サイト ナビゲーションの概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

このトピックでは、 Microsoft Office SharePoint Server 2007サイトに対応したサイト ナビゲーションの要素について説明します。また、発行サイトと非発行サイトのナビゲーションのカスタマイズ オプションが異なる方法も説明します。2 種類のナビゲーション要素がある: サイトの所有者と管理者とカスタマイズできませんが、カスタマイズできるものです。

注: SharePoint サイトのナビゲーションを管理するには、サイトのフル コントロール権限またはデザイン アクセス許可レベルが必要です。あるアクセス許可レベルのサイトは、[サイトの設定] ページにアクセスすると、 [外観] で[ナビゲーション] コマンドを参照してください (非発行サイト] が表示される、サイド リンク バートップ リンク バー[コマンドのナビゲーションではなく、外観)。

この記事の内容

発行サイトと非発行サイトのナビゲーション オプションの違いを学習します。

ナビゲーションのカスタマイズ オプションがあることを確認します。

ナビゲーションのカスタマイズ可能な要素

カスタマイズ不可ナビゲーション要素

発行サイトと非発行サイトのナビゲーション オプションの違いを学習します。

SharePoint サイトのナビゲーションをカスタマイズするのには開始する前に、 Office SharePoint Server 2007で使用できる、発行機能が、 サイト コレクション内のサイトのサイト コレクション レベルで有効にするかどうかを決定する必要があります。発行サイト、または、ニュース サイトなど、特定のサイト テンプレートには、既定で有効になっている発行機能があります。ただし、Office SharePoint Server 発行インフラストラクチャをアクティブ化または任意の種類をサイト テンプレートのサイト コレクション レベルで非アクティブになるため、発行機能が有効になっているかどうかを確認するには、単独でサイト テンプレートを使用することはできません。サイトの発行サイトは、発行サイトのナビゲーションのカスタマイズ オプションがよりも非発行サイトの利用可能な多くの部分があるために、かどうかを知るには重要です。

でも、発行機能が有効でない場合、サイトの追加、編集、削除する、またはサイド リンク バーやトップ リンク バーで [リンクの順序を変更をことができます。

サイトで、発行機能が有効な場合は、次の他の方法でサイトのナビゲーションをカスタマイズできます。

  • トップ リンク バーのドロップダウン メニューにサブサイト、ページ、またはその他のリンクを表示します。

    上部のリンク バーのドロップダウン メニューに、現在のサイトのサブサイトが表示される

  • ナビゲーション リンクと自動的に (昇順または降順にアルファベット順または数値順) の見出しを並べ替えるかどうかを指定するか、手動でします。

  • 親、現在、およびサブサイトを表示するには、サイド リンク バーをナビゲーション アイテムを構成します。

  • トップ リンク バーを親サイトからアイテムを表示または現在のサイトのサブサイトを表示するかどうかを構成します。

  • サブサイトやページで、サイド リンク バーやトップ リンク バーの非表示にします。

  • 対象ユーザーを特定のメンバーにのみ表示する対象のナビゲーション リンクします。

  • 目次 Web パーツをサイトのナビゲーションの構成を表示するページに追加します。

ページの先頭へ

ナビゲーションのカスタマイズ オプションがあることを確認します。

サイトの種類がある場合、によっては、サイトの設定] ページの別のナビゲーション設定オプションがあります。操作しているサイトの種類をすばやく把握する方法を示します。

  1. [サイトの操作] メニューには、サイトの設定] をポイントします。必要に応じて、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

  2. [外観] で [サイトの設定] ページのリンクの一覧を確認します。

    • ナビゲーション」というタイトルのリンクを表示する場合は、発行サイトを使用しているしてナビゲーションの設定] ページを使ってサイトをカスタマイズすることができます。

    • 」というタイトルのトップ リンク バーサイド リンク バーのリンクを表示する場合は、非発行サイトを使用しており、ナビゲーション設定オプションを使用する制限の設定があます。

