サイト コレクションの記憶域の制限を管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 の SharePoint Online は、数量 ( SharePoint Online の制限を参照してください) ユーザー数に基づいて作成された記憶域の割り当てられます。記憶域は、テナント内のすべてのサイト コレクションに使用できるとして中央プールすべてのユーザーを引くことができます。記憶域を分割または使用に基づく領域の再割り当てする、グローバル管理者では、必要ありません。すべては自動的に処理: サイト コレクションは、25 tb サイト コレクションあたりの最大値は、必要がある場合に必要なものを使用します。記憶域プールが不足している場合は、できます常に、SharePoint Online 管理センターを通じてギガバイト (GB) 1 か月あたりのコストの追加でストレージを購入します

プールされた記憶域モデルは、SharePoint Online の新機能です。記憶域の管理オプションを [自動] に設定するだけで、この機能を利用できます。この設定をオンにすると、以前にサイト コレクションで設定した既存の制限を無視して、すべての制限を 1 TB にリセットします。Office 365 の新しいお客様の場合は、プールされた記憶域を既定で使うことができます。

記憶域の制限を自動的に管理する

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. [設定] を選びます。

  5. [サイト コレクション記憶域の管理] で、[自動​​] を選びます。

    [サイト コレクションの管理] が強調された Office 365 SharePoint Online の設定画面
  6. [OK] をクリックします。

各サイト コレクションに割り当てられる記憶域を調整する場合は、記憶域の管理オプションを [手動] に設定して、個々のサイト コレクション記憶域の制限を指定できます。この設定を使う場合は、サイト コレクションが記憶域の制限に近づいたときに、自分と他のサイト コレクション管理者に通知できるよう、メール通知も設定することをお勧めします。

重要: SharePoint Online の記憶域の計算は、メガバイト (MB) 単位からギガバイト (GB) 単位に変更され、小数点のない整数のみを使うことができます。 この変更は、SharePoint Online の記憶域の合計には影響しません。

記憶域の制限を手動で管理する

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. [設定] を選びます。

  5. [サイト コレクション記憶域の管理] で、[手動] を選びます。

  6. [OK] をクリックします。

記憶域の制限を設定する

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. [サイト コレクション] タブで、一覧から 1 つまたは複数のサイト コレクションを選びます。

  5. [記憶域のクォータ] を選びます。[記憶域のクォータ] ボタンが有効になっていない場合は、下の一覧からクォータを設定するサイト コレクションを選びます。

    [記憶域のクォータ] ボタンが強調された [サイト コレクション] タブ
  6. [各サイト コレクションの記憶域のクォータを制限する] に、各サイト コレクションに割り当てる最大の容量をギガバイト (GB) 単位で入力します。

  7. チェック ボックスをオンにして、サイト コレクションが記憶域の制限値に近づいた場合にサイト コレクション管理者にメールが送信されるようにします。制限値に対して指定の割合に達するとメールによる通知が送信されるように、値を 1 から 100 までの数値で入力します。

    [記憶域のクォータの設定] ダイアログ ボックス

    ヒント: 新しく導入された記憶域の基準値を使って、メールで通知する割合を変更しなければならない場合があります。

  8. [保存] をクリックします。

サイト コレクションの管理者は、記憶域の制限を "手動" に設定したときは、定期的に記憶域の制限を監視し、パフォーマンスと運用環境に影響がないことを確認する必要があります。サイト コレクションの記憶域の制限を手動で設定した後は、サイト コレクションが制限に達する前に通知メールを受け取るように設定することもお勧めします。通常、記憶域クォータ警告メールは毎週送信されますが、サイト コレクションが指定した警告レベルに達した後でのみ送信されます。したがって、記憶域クォータ警告メールを受け取ったときには手遅れになっていることがよくあります。たとえば、警告メールをトリガーするディスク クォータの警告タイマー ジョブが、毎週日曜日に警告メールを送信するようにスケジュールされている場合、サイト コレクションが月曜日にクォータ警告制限に達すると、管理者は 6 日経ってから警告メールを受け取ることになります。このサイト コレクションは、管理者が通知メールを受け取る前に、最大記憶域制限に達する可能性があります。そうなると、サイト コレクションは読み取り専用に設定され、生成を停止します。

