ショートカット キーを使ってセルやグラフ要素を選択する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データシートでセル、列、または行を選択するときに使うショートカット キー

キー

目的

Ctrl + Space

選択範囲を列全体に拡張する。

Shift + Space

選択範囲を行全体に拡張する。

Ctrl + A

データシート全体を選択する。

F8

拡張選択モードを切り替える。

Shift + 方向キー

選択範囲を上、下、左、または右に拡張する。

Ctrl + Shift + 方向キー

データが入力されている範囲の先頭行、末尾行、左端列、または右端列まで選択範囲を拡張する。

Shift + Home

選択範囲を行の先頭まで拡張する。

Ctrl + Shift + Home

選択範囲をデータシートの先頭のセルまで拡張する。

Ctrl + Shift + End

選択範囲をデータが入力されている範囲の右下隅のセルまで拡張する。

Shift + PageDown

選択範囲を 1 画面下まで拡張する。

Shift + PageUp

選択範囲を 1 画面上まで拡張する。

Shift + BackSpace

範囲の選択を解除し、アクティブ セルだけを選択する。


グラフ要素を選択するときに使うショートカットキー

キー

目的

前のアイテム グループを選択する。

次のグループを選択する。

グループ内の次の要素を選択する。

グループ内の前の要素を選択する。


注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×