サンド ボックス モードでブロックされている Access の関数とプロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事では関数とプロパティに関する情報を参照するサンド ボックス モードは、 Accessをブロックします。MonthNameStrReverse] など、サンド ボックス モードで実行するいくつかの新しい機能により、 AccessアシスタンスExportNavigationPaneLoadCustomUIなど、いくつかの他関数がブロックことに注意してください。この操作を行うと、必要がありますが信頼できることに注意してください (のコンテンツを有効にする) データベースまたは使用するのには、この記事の情報を信頼できる場所にデータベースを配置します。

この記事の内容

安全でない式を実行するサンド ボックス モードの設定

サンド ボックス モードで使用できる機能

サンド ボックス モードでエラーが発生する関数

サンド ボックス モードでブロックされる関数

サンド ボックス モードでブロックされているプロパティ

安全でない式を実行するようにサンドボックス モードを設定する

データベースに式を追加すると、その式をサンド ボックス モードと呼ばれる運用環境で実行されます。Access 2007、2010、2013、2016 または Access ファイルの以前の形式のいずれかのAccessで作成されたデータベースに行われます。既定では、サンド ボックス モードを有効にアクセスし、サンド ボックス モード常に無効に安全でない式は、データベースを信頼する後でもします。

信頼できるデータベースにおいて、サンドボックス モードで無効にされる式を実行する必要がある場合は、レジストリ キーを変更してサンドボックス モードを無効にできます。ここで説明する手順を実行するには、最初にデータベースを信頼する必要があります。

次の図は、安全でない式を実行するかどうかを決定するための手順を示したものです。

サンドボックス モードの有効化または無効化の決定プロセス

注意      レジストリを誤って編集すると、オペレーティング システムに重大な障害が発生し、再インストールを要求される場合があります。Microsoft では、このようなレジストリの誤った編集による問題については保証していません。レジストリを編集する前に、重要なデータをバックアップしてください。レジストリの使用および保護の詳細については、Microsoft Windows ヘルプを参照してください。

レジストリに慣れていないレジストリ キーの変更に慣れていない場合、だれかがかから以前のバージョンの Access データベースをAccessファイル形式に変換を考慮に問い合わせてください。また、レジストリ値を変更するのには、コンピューターに管理者権限が必要です。

レジストリ キーを変更する

重要: 以下の手順を実行すると、コンピュータ上のすべてのユーザーが、安全でない式を Access のすべてのインスタンスで実行できます。

次のいずれかを実行します。

  • Microsoft Windows 7 または Windows 10 で   

    1. [スタート] メニューの [ファイル名を指定して実行] をクリックします。

    2. [名前] ボックスに「regedit」と入力し、Enter キーを押します。

      レジストリ エディタが起動されます。

    3. HKEY_LOCAL_MACHINE フォルダを展開し、次のレジストリ キーに移動します。

      \Software\Microsoft\Office\12.0\Access Connectivity Engine\Engines

      注: メモ 12.0 示します Access 2007、14.0 Access 2010、15.0 示します Access 2013、示し 16.0 を示します Access 2016 します。

    4. レジストリ エディターの右側のウィンドウ枠で、[名前] の下の [SandboxMode] をダブルクリックします。

      [DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスが表示されます。

    5. [値のデータ] フィールドの値 3 を 2 に変更し、[OK] をクリックします。

    6. レジストリ エディタを終了します。

  • Windows Vistaの場合   

    1. [スタート] ボタンをクリックして、すべてのプログラム] をポイントし、[アクセサリ]、[実行] をクリックします。

    2. [名前] ボックスに「regedit」と入力し、Enter キーを押します。

      レジストリ エディタが起動されます。

    3. HKEY_LOCAL_MACHINE フォルダを展開し、次のレジストリ キーに移動します。

      \Software\Microsoft\Office\12.0\Access Connectivity Engine\Engines

      注: メモ 12.0 示します Access 2007、14.0 Access 2010、15.0 示します Access 2013、示し 16.0 示します Access 2016 します。

    4. レジストリ エディターの右側のウィンドウ枠で、[名前] の下の [SandboxMode] をダブルクリックします。

      [DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスが表示されます。

    5. [値のデータ] フィールドの値 3 を 2 に変更し、[OK] をクリックします。

    6. レジストリ エディタを終了します。

重要    このレジストリ設定を変更しても、データベースを信頼していなければ、安全でない式はすべて無効になります。

設定できるレジストリ値は次のとおりです。0 (ゼロ) が最も制限が緩く、3 が最も制限が厳しくなります。

設定

説明

0

サンドボックス モードは常に無効になります。

"1"。

サンドボックス モードは Access に使用されますが、Access 以外のプログラムには使用されません。

51

サンドボックス モードは Access 以外のプログラムに使用されますが、Access には使用されません。

76

サンド ボックス モードは常に使用します。これは、既定値であるAccessのインストール時に設定します。

ページの先頭へ

サンドボックス モードで使用できる関数

次の表は、サンドボックス モードが有効なときに Access データベース エンジン クエリで使用できる関数の一覧です。この表に含まれていない関数は、サンドボックス モードでは使用できません。

