サイト コンテンツ タイプを作成またはカスタマイズする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、新しいサイト コンテンツ タイプを作成したり、既存のサイト コンテンツ タイプを変更する方法について説明します。

この記事の内容

サイト コンテンツ タイプと継承について

サイト コンテンツ タイプを作成する

サイト コンテンツ タイプにドキュメント テンプレートを関連付ける

コンテンツ タイプの列を変更する

サイト コンテンツ タイプにワークフローを追加する

コンテンツ タイプを読み取り専用にする

サイト コンテンツ タイプを削除する

適切な権限があれば、新しいサイト コンテンツ タイプを作成できます。これらのコンテンツ タイプは、コンテンツ タイプが作成されたサイト レベルのリストおよびライブラリに加えて、下位レベルのサイトのリストおよびライブラリに追加できます。たとえば、トップレベル サイトで作成されたサイト コンテンツ タイプは、サイト コレクション内のすべてのサイトのリストおよびライブラリで使用できます。下位レベルのサイトで作成されたコンテンツ タイプは、上位レベルのサイトでは使用できません。

重要: サイト コンテンツ タイプを作成および変更するには、[フル コントロール] 権限レベル (既定のサイト所有者グループなど) と次のユーザー アクセス権限が必要です。

  • 親サイト    リストの管理、ページの追加とカスタマイズ

  • 子サイト    リストの管理、ページの追加とカスタマイズ

  • リストまたはドキュメント ライブラリ    リストの管理

ページの先頭へ

サイト コンテンツ タイプと継承について

単一のプロジェクトが進行する間に、提案書、契約書、作業明細書、製品設計仕様書など、異なる種類のコンテンツが作成される場合があります。また、各種のコンテンツに関するさまざまな種類のメタデータを集めて管理する必要が生じる場合もあります。メタデータの例としては、アカウント番号、プロジェクト番号、プロジェクト マネージャーなどが挙げられます。これらのドキュメントは、単一のプロジェクトに関連しているため一緒に格納されることがありますが、作成、使用、共有、維持は、さまざまな方法で行われる場合があります。組織は、ドキュメントのさまざまなセットをコンテンツ タイプとして定義できます。

コンテンツ タイプを使うと、サイト コレクション全体で一貫した方法でコンテンツを整理、管理、処理できます。特定の種類のドキュメントまたは情報製品のコンテンツ タイプを定義すると、確実に一貫性のある方法でコンテンツを管理できます。コンテンツ タイプは、リストまたはライブラリに適用するテンプレートと見ることができます。複数のテンプレートをリストまたはライブラリに適用し、それらに複数のアイテムまたはドキュメントの種類を含めることができます。

コンテンツ タイプは階層にまとめられている   コンテンツ タイプは階層にまとめられており、あるコンテンツ タイプが別のコンテンツ タイプからその特性を継承できます。この構造によって、すべてのカテゴリのドキュメントを組織全体で一貫して処理できます。

新しいサイト コンテンツ タイプは、親のコンテンツ タイプに基づく   サイトのサイト コンテンツ タイプ ギャラリーで新しいカスタム サイト コンテンツ タイプを定義する場合は、まずサイト コンテンツ タイプ ギャラリーで開始点となる既存の親サイト コンテンツ タイプを選びます。作成する新しいサイト コンテンツ タイプは、ドキュメント テンプレート、読み取り専用の設定、ワークフロー、列など、親サイト コンテンツ タイプのすべての属性を継承します。この新しいサイト コンテンツ タイプを作成した後で、列の追加や削除などの変更を加えることができます。

子サイト コンテンツ タイプは親から継承する   作成するコンテンツ タイプは親コンテンツ タイプに基づくため、親コンテンツ タイプの属性を継承しています。子コンテンツ タイプの例として、リストやライブラリに適用するリスト コンテンツ タイプがあり、これは親コンテンツ タイプに基づいています。この子リスト コンテンツ タイプに直接変更を加えても、作成元である親コンテンツ タイプには影響しません。親コンテンツ タイプから継承できる属性は次のとおりです。

  • ドキュメント テンプレート

  • 読み取り専用設定

  • ワークフロー

  • カラム

  • 他のアプリケーションによって追加された拡張可能な属性

親コンテンツ タイプを更新するとき、子コンテンツ タイプがそれらの変更を継承するかどうかを選択できます。親コンテンツ タイプを継承しているすべてのコンテンツ タイプを更新することを選択した場合、変更の対象となっているコンテンツ タイプの子であるコンテンツ タイプにおいても、このページ上のすべての設定が更新されます。これにより、この親を継承しているリスト コンテンツ タイプおよびサイト コンテンツ タイプに加えられたカスタマイズは上書きされます。

