サブスクリプションの管理

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Reporting Services レポートを配信するために使用するサブスクリプションを表示、変更、および削除することができます。自分で作成したすべてのサブスクリプションを管理することができます。通知の管理権限がある場合は、サイト全体の任意のサブスクリプションを表示、変更、または削除できます。一度に管理できるサブスクリプションは 1 つだけです。また、レポートの [サブスクリプションの管理] ページからアクセスできるのは、サブスクリプションのプロパティだけです。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

サブスクリプションの表示と変更

サブスクリプションの削除

サブスクリプションの状態の表示

サブスクリプションの表示と変更

  1. ライブラリがまだ開かれていない場合は、クイック起動でライブラリ名をクリックします。ライブラリの名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、ライブラリの名前をクリックします。

  2. レポートをポイントします。

  3. 下矢印をクリックし、[サブスクリプションの管理] をクリックします。

  4. 各サブスクリプションは、配信の種類で識別されます。[サブスクリプションの種類を表示し、既存のプロパティを変更する] をクリックします。

ページの先頭へ

サブスクリプションの削除

  1. レポートをポイントします。

  2. 下矢印をクリックし、[サブスクリプションの管理] をクリックします。

  3. サブスクリプションの横のチェック ボックスをクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

サブスクリプションの状態の表示

サブスクリプションの状態は [サブスクリプションの管理] ページに表示されます。レポートの配信エラーの詳細については、レポート サーバーのログ ファイルでも調べることができます。[サブスクリプションの管理] ページには、サブスクリプション処理をトリガーするイベント (スナップショットの更新またはスケジュール)、サブスクリプションが最後に実行されたとき、そのサブスクリプションが成功したかどうかが示されます。

次の表に、状態インジケーターとその意味を示します。

新しいサブスクリプション

最初にサブスクリプションを作成するときに表示されます。

非アクティブ

サブスクリプションを処理できないときに表示されます。

電子メールを送信できません: 転送においてサーバーに接続できませんでした。

レポート サーバーが電子メール サーバーに接続できなかったことを示します。これはメールの配信拡張機能からのメッセージです。

ファイル <ファイル名> のファイルが <パス> に書き込まれました。

ファイル共有の場所への配信が成功したことを示します。これはファイル共有の配信拡張機能からのメッセージです。

ファイルの書き込み時に不明なエラーが発生しました。

ファイル共有の場所への配信が成功しなかったことを示します。これはファイル共有の配信拡張機能からのメッセージです。

接続先のフォルダ <パス> に接続できません。接続先のフォルダまたはファイル共有が存在することを確認してください。

指定したフォルダーが見つからなかったことを示します。これはファイル共有の配信拡張機能からのメッセージです。

ファイル <ファイル名> を <パス> に書き込めませんでした。再試行しています。

ファイルを新しいバージョンで更新できなかったことを示します。これはファイル共有の配信拡張機能からのメッセージです。

ファイル <ファイル名> に書き込めません: <メッセージ>

ファイル共有の場所への配信が成功しなかったことを示します。これはファイル共有の配信拡張機能からのメッセージです。

<ユーザー設定のステータス メッセージ>

配信拡張機能により提供される、配信の成功と失敗に関するステータス メッセージ。サード パーティ製またはカスタムの配信拡張機能を使用している場合は、追加のステータス メッセージが提供される場合があります。

サブスクリプションの処理がケジュールされると、ステータス メッセージが更新されます。サブスクリプションが発生しない場合 (たとえば、スケジュールが実行されない場合)、ステータス メッセージは更新されません。レポート サーバー管理者は、reportserverservice_*.log ファイルを確認して、サブスクリプションの配信状態を判断できます。メールの配信について、レポート サーバーのログ ファイルには、処理と特定のメール アカウントへの配信のレコードが含まれます。ログ ファイルには、レポートが開かれたか、または配信が実際に成功したかどうかに関する情報は含まれません。

(たとえば、メール サーバーが使用できない場合など) サブスクリプションが配信できない場合、配信拡張機能は配信を再試行します。構成設定で試行回数を指定します。再試行の既定値は 3 回です。場合によっては (データ ソースがオフラインの場合など)、レポートがデータなしで処理され、データが入っていないレポートが配信される場合があります。

レポート サーバーのメールについて、配信の成功は、処理中にエラーが発生せず、レポート サーバーがメール サーバーに接続したことを意味します。メールで配信不能のエラー メッセージがユーザーのメールボックスに返された場合、その情報はログ ファイルには含まれません。ログ ファイルの詳細については、SQL Server オンライン ブックまたは MSDN で「サービス ログ ファイルのレポート」を検索します。

非アクティブなセッションの管理

サブスクリプションが非アクティブになった場合には、そのサブスクリプションを削除するか、サブスクリプションの処理を防止している条件を解決することで再アクティブ化する必要があります。処理を防止する条件が発生すると、サブスクリプションが非アクティブになる場合があります。次のような条件があります。

  • サブスクリプションで指定した配信拡張機能を削除するかアンインストールする。

  • 資格情報設定を保存された値から統合された値またはプロンプトされた値に変更する。

  • レポート定義とし、再発行すると、レポートのパラメーターの名前またはデータ型を変更します。サブスクリプションには無効になっているパラメーターが含まれている場合、サブスクリプションが非アクティブになります。

  • モデル内の個別アイテムにセキュリティ保護を追加してモデル ドリブン レポートを変更した。モデルにモデル アイテムのセキュリティが含まれている場合は、データ ソースとしてそのモデルを使用しているレポートをサブスクライブすることはできません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×