スクリプトをデバッグする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

統合開発環境の共通機能は、記述したスクリプトをデバッグしたり、エラーを検出して修正したりできることです。スクリプトをデバッグする場合は、スクリプト エラーが発生したときにデバッグするか、またはデバッグ ステートメントをスクリプトに追加してブレークポイントを設定することができます。デバッグ ステートメントは、実行を一時的に停止するタイミングをデバッガに知らせたり、スクリプトをステップごとに実行してその動作を調べることができるようにしたりします。このトピックでは、デバッグ ステートメントをスクリプトに追加する方法について説明します。

  1. Microsoft Office InfoPath で、スクリプトを含むフォーム テンプレートを開きます。

  2. [ツール] メニューで、プログラミング] をポイントし、 Microsoft Script Editor] をクリックしてまたは alt キーを押しながら shift キーを押しながら F11 キーを押して Microsoft Script Editor (MSE)。

  3. スクリプトで、デバッグ ステートメントを追加したい位置にカーソルを置き、次のいずれかの操作を行います。

    • Microsoft JScript スクリプト言語でデバッグ ステートメントを追加するには、 debugger;ステートメントを入力します。

  • Microsoft Visual Basic Scripting Edition (VBScript) のスクリプト言語でデバッグ ステートメントを追加するには、 Stopステートメントを入力します。

  1. 次の使用例は、JScript 構文を使用して、OnLoad イベント ハンドラでデバッグ ステートメントを使用する方法を示しています。

    function XDocument::OnLoad(eventObj)
    {
    debugger;
    }
  2. MSE で [保存] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら S キーを押します。

  3. InfoPath に切り替えます。

  4. [標準] ツールバーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

  5. [ジャスト イン タイム デバッグ] ダイアログ ボックスで [Microsoft Script Editor の新しいインスタンス] をクリックして、[はい] をクリックします。

  6. [リモート プロシージャ コールのステップ実行] ダイアログ ボックスで [Script] をクリックして、[OK] をクリックします。MSE がデバッグ モードで開き、実行が一時的に停止された位置が黄色い矢印で示されます。

    ヒント: デバッグ モードの MSE を使用すると、用意されているすべてのデバッグ機能を使用できます。これらの機能としては、ブレークポイントの設定、プログラム ステートメントのステップごとの実行、[ウォッチ] ウィンドウ、[イミディエイト] ウィンドウ、[呼び出し履歴] ウィンドウなどのデバッグ ウィンドウの表示などが挙げられます。

  7. スクリプトのデバッグを停止するには、MSE で、[デバッグ] メニューの [デバッグの中止] をクリックするか、Shift キーを押しながら F5 キーを押します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×