サイト コレクションのアップグレードに関する問題のトラブルシューティング

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

サイト コレクションを SharePoint Online 2013 モードにアップグレードする際には、エラーが発生することがあります。この記事では、それらのエラーの原因と解決方法について説明します。

アップグレード ステータスとログ ファイルの確認

アップグレード ステータス インジケーターとログ ファイルは、アップグレード プロセス中に発生した問題の確認に役立ちます。アップグレードの際には、ログ ファイルを参照してすべてのエラーを注意深く確認することをお勧めします。警告は、必ずしも問題の発生を示すものではありません。これは、特定の状況を確認して、それらがより重大な問題の原因になり得るかどうかを判断するための情報です。

  1. サイト コレクションのアップグレード ステータス ページを確認します。

    サイト コレクションの [サイトの設定] ([設定] [サイトの設定] の代わりになる小さな [設定] ギア 、[サイトの設定]) ページにある [サイト コレクションの管理] セクションで、[サイト コレクションのアップグレード] をクリックします。[サイト コレクションのアップグレード] ページで、[サイト コレクションのアップグレード状態を確認] をクリックします。

  2. ページがレンダリングされない場合は、[サイトの設定] ページを確認します。[サイトの設定] ページが機能していて、アップグレードが正常に完了している場合は、マスター ページまたはホーム ページに問題がある可能性があります。[サイトの設定] ページが機能しない場合は、サイト コレクション アップグレード ログ ファイルで、問題に関する情報を確認します。

  3. サイト コレクション アップグレード ログ ファイルを確認します。サイト コレクション アップグレード ログを確認するには、サイト コレクションのアップグレード状態ページにあるリンクをクリックします。

一般的な問題

次の問題が、アップグレードのエラー、警告、またはサイト内の問題の原因となっていないかどうか確認してください。

Q: 以前はページ上にあった UI コントロールが見当たりません

A: ページを既定のバージョンにリセットしてください。

サイトの UI に変更を加えると、サイトのアップグレード時に問題が発生することがあります。ページがユーザー設定され、UI が標準以外の場所に移動された場合は、ページを既定のバージョンにリセットすることでコントロールを復元できます。

ページをリセットするには、[サイトの設定] ページの [サイトの操作] の下にある [サイト定義へのリセット] リンクを使用するか、SharePoint Designer 2013 で [テンプレートへのリセット] コマンドを使用します。

Q: 大きなリストに対するビューが機能しなくなりました

A: 大きなリストに対するインデックス付きの列、フォルダー、または新規ビューを作成してください。ユーザーは、既存のビューにインデックス付きの列を追加しなければならない場合があります。

リストが非常に大きい場合、ユーザーが制限または調整しきい値を超えるビューを使うかクエリを実行すると、ビューまたはクエリは許可されません。解決方法としては、フィルター適用ビューを使用してインデックス付きの列を作成したり、アイテムを整理したり、大きいビューでのページのアイテム制限を設定したり、外部リストを使用したりする方法があります。大きなリストの調整の詳細と大きなリストの問題の解決方法については、「多数のアイテムがあるリストとライブラリを管理する」をご覧ください。

Q: コンテンツ タイプ名の重複に関するエラーが表示されました

A: 既定の名前と競合するコンテンツ タイプやフィールドの名前を変更してください。

カスタム要素 (コンテンツ タイプなど) の名前は、新バージョンでの名前と競合することがあります。その場合は、アップグレード ログ ファイルに次のようなエラーが記録されます。

"サイト Site Url で、サイト コレクション機能をアクティブ化できませんでした。例外: 重複するコンテンツ タイプ名 "名前" が見つかりました。"

このエラーは、SharePoint Online 2010 内の指定されたサイトにカスタム コンテンツ タイプが追加され、 その名前が、SharePoint Online 2013 へのアップグレード時に既定のコンテンツ タイプ名と競合したことを示しています。これが発生した場合は、指定されたサイト内のカスタム コンテンツ タイプを別の名前に変更し、もう一度アップグレードを実行してください。

注: コンテンツ タイプを名前変更したり削除したりすると、そのコンテンツ タイプに依存するユーザー設定が機能しなくなることがあります。

詳しくは、「サイト コレクションの正常性チェックで競合するコンテンツ タイプが検出される」および「コンテンツ タイプを作成またはカスタマイズする」をご覧ください。

Q: サイトの体裁が悪い場合や、期待どおりに動作しない場合、またスクリプト エラーが発生する場合にはどうすればよいですか

A: ページを編集する、ページを既定のバージョンにリセットする、またはカスタム ファイルを削除または置き換えるなどして対処してください。

これらの問題は、カスタムまたはインラインの JavaScript ファイルや CSS ファイルに問題がある場合に発生する可能性があります。

Q: サイト内のカスタム コンテンツが表示されなくなった場合や、機能しなくなった場合にはどうすればよいですか

A: マスター ページを変更するか、または Web パーツの領域レイアウトを必要としないようにコンテンツを変更してください。

マスター ページの領域レイアウトが異なるため、コンテンツがそれを正しく参照できなくなった可能性があります。最終的な手段としては、ページを既定のバージョンにリセットすることもできます。ただし、ページをリセットすると、領域固有のコンテンツが失われる可能性があります。

