サポート ロードマップの project Server 2007 の末尾

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office 2007 サーバーおよびアプリケーションのサポートは 2017 年に終了するため、移行の計画を検討する必要があります。現在 Project Server 2007 を使用している場合は、Project Server 2007 とその関連製品に、以下のサポート終了日が予定されていることに注意してください。

製品

日付のサポートの終了

Project Server 2007

2017 年 10 月 10 日

Project Portfolio Server 2007

2017 年 10 月 10 日

Project 2007 Standard

2017 年 10 月 10 日

Project 2007 Professional

2017 年 10 月 10 日

Office 2007 サーバーのサポート終了に関する詳細については、「Office 2007 サーバーのアップグレードを計画する」を参照してください。

どのようなについては、サポートの平均の終了してよいですか。

ほとんどすべての Microsoft 製品と同様に、project Server によって提供の新機能、バグの修正など、セキュリティの修正プログラムやなどのサポート ライフ サイクルがあります。このライフ サイクルが通常の製品の最初のリリースの日付から 10 年後の継続し、このライフ サイクルの最後が製品のサポートは終了と呼ばれます。Project Server 2007 では、Microsoft が提供されなく 2017 年 10 月 10日]、[サポートの最後に到達。

  • 問題が発生した場合のテクニカル サポート

  • 検出された問題、およびサーバーの安定性や使いやすさに影響する可能性がある問題のバグ修正

  • 検出された脆弱性、およびサーバーがセキュリティ違反の攻撃を受ける可能性がある脆弱性に対するセキュリティの修正

  • タイム ゾーンの更新

Project Server 2007 のインストールは、この日付以降も引き続き実行できます。しかし、上記の変更のため、できるだけ早く Project Server 2007 を移行することを強くお勧めします。

どのようなオプションがありますか?

Project Server 2007 を使用している場合は、次の移行オプションを検討する必要があります。

  • Project Online への移行

  • Project Server の新しいオンプレミス バージョン (Project Server 2016 を推奨) への移行

Project Online に移行する理由

Project Server 2016 に移行する理由

  • モバイル ユーザーがいる

  • 移行のコストが大きな問題 (ハードウェア、ソフトウェア、実装の時間と作業など)

  • 移行後の環境を維持するコストが大きな問題 (自動更新、稼働時間の保証など)。

  • ビジネス ルールにより、クラウドで業務を行うことが制限されている

  • 環境の更新をコントロールする必要がある

注: Office 2007 サーバーから移動するためのオプションの詳細については、 Office 2007 からアップグレードする、または 2010 サーバーとクライアントに役立つリソースを参照してください。Project Server が Project Server からハイブリッド構成をサポートしていません、Project Online は、同じリソース共有元を共有できないことに注意してください。

Project Server 2007 からの移行を計画する際に考慮すべき重要事項

Project Server 2007 からの移行を計画する際には、次のことを考慮する必要があります。

  • Microsoft パートナーから支援を得る: Project Server 2007 からのアップグレードには困難を伴うこともあり、多くの準備と計画が必要です。Project Server 2007 を元の状態で設定および構成していない場合には、とりわけ困難になることがあります。幸運なことに、これを専門的に行っている Microsoft パートナーがいます。Project Server 2016 または Project Online のどちらへの移行を計画している場合でも、これらのパートナーに支援を求めることができます。Microsoft パートナー センターで、移行を支援する Microsoft パートナーを検索することができます。Gold プロジェクトおよびポートフォリオ管理の用語で検索して、Project の専門知識を持つすべての Microsoft パートナーの一覧を抽出することができます。

  • カスタマイズを計画する: Project Server 2016 または Project Online に移行すると、Project Server 2007 環境で使用しているカスタマイズの多くが機能しなくなる可能性があることに注意してください。Project Server アーキテクチャはバージョン間で大きな違いがあり、新しいバージョンで動作するために必要なオペレーティング システム、データベース サーバー、およびサポートされるクライアント Web ブラウザも異なります。新しい環境での必要性に応じて、カスタマイズをテストまたは再構築する方法を計画します。アップグレードを計画することは、移行時に特定のカスタマイズが本当に必要なのかどうかを確認する良い機会にもなります。「SharePoint 2013 にアップグレードする場合の現在のカスタマイズの計画を作成する」には、アップグレード時に現在のカスタマイズの評価および計画に関する役立つ一般的な情報があります。

