サイト コレクションの機能を有効または無効にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Onlineを使用して有効にする必要のあるユーザーが使用できるヘルプ コレクションにワークフローの使用] からのすべてのアイテムを決定するサイト コレクションの機能を無効にすることができます。既定では、ほとんどのサイト コレクションの機能がになっているが、変更を簡単にできます。

有効にする、またはサイト コレクション機能を無効にします。

  1. 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します設定] をクリックし、[サイトの設定] をクリックします。 

  2. サイト コレクションの管理] の下の [サイト コレクションの機能] をクリックします。

    [設定] で、[サイト コレクションの管理] メニューで選択されているサイト コレクションの機能

    注: サイトの外観とナビゲーションが大幅に変更できます。[サイトの設定は、このオプションを使えない場合は、管理者に問い合わせてください。

  3. 各サイト コレクション機能を有効または無効にするのには、次のいずれかの操作を行います。

    • サイト コレクション機能を有効にするには、[アクティブ化] をクリックします。

    • サイト コレクション機能を無効にするには、[非アクティブ化] をクリックします。

    できますがアクティブな SharePoint の theSite コレクションの機能のサンプル

場合によっては、サイト コレクション機能を実行する前に、アプリケーションやサービスをインストールまたは有効化することが必要です。 次の表に、機能やサービスの依存関係がある機能の一覧を示します。

機能名

説明

関連する機能またはサービス

廃棄承認のワークフロー

期限切れのドキュメントを保持するか削除するかをユーザーが決定できるようにすることで、ドキュメントの期限切れと保持を管理します。

この機能を実行するには、ワークフロー機能がアクティブになっている必要があります。 ワークフローは、サイト コレクション機能のページの最後の項目です。

Document ID Service

サイト コレクション内のドキュメントに、固有のドキュメント ID を割り当てます。この ID を使うと、アイテムの現在の場所に関係なくそのアイテムを取得することができ、情報の管理や追跡に役立ちます。

ドキュメント ID Web パーツを有効にします。サイト コレクション内のサイトを参照し、[サイトの設定] をクリックして利用可能な Web パーツの一覧が表示 >ページを編集する>挿入> Web パーツ

制限付きアクセスのユーザーのアクセス許可ロックダウン モード

これが有効になると、"制限付きアクセス" が指定されたユーザーのアクセス許可 (匿名ユーザーなど) のレベルが下がり、アイテムのプロパティやリスト ビューを含む [アプリケーション] ページへのアクセスが阻止されます。さらに、ドキュメント、フォルダー、またはライブラリに独自の権限が指定されている場合、これらのユーザーは次を実行することができなくなります。

  • ドラッグ アンド ドロップ機能を使ってドキュメントをアップロードする

  • 関連フォルダーを参照する

  • 共有機能を使う

  • Outlook に接続されている予定表リストから予定表イベントを作成する

  • Office クライアントでドキュメントを開く

  • ドキュメントやフォルダーで、一部の吹き出し機能が思いどおりに表示されない

なし

Project Server 承認コンテンツ タイプ

Project Server の承認ワークフローで使われます。

少なくともMicrosoft Project Server 2013またはProject Server 2016します。

Project Web App リボン

Project Web App ページのリボン コントロールを有効にします。

少なくともMicrosoft Project Server 2013またはProject Server 2016します。

Project Application Service が必要

Project Web App の設定

Project Web App Project Management (PMO) の設定を有効にします。

少なくともMicrosoft Project Server 2013またはProject Server 2016します。

Project Application Service が必要

サンプル提案

Project Server のサンプル ワークフローを追加します。

少なくともMicrosoft Project Server 2013またはProject Server 2016します。

Project Application Service が必要

検索エンジン サイト マップ

定期的に SharePoint の一般向け web サイトで有効なすべての Url を含む検索エンジン サイト マップを自動的に生成します。検索エンジンの最適化を向上させるために、この機能を使用します。

匿名アクセスの有効化が必要です。 公開 Web サイト オンラインを作成すると、匿名アクセスは自動的に有効になります。

Search Server の Web パーツとテンプレート

次の Search Server Web パーツが有効になります。

  • 高度な検索のボックス

  • 中国語のデュアル検索

  • ひとの絞り込みパネル

  • ひとの検索ボックス

  • ひとの検索の主要結果

  • 関連するクエリ

  • 検索結果の絞り込みパネル

  • 検索操作リンク

  • 検索のおすすめコンテンツ

  • 検索の統計

  • フェデレーション検索結果

  • 上位フェデレーション検索結果

サイト コレクションの任意のサイトを参照して、[編集]、[挿入]、[Web パーツ] の順にクリックすると、使用可能な Web パーツの一覧が表示されます。

SharePoint Server Enterprise サイト コレクション機能

次のサービスを有効にします。

  • InfoPath Forms Services

  • Visio Services

  • Access Services

SharePoint Server Enterprise ライセンスを含むサブスクリプションにのみ適用されます。 持っているライセンスを確認するには (グローバル管理者である必要があります)、[管理者]、[ライセンス]、[ライセンス] の順に移動します。

SharePoint Server Standard サイト コレクション機能

次のサービスを有効にします。

  • User Profile Service

  • Search Service

SharePoint Server Standard ライセンスを含むサブスクリプションにのみ適用されます。 持っているライセンスを確認するには (グローバル管理者である必要があります)、[管理者]、[ライセンス]、[ライセンス] の順に移動します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×