サイト コレクションおよびサイトの構造を計画する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office SharePoint Server 2007内の Web サイトを開発するときに考慮すべき重要な要因には、Web サイトの目標とします。Web サイトを使いやすくなることを確認すると、計画に注意してくださいと管理しやすくなります。

この記事の内容

サイトを使用するユーザーを決定します。

サイトのコンテンツを決定します。

ナビゲーション構造を計画します。

サイトおよびサイト コンテンツへのアクセスを確認します。

サイトの利用者を特定する

どのようなサイトを作成するかは、サイトの意図するスコープおよび使い方によって決まります。チームが取り組むプロジェクトごとに個別のサイトを作成できます。たとえば、組織全体用のトップレベル Web サイトを作成し、その下に各チーム用の個別のサイトを作成できます。

サイト コレクション、サイト、およびサブサイト

トップレベル Web サイトとサブサイトを使用して、サイトのコンテンツを、明確に区別された個別管理可能な複数のサイトに分割できます。トップレベル Web サイトは複数のサブサイトを持つことができ、サブサイト自体も複数のサブサイトを持つことができます。サブサイトのレベル数に制限はありません。トップレベル Web サイトとそのすべてのサブサイトを合わせた全体の構造をサイト コレクションと呼びます。

この階層構造を使用すると、チーム全体用のメインの作業サイトに加えて、個々の作業サイトおよび関連プロジェクト用の共有サイトを作成できます。トップレベル Web サイトとサブサイトでは、サイトの機能および設定について異なるレベルの制御が可能です。

サイト コレクションの管理者とサイト名 Owners グループ

サイト コレクションの管理者は、サイト コレクション内のすべてのサイトに対してすべての権限を持っています。サイト コレクションのトップレベル Web サイトのサイト名 Owners グループのメンバは、トップレベル Web サイトとトップレベル Web サイトの権限を継承するその下のすべてのサブサイトの両方の設定および機能を制御できます。たとえば、サイト コレクションの管理者とトップレベル Web サイトのサイト名 Owners グループのメンバは、次の操作を行うことができます。

  • ユーザー、グループ、および権限の管理

  • 使用状況の統計の表示

  • 地域の設定の変更

  • Web パーツおよびテンプレート ギャラリーの管理

  • 通知の管理

  • サイトの名前、説明、テーマ、およびホーム ページ編成の変更

  • トップレベル Web サイトおよびすべてのサブサイトの設定 (地域設定など) の構成

  • SharePoint サーバーの全体管理での電子メールの設定が有効になっている場合は、トップレベルの Web サイトとすべてのサブサイトのメールの設定を更新します。

  • トップレベル Web サイトおよびすべてのサブサイトの Web パーツ設定の構成

ただし、サブサイトで固有の権限を使用している場合、トップレベル Web サイトのサイト名 Owners グループのメンバは、そのサイトに対して上記の操作を行うことはできません。一方、サイト コレクションの管理者は、サブサイトで固有の権限を使用しているかどうかにかかわらず、常にすべてのサブサイトでこれらの操作を実行できます。

サブサイトのサイト名 Owners グループのメンバは、そのサブサイトおよびそのサブサイトの権限を継承するその下のすべてのサブサイトについてのみ、設定および機能を制御できます。たとえば、サブサイトの管理者は次の操作を行うことができます。

  • ユーザーおよびグループの追加、削除、または変更 (固有の権限が設定されている場合)

  • 使用状況の統計の表示

  • 地域の設定の変更

  • Web パーツおよびテンプレート ギャラリーの管理

  • 通知の管理

  • サイトの名前、説明、テーマ、およびホーム ページ編成の変更

ページの先頭へ

サイトのコンテンツを決定する

Office SharePoint Server 2007一元的チーム ドキュメント、プロジェクトのスケジュール、イベント、およびお知らせ] ではなくメールを使用して、その情報を通信などの情報を投稿できます。Web サイトは、この 1 つの場所として機能し、ように、サイトを作成する、いつでもを保存して、1 つの場所でドキュメントを共有する必要があります。チーム、プロジェクト、または、ビジネス ニーズに、これを行うことができます。

