ショートカット キーを使用して、Office 製品に関するヘルプを見つける

Office 2016 と Office 365 ではユーザー自身で作成、伝達、表現できるショートカット キーを多数提供しています。スクリーン リーダーとその他の支援技術を利用するユーザー向けのリソースの一覧をいくつか紹介します。

注: このトピックは、JAWS ユーザーが仮想リボン メニュー機能を無効にしていることを前提としています。

この記事の内容

操作アシスト機能

Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook にはすべて、1 つまたは 2 つの手順でさまざまな機能に簡単にアクセスできる操作アシストが含まれています。

  1. どの Office 製品でも、Alt キーを押しながら Q キーを押すことで [操作アシスト] ボックスに移動します。

    "操作アシスト" という音声が聞こえます。[操作アシスト] ボックスのテキスト フィールドにフォーカスが切り替わります。

  2. 質問や検索文字列を入力して、Enter キーを押します。

  3. 結果の一覧内を移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。フォーカスを移動すると、それぞれの結果が読み上げられます。

  4. 結果のコマンドのいずれかを選択するには、Enter キーを押します。フォーカスが編集領域に戻ります。

Office のサポート Web サイト

Office のサポート Web サイト (https://support.office.com) と「Office アクセシビリティ センター - 障碍のある方のためのリソース」では豊富な情報を提供しています。ここには、現行のすべての Office 製品を使用するための詳しい手順が含まれています。

support.office.com の検索のヒント
  1. 大文字と小文字の区別や空白を含め、正確な語句を検索するには、単語や語句を引用符で囲みます。

    • たとえば、"Excel Online" の場合、正確な語句 "Excel Online" を含む文書を検索し、Excel 2016 または Word Online に関する文書は検索されません。

      Excel Online (引用符なし) の場合は、次のような単語を含む文書を検索します。

      • excel、Excel、および Excel Online

      • excellent

      • 文書のどこかに含まれる Excel または Online

    • “スクリーン リーダー” の場合、正確な語句 “スクリーン リーダー” を含む文書を検索しますが、スクリーンについて述べていたり、“このチームのリーダー” のような “リーダー” が使われている Excel 2016 の文書は検索されません。

  2. 列挙されたすべての単語または語句を含む文書を検索する場合は、AND (すべて大文字) を使用します。

    たとえば、"Excel Online" AND “スクリーン リーダー” の場合、正確な語句 "Excel Online" と、正確な語句 “スクリーン リーダー” を含む文書が検索されます。いずれかの語句しか含まれない文書は、検索結果に表示されません。

  3. 列挙された単語または語句の (すべてではなく) いずれか 1 つを含む文書を検索する場合は、OR (すべて大文字) を使用します。

    たとえば、 "Excel Online" OR “スクリーン リーダー” の場合、正確な語句 "Excel Online"、または正確な語句 “スクリーン リーダー” を含む文書が検索されます。“Excel Online” と “スクリーン リーダー” の両方を含む文書は、検索結果に表示されません 。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×