サーバーのプロパティ : [証明書]

このタブを使用して、サーバーで使用する証明書を指定します。

[サーバー証明書]

サーバーが現在使用している、トランスポート層セキュリティ (TLS) または相互 TLS (MTLS) の認証用の証明書です。

[証明書の選択]

コンピュータにインストールされている証明書が一覧表示されます。このサーバーにメッセージを送信するクライアントまたはサーバーから認証チャレンジがあると、この一覧で選択した証明書がサーバーによって発行されます。

[証明書の削除]

証明書がサーバーの TLS 認証または MTLS 認証に使用されないよう、証明書を削除します。[証明書の削除] をクリックするとサーバーの MTLS 認証への証明書の割り当てがなくなりますが、証明書自体はコンピュータから削除されません。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

MTLS が必要な接続 (Office Communications Server を実行している他のサーバーからの接続など) を受け付けるには、各サーバーの役割に証明書を割り当てる必要があります。

Standard Edition サーバーまたはエンタープライズ プールを集中構成で展開している場合、証明書の構成はコンピュータに配置されたプール サーバーのすべての役割 (Web 会議サーバー、音声ビデオ会議サーバー、Web コンポーネント サーバー、アプリケーション共有会議サーバーなど) に適用されます。エンタープライズ プールを分散構成で展開している場合、Web 会議サーバー、音声ビデオ会議サーバー、Web コンポーネント サーバー、およびアプリケーション共有会議サーバーに対して個別に証明書を構成する必要があります。

注:  既定の証明書にローカル コンピュータの名前が含まれていない場合、フロントエンド サーバーのプロパティ シートの [証明書] タブをクリックすると、証明書に変更を加えると他のクライアントまたはサーバーがこのサーバーに接続できなくなる可能性があることを示す警告が表示されます。

詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×