新しいサイトを作成するときに、いくつかのサイト テンプレートのいずれかを選択して開始します。サイト テンプレートは、次の 4 つのカテゴリに分類: 共同作業、会議、エンタープライズ、および発行します。各テンプレートには、ページ、リスト、ライブラリ、その他の要素またはコンテンツの発行、コンテンツの管理、レコード管理、またはビジネス インテリジェンスの特定のシナリオをサポートする機能が含まれています。

各テンプレートを調査し、ニーズに最も適したものを選択します。テンプレートを選択した後にカスタマイズできることが気に入ったら、注意してください。サイト テンプレートの詳細については、「既定のサイト テンプレート」を参照してください。

カスタマイズした内容をテンプレートとして保存する

既存のサイトまたはリストは、カスタム テンプレートとして保存できます。カスタム テンプレートは、一連の変更をパッケージ化すると、既存のサイトと新しいサイトおよびリストで利用できる方法です。すべてのカスタム テンプレートは、サイト定義に基づいています。サイト コレクション内のすべてのサイトで使用するためのライブラリには、Web パーツ、リスト テンプレート、およびサイト テンプレートを保存できます。カスタム テンプレートをサイトのテンプレート ギャラリーおよびリスト テンプレート ギャラリーのページ間で利用可能なに行われます。

ページの先頭へ

ナビゲーション構造を計画する

ナビゲーションは、ユーザーがサイト上の主要なセクションやページへのアクセスに使用するリンクで構成されます。使用できるサイト ナビゲーション用の要素を次に示します。

サイト ナビゲーション用の要素

説明

すべてのサイト コンテンツの表示

このナビゲーション用の要素は、ページの左側のサイド リンク バーのすぐ上にリンクとして表示されます。このリンクをカスタマイズしたり無効にしたりすることはできません。このリンクをクリックすると、[すべてのサイト コンテンツ] ページが表示されます。このページには、サイトのすべてのリスト、ライブラリ、ディスカッション掲示板、アンケート、およびごみ箱へのリンクが一覧で表示されます。

サイド リンク バー

これはカスタマイズ可能なナビゲーション用の要素です。ここには、セクションの見出しとサイトの他の領域へのリンクが表示されます。既定では、サイド リンク バーは、ほとんどのページで [すべてのサイト コンテンツの表示] リンクのすぐ下に表示されます。

ツリー ビュー

このナビゲーション用の要素は、Windows エクスプローラと外観が似ています。ツリーの各分岐には他のオブジェクトが含まれ、分岐を展開することによってそれらのオブジェクトを表示できます。ツリー ビューは、構成することはできず、既定では表示されません。ツリー ビューが表示される場合は、サイド リンク バーのすぐ下に表示されます。

トップ リンク バー

これはカスタマイズ可能なナビゲーション用の要素です。サイトのすべてのページの上部に、1 つ以上のハイパーリンク タブとして表示されます。

コンテンツの階層リンク

このナビゲーション用の要素は、現在表示しているサイトの階層をすばやく移動するために使用できる一連のハイパーリンクを提供します。サイトのホーム ページを表示している場合、この階層リンクは表示されません。ただし、サイトの階層を下に移動すると、移動したページの名前の上にこの階層リンクが表示されます。

グローバル階層リンク バー

このナビゲーション用の要素は、サイト コレクション内の他のサイトに移動するために使用できるハイパーリンクを提供します。この階層リンクは常に表示されます。表示される場所は、ページの左上隅のサイト名の上です。

ページの先頭へ

サイトおよびサイトのコンテンツへのアクセスを決定する

Web サイトをセットアップするへのアクセス権を持つユーザーを指定する必要があります。一般的なインターネット サイトの場合、サイトのコンテンツを表示するのには、すべてのユーザーがその内容を変更することができるようにしたくないです。会社のイントラネット サイト、サイトの構造を制御するいくつかのユーザーがより多くのユーザーを新しいコンテンツを追加またはグループの予定表やアンケートへの参加を行うことができます。エクストラネットの場合、する慎重にサイトを閲覧できるユーザーを制御します。通常、Web サイトへのアクセスは、特定のユーザーが実行できるアクションを制御する権限を持つユーザー アカウントを組み合わせて制御されます。

アクセス許可は、トップレベル サイト、サブサイト、およびリストとライブラリの各レベルで設定できます。アクセス許可の設定の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×