  • 時間と忍耐: アップグレードの計画、実行、テストには、多くの時間と労力を要します。Project Server 2016 にアップグレードする場合は特にそうです。たとえば、Project Server 2007 から Project Server 2016 に移行する場合、最初に Project Server 2007 を Project Server 2010 に移行してからデータを確認します。後続のバージョンに移行するたびに同じことを行います。Microsoft パートナーから見積もりを取って、自身でこの作業を行った場合と、Microsoft パートナーに依頼して行った場合のコストと所要時間を比較することができます。

Project Online への移行

Project Server 2007 から Project Online への移行を選択した場合は、次の手順に従って、プロジェクト計画データを手動で移行することができます。

  1. Project Server 2003 から、プロジェクト計画を .mpp 形式で保存します。

  2. Project Professional 2013、Project Professional 2016、または Project Online デスクトップ クライアントを使用して、各 .mpp ファイルを開き、Project Online に保存して公開します。

Project Online で PWA 設定を手動で作成することができます (たとえば、必要なカスタム フィールドやエンタープライズ カレンダーを再作成します)。この場合も Microsoft パートナーが支援できます。

主なリソース:

リソース

説明

Project Online の使用を開始する

Project Online のセットアップ方法と使用方法

Project Online サービスの説明

使用できるさまざまな Project Online プランに関する情報

Project Server の新しいオンプレミス バージョンへの移行

Project Online に移行することで、最高の価値とユーザー エクスペリエンスを実感していただけると確信していますが、一部の組織ではプロジェクト データをオンプレミス環境で保持する必要があることも理解しています。プロジェクト データをオンプレミスで保持する場合は、Project Server 2007 環境を Project Server 2010、Project Server 2013、または Project Server 2016 に移行できます。

Project Online に移行できない場合は、Project Server 2016 に移行することをお勧めします。Project Server 2016 には、Project Server の以前のリリースに含まれているすべての機能と進化が含まれており、Project Online で利用可能なエクスペリエンスと最も近いバージョンです (ただし、一部の機能は Project Online でのみ使用できます)。

各移行が完了したら、データをチェックして正常に移行されたことを確認する必要があります。

注: のみを内部設置型ソリューションに制限する場合は、Project Server 2010 へ移行を検討している場合に、左サポートのいくつかの年を以上のみは必要があります。Project Server 2010 の日付をサポートするには、Service Pack 2 と 10 13/加算します。サポート終了日の詳細については、 Microsoft 製品ライフ サイクル ポリシーを参照してください。

Project Server 2016 に移行する方法は?

Project Server 2007 から Project Server 2016 には、アーキテクチャの違いにより直接移行することができません。つまり、Project Server の次の後続バージョンに Project Server 2007 のデータを移行してから、Project Server 2016 にアップグレードする必要があります。

Project Server 2016 にアップグレードするには、次の操作が必要になります。

  1. 手順 1: Project Server 2007 から Project Server 2010 に移行します。

  2. 手順 2: Project Server 2010 から Project Server 2013 に移行します。

  3. 手順 3: Project Server 2013 から Project Server 2016 に移行します。

各移行が完了したら、データをチェックして正常に移行されたことを確認する必要があります。

手順 1: Project Server 2007 から Project Server 2010 への移行

Project Server 2007 から Project Server 2010 にアップグレードするために必要な操作を包括的に理解するため、TechNet で「Project Server 2010 へアップグレードする」のコンテンツ セットをご覧ください。

主なリソース:

リソース

説明

Project Server 2010 へのアップグレードの概要

Project Server 2007 から Project Server 2010 にアップグレードするために必要な操作について高度な理解を得ます。

Project Server 2010 へのアップグレードを計画する

Project Server 2007 から Project Server 2010 にアップグレードする際に、システム必要条件を含む、考慮すべき計画の検討事項を確認します。

アップグレード方法

アップグレード方法の詳細については、「Project Server 2010 へアップグレードする」のコンテンツ セットで見つけることができますが、アップグレードで使用できる 2 つの異なる方法があることを理解することが重要です。

  • データベースの接続のアップグレード:この方法は、構成設定ではなく環境のコンテンツのみをアップグレードします。これは、32 ビット版のサーバー オペレーティング システムのみをサポートしているハードウェアに展開されている Office Project Server 2007 からアップグレードする場合に必要です。データベース接続のアップグレード方法には、2 通りの方法があります。

    • データベース接続の完全なアップグレード: Office Project Server 2007 データベースに格納されているプロジェクト データと SharePoint コンテンツ データベースに格納されている Microsoft Project Web App (PWA) サイトのデータを移行します。

