サイト コレクションのごみ箱から削除済みアイテムを復元します。

サイト コレクションのごみ箱から削除済みアイテムを復元します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

サイトのごみ箱の (最初の段階のごみ箱とも呼ばれます) に送信することをSharePointサイトからアイテム (OneDrive for Business ファイルも含む) を削除すると場所に復元できる必要がある場合。サイトのごみ箱からアイテムを削除すると、サイト コレクションのごみ箱を (済みのごみ箱とも呼ばれます) に送信することです。

SharePointサイト コレクションの管理者は、表示し、元の場所に、サイト コレクションのごみ箱から削除済みアイテムを復元できます。サイト コレクションのごみ箱からアイテムの削除、または保存期間を超えている、完全に削除されます。

重要: SharePoint のごみ箱は Windows のごみ箱とは異なります。同期しているファイルやフォルダーを削除した場合、PC の Windows ごみ箱から復元できます。Windows のごみ箱をデスクトップに表示するには、「ごみ箱の表示と非表示を切り替える」を参照してください。

お客様のフィードバック該当月、2018年を更新します。

SharePoint Onlineサイト コレクションのごみ箱からアイテムを復元します。

  1. サイトに移動し、左側のウィンドウで [ごみ箱] を選びます。

    左側のナビゲーションで [ごみ箱] を選ぶ。

    ごみ箱が表示されない場合は、次のようにしてください。

    1. [設定] SharePoint Online の [設定] ボタン をクリックして、[サイトの設定] をクリックします。

    2. [サイト コレクションの管理] の [ごみ箱] をクリックします。

      ごみ箱が強調表示された [サイト コレクションの管理] 見出しの下にある設定
  2. [ごみ箱] ページの下部にある [第 2 段階のごみ箱] をクリックします。

    SharePoint Online の第 2 段階のリンクが強調表示されているごみ箱

    注: 管理者または所有者の権限、サイト コレクションのごみ箱を使用する必要があります。表示されていない場合は、ように設定されている可能性があります。 またはへのアクセス権限がありません。

  3. 復元するアイテムにカーソルを合わせ、各アイテムの右にあるチェック アイコンをクリックし、[復元] をクリックします。

    強調表示されている SharePoint Online の [復元] ボタン

    復元しようとするアイテムが格納されていた元のフォルダーが既に削除されている場合は、元の場所に再度フォルダーが作成された後、そのフォルダーにアイテムが復元されます。

サイト コレクション全体を復元する

グローバル管理者または Office 365 の管理者をSharePoint場合は、サイト コレクションのごみ箱からサイト コレクション全体を復元することもできます。[情報] は、「削除されたサイト コレクションを復元する」を参照してください。

削除されたアイテムはごみ箱でどれくらい保持されますか?

SharePoint Online では、アイテムは元の場所から削除したときから 93 日間保持されます。その期間ずっと、誰かがそこから削除するか、そのごみ箱を空にしない限り、サイトのごみ箱にとどまります。サイトのごみ箱から削除されたか、サイトのごみ箱が空にされた場合、アイテムはサイト コレクションのごみ箱に移動し、以下の場合を除き、93 日間のうちの残りの日数だけサイト コレクションのごみ箱にとどまります。

  • サイト コレクションのごみ箱がその割り当て量を超え、最も古いアイテムの削除を始める

  • 手動で、サイト コレクションの管理者、サイト コレクションのごみ箱から削除されたアイテム (これを行う方法の詳細については、参照、サイト コレクションのごみ箱からアイテムを削除する)

サイトのごみ箱の容量はサイト コレクションのストレージ クォータおよびリスト ビューのしきい値に左右されます。サイト コレクションのごみ箱に割り当てられる容量は、サイト コレクション クォータの 200% です。これらの値を構成することはできません。

SharePoint Online 14 追加以降の日付の実際の削除、すべてのコンテンツのバックアップを保持します。コンテンツいない、復元することを通じて、ごみ箱] または [ファイルを復元する場合、管理者に 14 日のウィンドウ内には、いつでも復元を要求する Microsoft サポートのお問い合わせください。

注: バックアップから復元を完了するには、サイト コレクションのサブサイト、特定のファイル、リストまたはライブラリではなくします。特定のアイテムを復元する場合は、ごみ箱で見つけること、右クリックし、[復元] を選びます。

