サイト コンテンツ タイプを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事の内容

サイト コンテンツ タイプについて

コンテンツ タイプの考慮事項

サイト コンテンツ タイプを作成します。

サイト コンテンツ タイプについて

サイト所有者は、新しいサイトにコンテンツ タイプを作成できます。リストとライブラリを作成した、下位レベルのサイトのほか、サイト レベルでにこれらのコンテンツ タイプを追加できます。たとえば、トップ レベル サイトで作成されたサイト コンテンツ タイプは、リストとライブラリ、サイト コレクション内のすべてのサイトで利用できます。上位レベルのサイト コンテンツ タイプを下位レベルのサイトで作成されたが利用できません。

定義したサイト コンテンツ タイプは、現在のサイトまたは他のサイト内の複数のドキュメント ライブラリで再利用できます。これにより、コンテンツを意味のあるやり方で整理し、ドキュメント管理ソリューションにわたって同じ機能をコンテンツに関連付けることができます。たとえば、特定の種類の契約を組織で使用している場合は、その契約のメタデータを定義するコンテンツ タイプ、契約を使用するテンプレート、および契約の確認と履行に必要なワークフローを作成できます。"契約" コンテンツ タイプを追加したドキュメント ライブラリには、このコンテンツ タイプのメタデータ定義およびワークフローのすべてが含まれるため、指定したテンプレートを使用して新しい契約を作成できるようになります。

サイト コンテンツ タイプは、ドキュメント、フォルダ、またはリスト アイテムの属性を記述します。それぞれのサイト コンテンツ タイプでは、次の項目を指定できます。

  • プロパティのセット

  • プロパティを編集および表示するためのフォーム

  • ドキュメントまたはリスト アイテムに対して使用するワークフロー

ヒント: また、サイト コンテンツ タイプは、カスタム機能を使用して拡張できます。

リストまたはライブラリにサイト コンテンツ タイプを追加することは、リストまたはライブラリにそのコンテンツ タイプのリスト アイテム、フォルダ、またはドキュメントを含めることができることを表します。リストに関連付けられているサイト コンテンツ タイプのインスタンスは、リスト コンテンツ タイプと呼ばれます。

ページの先頭へ

コンテンツ タイプの考慮事項

新しいサイト コンテンツ タイプを作成する場合は、次の事項を考慮してください。

コンテンツの種類は階層構造にまとめられます   。コンテンツ タイプの階層の特性を別のコンテンツ タイプから継承するコンテンツ タイプを有効にします。これで、ドキュメントのクラスは組織全体の特性を共有することができますが、これらの特性を特定のサイトまたはリストに合わせて調整できます。

たとえば、企業の顧客配布用のすべてのドキュメントで、アカウント番号やプロジェクト番号などのメタデータのセットが必要になるとします。この場合、トップレベルの "顧客配布用" コンテンツ タイプを作成して、他のすべての顧客配布用ドキュメント タイプの継承元として使用することで、アカウント番号およびプロジェクト番号が組織の顧客配布用ドキュメントのすべてのバリエーションに関連付けられることが保証されます。トップレベルの "顧客配布用" コンテンツ タイプに別の必要な列を追加する場合は、これを継承するすべてのコンテンツ タイプを更新して新しい列をすべての顧客配布用ドキュメントに追加することを選択できます。

親コンテンツ タイプに基づく新しいサイト コンテンツ タイプ   。新しいサイト コンテンツ タイプを作成すると、新しいサイト コンテンツ タイプを作成するサイト コンテンツ タイプ既存の (親) を選んでください。作成した新しいサイト コンテンツ タイプは、親の属性を継承します。新しいサイト コンテンツ タイプを作成した後の追加や列を削除するなど、その変更ことができます。直接の子コンテンツ タイプに行った変更が基になる親コンテンツ タイプに影響しないことに注意してください。親コンテンツ タイプを更新すると、親コンテンツ タイプから継承するリストおよびサイト コンテンツ タイプでそれらの変更内容を更新するかどうかもできます。

