ショートカット キーを使ってデータの書式を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

キー

目的

Ctrl + 1

選択したグラフ要素の [書式設定] ダイアログ ボックスを表示する。

Ctrl + Shift + ^

選択した軸またはデータ ラベルに [標準] 表示形式を設定する。

Ctrl + Shift + $

選択した軸またはデータ ラベルに [通貨] 表示形式を設定する。負の値はかっこで囲まれます。

Ctrl + Shift + %

選択した軸またはデータ ラベルに [パーセンテージ] 表示形式を設定する。

Ctrl + ^

選択した軸またはデータ ラベルに [指数] 表示形式 (小数点以下の桁数 2) を設定する。

Ctrl + Shift + #

選択した軸またはデータ ラベルに [日付] 表示形式 (yyyy/mm/dd) を設定する。

Ctrl + @

選択した軸またはデータ ラベルに [時刻] 表示形式 (h:mm、AM/PM 表示) を設定する。

Ctrl + Shift + !

選択した軸またはデータ ラベルに桁区切りの表示形式を設定する。負の値はかっこで囲まれます。

Ctrl + B

太字の設定と解除を切り替える。

Ctrl + I

斜体の設定と解除を切り替える。

Ctrl + U

下線の設定と解除を切り替える。

Ctrl + 5

取り消し線の設定と解除を切り替える。


注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×