SharePoint Server 2016 サイト コレクションのごみ箱ページからアイテムを復元する

  1. [サイト] ページの左側にあるクイック起動ウィンドウで、[ごみ箱] を選びます。

    左側のナビゲーションで [ごみ箱] を選ぶ。

    ごみ箱] が表示されない場合は、次の手順を試してください。

    1. [設定] SharePoint 2016 のタイトル バーにある設定ボタン をクリックして、[サイトの設定] をクリックします。

    2. [サイト コレクションの管理] の [ごみ箱] をクリックします。

      ごみ箱が強調表示された [サイト コレクションの管理] 見出しの下にある設定

    重要: 管理者または所有者の権限、サイト コレクションのごみ箱を使用する必要があります。表示されていない場合は、ように設定されている可能性があります。 またはへのアクセス権限がありません。SharePoint管理者の場合、 SharePoint のごみ箱の構成の設定を参照してください。有効でない場合は、ファームまたはサーバー管理者に説明します。

  2. [ごみ箱] ページの下部にある [第 2 段階のごみ箱] をクリックします。

    SharePoint 2016 の第 2 段階のごみ箱リンク
  3. 復元するアイテムの隣にあるチェック ボックスをオンにして、[復元] をクリックします。

    SharePoint の [復元] ボタンが強調表示された第 2 段階のごみ箱

    復元しようとするアイテムが格納されていた元のフォルダーが既に削除されている場合は、元の場所に再度フォルダーが作成された後、そのフォルダーにアイテムが復元されます。

  4. [OK] をクリックします。

削除されたサイトを復元します。

削除されたサイトは、サイト コレクションのごみ箱に保持されます。ここからは、サイト コレクションの管理者は、それを復元が元のサイト コレクションにします。

復元する前に、次のことを認識しておく必要があります。

  • サイトが、サイト コレクションのごみ箱の間に追加されたすべてのコンテンツ タイプは、そのサイトに追加されません。したがって、フィールドの定義を最新できないことがあります。

  • コンテンツ展開では、サイト コレクションのごみ箱で削除されたサイトは影響しません。この問題を解決するには、復元した後に、サイトのスコープの展開を実行します。

  • 更新プログラム パッケージがインストールされたら、Microsoft の簡易修正 (QFE) の更新、エンジニア リングを含む更新プログラム パッケージは、サイト コレクションのごみ箱内のサイトには適用されません。この問題を解決するには、手動でコンテンツ データベースを含むサイト コレクションのアップグレード SPContentDatabaseコマンドレットを使用して、サイト コレクションをアップグレードします。

注: 復元するサイト] が表示されない場合、可能性がありますが完全に削除されて、手動または自動します。自動削除設定についての質問がある場合は、ファームまたはサーバー管理者に相談してください。

サイト コレクション全体を復元する

SharePointの管理者の場合、PowerShell を使用してサイト コレクションを復元することができます。詳しくは、復元 SPDeletedSiteを参照してください。

削除されたアイテムはごみ箱でどれくらい保持されますか?

2 種類のごみ箱にある、サイトのごみ箱 (最初の段階) と、サイト コレクションのごみ箱 (済み)。アイテムの期間の既定値は、30 日間です。保持期間は、アイテムは削除され、サイトのごみ箱からサイト コレクションのごみ箱に移動しても変化しないと、すぐに開始します。元削除イベントが発生した日から 10,000 日までには、この期間を増やすことができます。必要な場合は、ごみ箱に自動的に破棄できません一定時間の経過後にアイテムを構成することもできます。サイトのごみ箱内のアイテムは、サイトの記憶域のクォータとリスト ビューのしきい値に対して加算します。サイト コレクションのごみ箱で利用可能な領域の既定の金額は、サイトのクォータを 50% は、サイトのクォータを最大 500% の構成することができます。ファーム管理者によっては、以下の値を構成できます。詳しくは、 SharePoint のごみ箱の構成の設定を参照してください。

SharePoint Server 2013 サイト コレクションのごみ箱ページからアイテムを復元する

  1. [サイト] ページの左側にあるクイック起動ウィンドウで、[ごみ箱] を選びます。

    ごみ箱] が表示されない場合は、次の手順を試してください。

    1. [設定] Office 365 の [設定] ボタン をクリックして、[サイトの設定] をクリックします。

    2. [サイト コレクションの管理] の [ごみ箱] をクリックします。

      ごみ箱が強調表示された [サイト コレクションの管理] 見出しの下にある設定

    重要: 管理者または所有者の権限、サイト コレクションのごみ箱を使用する必要があります。表示されていない場合は、ように設定されている可能性があります。 またはへのアクセス権限がありません。SharePoint管理者の場合、 SharePoint のごみ箱の構成の設定を参照してください。有効でない場合は、ファームまたはサーバー管理者に説明します。