ページの先頭へ

カスタマイズ可能なナビゲーション要素

サイト所有者がカスタマイズ可能なナビゲーション要素は、サイド リンク バー、トップ リンク バーで、目次 Web パーツ。

サイド リンク バー

すべてのサイト コンテンツの表示リンクのすぐ下のほとんどのページのどちらか広い側サイド リンク バーが表示されます。サイトの別の領域を論理的にセクション見出しやリンクを表示するのにには、サイド リンク バーを使用します。サイトの設定ページとページをサイトの管理者を作成して、リスト、ライブラリ、ワークスペース、および Web ページの編集などのサイトの管理ページでは、サイド リンク バーも、すべてのサイト コンテンツの表示] リンクが表示されます。サイド リンク バーを非表示にするし、表示する方法については、サイド リンク バーで [ユーザー設定のナビゲーション リンクを参照してください。

クイック起動ナビゲーション

サイトの所有者をカスタマイズできますサイド リンク バーの次の方法があります。

  • サイト コレクション内またはサイト コレクション外にあるサイトへの新しいリンクを追加する。

  • リンクを削除する。

  • 名前とリンクの URL を変更します。

  • 見出しの下のリンクの順序を変更します。

  • 見出しの名前と URL を変更し、見出しを削除して、新しい見出しを作成する。

  • サイド リンク バー内のセクション (見出しとそれに関連付けられているリンク) の順序を変更する。

発行サイトでは、[サイトの所有者でカスタマイズできますサイド リンク バー、次の追加方法。

  • サイド リンク バーを表示するかどうかを構成します。

    • 親サイトと同じナビゲーション アイテム

    • 現在のサイト、現在のサイトと現在のサイトの兄弟の下にあるナビゲーション アイテムのナビゲーション アイテム

    • 現在のサイトのナビゲーション アイテム。

  • ナビゲーション リンクと自動的に (昇順または降順にアルファベット順または数値順) の見出しを並べ替えるかどうかを指定するか、手動でします。

  • サイド リンク バーのリンクまたは見出しを非表示にします。

  • 対象ユーザーを特定のメンバーにのみ表示するには、サイド リンク バーにあるナビゲーション リンクの対象です。

ヒント: サイド リンク バーがカスタマイズできるため、すべてのリストおよびサイトのライブラリは常に表示されませんサイド リンク バー。すべてのリストと特定のサイトのライブラリを表示できることを確認するには、次のセクションに記載されているすべてのサイト コンテンツの表示のリンクを使用します。

トップ リンク バー

このナビゲーション要素は、サイト上のすべてのページの上部には、1 つまたは複数のハイパーリンクが設定されたタブとして表示されます。サイト所有者を親サイトのトップ リンク バーを表示またはそのサブサイトの固有のトップ リンク バーを表示できます。サイト所有者は追加、削除、および見出しとトップ リンク バーのリンクの順序を変更します。さらに、発行サイトでは、[サイトの所有者を指定できますを自動または手動では、トップ リンク バーのナビゲーション アイテムを並べ替えるかどうか。トップ リンク バーでは表示されませんや対象ユーザーを特定のメンバーにのみ表示するトップ リンク バーのリンクを絞り込むこともリンクまたはヘッダーを表示ができます。サイト所有者は、サブサイトを持つこともできますか、ページは、トップ リンク バーのリンクから、ドロップダウン メニューに表示されます。トップ リンク バーのカスタマイズについての詳細については、トップ リンク バーをカスタマイズするを参照してください。

上部のリンク バーのドロップダウン メニューに、現在のサイトのサブサイトが表示される

目次 Web パーツ

発行サイトでは、[サイトの所有者は、サイトのナビゲーション階層のカスタマイズしたビューを表示する必要がある場合、ページに目次 Web パーツを追加できます。サイトの所有者を追加または特定のリンクを削除して、リンクの外観をカスタマイズするのには、Web パーツを編集できます。詳細については、使用してテーブルの目次 Web パーツを Web ページにナビゲーションを表示するを参照してください。

目次 Web パーツ

ページの先頭へ

カスタマイズ不可のナビゲーション要素

サイトでは、ナビゲーション要素を除くをMicrosoft Office SharePoint Designer 2007などの Web デザイン プログラムを使用してカスタマイズすることはできませんが含まれています。

