、下方向キーを押します。 ユーザーを選択するには、相手の名前が読み上げられたら、Return キーを押します。

フィードをフィルターする

フィードに表示される通知を選択することができます。 たとえば、誰かが自分のメッセージに返信したときに通知を受け取るようにすることができます。

  1. [アクティビティフィード] を開くには、Command + 1 キーを押します。 "フィード" という音声が聞こえます。

  2. Tab キーを押します。 "すべてのフィードのフィルターオプションを表示するには、クリックしてください。" と読み上げられます。 選択するには、Space キーを押します。 [フィルター] メニューが開きます。

  3. メニュー内を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 移動先のフィルターが、VoiceOver によってその都度読み上げられます。 選択するには、Return キーを押します。 フィードに、選択した項目のみについての通知が一覧表示されるようになります。

  4. フィルターを削除し、すべての通知を一覧表示するには、アクティビティフィードで、"フィードフィルターの削除ボタン" と読み上げられるまで tab キーを押し、Ctrl + Option + space キーを押します。

アクティビティを確認する

自分のアクティビティで送信したメッセージを見つけることができます。

  1. [アクティビティ] ビューを開くには、Command + 1 キーを押します。 "フィード" と読み上げられます。

  2. [マイアクティビティ] を選択するには、return キーを押し、下方向キーを1回押してから、もう一度戻ります。

    リストウィンドウで送信されたメッセージの一覧が開きます。 最新のメッセージが選択され、[コンテンツ] ウィンドウのメッセージを含むスレッドにフォーカスが移動します。 スクリーンリーダーによってメッセージが読み上げられます。

  3. [マイアクティビティ] リストに戻るには、Esc キーを押し、リストウィンドウのメッセージに移動するまで Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

  4. メッセージの一覧を下に移動するには、下方向キーを押します。 現在選択されているメッセージを含むスレッドに移動するには、Return キーを押します。

通知に返信する

読み上げられた通知に興味を持ったときに、そのアクションへ移動して参加することができます。 たとえば、自分がチームメンバーによって @メンションされた場合に、[会話] タブの @メンションされたメッセージに移動して、内容の詳細を確認し、メッセージに返信します。

  1. [アクティビティフィード] を開くには、Command + 1 キーを押します。 "フィード" という音声が聞こえます。

  2. フィードの最初の通知が読み上げられるまで、Tab キーを押します。 次に、返信したい通知が読み上げられるまで下方向キーを押して、Return キーを押します。 フォーカスが、[会話] タブの関連するスレッドのメッセージに移動します。

  3. チャネルのメッセージに返信するには、R キーを押します。メッセージを入力して、Return キーを押して送信します。

通知設定をカスタマイズする

[アクティビティ] フィード、電子メール、またはバナーでどの種類の通知を受け取るかを細かく調整できます。

  1. Microsoft Teamsの任意の場所で、Command + コンマ (,) キーを押します。 [設定] メニューが開きます。

  2. "[通知] タブ" と読み上げられるまで下方向キーを押し、Return キーを押します。

  3. メニュー内を移動するには、Tab キーを押します。

  4. オプションのリストを展開するには、Space キーを押します。 リスト内を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 選択するには、Return キーを押します。

  5. [設定] メニューを閉じるには、Esc キーを押します。

    ヒント: Microsoft Teamsにサインインしていないときに、メール通知を切り替えて、不要になったアクティビティについてのメールを受信することができます。

    注: 特定のアクティビティについての通知を受け取らないようにすると、そのアクティビティに関するバナー通知を受信しなくなります。

関連項目

スクリーンリーダーを使用して Microsoft Teams でチャットする

Microsoft Teams でスクリーンリーダーを使用して teams を作成および変更する

Microsoft Teams のキーボード ショートカット

Microsoft Teams でスクリーンリーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーンリーダーを使用して Microsoft Teams を調査およびナビゲートする

前回の Microsoft Teams on the webへのアクセス以降に発生したことを簡単に確認するには、キーボードとスクリーンリーダーを使用して [アクティビティ] ビューを開き、[スナップ] でアクティビティフィードを参照します。 ここでは、ナレーター、JAWS、および NVDA でテストしていますが、他のスクリーンリーダーと共に使用できるのは、一般的なアクセシビリティ標準と手法に準拠しているためです。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • Microsoft Teams on the web を使用する場合は、Web ブラウザーに Microsoft Edge を使用し、スクリーン リーダーにナレーターを使用することをお勧めします。 Microsoft Teams on the web は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O (開く) キーなどの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Microsoft Teams on the web には適用されません。

    Chrome または Firefox を Web ブラウザーとして使用する場合は、スクリーン リーダーに JAWS または NVDA を使用することをお勧めします。

この記事の内容

アクティビティ フィードで通知を見つける

すべての通知が [アクティビティ] ビューのアクティビティフィードに表示されるため、常に最新の状態になります。 他のユーザーによって次の操作が行われると、必ず通知を受け取ることになります。

  • @メンションされる

  • 所属するチームやチャネルがメンションされる

  • 自分が参加している会話に返信される

  • 自分のメッセージに返信される

  1. [アクティビティフィード] を開くには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら1キーを押します。

