ジェミニ共有サービスアプリケーションを構成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

重要: [powerpivot for sharepoint ] をクリックするか、powerpivot for sharepoint を構成して、Microsoft web サイトの最新の powerpivot 製品ドキュメントを表示します。

Microsoft SQL server powerpivot for sharepoint は、sharepoint ファームの Excel 2010 ブックで powerpivot データを共有するためのサーバーコンポーネント、ダッシュボード、web パーツ、ライブラリテンプレートのコレクションです。SharePoint の Excel ブックで PowerPivot データを共有するために必要なインフラストラクチャです。

powerpivot for SharePoint を使用するには、powerpivot サービスアプリケーションを作成して構成する必要があります。SQL server セットアップによって構成された新しい sharepoint サーバーに PowerPivot for sharepoint をインストールした場合、サービスアプリケーションが既に作成され、構成済みである可能性があります。それ以外の場合は、この記事の手順に従って、インストールした PowerPivot サービス用のアプリケーションを作成する必要があります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

PowerPivot for SharePoint の詳細を確認する

PowerPivot サービスアプリケーションを作成する

PowerPivot サービスアプリケーションを構成する

PowerPivot サービスアプリケーションを Web アプリケーションに割り当てる

PowerPivot for SharePoint の詳細を確認する

PowerPivot for sharepoint は、ワークステーションと sharepoint ファームでのセルフサービスデータ分析を可能にする広範なビジネスインテリジェンス戦略の一環として、SQL Server 2008 R2 で導入された sharepoint 2010 との Analysis Services の統合です。これをインストールするには、SharePoint サーバーで SQL server セットアッププログラムを実行します。インストール後、Excel services または Access Services を管理する方法と同様に、サーバーの全体管理で共有サービスとして構成し、管理することができます。

powerpivot for SharePoint は、excel Services で動作し、powerpivot データの要求を excel 2010 (xlsx) ブック内でインターセプトし、これらの要求をファーム内の powerpivot サービスに転送します。

powerpivot は、powerpivot ブックで大規模なデータをサポートする Analysis Services のメモリ内データストレージと処理エンジンとも連携しています。Analysis Services エンジンサービスと PowerPivot サービスが一緒にインストールされ、1つの単位として機能します。powerpivot サービスは SharePoint との統合を提供しますが、Analysis Services エンジンサービスは、同じアプリケーションサーバーのメモリ内の powerpivot データの読み込みとアンロードの要求に応答します。

ページの先頭へ

PowerPivot サービスアプリケーションを作成する

powerpivot サービスアプリケーションは、powerpivot サービスの特定の構成です。powerpivot サービスアプリケーションは1つしか必要ありませんが、設定を変更したり、アプリケーション構成データを分離したりする場合は、それぞれの SharePoint web アプリケーションで独自の powerpivot サービスアプリケーションを使うことができます。作成したサービスアプリケーションごとに個別のサービスアプリケーションデータベースが生成され、PowerPivot サービスアプリケーションと構成データは、同じ物理サーバーインスタンスも使用する他の Web アプリケーションから分離されます。

  1. サーバーの全体管理を開始します。

  2. [アプリケーション管理] で、[サービスアプリケーションの管理] をクリックします。

  3. ページの上部近くにある [サービスアプリケーション] をクリックします。

  4. [新規作成] ボタンの下矢印をクリックします。

  5. [ SQL Server PowerPivot サービス] を選びます。リストに表示されていない場合、PowerPivot for SharePoint が正しくインストールされていないか、またはこの機能がファームで有効になっていません。

  6. [新しい PowerPivot サービスアプリケーションの作成] ページで、アプリケーションの名前を入力します。既定値は [PowerPivotServiceApplication<number] です。複数の PowerPivot サービスアプリケーションを作成する場合は、わかりやすい名前を付けると、他の管理者がどのように使用するかを理解するのに役立ちます。

  7. アプリケーションプールで、別のアカウントで実行する必要がある場合は、アプリケーションの新しいアプリケーションプールとセキュリティ id を作成します (推奨)。同じ id で実行される追加のサービスインスタンスを含めるには、展開のスケールアウトを計画している場合は、必ず domain user アカウントを指定してください。

