サインインの問題のトラブルシューティング

この記事の内容

アカウント情報を確認する方法

Lync 2010 の構成をチェックする方法

イベント ログ オプションの設定内容

Microsoft Lync 2010 通信ソフトウェアは通常、最初にインストールされたときに、組織のシステム管理者によって構成されます。しかし、サインインできないことがあります。サインインしようとしたときにエラー メッセージが表示された場合は、組織のシステム管理者やサポート チームに連絡する前に、次のトラブルシューティング手順を試してみてください。

  • サインイン アドレス、ユーザー名、およびパスワードを確認します。

  • 必要に応じてアカウントの詳細設定をチェックします。

  • 構成設定を確認し、その情報を管理者またはサポート チームに伝えます。

  • イベント ログでエラーの詳細情報を確認し、その情報を管理者またはテクニカル サポート部門に伝えます。

アカウント情報を確認する方法

  1. Lync 2010 のサインイン画面で、[オプション] ボタンをクリックし、[個人] をクリックします。

  2. [アカウント] で、[サインイン アドレス] ボックスの情報が正しいことを確認します。

  3. Lync 2010 を手動で構成するには、[詳細設定] ボタンをクリックします。[手動構成] がオンになっていることを確認し、設定が正しいことを確認して、[OK] をクリックします。

  4. [OK] をクリックして [オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。

  5. サインイン画面でユーザー名とパスワードを再入力し、[サインイン] をクリックして接続を再試行します。

自分の Active Directory プロパティで指定されている SIP URI を使用してサインインしたことを確認します。それでもサインインできない場合は、Lync 2010 の構成情報ビューアーまたはログ オプションを使用して、現在の構成と発生しているエラーの詳細を調べることができます。

Lync 2010 の構成をチェックする方法

構成情報ビューアーには、Lync 2010 の構成方法に関する情報が表示されます。この情報を使用して問題のトラブルシューティングを行うことができます。

  1. タスク バーの通知領域で、Ctrl キーを押したまま Lync 2010 のアイコンをクリックします。

  2. [構成情報] をクリックします。

  3. [コピー] をクリックして構成情報をコピーし、ドキュメントまたは電子メール メッセージに貼り付けます。

イベント ログ オプションの設定内容

Windows Vista オペレーティング システムの場合は、ログを有効にするには、ローカルの Performance Log Users グループに属している必要があります。『Microsoft Lync 2010 展開ガイド』の「Performance Log Users グループに参加するには」を参照するか、システム管理者に問い合わせてください。

Lync 2010 には以下のログ オプションが用意されています。これらを使用して、Lync 2010 のサインインの問題をトラブルシューティングすることができます。

[Lync 2010 でログをオンにする]   このオプションをオンにすると、Lync 2010 と Microsoft Lync Server 2010 のやり取りに関する情報を含むログ ファイル (Lync-uccapi-0.uccapilog) を作成できます。このファイルは、Windows <ユーザー プロファイル>\Tracing フォルダー内に作成されます。

[Lync 2010 の Windows イベント ログをオンにする]    このオプションをオンにすると、以下の種類のエラーが、トラブルシューティングの詳細情報と共に Windows オペレーティング システムのシステム イベント ログに書き込まれます。

  • ユーザーがサーバーにログオンできなくなるエラー (ホスト名/ドメイン名のエラーや無効な証明書など)。

  • サーバーから返される診断メッセージ (バージョン チェックの失敗、ログイン資格情報の問題、クライアントからの SIP INVITE メッセージに応答して生成されたエラーなど)。

  • コンピューターの <ユーザー名>/Tracing フォルダーに生成される可能性のある Windows イベント トレース ログ (ETL) ファイル。このファイルを使用すると、管理者は問題のトラブルシューティングを行うことができます。

ログをオンにするには

  1. Lync 2010 のサインイン画面で、[オプション] ボタンをクリックします。

  2. [全般] タブの [ログ] で、必要なオプションをクリックします。

Lync 2010 のログ ファイルを見つけるには

Windows エクスプローラーで、<ユーザー プロファイル>\Tracing フォルダーに移動します。[Lync 2010 でログをオンにする] オプションがオンになっている場合は、そのフォルダーに Lync-uccapi-0.uccapilog ファイルがあります。既にサインインしている場合は、いったんサインアウトしてから再度サインインしないとログ ファイルが作成されません。

Windows イベント ログを表示するには

  1. 次のいずれかの操作を行います。

  2. Windows Vista オペレーティング システムの場合は、[スタート] をクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックします。

  3. Windows 7 オペレーティング システムの場合は、[スタート] をクリックして [ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  4. [名前] ボックスに「eventvwr」と入力し、[OK] をクリックします。

  5. [イベント ビューアー] ウィンドウの左側のペインで、[Windows ログ] をクリックして、[アプリケーション] をクリックします。

  6. 一覧で最も新しい Lync 2010 のエラーをダブルクリックして、エラーの詳細を表示します。

  7. [イベントのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[コピー] をクリックしてエラーのテキストをコピーします。

  8. そのエラー情報をテキスト ファイルか電子メール メッセージに貼り付けて、システム管理者またはサポート チームに連絡します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×