シーケンス図でオブジェクト間のメッセージを示す

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

  1. シーケンス図で、図面ページに [メッセージ] 図形をドラッグします。

    選択するメッセージ図形は、送信するメッセージの種類 (通常、非同期、プロシージャ コール、応答) によって異なります。

  2. 接続に矢印のメッセージを送信するオブジェクト生存線 接続ポイントの画像 - 青い X をポイントすることがなく、メッセージ端点を接着します。

  3. メッセージを受信するオブジェクトの生存線にある接続ポイントに、メッセージの矢印がある端点を接着します。

  4. メッセージをダブルクリックして、メッセージ名、ステレオタイプ、シーケンス式、フローの種類を入力または選択します。

  5. フラット メッセージまたはプロシージャ コールの場合は、メッセージによって生成する操作を選択します。操作が存在しない場合は、[新規] をクリックして作成します。

    非同期メッセージの場合は、メッセージによって生成するシグナルを選択します。メッセージを受信するオブジェクト生存線の基準となる分類子にシグナル受信が存在しない場合は、[新規] をクリックして受信を作成します。

ヒント: あるオブジェクトからそのオブジェクト自体へのメッセージを示すには、円弧型の [メッセージ] 図形にある 2 つの端点を、同一オブジェクトの生存線にある 2 つの接続ポイントに接着します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×