サイト コレクションの記憶域制限を手動に設定した後、管理者は以下のことを行う必要があります。

  • サイト コレクションの記憶域の使用量を定期的に監視する

  • 使用の傾向とパターンを分析する

  • 使用可能な記憶域を多くの領域を必要とするサイト コレクションに割り当て直す

  • 警告レベルを再構成する

管理者がサイト コレクションの監視に使用できる PowerShell スクリプトが用意されています。この Windows PowerShell スクリプトは、データを取得し、加工してから、記憶域の警告通知を管理者に送信します。

  1. SharePoint Online 管理シェルをインストールします。

    SharePoint 製品の Windows PowerShell のアクセス許可と最新の情報については、SharePoint Server 2016 用の Windows PowerShell のリファレンスにあるオンライン ドキュメントを参照してください。

  2. 次のテキストと変数宣言をコピーし、メモ帳などのテキスト エディターに貼り付けます。すべての入力値を組織固有の値に設定する必要があります。ファイルを "GetEmailWarning.ps1" という名前で保存します

    注: 別のファイル名を使ってもかまいませんが、拡張子が .ps1 の ANSI でエンコードされたテキスト ファイルとしてファイルを保存する必要があります。

    #Connect to tenant admin center using GA credentials 
    $username = "<GA Account or Tenanat Admin>"
    $password = ConvertTo-SecureString "<Password>" -AsPlainText -Force
    $cred = New-Object Microsoft.SharePoint.Client.SharePointOnlineCredentials($username, $password)
    Connect-SPOService -Url <SharePoint Admin Center Url> -Credential $cred

    #Local variable to create and store output file
    $filename = Get-Date -Format o | foreach {$_ -replace ":", ""}
    $result = "<Local folder path>"+$filename+".txt"

    #SMTP and Inbox details
    $smtp = "<smtpserver>"
    $from = "<Tenant admin account>"
    $to = "<Tenant admin account or whom the email to be sent>"
    $subject = "Alert : PFA Site Collection Quota Usage details"
    $body = "PFA quota usage details"

    #Enumerating all site collections and calculating storage usage
    $sites = Get-SPOSite -detailed
    foreach ($site in $sites)
    {
    $percent = $site.StorageUsageCurrent / $site.StorageQuota * 100
    $percentage = [math]::Round($percent,2)
    Write-Output "$percentage % $($site.StorageUsageCurrent)kb of $($site.StorageQuota)kb $($site.url)" | Out-File $result -Append
    }

    #Sending email with output file as attachment
    sleep 5
    Send-MailMessage -SmtpServer $smtp -to $to -from $from -subject $subject -Attachments $result -body $body -Priority high
  3. 各要素の意味:

    • <GA Account or Tenanat Admin> は、サイト コレクションのグローバル管理者またはテナント管理者のアカウントです。

    • <Password> は、サイト コレクションで使うグローバルまたはテナント管理者アカウントのパスワードです。

    • <SharePoint Admin Center Url> は、SharePoint 管理センターの URL です。

    • <Local folder path> は、データを保存するフォルダーのローカル パスです。

    • <smtpserver> は、SMTP メール サーバーの名前です。

    • <Tenant admin account> は、警告メールの [差出人] 行に表示されるアカウントです。

    • <Tenant admin account or whom the email to be sent> は、警告メールを受け取るアカウントです。

  4. SharePoint Online Management Shellで、スクリプト ファイルを保存したディレクトリに移動します。

    ./GetEmailWarning.ps1

    スクリプトが正常に完了すると、スクリプトの <Local folder path> 変数で指定した場所にテキスト ファイルが作成されます。

SharePoint Online 記憶域のクォータ機能は以前と同じですが、基準値に別の指標が使われるようになりました。以前の SharePoint 記憶域はメガバイト (MB) 単位で計算されていましたが、現在は小数点を使わないギガバイト (GB) 単位の整数のみで計算されています。記憶域のクォータを MB 単位で設定していた場合は、GB 単位 (1024 MB = 1 GB) に変換されます。この変換では、値は最も近い整数値に切り捨てられます。たとえば、5000 MB の値は 4 GB に変換されます。最小で 1 GB の値をサイト コレクションごとに設定することができます。PowerShell を使って SharePoint Online 記憶域のクォータを設定している場合は、最も近い GB 単位の整数値に値が切り上げられます。この動作は、誤って 1 GB 未満の値を 0 GB に変換することを防ぐためです。

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

SharePoint Online の制限

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×