  2. [ごみ箱] ダイアログで、[エンド ユーザーのごみ箱から削除したアイテム] をクリックします。

    SharePoint 2013 の [ユーザーから削除] が強調表示されたごみ箱
  3. 復元するアイテムの隣にあるチェック ボックスをオンにして、[復元] をクリックします。

    SharePoint 2013 の [復元] ボタンが強調表示された第 2 段階のごみ箱

    復元しようとするアイテムが格納されていた元のフォルダーが既に削除されている場合は、元の場所に再度フォルダーが作成された後、そのフォルダーにアイテムが復元されます。

  4. [OK] をクリックします。

削除されたサイトを復元します。

削除されたサイトは、サイト コレクションのごみ箱に保持されます。ここからは、サイト コレクションの管理者は、それを復元が元のサイト コレクションにします。

復元する前に、次のことを認識しておく必要があります。

  • サイトが、サイト コレクションのごみ箱の間に追加されたすべてのコンテンツ タイプは、そのサイトに追加されません。したがって、フィールドの定義を最新できないことがあります。

  • コンテンツ展開では、サイト コレクションのごみ箱で削除されたサイトは影響しません。この問題を解決するには、復元した後に、サイトのスコープの展開を実行します。

  • 更新プログラム パッケージがインストールされたら、Microsoft の簡易修正 (QFE) の更新、エンジニア リングを含む更新プログラム パッケージは、サイト コレクションのごみ箱内のサイトには適用されません。この問題を解決するには、手動でコンテンツ データベースを含むサイト コレクションのアップグレード SPContentDatabaseコマンドレットを使用して、サイト コレクションをアップグレードします。

注: 復元するサイト] が表示されない場合、可能性がありますが完全に削除されて、手動または自動します。自動削除設定についての質問がある場合は、ファームまたはサーバー管理者に相談してください。

サイト コレクション全体を復元する

SharePointの管理者の場合、PowerShell を使用してサイト コレクションを復元することができます。詳しくは、復元 SPDeletedSiteを参照してください。

削除されたアイテムはごみ箱でどれくらい保持されますか?

2 種類のごみ箱にある、サイトのごみ箱 (最初の段階) と、サイト コレクションのごみ箱 (済み)。アイテムの期間の既定値は、30 日間です。保持期間は、アイテムは削除され、サイトのごみ箱からサイト コレクションのごみ箱に移動しても変化しないと、すぐに開始します。元削除イベントが発生した日から 10,000 日までには、この期間を増やすことができます。必要な場合は、ごみ箱に自動的に破棄できません一定時間の経過後にアイテムを構成することもできます。サイトのごみ箱内のアイテムは、サイトの記憶域のクォータとリスト ビューのしきい値に対して加算します。サイト コレクションのごみ箱で利用可能な領域の既定の金額は、サイトのクォータを 50% は、サイトのクォータを最大 500% の構成することができます。ファーム管理者によっては、以下の値を構成できます。詳しくは、 SharePoint のごみ箱の構成の設定を参照してください。

SharePoint Server 2010 サイト コレクションのごみ箱ページからアイテムを復元する

  1. [サイト] ページの左側にあるクイック起動ウィンドウで、[ごみ箱] を選びます。

    クイック起動バーにある SharePoint 2010 サイトのごみ箱リンク
  2. ページの上部にある [サイト コレクションのごみ箱] をクリックします。

    サイド リンク バーの [ごみ箱を表示していない場合は場合、は、次の手順を試してください。

    1. [サイトの操作] [サイトの操作] メニュー をクリックして、[サイトの設定] をクリックします。

    2. [サイト コレクションの管理] の [ごみ箱] をクリックします。

      SharePoint 2010 のごみ箱が強調表示された [サイト コレクションの管理] セクション

    重要: 管理者または所有者の権限、サイト コレクションのごみ箱を使用する必要があります。表示されていない場合は、ように設定されている可能性があります。 またはへのアクセス権限がありません。SharePoint管理者の場合、 SharePoint のごみ箱の構成の設定を参照してください。有効でない場合は、ファームまたはサーバー管理者に説明します。

  3. 画面の右側にある [エンド ユーザーのごみ箱から削除したアイテム] をクリックします。

    SharePoint 2010 の第 2 段階のごみ箱リンク
  4. 復元するアイテムの隣にあるチェック ボックスをオンにし、[選択したアイテムの復元] をクリックします。

    SharePoint 2010 でアイテムが選択され、[復元] ボタンが強調表示されている
  5. [OK] をクリックします。

    復元しようとするアイテムが格納されていた元のフォルダーが既に削除されている場合は、元の場所に再度フォルダーが作成された後、そのフォルダーにアイテムが復元されます。

