サイト コレクションのごみ箱から、削除したアイテムを復元する 

サイト コレクションのごみ箱から、削除したアイテムを復元する 

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePointサイトからコンテンツを削除すると、サイトのごみ箱または必要に応じて、[削除済みのコンテンツを復元できる最初の段階ごみ箱] に送信されます。コンテンツがサイトのごみ箱から削除]、[サイト コレクションまたは済みのごみ箱に送信されます。

SharePoint サイト コレクションの管理者は、第 2 段階のごみ箱またはサイト コレクションのごみ箱で、ユーザーが削除したアイテムを確認し、元の場所に復元することができます。第 2 段階のごみ箱で、アイテムを削除した場合またはアイテムの保存期間が経過した場合、アイテムは完全に削除されます。詳細については、「削除されたアイテムはごみ箱でどれくらい保持されますか?」を参照してください。

注: SharePoint のごみ箱は Windows のごみ箱とは異なります。Windows でデスクトップまたはアプリから削除したファイルを復元する場合は、まず Windows のごみ箱を調べてください。Windows のごみ箱をデスクトップに表示するには、「Windows のごみ箱を再びデスクトップに表示する」を参照してください。

更新日: 2017 年 5 月 2 日。お客様からのフィードバックに感謝します。

SharePoint Online サイト コレクションのごみ箱ページからアイテムを復元する

注: サイト コレクションのごみ箱を使用するには、管理者または所有者のアクセス許可が必要です。ごみ箱が表示されない場合は、ごみ箱が無効になっているか、ごみ箱へのアクセス許可がないことが考えられます。アクセス許可がある場合は、「SharePoint のごみ箱の設定を構成する」を参照してください。アクセス許可がない場合は、ファームまたはサーバーの管理者にお問い合わせください。

  1. [サイト] ページの左側にあるクイック起動ウィンドウで、[ごみ箱] を選びます。

    左側のナビゲーションで [ごみ箱] を選ぶ。

    ごみ箱が表示されず、アクセス許可がある場合は、次の手順を試してください。

    1. [設定] SharePoint Online の [設定] ボタン をクリックして、[サイトの設定] をクリックします。

    2. [サイト コレクションの管理] の [ごみ箱] をクリックします。

      ごみ箱が強調表示された [サイト コレクションの管理] 見出しの下にある設定
  2. [ごみ箱] ページの下部にある [第 2 段階のごみ箱] をクリックします。

    SharePoint Online の第 2 段階のリンクが強調表示されているごみ箱
  3. 復元するアイテムの隣にある丸をポイントしてクリックし、[復元] をクリックします。

    強調表示されている SharePoint Online の [復元] ボタン

    復元しようとするアイテムが格納されていた元のフォルダーが既に削除されている場合は、元の場所に再度フォルダーが作成された後、そのフォルダーにアイテムが復元されます。

SharePoint Server 2016 サイト コレクションのごみ箱ページからアイテムを復元する

注: サイト コレクションのごみ箱を使用するには、管理者または所有者のアクセス許可が必要です。ごみ箱が表示されない場合は、ごみ箱が無効になっているか、ごみ箱へのアクセス許可がないことが考えられます。アクセス許可がある場合は、「SharePoint のごみ箱の設定を構成する」を参照してください。アクセス許可がない場合は、ファームまたはサーバーの管理者にお問い合わせください。

  1. [サイト] ページの左側にあるクイック起動ウィンドウで、[ごみ箱] を選びます。

    左側のナビゲーションで [ごみ箱] を選ぶ。

    ごみ箱が表示されず、アクセス許可がある場合は、次の手順を試してください。

    1. [設定] SharePoint 2016 のタイトル バーにある設定ボタン をクリックして、[サイトの設定] をクリックします。

    2. [サイト コレクションの管理] の [ごみ箱] をクリックします。

      ごみ箱が強調表示された [サイト コレクションの管理] 見出しの下にある設定
  2. [ごみ箱] ページの下部にある [第 2 段階のごみ箱] をクリックします。