親から子サイト コンテンツ タイプを継承します   。作成したコンテンツ タイプが親コンテンツ タイプに基づくし、親の属性を継承します。親コンテンツ タイプを更新すると、それらの変更を継承する子サイト コンテンツ タイプにするかどうかを選択できます。親コンテンツ タイプから継承できる属性は次のとおりです。

  • ドキュメント テンプレート

  • 読み取り専用設定

  • ワークフロー

  • 他のアプリケーションによって追加された拡張可能な属性

すべてのコンテンツ タイプ設定ページには、リスト コンテンツ タイプと子サイト コンテンツ タイプを更新するオプションがあります。親コンテンツ タイプを継承しているすべてのコンテンツ タイプを更新することを選択した場合、変更の対象となっているコンテンツ タイプの子であるすべてのリスト コンテンツ タイプおよび子サイト コンテンツ タイプにおいても、このページ上のすべての設定が更新されます。これにより、この親を継承しているリスト コンテンツ タイプおよびサイト コンテンツ タイプに設定されていた設定は上書きされます。

たとえば、[詳細設定] ページでドキュメント テンプレートだけを変更し、リスト コンテンツ タイプと子サイト コンテンツ タイプを更新することを選択した場合、ドキュメント テンプレートと読み取り専用設定がすべての子コンテンツ タイプで更新されます。これは、どちらの設定も同じページにあるためです。同様に、[ワークフロー設定] ページで加えた変更は、子コンテンツ タイプですべて一緒に更新されます。それぞれの列には [サイト コンテンツ タイプの列の変更] ページが個別に用意されるため、各列の設定は別個に更新する必要があります。

親コンテンツ タイプに表示されるコンテンツ タイプのすべての属性は、[名前]、[説明]、および [グループ] を除き、子タイプで更新できます。親タイプに表示されない列または設定は更新できません。親コンテンツ タイプに加えた変更によって子コンテンツ タイプの設定が上書きされないようにするために、子コンテンツ タイプを読み取り専用としてマークすることができます。これは場合によっては好ましいやり方ですが、コンテンツ タイプ階層を集中管理する能力が損なわれることになります。

コンテンツ タイプが読み取り専用としてマークされている場合でも、親を非読み取り専用として明示的に設定し、子コンテンツ タイプで変更を更新すると、子の設定が親の設定によって上書きされます。

サイト コンテンツ タイプがグループに格納されている   。新しいサイト コンテンツ タイプを作成すると、既存のグループに格納するか、作成した新しいグループに格納するかどうかを選んでください。他のユーザーが使用する新しいサイト列したくない場合は、 _Hidden] という名前のグループを作成しては、サイト内の列を保存します。

ページの先頭へ

サイト コンテンツ タイプを作成する

  1. サイト コレクションのホーム ページ上で、[サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定] をポイントします。次に、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

  2. [ギャラリー] セクションで、[サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

  3. [サイト コンテンツ タイプ ギャラリー] ページで、[作成] をクリックします。

  4. [新しいサイト コンテンツ タイプ] ページの [名前と説明] セクションに、新しいサイト コンテンツ タイプの名前を入力し、オプションで説明を入力します。

  5. 親コンテンツ タイプの選択] の一覧では、この新しいコンテンツ タイプの基にグループを選択します。特殊なコンテンツ タイプ] グループにはで、リストまたはライブラリが追加されたときの動作を変更するコンテンツ タイプが含まれていることを確認します。

  6. [親コンテンツ タイプ] ボックスの一覧で、作成するコンテンツ タイプの基となる親コンテンツ タイプを選択します。

    注: 一覧に表示される親コンテンツ タイプは、1 つ前の手順で選択したオプションに応じて異なります。

  7. [グループ] セクションで、新規作成したサイト コンテンツ タイプの格納先として、既存のグループまたは新規グループを選択します。

  8. [OK] をクリックします。

    [サイト コンテンツ タイプ: 新しいコンテンツ タイプの名前] ページが表示されます。さらに、新しいコンテンツ タイプを定義するこのページのオプションを選択できます。コンテンツ タイプの設定を変更する方法については、サイト コンテンツ タイプの変更トピックを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×