    • データベース接続のコア アップグレード: Project Server データベースに格納されているプロジェクト データのみを移行します。

  • 一括アップグレード:ファームとファームのすべてのコンテンツの構成データは、既存のハードウェアで一定の順序でアップグレードされます。一括アップグレード プロセスを開始すると、セットアップによってファーム全体がオフラインになり、アップグレードが完了し、セットアップでサーバーが再起動されるまで、Web サイトと Microsoft Project Web App サイトは使用できなくなります。一括アップグレードを開始すると、アップグレードを中断したり以前のバージョンに戻すことはできません。実稼働環境のミラー イメージを作成し、実稼働環境ではなく、ミラー化した環境で一括アップグレードを実行することを強くお勧めします。

追加情報

手順 2: Project Server 2013 への移行

Project Server 2010 に移行し、データが正常に移行されていることを確認したら、次の手順は Project Server 2013 にデータを移行することです。

Project Server 2010 から Project Server 2013 にアップグレードするために必要な操作を包括的に理解するため、TechNet で「Project Server 2013 へアップグレードする」のコンテンツ セットをご覧ください。

主なリソース:

リソース

説明

Project Server 2013 へアップグレードする

Project Server 2010 から Project Server 2013 にアップグレードするために必要な操作について高度な理解を得ます。

Project Server 2013 へのアップグレードを計画する

Project Server 2010 から Project Server 2013 にアップグレードする際に、システム必要条件を含む、考慮すべき計画の検討事項を確認します。

このバージョンへのアップグレードに関する注意事項

Project Server 2013 のアップグレードの新機能」には、このバージョンのアップグレードに対するいくつかの重要な変更が記載されています。最も注目すべき変更点は次のとおりです。

  • Project Server 2013 への一括アップグレードはありません。Project Server 2010 から Project Server 2013 へのアップグレードでは、データベース接続方法のみがサポートされます。

  • アップグレード プロセスでは、Project Server 2010 のデータを Project Server 2013 の形式に変換するだけでなく、4 つの Project Server 2010 データベースを 1 つの Project Web App データベースに統合します。

  • SharePoint Server 2013 と Project Server 2013 の両方が以前のバージョンからクレーム ベースの認証に変更されました。旧式の認証を使用している場合は、アップグレード時に考慮する必要があります。詳細については、「SharePoint 2013 でクラシックモードからクレームベース認証に移行する」をご覧ください。

追加情報

手順 3: Project Server 2016 への移行

Project Server 2013 に移行し、データが正常に移行されていることを確認したら、次の手順は Project Server 2016 にデータを移行することです。

Project Server 2013 から Project Server 2016 にアップグレードするために必要な操作を包括的に理解するため、TechNet で「Project Server 2016 へアップグレードする」のコンテンツ セットをご覧ください。

主なリソース:

リソース

説明

Project Server 2016 へアップグレード プロセスの概要

Project Server 2013 から Project Server 2016 にアップグレードするために必要な操作について高度な理解を得ます。

Project Server 2016 へのアップグレードを計画する

Project Server 2013 から Project Server 2016 にアップグレードする際に、以下を含む、考慮すべき計画の検討事項を確認します。

このバージョンへのアップグレードに関する注意事項

Project Server 2016 へのアップグレードについて理解しておくべき事柄」には、このバージョンのアップグレードに対する次のようないくつかの重要な変更が記載されています。

  • Project Server 2013 のデータの移行先となる Project Server 2016 環境を作成するときは、Project Server 2016 のインストール ファイルが SharePoint Server 2016 に含まれていることに注意してください。詳細については、「Project Server 2016 の展開」をご覧ください。

  • Project Server 2016 では、リソース計画は廃止されました。Project Server 2013 のリソース計画は、Project Server 2016 および Project Online のリソース予約に移行されます。詳細については、「概要:リソース予約」をご覧ください。

Portfolio Server 2007 からの移行

Project Portfolio Server 2007 は、ポートフォリオ戦略、優先順位設定、および最適化のために Project Server 2007 で使用されていました。Project Portfolio Server のこの後のバージョンは作成されていません。ただし、ポートフォリオ管理機能は、Project Server 2016 と Project Online の Premium バージョンの両方で使用できます。Project Portfolio Server 2007 のデータはどちらにも移行することはできません。ビジネス ドライバーなどのデータは再作成する必要があります。

その他のリソース

関連トピック

SharePoint Server 2007 のロードマップのサポート終了
2007 のサーバーとクライアントの Office からアップグレードするためのリソース

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×