Q: コントロールまたはページをレンダリングできないというエラーが表示されます

A: 次のいずれかの操作を行ってください。

インストールされていない Web パーツが追加された場合は、テナント管理者にインストールを依頼します。Web パーツが利用できなくなったか、またはサポートされていない場合は、Web パーツ メンテナンス ビューを使用して、Web パーツをページから削除します (Web パーツを単に閉じるのではなく、削除します)。

ページが直接編集された場合は、もう一度編集してコントロールを削除するか、ページをリセットして既定のバージョンにリセットします。

Web パーツまたはその他のコンテンツが、インストールされていないページか、またはサポートされなくなったページに追加された可能性があります。これは、Web パーツが領域に追加されたか、またはページが直接編集され、コントロールまたは Web パーツ参照が直接インラインで (たとえばマスター ページ上で) 追加されたことが原因です。

場合によっては、SharePoint 機能をアクティブ化する必要があります。

詳しくは、「サイト コレクションの機能を有効または無効にする」および「Web パーツ メンテナンス ページを開いて使用する (英語)」をご覧ください。

Q: サイト テンプレートで使用されているエクスペリエンス バージョンが 2010 であるのに対し、自分のサイト コレクションのエクスペリエンス バージョンは 2013 であるため、サブサイトを作成できないというエラーが表示されます

A: サイト テンプレートを 2013 エクスペリエンスで再作成してください。

サイト テンプレートを再作成するには、2013 エクスペリエンスに基づく新規サブサイトを作成し、それを元のテンプレートと一致するようにもう一度ユーザー設定して、ユーザー設定後のサブサイトをテンプレートとして保存します。

詳しくは、「サイト テンプレートをアップグレードする」をご覧ください。

Q: アップグレード後のサイトで、ページにテーマが適用されません

A: SharePoint 2013 の新しいテーマ設定機能を使用して、テーマを再作成してください。

SharePoint 2013 では、テーマ設定エンジンが完全に再設計され、テーマ設定がより強力かつ柔軟になったほか、テーマをより簡単にアップグレードできるようになりました。ただし、SharePoint 2010 から SharePoint 2013 への THMX ファイルのアップグレードはサポートされていません。

これを解決するには、まず評価サイト コレクションを作成し、その後 SharePoint 2013 の新しいテーマ設定機能を使ってテーマを再作成する必要があります。

Q: アップグレード後のサイトで、 カスタム ブランディングの見た目が良くない、 または その他の問題がある場合には どうすればよいですか

A: 評価サイト コレクションを作成し、その後 SharePoint 2013 サイトでマスター ページを再作成してください。

SharePoint 2013 では、より高速で滑らかになった新しい UI をサポートするため、既定のマスター ページと CSS ファイルに変更が加えられています。そのため、SharePoint 2010 で作成したマスター ページを SharePoint 2013 のサイトに適用することはできません。ただし、SharePoint 2010 サイトを SharePoint 2013 にアップグレードすると、マスター ページは SharePoint 2013 の既定のマスター ページを使うようにリセットされます。そのため、アップグレード後は、カスタム ブランドがサイトに表示されません。

これを解決するには、まず評価サイト コレクションを作成し、その後 SharePoint 2013 サイトでマスター ページを再作成する必要があります。

Q: アップグレード後のサイトがレンダリングされず、"予期しないエラー" と関連付け ID が表示されます。

A: カスタム ブランディングで、カスタム コンテンツ プレースホルダーを含んだマスター ページが使用されている可能性があります。

カスタム マスター ページにカスタム コンテンツ プレースホルダーが含まれていて、カスタム ページ レイアウトにもそのカスタム コンテンツ プレースホルダーが含まれている場合は、エラーが発生し、アップグレード後にサイトのホーム ページがレンダリングされなくなることがあります。その場合は、アップグレード後に、"予期しないエラーが発生しました" というエラー メッセージが表示されます。

Q: 評価サイトを作成するためにボタンをクリックすると、関連付け ID エラー メッセージが表示されます。

A: 評価サイトの URL の最後に "–eval" という文字列が自動的に追加されるため、URL の文字数が制限を超過することがあります。

追加する場合は、"-eval"関連付け ID エラーが表示されますが、文字数の制限を超えているため、URL の基になります。深いフォルダー構造やフォルダーやファイルに名前が長い時間がかかる Url が起こります。このエラーを取得する場合は、サポートが制限を超えるし、問題を解決する手順について説明する Url を識別することで操作できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×