スキップしてメイン コンテンツへ
サプライヤーとの安全な共同作業を効率的に行う

サプライヤーとの安全な共同作業を効率的に行う

売上目標を達成するには、供給活動が円滑に行われる必要があります。これを実現するには、サプライ チェーンの上流から下流までが相互にやり取りし、共同で作業を行います。 在庫、予測、および潜在的なリスクを議論するための、簡単で安全な方法が必要です。 さらに、社内外からのフィードバック収集や、中央の 1 か所で最終入札の共有と注文書の発行を行うための機能も必要です。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

詳細  

Microsoft Teams でオープンなコミュニケーションを作成します。 ビデオ会議または音声会議を使用して、サプライヤーと共に予測を確認することができます。 サプライヤーに必要なコンポーネント、部品が揃っていて、サービスの準備が整っていることをチャットで確認しておくと、売上目標を達成し、認識すべき問題を特定するために役立ちます。 

新しい製品を提供する場合は、SharePoint で入札の募集と収集が可能です。 特定のサプライヤー入札テンプレートをドキュメント ライブラリーに関連付けることができます。ドキュメント ライブラリーとは、社内外の人々が一緒にファイルの作成、保存、更新、管理ができる SharePoint サイト上の場所です。 このテンプレートをサプライヤーと共有して、1 か所で入札を収集できます。

注文を開始する準備ができたら、それを SharePoint から直接、安全に共有できます。 注文書と、該当する仕様、NDA、契約書を含めることで、注文の処理に必要なすべてを確実にサプライヤーに提供できます。

ハイライト

  • サプライヤーと、購入予測を「対面で」確認できます。

  • 複数のサプライヤーからの入札を 1 か所で収集できます。

  • 注文書をすばやく安全に送信できます。

詳細情報

自分のチームを立ち上げて稼動させる

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×