サブフォルダーの権限の変更

ライブラリの権限を設定した後、そのライブラリでは 1 つ以上のフォルダーに固有の権限を設定できます。たとえば、ファイルの読み取りと追加をすべてのユーザーに許可したサブフォルダーを 1 つ作成して、ルート フォルダーやその他のサブフォルダーでは、これらの操作を実行できないように設定できます。

注: 

  • ライブラリの権限に関して事前に求められる重要な知識については、「リスト、ライブラリ、または個々のアイテムの権限を設定する」をご覧ください。

  • SharePoint Online では、サイトに外部のユーザーを招待できます。ただし、下記の手順は内部ユーザーにのみ適用されます。外部ユーザーの場合は、別の専用ライブラリを作成して、固有な権限を設定できます。

手続き

  1. サブフォルダーで固有な権限を設定するために、目的のサイトとライブラリに移動します。

  2. 必要に応じて、サブフォルダーを作成して新しいファイルを追加します。

  3. サブフォルダー名に対して、次の操作を行います。

    1. サブフォルダー名の横にある省略記号 をクリックします。

    2. ファイル ポップアップ ウィンドウで省略記号 をクリックして、次に [共有相手] をクリックします。

    3. フォルダーの [権限] ページを表示するには、[詳細設定] をクリックします。

      サブフォルダーの権限ページを表示するための一連のコマンド

  4. フォルダーの権限継承を中止するには、[権限の継承を中止] をクリックします。

  5. 既存ユーザーの場合は、チェック ボックスをオンにして [ユーザー権限の編集] または [ユーザー権限の削除] をクリックすることで、現在の一覧でそのユーザーの権限を編集します。

  6. 新しいユーザーの場合は、[権限の付与] をクリックして、ダイアログ ボックスで必要な設定を行います。[オプションの表示] をクリックして、適切な権限レベルを選んだことを確認します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×