ショートカット キーを使って、上付き文字列または下付き文字列、数字を作成する

通常のテキストの少し上 (上付き文字) または下 (下付き文字) にテキストを表示するには、ショートカット キーを使用することができます。

例: 上付き文字と下付き文字

注: 残念ながら、PowerPoint オンラインでプレゼンテーションを編集するときに、上付きと下付きを利用することはできません。PowerPoint 2016 または PowerPoint 2013 で、次の手順を実行する必要があります。

  1. 文字列や数字を選びます。

  2. 上付き文字は、Ctrl キーと、Shift キーを押しながら正符号 (+) キーを同時に押します。

    下付き文字は、Ctrl キーと等号 (=) キーを同時に押します。(Shift は押しません)。

ヒント: [フォント] ダイアログ ボックスでオプションを選んでテキストに上付き、下付きの書式を設定することもできます。

上付きまたは下付きの書式設定を元に戻すには、テキストを選び、Ctrl キーを押しながら Space キーを押します。

関連項目

Format text or a symbol as superscript or subscript (テキストや記号に上付き、下付きの書式を設定する)

脚注を追加または削除する

フォントのサイズを変更する

Clear all text formatting (すべてのテキストの書式設定をクリアする)

PowerPoint 2016 for Mac でテキストに上付き、下付きの書式を設定する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×