コンテンツ タイプの継承

たとえば、[詳細設定] ページでドキュメント テンプレートだけを変更し、リスト コンテンツ タイプと子サイト コンテンツ タイプを更新することを選択した場合、ドキュメント テンプレートと読み取り専用設定がすべての子コンテンツ タイプで更新されます。これは、どちらの設定も同じページにあるためです。同様に、[ワークフロー設定] ページで加えた変更は、子コンテンツ タイプですべて一緒に更新されます。それぞれの列には [サイト コンテンツ タイプの列の変更] ページが個別に用意されるため、各列の設定は別個に更新する必要があります。

親コンテンツ タイプに表示されるコンテンツ タイプのすべての属性 ([名前]、[説明]、[グループ] を除く) は、子タイプで更新できます。親タイプに表示されない列または設定は更新できません。

親コンテンツ タイプに加えた変更によって子コンテンツ タイプの設定が上書きされないようにするために、子コンテンツ タイプを読み取り専用としてマークすることができます。これは場合によっては好ましいやり方ですが、コンテンツ タイプ階層を集中管理する能力が損なわれることになります。

コンテンツ タイプを読み取り専用に設定した場合でも、親を非読み取り専用として明示的に設定し、子コンテンツ タイプで変更を更新すると、子の設定が親の設定によって上書きされます。

サイト コンテンツ タイプはグループに保存される   新しいサイト コンテンツ タイプを作成する場合は、既存のグループに保存するか、新しいグループを作成して保存するかを選ぶ必要があります。他のユーザーが新しいサイト コンテンツ タイプを使用しないようにするには、_Hidden という名前のグループを作成して、サイト コンテンツ タイプを保存します。

ページの先頭へ

サイト コンテンツ タイプを作成する

サイトのサイト コンテンツ タイプを作成するには、そのサイトに対する [フル コントロール] 権限が必要です。また、サイト コレクションのトップ レベル サイトのサイト コンテンツ タイプを作成するには、サイト コレクションの管理者である必要があります。

  1. 新しいサイト コンテンツ タイプを作成するサイトに移動します。

  2. [サイトの操作] メニュー サイトの操作 の [サイトの設定] をクリックします。

  3. [ギャラリー] セクションで、[サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

    [サイト コンテンツ タイプ ギャラリー] ページが表示されます。

  4. [サイト コンテンツ タイプ ギャラリー] ページで、[作成] をクリックします。

    [新しいサイト コンテンツ タイプ] ページが表示されます。

    [新しいサイト コンテンツ タイプ] ウィンドウ

  5. [名前と説明] セクションで、新しいサイト コンテンツ タイプの名前と説明を入力します。

  6. [親コンテンツ タイプの選択元] ボックスで、新しいコンテンツ タイプの親コンテンツ タイプの選択元とするグループをクリックします。この一覧には、現在のサイトで使用しているすべてのサイト コンテンツ タイプ グループが含まれています。

  7. [親コンテンツ タイプ] ボックスの一覧で、作成するコンテンツ タイプの基になる親コンテンツ タイプを選択します。親コンテンツ タイプの一覧は、[親コンテンツ タイプの選択元] ボックスで選択したサイト コンテンツ タイプ グループによって異なります。

  8. [グループ] セクションで、この新しいサイト コンテンツ タイプを既存のグループと新しいグループのどちらに格納するかを選択します。

  9. [OK] をクリックします。

    [サイト コンテンツ タイプ: <新しいコンテンツ タイプ名>] ページが表示されます。このページでオプションを選択して、新しいコンテンツ タイプをさらに定義できます。

ページの先頭へ

サイト コンテンツ タイプにドキュメント テンプレートを関連付ける

注: ドキュメント テンプレートは、ドキュメント コンテンツ タイプだけに関連付けることができ、フォルダ、リスト、またはディスカッション掲示板に関連付けることはできません。

  1. 変更するサイト コンテンツ タイプが定義されているサイトに移動します。

  2. [サイトの操作] メニュー サイトの操作 の [サイトの設定] をクリックします。

  3. [ギャラリー] セクションで、[サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

  4. [サイト コンテンツ タイプ ギャラリー] ページで、変更するサイト コンテンツ タイプのリンクをクリックします。

    選択したサイト コンテンツ タイプの構成ページが表示されます。

  5. [設定] セクションの [詳細設定] をクリックします。

    [サイト コンテンツ タイプの詳細設定] ページが表示されます。

    サイト コンテンツ タイプの詳細設定

  6. 既存のドキュメント テンプレートの URL を指定するには、[ドキュメント テンプレート] セクションで、使用するドキュメント テンプレートの場所の URL を入力します。次の表では、使用できる URL の種類を例示しています。これらの例は、サイト コンテンツ タイプ リソース フォルダー (http://サーバー名サイト/_cts/コンテンツ タイプ名/) とドキュメント テンプレート (docname.doc) に基づいています。