注: SharePoint Server サイト上の既存のファイルまたはフォルダーと同じ名前でファイルまたはフォルダーを復元する場合、既存のファイルまたはフォルダーは、削除されたアイテムを復元できるように名前が変更されます。

削除されたサイトを復元します。

削除されたサイトは、サイト コレクションのごみ箱に保持されます。ここからは、サイト コレクションの管理者は、それを復元が元のサイト コレクションにします。

復元する前に、次のことを認識しておく必要があります。

  • サイトが、サイト コレクションのごみ箱の間に追加されたすべてのコンテンツ タイプは、そのサイトに追加されません。したがって、フィールドの定義を最新できないことがあります。

  • コンテンツ展開では、サイト コレクションのごみ箱で削除されたサイトは影響しません。この問題を解決するには、復元した後に、サイトのスコープの展開を実行します。

  • 更新プログラム パッケージがインストールされたら、Microsoft の簡易修正 (QFE) の更新、エンジニア リングを含む更新プログラム パッケージは、サイト コレクションのごみ箱内のサイトには適用されません。この問題を解決するには、手動でコンテンツ データベースを含むサイト コレクションのアップグレード SPContentDatabaseコマンドレットを使用して、サイト コレクションをアップグレードします。

注: 復元するサイト] が表示されない場合、可能性がありますが完全に削除されて、手動または自動します。自動削除設定についての質問がある場合は、ファームまたはサーバー管理者に相談してください。

サイト コレクション全体を復元する

SharePointの管理者の場合、PowerShell を使用してサイト コレクションを復元することができます。詳しくは、復元 SPDeletedSiteを参照してください。

削除されたアイテムはごみ箱でどれくらい保持されますか?

2 種類のごみ箱にある、サイトのごみ箱 (最初の段階) と、サイト コレクションのごみ箱 (済み)。アイテムの期間の既定値は、30 日間です。保持期間は、アイテムは削除され、サイトのごみ箱からサイト コレクションのごみ箱に移動しても変化しないと、すぐに開始します。元削除イベントが発生した日から 10,000 日までには、この期間を増やすことができます。必要な場合は、ごみ箱に自動的に破棄できません一定時間の経過後にアイテムを構成することもできます。サイトのごみ箱内のアイテムは、サイトの記憶域のクォータとリスト ビューのしきい値に対して加算します。サイト コレクションのごみ箱で利用可能な領域の既定の金額は、サイトのクォータを 50% は、サイトのクォータを最大 500% の構成することができます。ファーム管理者によっては、以下の値を構成できます。詳しくは、 SharePoint のごみ箱の構成の設定を参照してください。

ごみ箱からの復元に関する基本情報

  • セキュリティ保護が可能なオブジェクトは、そのすべてのコンテンツと共に復元されます    セキュリティ保護が可能なオブジェクト (アクセスを制御できるあらゆるオブジェクト) を復元する場合、削除したときに含まれるすべてのオブジェクトと共に復元されます。たとえば、リスト、ライブラリ、フォルダー、またはドキュメント セットを復元する場合、復元されたバージョンには、削除したときに含まれていたすべてのドキュメントとその他のアイテムが含まれます。複数のバージョンがあるファイルやその他のアイテムを復元する場合は、復元されたファイルまたはアイテムには、削除されたときに含まれていたすべてのバージョンが含まれます。

  • コンテナー オブジェクトが表示されない場合、ほとんどのオブジェクトを復元できません    オブジェクトを削除して、そのオブジェクトを含むオブジェクトを削除する場合、オブジェクトを復元するには、コンテナーを復元する必要があります。たとえば、ファイルを削除して、そのファイルが保存されていたライブラリを削除する場合、ファイルを復元するには、ライブラリを復元する必要があります。以前のバージョンのファイルを削除し、現在のバージョンのファイル自体を削除する場合、以前のバージョンを復元するには、その前にファイル自体を復元する必要があります。

  • 例外:フォルダーから削除したオブジェクトは、最初にフォルダーを復元しなくても復元できます    フォルダーは以前の場所に自動的に再作成されますが、復元したオブジェクトのみが含まれます (または、削除したときに含まれていたすべてのコンテンツと共に復元する場合は、ごみ箱から手動でフォルダーを復元することもできます)。

ご意見を寄せてください

この記事はお役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や足りない点をお知らせください。検索によってここに移動してきて、意図した情報ではなかった場合は、お探しになっていた情報をお知らせください。SharePoint、OS、およびブラウザーのバージョンを含めてください。その内容を反映してこちらの手順を見直し、記事を更新します。

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×