Abs 関数

配列

Asc 関数

Ascb

Ascw

Atn 関数

CBool

CByte

CCur

CDate

CDbl

Choose 関数

Chr 関数

Chr$

Chrb

Chrb$

Chrw

Chrw$

Cint

Clng

Cos 関数

Csng

Cstr

Cvar

CVDate

CVErr

日付

Date$

DateAdd 関数

DateDiff 関数

DatePart 関数

DateSerial 関数

DateValue 関数

(日)

DDB

Error

Error$

Exp 関数

Fix 関数

書式

Format$

FormatCurrency

FormatDateTime

FormatNumber

FormatPercent

FV

Hex 関数

Hex$

IIf 関数

IMEStatus

InStr

InStrb

Int 関数

IPmt

IRR

IsDate 関数

IsEmpty

IsError

IsNull 関数

IsNumeric 関数

IsObject

LCase 関数

LCase$

[左揃え]

Left$

Leftb

Leftb$

Len 関数

Lenb

Log 関数

LTrim 関数

LTrim$

Mid 関数

Mid$

Midb

Midb$

MIRR

[月]

MonthName

[今すぐ実行]

NPer

Npm

Oct 関数

Oct$

[区分]

定期支払額

PPmt

PV

QBColor 関数

[置換]

RGB

[右揃え]

Right$

RightB

Rightb$

Rnd 関数

Round

RTrim 関数

RTrim$

2

Sgn 関数

Sgr

Sin 関数

SLN

Space 関数

Space$

Str 関数

Str$

StrComp 関数

StrConv 関数

文字列型 (String)

String$

StrReverse

Switch 関数

SYD

Tan 関数

時刻

Time$

Timer

TimeSerial 関数

TimeValue 関数

Trim 関数

Trim$

TypeName

UCase 関数

UCase$

Val 関数

VarType

週日

[年]

ページの先頭へ

サンドボックス モードでエラーになる関数

次の Visual Basic for Applications (VBA) 関数は、Access データベース エンジン クエリの式または Access のプロパティから呼び出すとエラーになります。

AppActivate

Beep/警告音

予定表

CallByName

ChDir

ChDrive

Command/コマンド

Command$

CreateObject

CurDir

CurDir$

DeleteSetting

DoEvents

Environ

Environ$

EOF

Err

FileAttr

FileCopy

FileDateTime

FileLen

FreeFile

GetAllSettings

GetAttr

GetObject

GetSetting

入力

Input$

InputB

InputB$

Kill

Load

Loc

LOF

Randomize

リセット

SaveSetting

Seek

SendKeys

SetAttr

Shell

Spc

Tab

Unload

UserForms

ページの先頭へ

サンドボックス モードでブロックされる関数

サンド ボックス モードでは、クエリの式とは、Access のプロパティから、関数を呼び出すときに、次の Access 関数がブロックされます。アスタリスク (*)、関数名が関数を示す後から開始するOffice Access 2007新しいです。

AddAutoCorrect

AddToFavorites

ADOConnectString

AnswerWizard

アプリケーション

Assistant

Assistance*

オートコレクト機能

AutomationSecurity*

BeginUndoable

CloseCurrentDatabase

CodeContextObject

CodeDb

COMAddIns

CommandBars

CompactRepair

ConvertAccessProject

CreateAccessProject

CreateAdditionalData

CreateControl

CreateControlEx

CreateDataAccessPage

CreateForm

CreateGroupLevel

CreateNewWorkgroupFile

CreateReport

DataAccessPages

DBEngine

DDEExecute

DDEInitiate

DDEPoke

DDERequest

DDESend

DDETerminate または

DefaultWebOptions

DefaultWorkspaceClone

DelAutoCorrect

DeleteControl

DeleteReportControl

DoCmd

Echo/エコー

ExportCustomFixedFormat*

ExportNavigationPane*

ExportXML

FeatureInstall

FileDialog

FileSearch

FollowHyperlink

GetHiddenAttribute

ImportNavigationPane*

ImportXML

InsertText

LanguageSettings

LoadCustomUI*

LoadFromText

LoadPicture

モジュール

NewAccessProject

NewCurrentDatabase

NewFileTaskPane

OpenAccessProject

OpenCurrentDatabase

Parent

商品コード

Quit

参考資料​​

RefreshDatabaseWindow

RefreshTitleBar

ReloadAddIns

ReplaceModule

[実行]

RunCommand

SaveAsText

SetDefaultWorkGroupFile

SetHiddenAttribute

SetOption

SetUndoRecording

SysCmd

TransformXML

VBE

ページの先頭へ

サンドボックス モードでブロックされるプロパティ

サンドボックス モードでは、前のセクションに記載した関数に加えて、多数のオブジェクト プロパティもブロックされます。次の表は、オブジェクトの一覧と、各オブジェクトでブロックされるプロパティを示しています。

オブジェクト

ブロックされるプロパティ

BoundObjectFrame

[オブジェクト]

Combobox

Recordset

コントロール

[オブジェクト]

CurrentProject

AccessConnection、BaseConnectionString、CloseConnection、Connection、OpenConnection

CustomControl

[オブジェクト]

フォーム

Dynaset/ダイナセット

ハイパーリンク

Add to favorites

Listbox

Recordset

ObjectFrame

[オブジェクト]

レポート

Recordset

SmartTagAction

Execute

[画面]

ActiveDataAccessPage

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×