    SharePoint 2016 の第 2 段階のごみ箱リンク
  3. 復元するアイテムの隣にあるチェック ボックスをオンにして、[復元] をクリックします。

    SharePoint の [復元] ボタンが強調表示された第 2 段階のごみ箱

    復元しようとするアイテムが格納されていた元のフォルダーが既に削除されている場合は、元の場所に再度フォルダーが作成された後、そのフォルダーにアイテムが復元されます。

  4. [OK] をクリックします。

注: サイト コレクションのごみ箱を使用するには、管理者または所有者のアクセス許可が必要です。ごみ箱が表示されない場合は、ごみ箱が無効になっているか、ごみ箱へのアクセス許可がないことが考えられます。アクセス許可がある場合は、「SharePoint のごみ箱の設定を構成する」を参照してください。アクセス許可がない場合は、ファームまたはサーバーの管理者にお問い合わせください。

SharePoint Server 2013 サイト コレクションのごみ箱ページからアイテムを復元する

  1. [サイト] ページの左側にあるクイック起動ウィンドウで、[ごみ箱] を選びます。

    ごみ箱が表示されず、アクセス許可がある場合は、次の手順を試してください。

    1. [設定] Office 365 の [設定] ボタン をクリックして、[サイトの設定] をクリックします。

    2. [サイト コレクションの管理] の [ごみ箱] をクリックします。

      ごみ箱が強調表示された [サイト コレクションの管理] 見出しの下にある設定
  2. [ごみ箱] ダイアログで、[エンド ユーザーのごみ箱から削除したアイテム] をクリックします。

    SharePoint 2013 の [ユーザーから削除] が強調表示されたごみ箱
  3. 復元するアイテムの隣にあるチェック ボックスをオンにして、[復元] をクリックします。

    SharePoint 2013 の [復元] ボタンが強調表示された第 2 段階のごみ箱

    復元しようとするアイテムが格納されていた元のフォルダーが既に削除されている場合は、元の場所に再度フォルダーが作成された後、そのフォルダーにアイテムが復元されます。

  4. [OK] をクリックします。

注: サイト コレクションのごみ箱を使用するには、管理者または所有者のアクセス許可が必要です。ごみ箱が表示されない場合は、ごみ箱が無効になっているか、ごみ箱へのアクセス許可がないことが考えられます。アクセス許可がある場合は、「SharePoint のごみ箱の設定を構成する」を参照してください。アクセス許可がない場合は、ファームまたはサーバーの管理者にお問い合わせください。

SharePoint Server 2010 サイト コレクションのごみ箱ページからアイテムを復元する

  1. [サイト] ページの左側にあるクイック起動ウィンドウで、[ごみ箱] を選びます。

    クイック起動バーにある SharePoint 2010 サイトのごみ箱リンク
  2. ページの上部にある [サイト コレクションのごみ箱] をクリックします。

    クイック起動にごみ箱が表示されず、アクセス許可がある場合は、次の手順を試します。

    1. [サイトの操作] [サイトの操作] メニュー をクリックして、[サイトの設定] をクリックします。

    2. [サイト コレクションの管理] の [ごみ箱] をクリックします。

      SharePoint 2010 のごみ箱が強調表示された [サイト コレクションの管理] セクション
  3. 画面の右側にある [エンド ユーザーのごみ箱から削除したアイテム] をクリックします。

    SharePoint 2010 の第 2 段階のごみ箱リンク
  4. 復元するアイテムの隣にあるチェック ボックスをオンにし、[選択したアイテムの復元] をクリックします。

    SharePoint 2010 でアイテムが選択され、[復元] ボタンが強調表示されている
  5. [OK] をクリックします。

    復元しようとするアイテムが格納されていた元のフォルダーが既に削除されている場合は、元の場所に再度フォルダーが作成された後、そのフォルダーにアイテムが復元されます。

注: SharePoint Server サイト上の既存のファイルまたはフォルダーと同じ名前でファイルまたはフォルダーを復元する場合、既存のファイルまたはフォルダーは、削除されたアイテムを復元できるように名前が変更されます。

