サブデータシートを追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

2 つのテーブルが含まれている 1 つまたは複数のフィールドに、別の 1 つのテーブルのデータシートを埋め込むことができます。埋め込みデータシートでサブデータ シートと呼ばれるは、表示、テーブルまたはクエリに関連する、または結合されたデータを編集するときに便利です。

この記事の内容

サブデータ シートの概要

開く、またはサブデータ シートを閉じる

サブデータ シートを追加します。

サブデータシートの概要

サブデータシートを使用すると、複数のデータ ソースからの情報を単一のデータシート ビューで見ることができます。たとえば、ノースウィンド サンプル データベースの "受注" テーブルには、"受注明細" テーブルとの一対多リレーションシップがあります。

2 つのテーブル間の関係を示す

"受注明細" テーブルが "受注" テーブルのサブデータシートとして追加されている場合、特定の受注 (個々の行) に対応するサブデータシートを開くことによって、その受注に含まれる商品など、特定のデータを表示して編集することができます。

サブデータシートを開いたデータシートを表示する

テーブルにサブデータシートを追加した場合、サブデータシートの使用は閲覧のみに限定し、重要なビジネス データの編集には使用しないようにしてください。テーブル内のデータを編集する必要がある場合は、サブデータシートではなく、フォームを使用してデータを編集することをお勧めします。データシート ビューは、ユーザーが注意深くスクロールして正しいセルに移動しないと、データの入力ミスが生じる可能性があります。また、大きなテーブルにサブデータシートを追加すると、テーブルのパフォーマンスに悪影響が生じます。

Microsoft Office Access では、次のいずれかの条件に合致するテーブルを作成すると、自動的にサブデータシートが作成されます。

  • 一対一リレーションシップを持つテーブル

  • 一対多リレーションシップの "一" 側のテーブル ("SubdatasheetName/サブデータシート名" プロパティの設定は [Auto/自動])

リレーションシップは、関連するテーブルの主キー フィールドと外部キー フィールドを合わせることによって定義されます。

また、サブデータシートは、データベース内の任意のテーブル、クエリ、またはフォームに追加できます。データシート ビューで、フォームが一度に表示できるサブデータシートは 1 つだけです。

ページの先頭へ

サブデータシートの開閉

テーブル、クエリ、またはフォームに既にサブデータシートが存在するかどうかを確認するには、対象のオブジェクトをデータシート ビューで開きます。展開アイコン (+ 記号) が存在する場合、そのテーブル、クエリ、またはフォームには、サブデータシートが存在します。サブデータシートを開くと、アイコンが負符号 (-) に変化します。サブデータシートは、メインのサブデータシートの中で、最大 8 レベルまで入れ子にすることができます。

サブデータシート

  • サブデータシートを開くには、表示するレコードの値の横にある正符号 (+) をクリックします。

  • サブデータシートを閉じるには、負符号 (-) をクリックします。

ヒント: データシート内のすべてのサブデータシートを一度に展開または折りたたむには、[ホーム] タブの [レコード] で [その他] をクリックします。[サブデータシート] を選択して、目的のオプションをクリックします。

削除したり、サブデータ シートを非表示にできます。サブデータ シートを削除する方法については、「サブデータ シートを削除する」を参照してください。

ヒント: サブデータシートを非表示にするには、テーブルをデザイン ビューで開き、[デザイン] タブの [表示/非表示] で [プロパティ シート] をクリックします。"サブデータシート名" という行を探し、[なし] に変更して、変更内容を保存します。

ページの先頭へ

サブデータシートを追加する

  1. データシート ビューで、サブデータシートの追加先となるテーブルまたはクエリを開きます。

  2. [ホーム] タブの [レコード] で [その他] をクリックし、[サブデータシート] をポイントして、[サブデータシート] をクリックします。

  3. [サブデータシートの挿入] ダイアログ ボックスで、サブデータシートとして挿入するオブジェクトの種類に対応するタブ ([テーブル]、[クエリ]、または [両方]) を選択します。

  4. [リンク子フィールド] ボックスで、外部キーとして使用するフィールドである、サブデータシートのデータを提供する側の関連付け条件フィールドをクリックします。

  5. [リンク親フィールド] ボックスで、主キーとして使用するフィールドである、メイン テーブル (またはメイン クエリ) 側の関連付け条件フィールドをクリックし、[OK] をクリックします。

    たとえば、"得意先" テーブルで、顧客レコードごとの関連する注文を表示するためのサブデータシートを作成するには、"受注" テーブルを選択し、[リンク子フィールド] ボックスで [得意先 ID] を選択し、[リンク親フィールド] ボックスで [ID] を選択します。

    サブデータシートの主フィールドを選ぶ

    注: [リンク子フィールド] ボックスと [リンク親フィールド] ボックスの値に基づいて、指定されたフィールドに一対多の結合が作成されます。

  6. テーブル、クエリ、またはフォームに追加したサブデータシートを表示するには、正符号 (+) をクリックします。

    注: 子 (外部キー) フィールドは、サブデータシートの列としては表示されません。サブデータシートに新しいレコードを追加すると、選択されたベース テーブルの主キー値が自動的に挿入されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×