サインインして Office 365 の暗号化されたメッセージを表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office 365 のメッセージ暗号化を使っている組織から暗号化されたメッセージを受信した場合、Microsoft アカウント または 職場や学校のアカウント の Office 365 でサインインすると、メッセージを表示できます。Microsoft アカウントがない場合は、以下の手順に従って、アカウントを作成できます。

始める前に

Microsoft アカウントとは

のMicrosoft アカウントは、メール アドレスとOutlook.com、 OneDrive、 Windows Phone、 Xbox Liveなどの Microsoft サービスへのサインインに使うパスワードをします。Microsoft アカウントは何ですか?ビデオは、短いについては、どのようなMicrosoft アカウントとどのように使用されるに便利であります。

Microsoft アカウントを既に持っている場合、暗号化されたメッセージを表示するのに、アカウントを新しく作る必要がありますか?

いいえ。既存のアカウントでサインインして、暗号化されたメッセージを表示する方法については、送信、表示、および暗号化されたメッセージに返信するを参照できます。

暗号化されたメッセージを表示するために Microsoft アカウントを作成する

以下は、Microsoft アカウントを作成する手順です。

暗号化されたメッセージを表示するために Microsoft アカウントを作成するには、次の手順に従います。

  1. 受信トレイでメッセージを開きます。メッセージが暗号化されていることが件名に示されている場合があります。以下のスクリーンショットは、暗号化されたメッセージが含まれている Gmail の受信トレイを表しています。

    注:  暗号化されたメッセージの表示には、Hotmail、Yahoo、Gmail などのメール サービスを使うことができます。

    暗号化されたメッセージが含まれている受信トレイ

    メッセージを開くと、[Microsoft Office 365 によるメッセージの暗号化] というメッセージとともに、message.html という名前の添付ファイルが表示されます。添付ファイルを開きます。

  2. [暗号化メッセージをサインインして表示] を選びます。

  3. Microsoft アカウント.
    Microsoft アカウントの作成 を作成するオプションを選びます。

  4. [アカウントの作成] フォームにデータを入力します。メール アドレスは、[ユーザー名] ボックスに表示されます。
    [アカウントの作成] フォームに入力する

  5. 概要ページの内容を確認して、[メール アドレスの確認] を選びます。確認メールが届きます。
    メール アドレスの確認

  6. 確認メールを開いて、[確認] ボタンをクリックし、メール アドレスを確認します。
    メール アドレスの確認

  7. メール アドレスを確認したら、最初の message.html ファイルに戻って開きます。Microsoft アカウントを使ってサインインし、暗号化されたメッセージを表示できるようになります。
    添付ファイル (message.html) を開く

最後の更新された 2014-9-15

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×