スクラッチ領域について

スクラッチ領域とは、現在、どのページでも使用しないオブジェクトを作成または保持しておくための場所です。スクラッチ領域は、ページの周囲の色付き領域であり、文書のすべてのページで共用されます。あるページを表示しているときにオブジェクトをスクラッチ領域に配置すると、ドキュメント内の他のページを表示したときにも、そのオブジェクトが表示され、アクセスすることができます。このため、スクラッチ領域は、すぐには使わないが削除せずに保持しておくオブジェクトの格納場所として便利です。スクラッチ領域のアイテムは、ドキュメントの印刷時には印刷されません。

また、Microsoft Publisher 2013 では、図を初めて挿入するときに図を格納するために、スクラッチ領域を使用します。スクラッチ領域から、ページ上の目的の場所に図をドラッグできます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×