URL 名

サーバーの相対パス

Site/_cts/ContentTypeName/docname.doc

サーバーの絶対パス

http://contoso/Site/_cts/ContentTypeName/docname.doc

  1. 使用するドキュメント テンプレートをアップロードするには、[ドキュメント テンプレート] セクションの [新しいドキュメント テンプレートをアップロードする] をクリックし、[参照] をクリックします。[ファイルの選択] ダイアログ ボックスで、使用するファイルの場所を参照し、そのファイルを選択します。次に、[開く] をクリックします。

    新しいドキュメント テンプレートをアップロードすると、テンプレートは http://サーバー名/サイト/_cts/コンテンツ タイプ名/ にある既定のドキュメント テンプレート リソース フォルダーに自動的に保存されます。

  2. [サイトおよびリストの更新] セクションで、そのコンテンツ タイプが継承されるコンテンツ タイプにも変更を適用するかどうかを指定します。

    [はい] を選択した場合、このコンテンツ タイプを継承する他のコンテンツ タイプ (子コンテンツ タイプ) により、選択したドキュメント テンプレートが使用されます。

  3. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

コンテンツ タイプの列を変更する

サイト コンテンツ タイプに列を追加することによって、特定のコンテンツ タイプのアイテム用に収集するプロパティまたはメタデータを指定できます。たとえば、組織で、すべての発注書について、アカウント番号、プロジェクト番号、プロジェクト マネージャーなど、特定のメタデータ セットを追跡する場合があります。このような場合は、アカウント番号、プロジェクト番号、およびプロジェクト マネージャーの各列を発注書コンテンツ タイプに追加すると、ユーザーは、このコンテンツ タイプのアイテムについてこれらのメタデータを入力するように求められます。

コンテンツ タイプの列を変更する方法をいくつか次にしまします。

サイト コンテンツ タイプに既存の列を追加する

サイトまたはその親サイトで既に定義されている列をサイト コンテンツ タイプに追加するには、次の手順に従います。コンテンツ タイプに列を追加すると、コンテンツ タイプを関連付けたリストまたはライブラリに列またはフィールドが表示されます。

  1. 変更するサイト コンテンツ タイプが定義されているサイトに移動します。

  2. [サイトの操作] メニュー サイトの操作 の [サイトの設定] をクリックします。

  3. [ギャラリー] セクションで、[サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

  4. [サイト コンテンツ タイプ ギャラリー] ページで、変更するサイト コンテンツ タイプのリンクをクリックします。

    選択したサイト コンテンツ タイプの構成ページが表示されます。

    サイト コンテンツ タイプの名前がハイパーリンクでも選択可能でもない場合、そのサイトは別のサイトからサイト コンテンツ タイプを継承しており、そのサイト コンテンツ タイプをそのサイトで更新する必要があります。

  5. [] セクションの [サイト内の既存の列から追加] をクリックします。

    [サイト コンテンツ タイプへの列の追加] ページが表示されます。

  6. [列の選択] セクションの [列の選択元] ボックスの一覧で、フィルタするグループを選択します。

    次の表に、既定で使用可能なグループと、それらのグループに含まれる列の種類を示します。

グループ

表示される列

すべてのグループ

すべてのグループで使用できるすべての列。

基本の列

多くの種類のリストまたはライブラリで有用な列。

主要連絡先と予定表の列

連絡先リストや予定表リストで有用な列。これらの列は、通常は Microsoft Office Outlook 2007 など、SharePoint テクノロジと互換性があるクライアント連絡先および予定表プログラムのメタデータを同期するために使用します。

主要ドキュメントの列

Dublin Core メタデータ セットの標準ドキュメント列。

主要タスクと案件の列

To Do リストおよび案件リストで有用な列。これらの列は、通常は Microsoft Office Outlook 2007 など、SharePoint テクノロジと互換性があるクライアント タスクおよび案件プログラムのメタデータを同期するために使用します。

