サードパーティ ベンダーの装飾フォントを使用する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

PowerPointに含まれていないフォントを使用する場合は、web を検索して、サードパーティベンダからより多くのフォントセットを入手できます。

サードパーティからフォントをインストールする

  1. フォントをコンピューターにダウンロードします。

  2. フォントが圧縮された .zip ファイルである場合は、そのファイルを右クリックし、[すべて抽出] を選びます。

    ファイルは圧縮されず、コンピューターのディスクに保存されます。

  3. フォントファイルを右クリックし、[インストール] を選択します。

    次の3つの手順に従って、フォントが正しくインストールされていることを確認します。

  4. Windows の [コントロールパネル] を開き、[フォント] を検索します。

  5. [フォント] コントロールパネルを選びます。

  6. [コントロールパネル] には、コンピューターにインストールされているすべてのフォントの一覧が表示されます。

プレゼンテーションのフォントを使用する

  1. フォントをインストールしているときにPowerPointが開いている場合は、アプリを閉じて、もう一度開きます。

  2. フォントは、 PowerPointのリボンの [フォント] リストで使用できるようになりました。

    特定のテキストにフォントを適用するには、テキストを選択し、[ホーム]、[フォント] の順に選び、目的のフォントを選びます。

    プレゼンテーションのフォントを既定にするには、スライドマスター表示に切り替えて、[スライドマスター ]、[フォント]、[フォントのカスタマイズ] の順に選びます。詳細については、「 PowerPoint で既定のフォントを変更する」を参照してください。この操作は、 PowerPoint Onlineでは使用できません。

サードパーティからフォントをインストールする

  1. フォントをコンピューターにダウンロードします。

  2. Finder でフォントをダブルクリックします。

  3. 開いた [フォントプレビュー] ウィンドウで、[フォントのインストール] を選びます。

    Mac がフォントを検証し、フォントブックアプリを開くと、フォントがインストールされ、使用できるようになります。

プレゼンテーションのフォントを使用する

  1. フォントをインストールしているときにPowerPointが開いている場合は、アプリを閉じて、もう一度開きます。

  2. フォントは、 PowerPointのリボンの [フォント] リストで使用できるようになりました。

    特定のテキストにフォントを適用するには、テキストを選択し、[ホーム]、[フォント] の順に選び、目的のフォントを選びます。

サードパーティのフォントについて

これらの種類のフォントをダウンロードしてインストールする場合は、任意のソフトウェアアプリケーションでそれらを使うことができます。ただし、次の点に注意してください。

  • サードパーティのフォントを自分の責任でダウンロードします。

  • フォントを購入できる正当なサイトが多数あります。ただし、ベンダによっては埋め込みを許可していないものがあります。(ライセンスの権利は、フォントが文書に埋め込まれるかどうかを決定します。)これらのフォントがインストールされていない他のユーザーにプレゼンテーションを送信することを計画している場合は、この問題が発生する可能性があります。慎重に選択したフォントは表示されません。代わりに、コンピューター上にある代替フォントが表示されます。

  • Web には無料フォントのサイトがありますが、未完成のフォント セットもあれば、コンピューターに既に搭載されたフォントと競合するフォントもあります。

Web で見つかるフォント
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×