シングル サインオンのサーバー設定を管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: 最新情報および総合的な情報については、www.microsoft.com を参照してください。

シングル サインオンのサーバー設定の管理には、適切な管理者アカウント、シングル サインオン データベース サーバーとサーバー名、およびタイムアウトと査定ログの設定を指定する必要があります。

注: シングル サインオンのサーバー設定を管理するには、Microsoft Office SharePoint Server 2007 を実行するコンピュータでサーバー全体管理 Web サイトを表示する必要があります。

  1. 上部のナビゲーション バーで、[サーバー構成の管理] をクリックします。

  2. [サーバー構成の管理] ページの [セキュリティの構成] セクションで、[シングル サインオン設定の管理] をクリックします。

  3. [シングル サインオン設定の管理] ページの [サーバー設定] セクションで [サーバー設定の管理] をクリックします。

  4. シングル サインオン] ページで、シングル サインオン管理者アカウントで、[アカウント名] ボックスの設定の管理には、フォームのドメイン/グループまたはドメイン/ユーザー名を使用して、シングル サインオンの管理者アカウント名を入力します。

    シングル サインオンの管理者アカウントは、アプリケーション定義を作成、削除、または変更できるユーザーを指定します。管理者アカウントは、暗号化キーをバックアップすることもできます。

    シングル サインオンの管理者として指定するシングル サインオン管理者ユーザーまたはグループは、次のとおりである必要があります。

    • Windows グローバル グループまたは個人のユーザー アカウント。このアカウントは、ドメイン ローカル グループ アカウントまたは配布リストにすることはできません。

    • ユーザーが指定されている場合は、シングル サインオン サービス アカウント。グループが指定されている場合は、シングル サインオン サービス アカウントはそのグループのメンバである必要があります。

    • ユーザーが指定されている場合は、シングル サインオンの構成アカウント。グループが指定されている場合は、シングル サインオンの構成アカウントはそのグループのメンバである必要があります。

    • SharePoint サーバー全体管理サイトのリーダー SharePoint グループのメンバ。

      グループが指定されている場合、シングル サインオンを管理するためにグループに追加されたすべてのユーザーは、暗号化キー サーバーのローカル Administrators グループのメンバである必要があります。このアカウントを、暗号化キー サーバーのローカル Administrators グループのメンバにしないでください。

  5. 企業アプリケーション定義の管理者アカウント] セクションの [アカウント名] ボックスで、アカウントを設定し、フォームのドメイン/グループまたはドメイン/ユーザー名を使用して、企業アプリケーション定義を管理するユーザーまたはグループの名前を入力します。

    企業アプリケーション定義の管理者アカウントは、グループ企業アプリケーション定義のパスワード変更、個人の企業アプリケーション定義の資格情報の変更や削除など、企業アプリケーション定義の資格情報を管理することができます。

    指定するユーザーまたはグループは、次のとおりである必要があります。

    • Windows グローバル グループまたは個人のユーザー アカウント。このアカウントは、ドメイン ローカル グループ アカウントまたは配布リストにすることはできません。

    • SharePoint サーバー全体管理サイトのリーダー SharePoint グループのメンバ。

  6. データベースの設定] セクションの [サーバー名] ボックスで、(たとえば、コンピューター名または computer_name\SQL_server_instance)、シングル サインオン データベース サーバーの NetBIOS 名を入力します。完全修飾ドメイン名を入力しないでください。

  7. [データベース名] ボックスに、シングル サインオン データベース サーバーの名前を入力します。

    注: データベースをあらかじめ作成していない限り、既定のデータベース サーバーとシングル サインオン データベース サーバーを使用することをお勧めします。

  8. [タイムアウト設定] セクションの [チケットのタイムアウト時間 (分単位)] ボックスに、シングル サインオン チケットの有効期限を分単位で入力します。タイムアウトは、チケットが発行されてから企業アプリケーションがチケットを引き換えるまでの十分な長さにする必要があります。2 分間から始めてみることをお勧めします。

  9. [次より古い査定ログの削除 (日単位)] ボックスに、査定ログに記録を保持する日数を入力します。

  10. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×