サイト階層内の場所に対するビューの利用可能性を構成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

サイト階層内の特定の場所でどのビューを利用できるかを構成できます。ビューの利用可能性を構成できるサイト階層内の場所は次のとおりです。

  • リスト

  • ライブラリ

  • リストとライブラリのフォルダー

  • リストとライブラリのメタデータ値

特定の場所に対する既定のビューを構成したり、特定のビューが定義されているリストまたはライブラリ内のすべての場所でそのビューを利用できるようにすることもできます。場所単位のビュー設定により、サイト階層内の場所ごとに適切なビューを提供できるようになります。

注: 場所単位のビューの個人用ビューを使うことはできません。「参照」セクション ビューと関連する機能の詳細についてをを検索します。

場所単位のビューを有効にするには、サイトのメタデータ ナビゲーションとフィルター処理機能を有効にする必要があります。ほとんどのサイトでは、この機能を既定で利用できます。

場所単位のビューの設定を構成するには、リストまたはライブラリが置かれているサイトの既定の "デザイナー" セキュリティ グループに付与されるアクセス許可が最低限必要です。

この記事の内容

手順 1: ビューの設定の場所を指定します。

手順 2: ビューを構成する場所の設定

ビューの設定を親から継承する場所を構成します。

別のビュー設定が親よりする場所を構成します。

[場所の既定のビューを指定します。

リストまたはライブラリ内のすべての場所でビューを使用できるように

手順 1: ビュー設定の場所を指定する

  1. 場所単位のビュー設定を構成するリストまたはライブラリに移動します。

  2. リボンの [リスト] タブまたは [ライブラリ] タブをクリックし、[ライブラリの設定] をクリックします。

  3. [リストの設定] ページまたは [ライブラリの設定] ページで、[場所単位のビューの設定] をクリックします。

  4. 場所単位のビュー] ページで、[の場所を構成するナビゲーションで、非表示にするか、ビューを使用できるようにする場所を選択します。
    構成する場所

ページの先頭へ

手順 2: 場所に対してビュー設定を構成する

前の手順で選択した場所に対してビュー設定を構成するには、次の手順に従います。

ビュー設定を親から継承するように特定の場所を構成する

  • ビュー設定をサイト階層の親から継承するように特定の場所を構成するには、[ビュー設定の継承] セクションで [はい]を選択し、[OK] をクリックします。リストまたはライブラリの階層の最上位では、このオプションが無効になります。

    重要: この設定を変更すると、サイト階層内の次の場所の下にある次の場所からビューの設定を継承するすべての場所に反映されます。

    表示設定の継承

ページの先頭へ

親とは異なるビュー設定が適用されるように特定の場所を構成する

親とは異なるビュー設定が適用されるように特定の場所を構成するには、次の操作を行います。

  1. [ビュー設定の継承] セクションで [いいえ] を選択します。

  2. [使用できるビュー] セクションで [追加] および [削除] を使用して特定の場所に対するビューを追加または削除し、[OK] をクリックします。

    重要: この設定を変更すると、サイト階層内の次の場所の下にある次の場所からビューの設定を継承するすべての場所に反映されます。

    利用可能ビュー

ページの先頭へ

特定の場所に対する既定のビューを指定する

特定の場所で利用可能 (または非表示) に設定されたビューを、その場所の既定のビューとして構成するには、次の操作を行います。

  1. [この場所で使用できるビュー] または [この場所で表示しないビュー] で、目的のビューを選択します。

  2. [<ビュー名> をこの場所の既定のビューにする] をクリックし、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

リストまたはライブラリのすべての場所を対象にビューを利用可能にする

特定の場所で利用可能 (または非表示) に設定されたビューを、リストまたはライブラリのすべての場所に追加するには、次の操作を行います。

  1. [この場所で使用できるビュー] または [この場所で表示しないビュー] で、目的のビューを選択します。

  2. [このライブラリのすべての場所に <ビュー名> を追加する] をクリックし、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×