サイト ナビゲーションの概要

ここでは、Microsoft Office SharePoint Server 2007 サイトで使用できるサイト ナビゲーション要素について説明します。また、発行サイトと未発行のサイトのナビゲーション カスタマイズ オプションの違いについても説明します。ナビゲーション要素には、サイトの所有者および管理者がカスタマイズできるものと、カスタマイズできないものとがあります。

注: SharePoint サイトのナビゲーションを管理するには、サイトに対するフル コントロール アクセス許可レベルまたはデザイン アクセス許可レベルが必要です。サイトの [サイトの設定] ページにアクセスし、[外観] の下に [ナビゲーション] が表示される場合は、いずれかのアクセス許可レベルを割り当てられています (未発行のサイトでは、[外観] の下に [ナビゲーション] ではなく [サイド リンク バー] と [トップ リンク バー] が表示されます)。

この記事の内容

発行サイトと未発行のサイトのナビゲーション オプションの違い

使用できるナビゲーション オプションの確認

カスタマイズ可能なナビゲーション要素

カスタマイズ不可のナビゲーション要素

発行サイトと未発行のサイトのナビゲーション オプションの違い

SharePoint サイトのナビゲーションのカスタマイズを開始する前に、サイト コレクション内のそのサイトに対して、サイト コレクション レベルで Office SharePoint Server 2007 の発行機能が有効になっているかどうかを確認する必要があります。発行サイトやニュース サイトなど一部のサイト テンプレートでは、発行機能が既定で有効になっています。しかし、どの種類のサイト テンプレートに対してもサイト コレクション レベルで Office SharePoint Server 発行インフラストラクチャを有効または無効にできるため、サイト テンプレートだけでは発行機能が有効かどうかを判断できません。発行サイトでは未発行のサイトより広範なナビゲーション カスタマイズ オプションを使用できるので、サイトが発行サイトかどうかを知ることが重要です。

サイトで発行機能が有効になっていない場合でも、サイド リンク バーおよびトップ リンク バーのリンクの追加、編集、削除、または並べ替えを実行できます。

サイトで発行機能が有効になっている場合は、それに加えて、次の方法でサイトのナビゲーションをカスタマイズできます。

  • トップ リンク バーのドロップダウン メニューにサブサイト、ページ、その他のリンクを表示する。

    上部のリンク バーのドロップダウン メニューに、現在のサイトのサブサイトが表示される

  • ナビゲーション リンクと見出しの並べ替え (昇順または降順の、五十音順または番号順) を、自動と手動のどちらで行うかを指定する。

  • サイド リンク バーに表示する親サイト、現在のサイト、およびサブサイトのアイテムを構成する。

  • トップ リンク バーに親サイトのアイテムを表示するか、現在のサイトのサブサイトを表示するかを構成する。

  • サイド リンク バーおよびトップ リンク バーで、サブサイトやページを非表示にする。

  • 特定の対象ユーザーのメンバーだけにナビゲーション リンクが表示されるようにする。

  • ページに目次 Web パーツを追加して、サイトのナビゲーション構造を表示する。

ページの先頭へ

使用できるナビゲーション オプションの確認

[サイトの設定] ページに表示されるナビゲーション設定オプションは、サイトの種類によって異なります。作業中のサイトの種類を簡単に調べるには、次の操作を行います。

  1. [サイトの操作] メニューの [サイトの設定] をポイントします。必要な場合は、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

  2. [サイトの設定] ページで、[外観] の下にあるリンクの一覧を確認します。

    • [ナビゲーション] というタイトルのリンクが表示されている場合、作業中のサイトは発行サイトであり、ナビゲーション設定ページを使用してサイトをカスタマイズできます。

    • [トップ リンク バー] および [サイド リンク バー] というタイトルのリンクが表示されている場合、作業中のサイトは未発行のサイトであり、使用できるナビゲーション構成オプションが制限されます。

