サイト コレクションの監査設定を構成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユーザーは、サイト、コンテンツ タイプ、リスト、ライブラリ、リスト アイテム、およびサイト コレクションのライブラリのファイルに対して操作を実行したを追跡するMicrosoft SharePoint Server 2010の監査機能を使用することができます。情報は、コンプライアンスとレコード管理など、多くのビジネス要件の重要なするにつれが完了したを把握します。

サイト コレクションの管理者として、特定のユーザーによって実行された操作の履歴や、特定の日付範囲に実行された操作の履歴を取得できます。たとえば、特定のドキュメントを編集したユーザーを特定したり、その操作がいつ行われたかを特定したりできます。

[監査設定の構成] ページを次に示します。[監査ログのトリミング] セクションで監査ログのサイズを管理し、[ドキュメント、アイテム] セクションと [リスト、ライブラリ、サイト] セクションで監査するイベントを指定します。

[監査設定の構成] ページ

監査するイベントは、 Microsoft Excel 2010に基づいて、監査レポート] ページで使用可能な監査レポートに取り込まれます。サイト コレクションの特定の範囲内で、指定した日付の範囲にこれらのイベントの数値を含むまたは個々 のユーザーにフィルター処理するカスタム レポートを作成することもできます。ログオンしているが、サイト コレクションの管理者は監査ログからアイテムを削除して、監査ログ データの自動トリミングを構成するときにイベントを変更することはできません。

イベント情報の監査

監査ログには、監査の対象として選択されたイベントに関する次の情報が取得されます。

  • イベントが発生したサイト

  • アイテム ID、種類、名前、および場所

  • イベントに関連付けられたユーザー ID

  • イベントの種類、日付、時刻、およびソース

  • アイテムに対して実行されたアクション

次に示すのは、「削除」監査ログ レポートのデータの例です。このレポートでは、サイト コレクションのデータを削除および復元したユーザーを識別できます。Excel の機能を使用して、データのフィルター選択、並べ替え、および分析を行うことができます。

[削除] 監査ログ レポートのレポート データ

注: 監査機能では、アイテムが変更された日付に関する情報を取得できますが、詳しい変更内容は取得できません。したがって、監査機能をドキュメントのバージョン管理ツールまたはバックアップ ツールとしては考えないでください。

監査ログのトリミング

サイト コレクションに対して監査の対象とするイベント (削除、復元など) を選択すると、サイト コレクション内のすべてのアイテムが、イベントが発生するたびに監査されます。監査を実行すると、大量の監査イベントが生成され、その結果として大量の監査ログが生成される可能性があります。その結果、ハード ドライブの領域が消費され、サイト コレクションのパフォーマンスやその他の側面に影響が及ぶ可能性があります。

重要: 監査ログによってハード ドライブの領域が消費されたり、サイト コレクションのパフォーマンスが低下したりする状況を回避するために、広範な監査が実行されるサイト コレクションに対して監査ログのトリミング機能を有効にすることをお勧めします。

監査ログのサイズを管理するには、自動的にトリミングを行うように構成できます。このとき、オプションで、データのトリミングの前に現在の監査ログ データをドキュメント ライブラリにアーカイブすることもできます。監査ログのトリミングのスケジュールは、サーバー管理者がサーバーの全体管理を使用して構成します。既定では月末が選択されます。

監査ログのトリミングの構成

  1. サイトの操作] メニューの [ サイトの操作] メニュー で、[サイトの設定] をクリックします。

  2. 現在の位置がサイト コレクションのルートではない場合は、[サイト コレクションの管理] の [トップ レベルのサイト設定に移動] をクリックします。

    注: 必要な権限がない場合、[サイト コレクションの管理] セクションは使用できません。

  3. [サイトの設定] ページで、[サイト コレクションの管理] の [サイト コレクションの監査設定] をクリックします。

  4. [監査設定の構成] ページで、[監査ログのトリミング] セクションの [このサイトの監査ログを自動的にトリミングする] を [はい] に設定します。

  5. オプションで、監査ログ データを保持する日数を指定します。

    注: ビジネス ニーズに反しない限り、このオプションは設定しないことをお勧めします。このオプションが設定されていない場合、既定で月末が選択されるファーム設定が使用されます。ビジネス ニーズによっては、監査ログを非アーカイブ形式で別の期間にわたって保持することが組織で規定されているケースがあります。アーカイブ形式は監査ログ レポートです。

  6. 必要に応じて、監査ログをトリミングする前に監査レポートを保存するドキュメント ライブラリを指定します。このオプションは、監査ログがトリミングされた後に監査ログ レポートを使用して監査ログ データにアクセスする必要がある場合に設定します。

ページの先頭へ

監査の対象とするイベントの構成

  1. サイトの操作] メニューの [ サイトの操作] メニュー で、[サイトの設定] をクリックします。

  2. 現在の位置がサイト コレクションのルートではない場合は、[サイト コレクションの管理] の [トップ レベルのサイト設定に移動] をクリックします。

    注: 必要な権限がない場合、[サイト コレクションの管理] セクションは使用できません。

  3. [サイトの設定] ページで、[サイト コレクションの管理] の [サイト コレクションの監査設定] をクリックします。

  4. [監査設定の構成] ページの [ドキュメント、アイテム] セクションと [リスト、ライブラリ、サイト] セクションで、監査の対象とするイベントを選択し、[OK] をクリックします。

監査対象とするイベントは、監査のニーズよって決まります。たとえば、一般的に、法令準拠のための監査には、監査の必要があるイベントを指定する特定の要件があります。そのニーズを満たすために必要なイベントのみ監査することをお勧めします。不必要な監査を行うと、サイト コレクションのパフォーマンスやその他の側面に影響が及ぶ可能性があります。

重要: 

  • SharePoint Online for Microsoft Office 365 for enterprises を使用している場合、[ドキュメントを開く、ドキュメントのダウンロード、リスト内のアイテムの表示、アイテムのプロパティの表示] の監査は、記憶域とパフォーマンスの問題により使用できません。

  • 本当に必要なときに、SharePoint Server 2010 サイトは、開く、またはドキュメントをダウンロードする、リスト内のアイテムを表示またはアイテムのプロパティを表示するをだけ選択することをお勧めします。このオプションは多数のパフォーマンスおよびその他のサイト コレクションの低下する可能性のある状況するイベントを生成する可能性があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×