サイト コンテンツ タイプのワークフロー設定を変更する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office SharePoint Server 2007 に付属する既定のワークフローは、すべてのワークフローに共通の設定と特定のワークフローのみに適用される設定から構成されています。ここでは、すべてのワークフローに共通の設定を構成する方法について説明します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

変更ワークフロー ページを開く

タスク リストを特定します。

履歴リストを特定します。

ワークフロー開始オプションを設定します。

リストおよびサイト コンテンツ タイプを更新します。

[ワークフローの変更] ページを開く

次の手順を使用して、ページには、ワークフローの設定に変更を加えることができますが開きます。[ワークフローの変更] ページでの以降の手順を開始します。

  1. サイト コレクションのホーム ページの [サイトの操作] メニューの [サイトの設定] をポイントし、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

  2. [サイトの設定] ページの [ギャラリー] セクションで、[サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

  3. ワークフローを関連付けたコンテンツ タイプを選択し、[ワークフロー設定] をクリックします。

  4. 変更するワークフローを選択し、以下で説明する情報を使って必要な変更を加えます。

ページの先頭へ

タスク リストを特定します。

各ワークフローでは、タスクがユーザーに割り当てられたまたはグループ、またはその両方を完了するワークフローを有効にします。承認ワークフローでは、する個人など、特定の日付までのアイテムの承認タスクをグループ化します。既定では、すべてのタスクはタスクの進捗状況とその他のプロパティを表示する、タスク リストに保存されます。既定のタスク リストのワークフロー タスクを保存すると、1 か所でさまざまなタスクを管理しやすきます。また、 Microsoft Office Outlook 2007とタスクを同期しやすくします。

特定のワークフローに独自のタスク リストを作成する必要がある場合もあります。

  • セキュリティとプライバシーする、特定のタスク リストをメインのタスク リストとは別の状態に維持します。機密性の高いデータまたはプライベートなデータのタスクの場合はタスク リストに一意の名前を付けることができます。

  • 多数のワークフローがある場合、またはワークフローに多数のタスクがある場合、最適なパフォーマンスを維持する目的でワークフローごとにタスク リストを個別に作成することもできます。タスク リストまたは履歴リストの数を 2,000 以下に抑えることで、リストがサイトのパフォーマンスを損なうことは避けられます。

  • 変更ワークフロー] ページを開きます

  • タスク リスト] セクションで、表示するには、既定のタスク リストのままにか、メインのタスク リストとは異なる固有のタスク リストの名前を入力します。

    既に複数のタスク リストを作成済みの場合は、[タスク リスト名を入力してください] ボックスの一覧からそれらのリストを選択できます。

    注: ワークフローのインスタンスを実行している場合に関連のタスク リストを変更する場合は、警告が表示されます。

ページの先頭へ

履歴リストを特定します。

機密性の高いデータのコメントと説明] フィールドに記録する場合と同様に、タスク リスト固有の履歴リストを作成できます。一意の履歴リストは、ワークフローは、多数のアイテムを生成するときにも役立ちます。このような場合は、ワークフローの履歴を分離することをお勧めします。

  1. 変更ワークフロー] ページを開きます

  2. 履歴リスト] セクションで、表示するには、既定のワークフローの履歴リストをそのままかこのワークフローの一意の履歴リストの名前を入力します。

ページの先頭へ

ワークフロー開始オプションを設定する

開始オプション] セクションの機能を使用すると、ワークフローを有効にする方法を決定できます。既定の選択は、アイテムの編集権限を持つ認証済みユーザーを手動で開始するのには、このワークフローを許可します。このオプションでは、ユーザーがコンテンツ タイプのインスタンスをクリックしたときに表示されるメニューからワークフローを選択して、ワークフローを開始することができます。ユーザーは、ワークフローを選択するときに[ワークフロー ] ページが開き、ユーザーは、ページの [新しいワークフローの開始] セクションから、ワークフローを選択することができます。

2 つの自動開始オプションはワークフロー ポリシーを適用するために実行する必要がありますが、他の理由により、ワークフローを必須にします。

  1. 変更ワークフロー] ページを開きます

  2. ワークフローを特定のアクセス許可グループに制限するアクセス許可を選択します。

    • アイテムの編集権限既定値です。これらのテンプレートには、アイテムの編集権限が必要とするために、 Office SharePoint Server 2007に用意されているワークフロー テンプレートを変更するのには利用できません。 以降。これらのテンプレートは、下のアクセス許可を設定できません。

    • ワークフローを開始できるユーザーの他の制限を設定するには、ワークフローを開始するリストの管理権限を要求する] チェック ボックスを選択します。

  3. 必要に応じて、自動開始オプションを選択します。

    • ワークフローをリストまたはライブラリのユーザーが手動でワークフローを開始するかどうかに関係なくで新しいアイテムが作成されたときに自動的に開始する場合は、新しいアイテムが作成されたら、このワークフローを開始する] チェック ボックスを選択します。たとえば、たびに、このコンテンツ タイプのアイテムがライブラリまたはリストの作成を開始するワークフローをしたい場合があります。

    • アイテムが変更されるたびに自動的に実行するワークフローの [アイテムが変更されたときにこのワークフローを開始する] チェック ボックスを選択します。たとえば、アイテム保持ポリシー、ワークフローの有効期限は、アイテムが変更されたときに変更する必要があります。

      注: 2 つの自動開始オプションと既定の設定をどちらも有効にして、ユーザーが手動でワークフローを開始できるようにすることができます。

ページの先頭へ

リストおよびサイト コンテンツ タイプを更新する

ワークフローの変更] ページの [更新リストおよびサイト コンテンツ タイプ] セクションで、ワークフローを使用してこのコンテンツ タイプから継承するすべてのコンテンツ タイプにするかどうかを指定できます。

  1. 変更ワークフロー] ページを開きます

  2. [リストおよびサイト コンテンツ タイプの更新] セクションで、[はい] をクリックして、このコンテンツ タイプから作成されたすべてのコンテンツ タイプにワークフロー設定を適用します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×