  2. "封筒メニュー" と読み上げられるまで、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。

  3. "一覧" という音声が聞こえるまで Tab キーを押し、フィードの最初の通知をクリックします。 送信者情報、通知のコンテンツと詳細、およびリスト内で選択された通知の数と位置が読み上げられます。

  4. 通知のリスト内を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。

ヒント: 

  • 自分のメンションをすばやく見つけるには、Ctrl キーを押しながら E キーを押して、画面の上部にある [検索] に移動します。 「 /メンション」と入力して、enter キーを押します。 リストウィンドウには、自分がメンションされたアクティビティが一覧表示されます。

  • 特定のユーザーの最近のアクティビティをすべてすばやく見つけるには、Ctrl キーを押しながら E キーを押して、画面の上部にある検索領域に移動します。 「 /アクティビティ」と入力し、enter キーを押して、その人の名前の入力を開始します。 入力中に検索結果の一覧が更新されます。 下方向キーを押して、目的の結果が読み上げられるまでリストを参照し、enter キーを押します。 選択したユーザーのアクティビティが [コンテンツ] ウィンドウに表示されます。

アクティビティ フィードをフィルターする

フィードに表示される通知を選択することができます。 たとえば、誰かが自分のメッセージに返信したときに通知を受け取るようにすることができます。

  1. [アクティビティフィード] を開くには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら1キーを押します。

  2. "封筒メニュー" と読み上げられるまで、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。

  3. Tab キーを押します。 "すべてのフィードのフィルターオプションを表示するには、クリックしてください。" と読み上げられます。 ナレーターと NVDA を使用して、Space キーを押します。 JAWS で、Shift キーを押しながら Space キーを押します。 フィルター メニューが開きます。

  4. メニュー内を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 選択するには、Enter を押します。 フィードに、選択した項目のみについての通知が一覧表示されるようになります。

  5. フィルターを削除するには、"フィードフィルターの削除" と読み上げられるまで、Tab キーを押すか、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。 ナレーターと NVDA を使用して、Space キーを押します。 JAWS で、Shift キーを押しながら Space キーを押します。

注: 特定のアクティビティに関する通知を受け取らない選択をすると、それらについてのバナー通知の受信も停止します。

アクティビティを確認する

自分のアクティビティで送信したメッセージを見つけることができます。

  1. [アクティビティフィード] を開くには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら1キーを押します。

  2. "封筒メニュー" と読み上げられるまで、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。

  3. [マイアクティビティ] を選択するには、enter キーを押し、下方向キーを1回押してから、もう一度 enter キーを押します。

    リストウィンドウで送信されたメッセージの一覧が開きます。 最新のメッセージが選択され、[コンテンツ] ウィンドウのメッセージを含むスレッドにフォーカスが移動します。 スクリーンリーダーによってメッセージが読み上げられます。

  4. [マイアクティビティ] リストに戻るには、"フィードメニュー" と読み上げられるまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押し、"一覧" と読み上げられるまで tab キーを押します。

  5. メッセージの一覧を下に移動するには、下方向キーを押します。 現在選択されているメッセージを含むスレッドに移動するには、Enter キーを押します。

通知に返信する

読み上げられた通知に興味を持ったときに、そのアクションへ移動して参加することができます。 たとえば、自分がチームメンバーによって @メンションされた場合に、[会話] タブの @メンションされたメッセージに移動して、内容の詳細を確認し、メッセージに返信します。

  1. [アクティビティフィード] を開くには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら1キーを押します。 "封筒のメニュー" と読み上げられます。

  2. "封筒メニュー" と読み上げられるまで、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。

  3. 通知の一覧に移動するには、"一覧" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  4. 返信したい通知が読み上げられるまで、上方向キーまたは下方向キーを押してから、Enter を押します。 関連する会話が [会話] タブに表示されます。

  5. チャネルメッセージに返信するには、R キーを押します。チャットメッセージに返信するには、C キーを押します。

  6. メッセージを入力します。 返信を送信するには、Enter キーを押します。

通知設定をカスタマイズする

[アクティビティ] フィード、電子メール、またはバナーでどの種類の通知を受け取るかを細かく調整できます。

  1. Microsoft Teams on the webの任意の場所で、Ctrl + Shift + カンマ (,) キーを押します。 [設定] ダイアログが開きます。

  2. "[通知] タブ" と読み上げられるまで下方向キーを押し、enter キーを押します。

  3. 設定内を移動するには、Tab キーを押します。

  4. オプションの一覧を展開するには、Space キーを押します。 リスト内を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。 選択するには、Enter キーを押します。

  5. [通知] タブを終了するには、Esc キーを押します。

  6. [設定] ダイアログボックスを閉じるには、Esc キーを押します。

注: Microsoft Teams on the web にサイン インしていない場合は、見逃したアクティビティについての電子メール通知を受け取ります。

関連項目

スクリーンリーダーを使用して Microsoft Teams でチャットする

Microsoft Teams でスクリーンリーダーを使用して teams を作成および変更する

Microsoft Teams でスクリーンリーダーを利用する基本的な作業

スクリーンリーダーを使用して Microsoft Teams を調査およびナビゲートする

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×