  8. このサービスアプリケーションのアプリケーションデータを格納するデータベースを作成するための情報を入力します。データベースサーバーの場合、既定値は、ファーム構成データベースをホストする SQL server データベースエンジンインスタンスです。

  9. [データベース名] の既定値は PowerPivotServiceApplication1_<guid です。PowerPivot サービスアプリケーションごとに一意のデータベースを作成する必要があります。既定のデータベース名は、サービスアプリケーションの既定の名前に対応しています。一意のサービスアプリケーション名を入力した場合は、データベース名に類似する命名規則に従って、それらを同時に管理できるようにします。

  10. [データベース認証] では、既定では Windows 認証が行われます。既定値は、PowerPivot サービスアプリケーションがデータベースと同じコンピューターで実行されている場合、または信頼関係接続を経由してアクセスされるコンピューター上で動作している場合に常に有効です。サービスとデータベースが異なるコンピューターまたはドメイン上にある場合は、動作しないことがあります。この場合は、SQL 認証を使用します。実行する前に、サーバーが混在認証をサポートしていて、暗号化された接続が有効になっていることを確認します。詳細については、「sql server Books Online で sql server への接続を暗号化する」を参照してください。

  11. [サービスアプリケーションプロキシを既定のサーバーのグループに追加する] チェックボックスをオンにします。これにより、サービスアプリケーション接続が既定のサービス接続グループに追加されます。これがグループ内の唯一の PowerPivot サービスアプリケーションである場合、アプリケーションは、既定のサービス接続グループを使用している新規および既存の SharePoint Web アプリケーションですぐに利用できるようになります。既にジェミニサービスアプリケーションを持っている接続グループの追加のエントリである場合は、カスタムリストで選択しない限り、それは使用されません。

  12. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

PowerPivot サービスアプリケーションを構成する

PowerPivot サービスアプリケーションは、既定の構成を使用して作成されます。ほとんどのシナリオでは、既定の設定をお勧めします。応答時間が遅い、または接続が切断されている場合、または特定の SharePoint Web アプリケーションの PowerPivot サービス構成を変更している場合にのみ、これらの設定を変えることができます。

  1. サーバーの全体管理を開始します。

  2. [アプリケーション管理] で、[サービスアプリケーションの管理] をクリックします。サービスアプリケーションの一覧で、作成したサービスアプリケーションと名前が付けられていることを確認します。既定値は PowerPivotServiceApplication1 ですが、2番目のサービスアプリケーションを作成した場合は別のものになります。

  3. リストから PowerPivot サービスアプリケーションをダブルクリックします。[PowerPivot 設定] ページが表示されます。

  4. [データベースの読み込みタイムアウト] で、値を増減して、PowerPivot サービスが Analysis Services エンジンサービスインスタンスからの応答を待機して、load data request を転送した時間を変更します。非常に大規模なデータセットは、ワイヤ上を移動するのに時間がかかるため、powerpivot サービスインスタンスが Excel ブックを取得し、powerpivot データをクエリ処理用の Analysis Services インスタンスに移動するのに十分な時間を許可する必要があります。PowerPivot データは異常に大きくなる可能性があるため、既定値は30分です。

  5. [接続プールのタイムアウト] で、値を増減して、PowerPivot サービスがアイドルデータ接続を開いたままにする分数を変更します。既定値は5分です。この期間中、powerpivot サービスは、同じ powerpivot データソースに対して同じ SharePoint ユーザーから取得された読み取り専用の要求に対して、アイドルデータ接続を再利用します。指定された期間中にそのデータに対する要求を受信しない場合、接続はプールから削除されます。有効な値は、0または 1 ~ 最大の整数です。

  6. [データ接続プールの最大サイズ] で、値を増減してアイドル接続の最大数を変更します。 powerpivot サービスは、SharePoint ユーザー、powerpivot データソース、powerpivot ごとに個別の接続プールを作成します。サービスインスタンスの組み合わせ。既定値は、100アイドル接続です。有効な値は-1 (無制限)、0 (ユーザー接続プーリングを無効にする)、または 1 ~ 最大の整数です。これらの接続プールを使うと、サービスは同じユーザーによる同じ読み取り専用データへの継続的な接続をより効率的にサポートすることができます。ただし、常に開いている接続の数を制限して、時間の経過と共に蓄積されないようにして、サーバーのメモリを不必要に消費する必要があります。接続プールのサイズの制限を変更しても、接続が切断されないことに注意してください。PowerPivot サービスは、接続プールの設定に基づいて接続を拒否することはありません。

