サイト ナビゲーションの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、Windows SharePoint Services 3.0 の一部であるサイト ナビゲーション要素について説明します。ナビゲーション要素には、サイトの所有者および管理者がカスタマイズできるものと、カスタマイズできないものとがあります。

カスタマイズ可能なナビゲーション要素

サイトの所有者がカスタマイズできるナビゲーション要素として、サイド リンク バーとトップ リンク バーの 2 つがあります。

サイド リンク バー   すべてのサイト コンテンツの表示リンクのすぐ下のほとんどのユーザー向けページのどちらか広い側サイド リンク バーが表示されます。サイトの別の領域を論理的にセクション見出しやリンクを表示するのにには、サイド リンク バーを使用します。サイトの設定ページとページをサイトの管理者を作成して、リスト、ライブラリ、ワークスペース、および Web ページの編集などのサイトの管理ページでは、サイド リンク バーも、すべてのサイト コンテンツの表示] リンクが表示されます。サイド リンク バーを非表示にするし、表示する方法については、サイト ナビゲーションをカスタマイズを参照してください。

新しいサイトを作成するとき、サイトの所有者は、サイト名を親サイトのサイド リンク バーに表示するかどうかを指定することができます。サイトの所有者がサイトを作成するときに、このオプションに対して [いいえ] をクリックしても、親サイトの所有者が [サイトの設定] ページを使用して後でサイトを追加することができます。管理者がサイド リンク バーをカスタマイズする方法は次のとおりです。

  • サイト コレクション内またはサイト コレクション外にあるサイトへの新しいリンクを追加する。

  • リンクを削除する。

  • 既存のリンクの名前と URL を変更する。

  • 見出し内のリンクの順序を変更する。

  • 見出しの名前と URL を変更し、見出しを削除して、新しい見出しを作成する。

  • サイド リンク バー内のセクション (見出しとそれに関連付けられているリンク) の順序を変更する。

注: サイド リンク バーの表示とカスタマイズはサイトごとに行います。サイド リンク バーで選択した設定は、親サイトからサブサイトへは継承されません。

ヒント: サイド リンク バーはカスタマイズ可能なので、サイトのすべてのリストとライブラリは、サイド リンク バーに常に表示されるわけではありません。特定サイトのすべてのリストとライブラリを必ず表示するためには、次のセクションで説明する [すべてのサイト コンテンツの表示] リンクを使用します。

トップ リンク バー    このナビゲーション要素は、サイトにあるすべてのページの上部にハイパーリンク タブとして表示されます。サイトの所有者は、親サイトのトップ リンク バーを表示するか、サブサイト独自のトップ リンク バーを表示するかを指定できます。

カスタマイズ不可のナビゲーション要素

すべてのサイト コンテンツの表示    このナビゲーション要素は、サイド リンク バーのすぐ上にあるページの横にリンクとして表示されます ([サイトの設定] ページなどのサイト管理ページは除く)。このリンクはユーザー インターフェイスを使用してカスタマイズしたり無効にしたりできません。ユーザーがこのリンクをクリックすると、すべてのリスト、ライブラリ、ディスカッション掲示板、サイトおよびワークスペース、アンケート、およびサイトのごみ箱へのリンクのある [すべてのサイト コンテンツ] ページに移動できます。

親サイトの直接の子であるサブサイトだけが、[すべてのサイト コンテンツ] ページに表示されます。たとえば、親サイトに 3 つのサブサイトがあり、各サブサイトにもそれぞれサブサイトがあるサイト階層では、[すべてのサイト コンテンツ] ページには、親サイトの 1 レベル下位の 3 つのサブサイトだけが表示されます。サイト階層全体を表示するには、ツリー ビューを使用します。

ツリー ビュー    このナビゲーション要素は、Windows エクスプローラのツリー ビューと似ているので、Windows ユーザーにはなじみのあるナビゲーション要素になっています。ツリー ビューに表示されるオブジェクトは、次に示すような階層で表示されます。

  • サブサイト (存在する場合)

  • ライブラリ

  • リスト

  • ディスカッション

  • アンケート

    他のオブジェクトを含むツリーの分岐は、展開して、そのオブジェクトを表示することができます。たとえば、表示しているサイトのサブサイトに別のサブサイトがあるようなサイト階層では、ツリー ビューで 1 番目のサブサイトを展開し、そのサブサイトに移動することができます。ツリー ビューはフォルダ レベルまで展開できます。

    ツリー ビューは (Microsoft Office SharePoint Designer 2007 などの Windows SharePoint Services 対応の Web ページ エディタを使用する場合を除いて) カスタマイズ不可で、既定では表示されません。ツリー ビューを表示するように選択すると、サイド リンク バーのすぐ下の、ごみ箱の上に表示されます。

コンテンツ階層リンク ナビゲーション    このナビゲーション要素は、サイト ユーザーが、サイト コレクション内のサイトの階層内を上方に簡単に移動できるようにするためのハイパーリンクのセットを提供します。サイトの階層内を下方に移動すると、移動したページにコンテンツ階層リンク ナビゲーションが表示されます。サイトのホーム ページを表示しているときは、コンテンツ階層リンク ナビゲーションは表示されません。

たとえば、サイトでタスク リストに移動する、タスク フォルダーの 1] という名前のフォルダーを開くし、という項目のタスク 1] をクリックして、コンテンツ階層リンク ナビゲーションが表示次: サイト名 > タスク > タスク フォルダーの 1 > タスク 1 します。階層リンク ナビゲーション階層をすばやく移動できるように設計されている、ため「タスク 1」されませんハイパーリンクをそのアイテムが表示されている場合は、階層リンクの他のすべての名前は、ハイパーリンクが設定されました。サイトの一部に移動する階層リンク ナビゲーション内のリンクのいずれかをクリックすることができます。

グローバル階層リンク ナビゲーション   このナビゲーション要素では、サイト コレクション内の別のサイトへのリンクに使用できるハイパーリンクを提供します。グローバル階層リンク ナビゲーションが常に表示され、サイトの名前の上にあるページの上に表示されます。グローバル階層リンク ナビゲーションの最初のリンクは、サイト コレクションのトップレベル サイトへのリンクです。最初のリンクは、現在表示されている [サイト階層での位置の上の一意の階層リンク ナビゲーションのあるサイトへのリンクが表示されます。トップ リンク バーを親から継承するサイトへのリンクは、グローバル階層リンク ナビゲーションでは表示されません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×