サンプル図面とデータを扱う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Visio Professional 2007 のサンプル図面は、データのリンクやピボットダイアグラムなど、Visio のより高度な機能を習得する方法として活用できます。

各サンプル図面は、プロジェクト タイムラインや売上情報など、特定の用途を想定して作成されたもので、Microsoft Office Excel ブック形式で各図面固有のサンプル データを備えています。各サンプル図面を開いて編集することで各図面の機能を確認できるだけでなく、編集した図面は保存できます。サンプル データも編集する場合は、サンプル データのコピーを保存し、コピーしたデータとサンプル図面間でリンクを設定し直します。

ここでは、サンプル図面を開く方法と各図面のサンプル データを保存する方法を説明します。一部のサンプル図面で使われている高度な機能の操作方法の詳細については、次のトピックを参照してください。

手順 1. サンプル図面を開く

  1. [ヘルプ] メニューの [サンプル図面] をクリックします。

  2. [サンプル] ウィンドウで、開くサンプル図面をクリックします。

  3. ウィンドウの右側にある [図面を開く] をクリックします。

ページの先頭へ

手順 2. サンプル データのコピーを保存する

  1. [ヘルプ] メニューの [サンプル図面] をクリックします。

  2. [サンプル] ウィンドウで、コピーするデータが含まれるサンプル図面をクリックします。

  3. ウィンドウの右側にある [サンプル データを開く] をクリックします。

    Excel でブックが開き、サンプル データが表示されます。

  4. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  5. デスクトップなど、ファイルを保存する場所を指定します。

これで、サンプル データのコピーを開き、編集できるようになりました。

ページの先頭へ

手順 3. コピーしたデータをサンプル図面にリンクする

注: リンクする手順は、サンプル ピボット ダイアグラムについては、次のセクションで説明するデータをコピーします。

  1. コピーしたデータをリンクするサンプル図面を開きます。

  2. [データ] メニューの [最新のデータに更新] をクリックします。

  3. [最新のデータに更新] ダイアログ ボックスで、[構成] をクリックします。

  4. [データ更新の構成] ダイアログ ボックスの [データ ソースの変更] をクリックします。

  5. コピーしたデータをデータ ソースとして使用し、ウィザードの指示に従います。

  6. ウィザードが完了したら、[データ更新の構成] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックし、[データの更新] ダイアログ ボックスで [更新] をクリックします。

    ヒント: ほとんどのウィザードにはヘルプが用意されています。ヘルプを参照するには、ページを開いた状態で、F1 ボタンを押すか、[ヘルプ] ボタンをクリックしてください。

ページの先頭へ

コピーしたデータをピボットダイアグラムにリンクする

サンプルは、ピボット ダイアグラムであるかどうかを確認する方法

[ヘルプ] メニューの [サンプル図面] をクリックし、[サンプル] ウィンドウでサンプルをクリックします。ウィンドウの右側に、選択したサンプルのアイコンの下に説明が表示されます。

  1. コピーしたデータをリンクするピボットダイアグラムが含まれる図面を開きます。

    注: 図面に複数のピボットダイアグラムがある場合は、コピーするデータをリンクするピボットダイアグラムごとに次の手順を繰り返し実行する必要があります。

  2. 図面でピボットダイアグラム図形を選択します。

  3. [ピボットダイアグラム] メニューの [オプション] をクリックします。

  4. [ピボットダイアグラムのオプション] ダイアログ ボックスで、[データ オプション] の [データ ソースの変更] をクリックします。

  5. コピーしたデータをデータ ソースとして使用し、ウィザードの指示に従います。

ヒント: ほとんどのウィザードにはヘルプが用意されています。ヘルプを参照するには、ページを開いた状態で、F1 ボタンを押すか、[ヘルプ] ボタンをクリックしてください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×