グループ ワーク列

Group Board Workspace で使用されるグループ ワーク リストで有効な列。

拡張した列

特殊用途の列のセット。

  1. [利用可能な列] ボックスの一覧から追加する列を選択し、[追加] をクリックします。

    複数の列の種類をすばやく追加するには、Ctrl キーを押しながら、追加するそれぞれの列をクリックします。

  2. [リストおよびサイト コンテンツ タイプの更新] セクションで、そのサイト コンテンツ タイプが継承される子サイト コンテンツ タイプにも変更を適用するかどうかを指定します。

  3. 必要な列を追加したら、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

サイト コンテンツ タイプに新しい列を追加する

新しい列を定義して、サイト コンテンツ タイプに追加するには、次の手順に従います。作成した新しい列は、その列が作成されたサイトとその子サイトで使用できる点に注意してください。新しい列を作成したら、他のコンテンツ タイプに追加し、リストとライブラリにも追加することができます。新しい列が他のユーザーによって使用されないようにするには、"_Hidden" という名前の新しいグループを追加することで非表示にできます。

  1. 変更するサイト コンテンツ タイプが定義されているサイトに移動します。

  2. [サイトの操作] メニュー サイトの操作 の [サイトの設定] をクリックします。

  3. [ギャラリー] セクションで、[サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

  4. [サイト コンテンツ タイプ ギャラリー] ページで、変更するサイト コンテンツ タイプのリンクをクリックします。

    選択したサイト コンテンツ タイプの構成ページが表示されます。

  5. [] セクションの [サイト内の新しい列から追加] をクリックします。

    [サイト内の新しい列] ページが表示されます。

  6. [名前と種類] セクションで、新しい列の種類の名前を入力し、この列に格納できる情報の種類を選択します。

    列の名前の大文字と小文字は区別されません。たとえば、"Description" という名前の列がサイト コレクションに既に定義されている場合は、"description" という名前の新しい列を作成できません。

  7. [グループ] セクションで、この新しい列を格納する既存のグループを選択するか、または新しいグループの名前を入力します。

  8. [列の追加設定] セクションで、必要に応じて列の追加設定を指定します。たとえば、列の説明を入力したり、この列には必ず情報が必要であることを指定したりできます。またこの列に格納できる最大文字数や、列の既定値を指定できます。

  9. [リストおよびサイト コンテンツ タイプの更新] セクションで、このサイト コンテンツ タイプに変更を加えた場合にこのサイト コンテンツ タイプを継承する子サイト コンテンツ タイプを更新するかどうかを指定します。

  10. [列の検証] セクションで、新しいアイテムがリストに追加されたときにこの列のデータの検証に使用する数式を入力します。たとえば、ユーザーが列に入力できる最大値を入力したり、数式を使用して電話番号の市外局番が必ず列に入力されるようにすることができます。

  11. 必要な列を追加したら、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

列を削除する

  1. サイト コンテンツ タイプを変更するサイトに移動します。

  2. [サイトの操作] メニューの [サイトの設定] をクリックします。

  3. [ギャラリー] で、[サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

  4. 変更するサイト コンテンツ タイプの名前をクリックします。

サイト コンテンツ タイプの名前がハイパーリンクでも選択可能でもない場合、そのサイトは別のサイトからサイト コンテンツ タイプを継承しており、そのサイト コンテンツ タイプをそのサイトで更新する必要があります。

[] で、コンテンツ タイプから削除する列の名前をクリックします。

  1. [削除] をクリックし、列をコンテンツ タイプから削除するかどうかを確認するメッセージが表示されたら [OK] をクリックします。

サイト コンテンツ タイプの列の順序を変更する

サイト コンテンツ タイプの列が表示される順序を変更して、たとえば論理的なグループに整理されるようにすることができます。

  1. 変更するサイト コンテンツ タイプが定義されているサイトに移動します。

  2. [サイトの操作] メニュー サイトの操作 の [サイトの設定] をクリックします。

  3. [ギャラリー] セクションで、[サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

  4. [サイト コンテンツ タイプ ギャラリー] ページで、変更するサイト コンテンツ タイプのリンクをクリックします。

    選択したサイト コンテンツ タイプの構成ページが表示されます。

  5. [] セクションの [列の順序] をクリックします。

  6. [列の順序] セクションで、[上からの並び順] 列のドロップダウン リストを使用して、目的の方法で列の順序を変更します。

    列の順序を変更する

  7. [サイトおよびリストの更新] セクションで、そのサイト コンテンツ タイプが継承される子サイト コンテンツ タイプにも変更を適用するかどうかを指定します。

列を必須、任意、または非表示にする

  1. サイト コンテンツ タイプを変更するサイトに移動します。

  2. [サイトの操作] メニュー サイトの操作 の [サイトの設定] をクリックします。

  3. [ギャラリー] で [サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

  4. 変更するサイト コンテンツ タイプの名前をクリックします。

ここでは、通知を選んでテキストを入力してください。その AlertPosition プロパティも設定できます。

  1. [] で、必須にする列の名前をクリックします。

  2. [列の設定] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    • 列の情報の指定を必須にするには、[必須] をクリックします。