ページの先頭へ

カスタマイズ可能なナビゲーション要素

サイトの所有者がカスタマイズできるナビゲーション要素は、サイド リンク バー、トップ リンク バー、および目次 Web パーツです。

サイド リンク バー

サイド リンク バーは、ほとんどのページの横の、[すべてのサイト コンテンツの表示] リンク直下に表示されます。サイド リンク バーを使用すると、セクションの見出しと、サイト内の別の領域へのリンクを論理的な方法で表示できます。サイト管理ページ ([サイトの設定] ページや、サイト管理者がリスト、ライブラリ、ワークスペース、および Web ページの作成と編集を行うページなど) には、サイド リンク バーと [すべてのサイト コンテンツの表示] リンクは表示されません。サイド リンク バーの表示と非表示を切り替える方法については、「サイド リンク バーにあるナビゲーション リンクをカスタマイズする」を参照してください。

クイック起動ナビゲーション

サイトの所有者は、次の方法でサイド リンク バーをカスタマイズできます。

  • サイト コレクション内またはサイト コレクション外にあるサイトへの新しいリンクを追加する。

  • リンクを削除する。

  • リンクの名前と URL を変更する。

  • 見出し内のリンクの順序を変更する。

  • 見出しの名前と URL の変更、見出しの削除、および新しい見出しの作成を行う。

  • サイド リンク バー内のセクション (見出しとそれに関連付けられているリンク) の順序を変更する。

公開サイトでは、さらに、サイトの所有者が次の方法でサイド リンク バーをカスタマイズできます。

  • サイド リンク バーに次のものを表示するかどうかを構成する。

    • 親サイトと同じナビゲーション アイテム

    • 現在のサイトのナビゲーション アイテム、現在のサイトの下にあるナビゲーション アイテム、および現在のサイトの兄弟サイト

    • 現在のサイトの下にあるナビゲーション アイテム

  • ナビゲーション リンクと見出しの並べ替え (昇順または降順の、五十音順または番号順) を、自動と手動のどちらで行うかを指定する。

  • サイド リンク バーのリンクや見出しを非表示にする。

  • 特定の対象ユーザーのメンバーだけにサイド リンク バーのナビゲーション リンクが表示されるようにする。

ヒント: サイド リンク バーはカスタマイズ可能なので、サイトのすべてのリストとライブラリが常にサイド リンク バーに表示されるとは限りません。特定のサイトのすべてのリストとライブラリを確実に表示するには、次のセクションで説明する [すべてのサイト コンテンツの表示] リンクを使用します。

トップ リンク バー

このナビゲーション要素は、サイトのすべてのページの上部に、1 つまたは複数のハイパーリンク タブとして表示されます。サイトの所有者は、親リンクのトップ リンク バーを表示するか、サブサイト独自のトップ リンク バーを表示するかを指定できます。また、トップ リンク バー内の見出しとリンクの追加、削除、および並べ替えを実行できます。さらに発行サイトでは、サイトの所有者が、トップ リンク バー内のナビゲーション アイテムの並べ替えを自動と手動のどちらで行うかを指定できます。トップ リンク バー内のリンクや見出しを非表示にしたり、特定の対象ユーザーのメンバーだけにトップ リンク バー内のリンクが表示されるようにしたりもできます。サブサイトやページがトップ リンク バーのドロップダウン メニューに表示されるようにすることも可能です。トップ リンク バーのカスタマイズの詳細については、「トップ リンク バーをカスタマイズする」を参照してください。

上部のリンク バーのドロップダウン メニューに、現在のサイトのサブサイトが表示される

目次 Web パーツ

発行サイトでは、サイトの所有者が、サイトのナビゲーション階層のカスタマイズされたビューを表示するために目次 Web パーツをページに追加できます。Web パーツを編集して、特定のリンクの追加または削除や、リンクの外観のカスタマイズを行うこともできます。詳細については、「目次 Web パーツを使用して Web ページにナビゲーションを表示する」を参照してください。

目次 Web パーツ

ページの先頭へ

カスタマイズ不可のナビゲーション要素

サイトには、Microsoft Office SharePoint Designer 2007 などの Web デザイン プログラムを使用しない限りはカスタマイズできないナビゲーション要素もあります。

