サブプロセスを作成し、プロセス図内で再利用する

サブプロセスを作成し、プロセス図内で再利用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

大規模なプロセスは、独自のページに図を作成できるサブプロセスから構成されることが多く、このサブプロセスは、通常、自己完結型の単位と考えることができます。そうすることで、サブプロセスを表す単一の図形を使用して、それを詳細な図面にハイパーリンクし、概要図を見やすくすることができます。サブプロセス ページに移動するには、Ctrl キーを押しながら、リンクが設定された図形をクリックするか、図形を右クリックして名前の付いたハイパーリンクをクリックします。

サブプロセスは 1 つのドキュメント上で個別のページとして構成したり、複数の図面で使用するようなサブプロセスがある場合は、サブプロセス図面をいったん作成して保存したりできます。その後、他の図面内のサブプロセス図形からその図面にリンクできます。

新しい空白のサブプロセスを作成する

  1. 図面の中で、新しいサブプロセスへのリンクが含まれている図形を選択します。

  2. [プロセス] タブの [サブプロセス] グループで [新規作成] をクリックします。

図面内に新しいサブプロセス ページが追加され、選択した図形からそのページへのハイパーリンクが作成されます。

選択した図形をサブプロセスに取り込む

  1. サブプロセスへ移動する、複数の図形を選択します。

  2. [プロセス] タブの [サブプロセス] グループで [選択範囲から作成] をクリックします。

選択された複数の図形が新しいページに移動し、元の図面にサブプロセスを表す新しい図形が追加されます。新しい図形は、新しいページにリンクされます。

プロセスの概要が部門連係フローチャートである場合、新しいサブプロセス ページには概要ページに適合するレーンとフェーズが含められます。

既存のサブプロセスにリンクする

  1. サブプロセスにリンクする図形を選択します。

  2. [プロセス] タブの [サブプロセス] グループで [既存のサブプロセスにリンク] をクリックします。

    図面内のページが一覧表示されたメニューが開きます。このメニューには、別のドキュメントにリンクするオプションも含まれています。

  3. リンク先のページをクリックするか、[他のドキュメントを検索] をクリックして図形を別のドキュメントにリンクします。

クイック タスク

タスク

操作

ハイパーリンクを削除する。

図形を右クリックし、[ハイパーリンクの編集] をクリックします。[ハイパーリンク] ダイアログ ボックスで [削除] をクリックし、一覧で現在選択されているハイパーリンクを削除します。

別の図面の特定のページにリンクする。

図形を右クリックし、[ハイパーリンクの編集] をクリックします。既存のハイパーリンクが存在しない場合、[新規作成] をクリックして新しいハイパーリンクを作成し、[アドレス] ボックスの横にある [参照] をクリックしてリンク先の図面を選択します。[サブアドレス] ボックスの横にある [参照] をクリックし、リンク先のページを指定します。

サブプロセスからプロセスの概要図にリンクする。

リンクを追加する図形を選択するか、ページに新しい図形を追加します。[挿入] タブの [ハイパーリンク] をクリックします。[アドレス] ボックスと [サブアドレス] ボックスを使用して、リンク先のプロセス図を指定します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×