サイト全体またはワークスペースを復元する

以前のバージョンの SharePoint では、削除されたサイトまたはワークスペースを復元するには、バックアップから復元する方法しかありませんでした。

ただし、SharePoint Server 2010 以降では、削除されたサイトとワークスペースは、サイト コレクションのごみ箱に保持されます。そこから、サイト コレクション管理者は、削除されたサイトまたはワークスペース全体をそのサイト コレクションに直接復元することができます。

注: サイト コレクションのごみ箱を使用するには、管理者または所有者のアクセス許可が必要です。ごみ箱が表示されない場合は、ごみ箱が無効になっているか、ごみ箱へのアクセス許可がないことが考えられます。アクセス許可がある場合は、「SharePoint のごみ箱の設定を構成する」を参照してください。アクセス許可がない場合は、ファームまたはサーバーの管理者にお問い合わせください。

復元する前に、次のことを認識しておく必要があります。

  • サイトまたはワークスペースがごみ箱にあるときに追加されたコンテンツ タイプは、そのサイトまたはワークスペースに追加されません。したがって、フィールドの定義は、最新の状態ではない可能性があります。

  • コンテンツ展開は、ごみ箱内の削除されたサイトまたはワークスペースには適用されません。この問題を解決するには、復元した後に、サイトまたはワークスペースに範囲を限定した展開を実行します。

  • Microsoft Quick Fix Engineering (QFE) の更新プログラムを含め、更新パッケージをインストールした場合、更新パッケージはごみ箱内のサイトまたはワークスペースには適用されません。この問題を解決するには、サイト コレクションを含むコンテンツ データベース上で Upgrade-SPContentDatabase コマンドレットを使用し、サイト コレクションを手動でアップグレードします。

サイト コレクションのごみ箱の詳細については、次の 2 つの TechNet の記事、「ごみ箱の設定を構成する (SharePoint Server 2010)」または「ごみ箱の設定を構成する (SharePoint Foundation 2010)」を参照してください。引き続き質問がある場合は、ファームまたはサーバーの管理者にお問い合わせください。

注: 目的のサイトまたはワークスペースが表示されない場合は、既に手動または自動で完全に削除されている可能性があります。自動削除の設定について質問がある場合は、ファームまたはサーバーの管理者にお問い合わせください。

Windows PowerShell および SharePoint Server を使用して、サイト コレクション管理者は、削除されたサイト コレクション全体を復元することもできます。詳細については、「削除されたサイト コレクションを復元する (SharePoint Foundation 2010)」または「SharePoint 2013 で削除されたサイト コレクションを復元する」を参照してください。

削除されたアイテムはごみ箱でどれくらい保持されますか?

SharePoint Online既定の保存期間はられてから 93 日のアイテムが最初に削除します。SharePoint Online; から完全にから削除されるまで、保持期間のごみ箱をサイトの削除済みアイテムはユーザーが手動で削除して、サイトのごみ箱から保存時に場合、は、ままになっている他のアイテム保持期間のサイト コレクションのごみ箱パージ、ol 開始されるよう、クォータを超えている場合を除き、サイト コレクションのごみ箱に移動またはd のコンテンツ、またはサイト コレクションのごみ箱からサイト管理者によって手動で削除します。

サイト コレクションの記憶域のクォータとリスト ビューのしきい値に対してサイトのごみ箱の記憶域をカウントします。間隔のサイト コレクションのごみ箱に割り当てられている値は、サイト コレクションのクォータの 200% です。これらの値は、可能ではありません。

SharePoint Server 2016、SharePoint 2013 と SharePoint 2010 の場合は、2 種類のごみ箱もあります、サイトのごみ箱 (最初のステージ) とサイト コレクションのごみ箱 (済み)。アイテムの期間の既定値は、られてから 93 日です。元削除イベントが発生した日から 10,000 日までには、この期間を増やすことができます。必要な場合は自動的に破棄できません一定時間の経過後にごみ箱のアイテムを構成することもできます。サイトのごみ箱内のアイテムは、サイトの記憶域のクォータとリスト ビューのしきい値に対して加算します。サイト コレクションのごみ箱で利用可能な領域の既定の金額は、サイトのクォータを 50% は、サイトのクォータを最大 500% の構成することができます。ファーム管理者によっては、以下の値を構成できます。詳しくは、 SharePoint のごみ箱の構成の設定を参照してください。

