サイト メールボックスを使ってチームまたはプロジェクトのメールを整理する方法

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

チームまたはプロジェクト関連のメールを常に整理しておく場合は、SharePoint サイトにサイト メールボックスを追加できます。ユーザーはこのサイト メールボックスのメール アドレスにメールを送信するだけで済みます。適切な権限を持つチーム メンバーは、Outlook on the web で使い慣れているツールを使って、SharePoint のサイト メールボックスからメールに返信できます。次のことが可能になります。

重要: 3 月、2017年SharePoint Onlineでサイト メールボックスの機能は廃止される予定です。この機能は、将来のリリースを完全に削除されます。新しいSharePoint Online組織には、サイト メールボックス機能へのアクセスが不要になったがあります。既存のSharePoint Online組織は、新しいサイト メールボックスを作成できなくできます。セットアップされ、3 月、2017年する前に展開されたすべてのサイト メールボックスは引き続き機能します。
年 9 月、2017年、既存のサイト メールボックス サイトを Office 365 グループの移行を支援するためのプロセスが提供されます。現在SharePoint Onlineでサイト メールボックスの機能を使用する場合は、メールの共同作業のシナリオをサポートする代わりに Office 365 グループへの変更を検討してください。詳細については、サイト メールボックスではなく、使用する Office 365 グループを参照してください。

注: サイト メールボックス機能は、SharePoint Server 2016、SharePoint 2013 および SharePoint 2010 製品で引き続き利用可能です。

次の操作を行うことができます。

このサイト メールボックスのメール アドレスには、誰でもメールを送信できます。

ここで、サイト メールボックス内のメッセージを参照、整理、返信、または削除するための条件を示します。

作成したサイト メールボックスが不要になった場合は、このサイト メールボックスがサイトに表示されないようにすることができます

サイト メールボックスの管理についてよく寄せられる質問

ここでは、組織内でサイト メールボックスを使い始めるときに寄せられることがある一般的な質問に対する回答を示します。

サイト メールボックスの使い方に関する質問

サイト メールボックスが表示されるユーザーをサイトのメンバーが特定するには、どうしたらよいですか?

Outlook on the web で、右上隅の [設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します 、[オプション]、[サイト メールボックス] の順にクリックし、サイト メールボックスをダブルクリックして [ユーザー] をクリックします。

2 名のユーザーが、SharePoint サイトのサイト メールボックス アプリを使ってサイト メールボックス内の下書きのメールを同時に編集したらどうなりますか?

2 番目のユーザーが行った編集内容によって、最初のユーザーが加えた変更が上書きされます。

サイト メールボックスの作成と削除に関する質問

サイト メールボックスのメール アドレスにライセンスを割り当てる必要がありますか?

いいえ。 サイトのメール アドレスには Exchange ライセンスは不要です。

サイト メールボックスを使ってはいけない場合はありますか?

場合によってはサイト メールボックスが不適切なことがあります。

  • 機密保護について考えてみましょう。すべてのサイト メンバーがサイト メールボックス内の任意のメールを参照したり、転送したりできます。

  • サイト メールボックスは共有ワークスペースであるため、サイト メールボックスのすべてのユーザーがメールの並べ替えや削除を行うことができます。

サイト メールボックスの名前は変更できますか?

サイト メールボックスの表示名は、SharePoint チーム サイトの表示名です。 SharePoint でサイトの表示名を変更すると、Outlook の表示名も変更されます。 ただし、サイトのメール アドレスは変更されません。

サイト メールボックスのメール アドレスは変更できますか。

いいえ。 いったん作成したサイトのメール アドレスは、変更できません。 メール アドレスは、サイト メールボックスを作成したときに、サイトの表示名に基づいて生成されます。

サイトの表示名に英語以外の文字が使われている場合や、サイトの表示名が 3 文字以下の英文字で構成されている場合、サイトの表示名はメール アドレスに使われません。 有効なメール アドレスにするために、メール アドレスが自動的に生成されます。 生成されたメール アドレスは、SMで始まり、その後に年を表す 2 桁の数値、日付を表す 3 桁の数値、4 つのランダムな文字が続きます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×