すべてのサイト コンテンツの表示

サイド リンク バーのすぐ上 (を除き、サイトの管理ページ、サイトの設定ページなど)、ページの横に、すべてのサイト コンテンツの表示] リンクが表示されます。カスタマイズするか、ユーザー インターフェイスでは、このリンクを無効にすることはできません。ユーザーは、すべてのリスト、ライブラリ、ディスカッション掲示板、サイトとワークスペース、アンケート、およびサイトのごみ箱へのリンクの一覧が表示されるすべてのサイト コンテンツ] ページに移動するには、このリンクをクリックします。

[すべてのサイト コンテンツの表示] リンク

親サイトの直接の子であるサブサイトだけが、[すべてのサイト コンテンツ] ページに表示されます。たとえば、親サイトに 3 つのサブサイトがあり、各サブサイトにもそれぞれサブサイトがあるサイト階層では、[すべてのサイト コンテンツ] ページには、親サイトの 1 レベル下位の 3 つのサブサイトだけが表示されます。サイト階層全体を表示するには、ツリー ビューを使用します。

ツリー ビュー

ツリー ビューは、Windows エクスプ ローラーのツリー ビューに似ていますが、ために、ほとんどの Windows ユーザーの使い慣れたナビゲーション要素です。ツリー ビューで表示されているオブジェクトは、サブサイトで始まる、階層ビューに表示されます。

ツリー ビュー ナビゲーション

他のオブジェクトを含むツリーの分岐を展開して、それらのオブジェクトを表示できます。たとえば、表示しているサイトに別のサブサイトを含むサブサイトがある場合は、ツリー ビューの 1 番目のサブサイトを展開してそのサブサイトに移動し、します。フォルダーのレベルにツリー ビューの下に移動できます。

カスタマイズできるは、(を使って、Web デザイン プログラムOffice SharePoint Designer 2007などの) を除く、ツリー ビューは、既定では表示されません。サイド リンク バーのほか、ツリー ビューを表示する場合は、[ごみ箱の上にある、サイド リンク バーのすぐ下に表示されます。サイド リンク バーではなく、ツリー ビューを表示することもできます。

コンテンツ階層リンク ナビゲーション

コンテンツ階層リンク ナビゲーションは、サイト ユーザーがサイト コレクション内のサイトの階層構造をすばやく移動できるハイパーリンクのセットです。[サイト階層を下へ移動すると、移動したページ コンテンツの階層リンク ナビゲーションが表示されます。サイトのホーム ページでは、コンテンツの階層リンク ナビゲーションは表示されません。

たとえば、サイトでタスク リストに移動する、タスク フォルダーの 1] という名前のフォルダーを開くし、という項目のタスク 1] をクリックして、コンテンツ階層リンク ナビゲーションが表示次:サイト名 > タスク > タスク フォルダーの 1 > タスク 1します。階層リンク ナビゲーション階層をすばやく移動できるように設計されている、ため「タスク 1」されませんハイパーリンクをそのアイテムが表示されている場合は、階層リンクの他のすべての名前、ハイパーリンクであるため。サイトの一部に移動する階層リンク ナビゲーション内のリンクのいずれかをクリックすることができます。

コンテンツ階層リンク ナビゲーション

グローバル階層リンク ナビゲーション

グローバル階層リンク ナビゲーションは、サイト コレクション内で別のサイトに移動するを使用できるハイパーリンクのセットです。グローバル階層リンク ナビゲーションが常に表示され、サイトの名前の上にあるページの上に表示されます。グローバル階層リンク ナビゲーションの最初のリンクは、サイト コレクションのトップレベル サイトに移動します。他のリンクは、一意の階層リンク ナビゲーションであることを使っているサイト上にあるサイトに移動します。グローバル階層リンク ナビゲーションでは、トップ リンク バーを親サイトから継承するサイトへのリンクは表示されません。

SharePoint サイトのグローバル階層リンク ナビゲーション

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×