SharePoint Online のそれぞれのごみ箱が同時に保持を開始するため、ユーザーがサイトのごみ箱からアイテムを削除した場合、そのアイテムはサイト コレクションのごみ箱に移動し、元々の 93 日間のカウントが継続して行われます。サイトのごみ箱内のアイテムは、だれかによってサイトのごみ箱から削除されない限り、サイト コレクションのごみ箱に移動されることはありません。

ごみ箱からの復元に関する基本情報

  • セキュリティ保護が可能なオブジェクトは、そのすべてのコンテンツと共に復元されます    セキュリティ保護が可能なオブジェクト (アクセスを制御できるあらゆるオブジェクト) を復元する場合、削除したときに含まれるすべてのオブジェクトと共に復元されます。たとえば、リスト、ライブラリ、フォルダー、またはドキュメント セットを復元する場合、復元されたバージョンには、削除したときに含まれていたすべてのドキュメントとその他のアイテムが含まれます。複数のバージョンがあるファイルやその他のアイテムを復元する場合は、復元されたファイルまたはアイテムには、削除されたときに含まれていたすべてのバージョンが含まれます。

  • コンテナー オブジェクトが表示されない場合、ほとんどのオブジェクトを復元できません    オブジェクトを削除して、そのオブジェクトを含むオブジェクトを削除する場合、オブジェクトを復元するには、コンテナーを復元する必要があります。たとえば、ファイルを削除して、そのファイルが保存されていたライブラリを削除する場合、ファイルを復元するには、ライブラリを復元する必要があります。以前のバージョンのファイルを削除し、現在のバージョンのファイル自体を削除する場合、以前のバージョンを復元するには、その前にファイル自体を復元する必要があります。

  • 例外:フォルダーから削除したオブジェクトは、最初にフォルダーを復元しなくても復元できます    フォルダーは以前の場所に自動的に再作成されますが、復元したオブジェクトのみが含まれます (または、削除したときに含まれていたすべてのコンテンツと共に復元する場合は、ごみ箱から手動でフォルダーを復元することもできます)。

PowerShell を使用してサイト コレクションを復元する

第 2 段階のごみ箱からは、サイトやワークスペースだけでなく、ファイル、ドキュメント、フォルダー、リスト アイテムを復元することができます。サイト コレクション管理者が Windows PowerShell を使用して、サイト コレクション全体を復元する方法については、「削除されたサイト コレクションを復元する (SharePoint」を参照してください。サイト コレクションのごみ箱からコンテンツを削除する場合は、「サイト コレクションのごみ箱からアイテムを削除する」を参照してください。

Windows のごみ箱を再びデスクトップに表示する

Windows のごみ箱は SharePoint とは関係ありませんが、削除したローカル ファイルを取得するためにアクセスできる状態にしておくことが重要です。ここでは Windows のごみ箱を再びデスクトップに表示する方法を示します。

Windows 10 のごみ箱をデスクトップに再び表示するには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタン Windows 10 の [スタート] ボタン を選択して、[設定] SharePoint 2016 のタイトル バーにある設定ボタン を選択します。

  2. [個人用設定]、[テーマ]、[デスクトップ アイコンの設定] の順に選択します。

  3. [ごみ箱] チェック ボックスをオンにして、[適用] を選択します。

• Windows 8.1 でデスクトップ アイコン設定にアクセスするには、画面の右端から中央にスワイプして、[検索] を選択します。[検索] ボックスに「desktop icons」と入力し、[デスクトップのアイコンの表示または非表示] を選択します。

• Windows 7 でデスクトップ アイコン設定にアクセスするには、[スタート] ボタンを選択し、[検索] ボックスに「desktop icons」と入力し、[デスクトップのアイコンの表示または非表示] を選択します。

ご意見を寄せてください

この記事はお役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や足りない点をお知らせください。検索によってここに移動してきて、意図した情報ではなかった場合は、お探しになっていた情報をお知らせください。SharePoint、OS、およびブラウザーのバージョンを含めてください。その内容を反映してこちらの手順を見直し、記事を更新します。

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×