スキップしてメイン コンテンツへ
シフトの時間クロックを設定する

シフトの時間クロックを設定する

タイムクロックは、スナップを時間でトラッキングします。 (実際にはタップです)。 従業員は、モバイルデバイスを使って出勤と退勤を確認できます。 マネージャーは、ユーザーが出勤または退勤したときに、従業員が特定の場所に存在するかどうかを示す、オプションの場所検出を設定できます。 これらの設定は、いつでも変更または削除することができます。 

タイム レコーダーを設定する

  1. [シフト] で、アプリ画面の左上にある [設定] に移動し、[タイムクロック] まで下にスクロールします。

  2. 簡単な概要が表示できます。 操作が完了したら、[セットアップの開始] をクリックします。

任意の位置情報検出を含める

従業員が特定の場所で出勤および退勤できるようにする場合は、場所の検出を有効にします。 これにより、従業員はどこにいても、どこからでも出勤できるようになりますが、場所を指定していない場合は、そのユーザーに通知され、インスタンスが記録されます 従業員は、Teams の GPS アクセス許可を許可する必要があります。 [時刻の時計] は、時計の出勤時と退勤時にのみ場所を記録します。

  1. [場所の検出を含める] をオンにして、目的のワークスペースの座標を入力します。

  2. [有効にする] をクリックします。 

注: 

  • 従業員のモバイル GPS アクセス許可が必要です。 タイムクロックで GPS アクセスのプロンプトが表示されることをチームに伝えます。 

  • GPS の場所は概算です。 従業員が誤ってオフの場所としてマークされていることがあります。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×