すべてのサイト コンテンツの表示

[すべてのサイト コンテンツの表示] リンクは、ページの横の、サイド リンク バーのすぐ上に表示されます (ただし、[サイトの設定] ページなどのサイト管理ページには表示されません)。このリンクをユーザー インターフェイスでカスタマイズまたは無効化することはできません。ユーザーがこのリンクをクリックすると、サイトのすべてのリスト、ライブラリ、ディスカッション掲示板、サイトとワークスペース、および [ごみ箱] へのリンクが一覧表示された [すべてのサイト コンテンツ] ページに移動できます。

[すべてのサイト コンテンツの表示] リンク

[すべてのサイト コンテンツ] ページには、親サイトの直接の子であるサブサイトだけが表示されます。たとえば、親サイトに 3 つのサブサイトがあり、各サブサイトにさらにサブサイトがあるサイト階層では、親サイトの 1 レベル下の 3 つのサブサイトだけが [すべてのサイト コンテンツ] ページに表示されます。サイト階層全体を表示するには、ツリー ビューを使用します。

ツリー ビュー

ツリー ビューは Windows エクスプローラのツリー ビューと似ているので、ほとんどの Windows ユーザーになじみのあるナビゲーション要素です。ツリー ビューに表示されるオブジェクトは、サブサイトから始まる階層ビューで表示されます。

ツリー ビュー ナビゲーション

他のオブジェクトを含むツリーの分岐は、展開して、そのオブジェクトを表示できます。たとえば、表示しているサイトのサブサイトにさらにサブサイトがある場合、ツリー ビューで 1 番目のサブサイトを展開して、その下のサブサイトに移動できます。ツリー ビューはフォルダ レベルまで展開できます。

ツリー ビューは Office SharePoint Designer 2007 などの Web デザイン プログラムを使用しない限りはカスタマイズできず、既定では表示されません。サイド リンク バーに加えてツリー ビューを表示するように選択すると、サイド リンク バーのすぐ下の [ごみ箱] の上にツリー ビューが表示されます。サイド リンク バーの代わりにツリー ビューを表示することもできます。

コンテンツ階層リンク ナビゲーション

コンテンツ階層リンク ナビゲーションは、サイト ユーザーがサイト コレクション内のサイトの階層の上位に簡単に移動できるようにするハイパーリンクのセットです。サイト階層の下位に移動すると、移動先のページにコンテンツ階層リンク ナビゲーションが表示されます。サイトのホーム ページを表示しているときは、コンテンツ階層リンク ナビゲーションは表示されません。

たとえば、サイト上の [タスク] リストに移動して [タスク フォルダ 1] というフォルダを開き、[タスク 1] というアイテムをクリックした場合、コンテンツ階層リンク ナビゲーションには、<サイト名> > タスク > タスク フォルダ 1 > タスク 1 と表示されます。階層リンク ナビゲーションは階層の上位に簡単に移動できるように設計されているので、既に表示しているアイテム "タスク 1" はハイパーリンクになりませんが、階層リンク内の他のすべての名前はハイパーリンクになります。階層リンク ナビゲーション内の任意のリンクをクリックすると、サイトのその部分に移動できます。

コンテンツの階層リンク ナビゲーション

グローバル階層リンク ナビゲーション

グローバル階層リンク ナビゲーションは、サイト コレクション内の別のサイトに移動するためのハイパーリンクのセットです。グローバル階層リンク ナビゲーションは、ページの上隅の、サイト名の上に常に表示されます。グローバル階層リンク ナビゲーションの 1 番目のリンクからは、サイト コレクション内の最上位のサイトに移動します。他のリンクからは、現在表示されているサイトより上位の、独自の階層リンク ナビゲーションがあるサイトに移動します。グローバル階層リンク ナビゲーションには、親サイトからトップ リンク バーを継承しているサイトへのリンクは表示されません。

SharePoint サイトのグローバル階層リンク ナビゲーション

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×