サンドボックス モードのオン/オフを切り替えてマクロを無効にする

サンドボックス モードのオン/オフを切り替えてマクロを無効にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、サンドボックス モードと呼ばれる Access セキュリティ機能の使用方法について説明します。サンドボックス モードでは、悪意のあるユーザーが、アクセス権限を持たないドライブ、ファイル、またはその他のリソースに不正にアクセスするために悪用するような関数またはプロパティを使用する "安全でない" 式が Access によってブロックされます。たとえば、KillShell などの関数を悪用してコンピューター上のデータやファイルに損害を与えることができるので、サンドボックス モードではこれらの関数がブロックされます。

注:  このトピックは、Access アプリまたは Web データベースには適用されません。また、Access のその他のセキュリティ機能については説明しません。 詳細については、この記事の「関連項目」のリンク先をご覧ください。

この記事の内容

概要

サンドボックス モードを無効にする (安全でない式を実行する)

概要

サンドボックス モードは、安全でない可能性のある特定の式を Access が実行しないようにするためのセキュリティ機能です。このような安全でない式は、データベースが「信頼されている」か、そのコンテンツが有効かどうかにかかわらず、ブロックされます。

サンドボックス モードの設定方法

サンドボックス モードで実行するかどうかを指定するには、レジストリ キーを使用します。サンドボックス モードは既定で有効になっています。つまり、コンピューターに Access がインストールされると、サンドボックス モードを有効にするようにレジストリ キーの値が設定されています。すべての式を実行できるようにするには、レジストリ キーの値を変更し、サンドボックス モードを無効にできます。

信頼されたデータベース

レジストリでサンドボックス モードが有効になっているかどうかに関係なく、データベースファイルが信頼できる場所にあるか、または有効な信用度の署名を持つ場合でない限り、Access が安全でない可能性のある式の実行を許可しません。データベースが "信頼できる" 状態でない場合、サンドボックス モードが使用されます。

次の図は、安全でない式が見つかった場合に Access で行われる意思決定プロセスを示しています。

サンドボックス モードの有効化または無効化の決定プロセス

レジストリに習熟していない場合、またはレジストリ キーを自分で変更するのに自信がない場合は、レジストリ キーに習熟し、変更に慣れているユーザーに協力を依頼してください。レジストリの値を変更するには、コンピューターの管理者権限が必要です。

ページの先頭へ

サンドボックス モードを無効にする (安全でない式を実行する)

一部のインストールでは、レジストリ キーの値を変更することによってサンドボックス モードを無効にすることができます。

注:  以下の手順の SandBoxMode レジストリ キーは、Access のすべてのインストールに含まれるわけではありません。このレジストリ キーが見つからない場合は追加しないことをお勧めします。追加すると、Office の更新に干渉する可能性があります。

注意      レジストリを誤って編集すると、オペレーティング システムに重大な障害が発生し、再インストールを要求される場合があります。Microsoft では、このようなレジストリの誤った編集による問題については保証していません。レジストリを編集する前に、重要なデータをバックアップしてください。レジストリの使用および保護の詳細については、Microsoft Windows ヘルプを参照してください。

レジストリ キーを変更する

重要: 以下の手順を実行すると、コンピューターのすべてのユーザーが、Access のすべてのインスタンスで安全でない式を実行できるようになります。

  1. サンドボックス モードを無効にするコンピューターで、実行中の Access のインスタンスをすべて終了します。

  2. Windows キーを押し、「ファイル名を指定して実行」と入力して、Enter キーを押します。

  3. [名前] ボックスに「regedit」と入力し、Enter キーを押します。

    レジストリ エディターが起動します。

  4. HKEY_LOCAL_MACHINE フォルダーを展開し、次のレジストリ キーに移動します。

    \Software\Microsoft\Office\15.0\Access Connectivity Engine\Engines

  5. レジストリ エディターの右側のウィンドウ枠で、[名前] の下の [SandBoxMode] をダブルクリックします (存在する場合)。SandBoxMode レジストリ キーが見つからない場合は追加しないことをお勧めします。追加すると、Office の更新に干渉する可能性があります。

    [DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスが表示されます。

  6. [Value Data] フィールドの値を 3 から 2 に変更し、[OK] をクリックします。

  7. レジストリ エディターを終了します。

重要: このレジストリ設定を変更しても、データベースのコンテンツを有効にしていなければ、安全でない式はすべて無効になります。

設定できるレジストリ値は次のとおりです。0 (ゼロ) が最も制限が緩く、3 が最も制限が厳しくなります。

設定

説明

0

サンドボックス モードは常に無効になります。

1

サンドボックス モードは Access に使用されますが、Access 以外のプログラムには使用されません。

2

サンドボックス モードは Access 以外のプログラムに使用されますが、Access には使用されません。

3

サンドボックス モードが常に使用されます。これは Access のインストール時に設定される既定値です。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×