  7. [最大サーバー接続プールサイズ] で、値を増減して、Analysis Services エンジンサービスへの PowerPivot サービス接続用に作成された接続プールで開かれている接続の数を変更します。各 PowerPivot サービスインスタンスによって、Analysis Services の Sysadmin 権限を持つ別の管理接続がエンジンインスタンスに対して開かれます。PowerPivot サービスは、アイドル接続の確認とサーバーの正常性の監視を目的として、管理接続を再利用するための個別のプールを作成します。既定値は5接続です。有効な値は-1 (無制限)、0 (管理者接続プーリングを無効にする)、または 1 ~ 最大の整数です。

  8. 割り当て方法では、powerpivot 中間層がクライアント要求を処理するために特定の powerpivot サービスインスタンスを選択するために使う負荷分散スキーマを指定することができます。既定では、サービスがビジー状態であるかアイドルであるかに関係なく、同じ繰り返し順序でサーバーに要求を割り当てるラウンドロビンです。利用可能なメモリとプロセッサの使用率によって測定されるように、サーバーの状態に基づいて要求を割り当てるために、[正常性] を選ぶことができます。

  9. [データ更新] の [勤務時間] で、営業日を決定する時間帯を指定できます。データ更新スケジュールは、営業日の終了後に実行して、通常の勤務時間中に生成されたトランザクションデータを取得できます。

  10. データ更新履歴では、データ更新処理の履歴レコードを保持する期間を指定できます。この情報は、データ更新を使用する各ブックに対して保持される [データ更新履歴] ページに表示されます。

  11. [使用状況データの収集] の [クエリレポートの間隔] で、レポートクエリの統計情報の時間間隔を指定します。クエリ統計は、サーバー間通信を最小限に抑えるために1つのイベントとして報告されます。

  12. [使用状況データ履歴] で、使用状況データの履歴記録を保持する期間を指定します。

  13. [使用状況データの収集] の [クエリ応答のしきい値] で、1つのカテゴリを停止し、別の場所を開始する位置を決定する上限を指定します。これらのカテゴリは、クエリの動作を測定する基準計画を確立します。これらのカテゴリを使用して、システムのクエリ応答時間の傾向を監視できます。

  14. [ OK ] をクリックして変更を保存します。load timeout またはアロケーションメソッドに対する変更は、新しい受信要求にのみ適用されます。既に実行されている要求には、要求を受信したときに有効になっていた値が適用されます。

ページの先頭へ

PowerPivot サービスアプリケーションを Web アプリケーションに割り当てる

PowerPivot サービスアプリケーションを構成した後は、その web アプリケーションのサービスアプリケーション接続リストに追加することで、それを web アプリケーションに割り当てることができます。これを行うには、次の2つの方法があります。

  • 既定の接続グループに追加します。既定の接続グループは、それを参照する任意の Web アプリケーションで使用できるサービスアプリケーション接続のコレクションです。

  • 特定の Web アプリケーションのカスタム接続リストを作成します。複数の PowerPivot サービスアプリケーションを作成した場合は、ユーザー設定のリストで選択することによって、どちらを使用するかを選ぶことができます。

既定の接続グループは、同じ種類の複数のサービスアプリケーションを受け入れます。ただし、PowerPivot サービスアプリケーションを追加した場合、それらは無視されることに注意してください。リストの最初のインスタンスのみが使用されます。

  1. サーバーの全体管理の [アプリケーション構成の管理] で、[ web アプリケーションの管理] をクリックします。

  2. ページの上部にある [ Web アプリケーション] をクリックします。

  3. 接続を割り当てるアプリケーション (SharePoint-80 など) を選択します。

  4. [サービス接続] をクリックします。

  5. [次の関連付けのグループを編集] で、[既定] または [ユーザー設定] を選びます。

  6. [カスタム] の場合は、使用する各サービスアプリケーション接続の横にあるチェックボックスをオンにします。複数の PowerPivot サービスアプリケーションを使用している場合 (種類が AnalysisServices に設定されている場合は、PowerPivotServiceApplicationProxy)、1つだけを選択してください。

  7. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×