    • 列の情報の指定を省略可能にするには、[任意] をクリックします。

    • コンテンツ タイプの新しいフォーム、フォームの編集、またはフォームの表示に列が表示されないようにするには、[非表示] をクリックします。

    • このサイト コンテンツ タイプから継承するすべてのコンテンツ タイプを更新する場合は、[サイトおよびリストの更新] セクションの [このタイプを継承するすべてのコンテンツ タイプを更新する] で [はい] をクリックします。

  3. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

サイト コンテンツ タイプにワークフローを追加する

注: ワークフローをサイト コンテンツ タイプに追加するには、事前にワークフローをサイト コレクションに展開しておく必要があります。追加したいワークフローが使用できない場合は、サーバー管理者に相談してください。

  1. 変更するサイト コンテンツ タイプが定義されているサイトに移動します。

  2. [サイトの操作] メニュー サイトの操作 の [サイトの設定] をクリックします。

  3. [ギャラリー] セクションで、[サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

  4. [サイト コンテンツ タイプ ギャラリー] ページで、変更するサイト コンテンツ タイプのリンクをクリックします。

    選択したサイト コンテンツ タイプの構成ページが表示されます。

  5. [設定] セクションの [ワークフロー設定] をクリックします。

    [ワークフローの設定変更] ページが表示されます。

  6. [ワークフローの追加] をクリックします。

  7. [ワークフローの追加] ページで、追加するワークフロー テンプレートとそのワークフローに適用する設定を選択します。

    [ワークフローの追加] ウィンドウ

  8. 次のいずれかの操作を行います。

    • 追加するワークフローに [ワークフローのカスタマイズ] ページがある場合は、[次へ] をクリックして [ワークフローのカスタマイズ] ページに進み、目的の設定を選択します。次に [OK] をクリックします。

    • 追加するワークフローに [ワークフローのカスタマイズ] ページがない場合は、[OK] をクリックします。

      リスト、ライブラリ、コンテンツ タイプにワークフローを追加する方法の詳細については、「参照」のリンク先を参照してください。

ページの先頭へ

コンテンツ タイプを読み取り専用にする

  1. サイト コンテンツ タイプを変更するサイトに移動します。

  2. [サイトの操作] メニュー サイトの操作 の [サイトの設定] をクリックします。

  3. [ギャラリー] で [サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

  4. 変更するサイト コンテンツ タイプの名前をクリックします。

    サイト コンテンツ タイプの名前がハイパーリンクでも選択可能でもない場合、そのサイトは別のサイトからサイト コンテンツ タイプを継承しており、そのサイト コンテンツ タイプをそのサイトで更新する必要があります。

  5. [設定] の [詳細設定] をクリックします。

  6. [読み取り専用] セクションで、[このコンテンツ タイプを読み取り専用にする] の下にある [はい] をクリックします。

  7. このサイト コンテンツ タイプから継承するすべてのコンテンツ タイプを更新する場合は、[サイトおよびリストの更新] セクションの [このタイプを継承するすべてのコンテンツ タイプを更新する] で [はい] をクリックします。

  8. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

サイト コンテンツ タイプを削除する

リストまたはライブラリからサイト コンテンツ タイプを削除すると、ユーザーは、そのサイト コンテンツ タイプの新しいインスタンスをリストまたはライブラリに追加できなくなります。サイト コンテンツ タイプを削除しても、以前リストまたはライブラリに関連付けられていて現在はリスト コンテンツ タイプとして存在しているサイト コンテンツ タイプのインスタンスは削除されず、そのコンテンツ タイプで作成されたアイテムも削除されません。

  1. サイト コンテンツ タイプを削除するサイトに移動します。

  2. [サイトの操作] メニュー サイトの操作 の [サイトの設定] をクリックします。

  3. [ギャラリー] で [サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

  4. 削除するサイト コンテンツ タイプの名前をクリックします。

    サイト コンテンツ タイプの名前がハイパーリンクでも選択可能でもない場合、そのサイトは別のサイトからサイト コンテンツ タイプを継承しており、そのサイト コンテンツ タイプをそのサイトで更新する必要があります。

  5. [設定] の [このサイト コンテンツ タイプの削除] をクリックします。

  6. このサイト コンテンツ タイプを削除するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×