サイト列を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

サイト内の列とは、再利用可能な列の定義 (つまりテンプレート) で、複数の SharePoint サイト間で複数のリストに対して割り当てることができます。サイト内の列は、組織で複数のリストおよびライブラリに一貫した設定を使用する場合に便利です。複数のリストおよびライブラリの間で設定を共有できるため、毎回設定を作成し直す必要がありません。たとえば、Customer という名前のサイト内の列を作成したとします。ユーザーは、この列を自分のコンテンツ タイプまたはリストに追加することができます。これにより、少なくとも開始時には、その列が表示されるすべての場所で列に確実に同じ属性を持たせることができます。

リストまたはライブラリにアイテムを追加する場合は、フォームに記入します。このフォーム内の各列は、フィールドとして表示されています。各フィールドのラベルには、列の名前が使用されています。列の説明を入力すると、その説明がフィールドの下部に表示されます。該当のフィールドにどのような情報を入力したらよいかを示す説明を付けておくと、チーム メンバがフォームに記入する際に役立ちます。

  1. [サイトの操作] メニュー ボタン イメージ の [サイトの設定] をクリックします。

    注: [サイトの操作] メニューをカスタマイズしたサイトで、[サイトの設定] をポイントし、表示する設定をクリックします。

  1. [サイトの設定] ページの [ギャラリー] で、[サイト列] をクリックします。

  2. [サイト内の列ギャラリー] ページで、[作成] をクリックします。

  3. [名前と種類] セクションで、[列名] ボックスに任意の名前を入力します。

  4. 列に格納する情報の種類を選択します。

    次の表に、既定で使用できる列の種類を示します。

列の種類

表示される列

1 行テキスト型

テキストのみ、テキストと数字の組み合わせ、計算で使用されない数字 (電話番号など) などの、1 行に収まる短いテキストを収集し、表示する列。

複数行テキスト型

テキストまたは書式設定済みテキストの文を 1 つ以上収めて表示する列。

選択肢 (メニューから選択)

オプションのリストを表示する列。

数値 (1, 1.0, 100)

数値の入力が可能なボックスが付いた列。

通貨 ($, \, ?)

通貨値の入力が可能なボックスが付いた列。

[日付と時刻]

カレンダまたは時刻情報を格納する列。

参照 (このサイトにある既存の情報)

サイトに既に格納されている情報を容易に選択できる列。

はい/いいえ (チェック ボックス)

true/false の情報を格納する列。

ユーザーまたはグループ

ユーザーまたは SharePoint グループの名前を表示する列。

ハイパーリンクまたは画像

Web へのハイパーリンクを表示する列、または Web から取得された画像を表示する列。

集計値 (他の列を元にした計算結果)

公式の結果に基づく情報を表示する列。公式には、他のリスト、列、日付、または数値からの情報を使用できます。標準の数値演算子を使用することができます。

  1. [グループ] セクションで、新しいサイト列を格納する既存のグループを選択するか、サイト列を格納する新しいグループを作成します。

    次の表に、既定で使用できるグループを示します。

グループ

表示される列

基本の列

多くの種類のリストまたはライブラリで有用な列。

主要連絡先と予定表の列

連絡先リストや予定表リストで有用な列。これらの列は、一般に、Microsoft Outlook などの、Windows SharePoint Services と互換性のあるクライアント連絡先および予定表プログラムのメタデータを同期化するために使用されます。

主要ドキュメントの列

Dublin Core メタデータ セットの標準ドキュメント列。

主要タスクと案件の列

To Do リストおよび案件リストで有用な列。これらの列は、一般に、Office Outlook などのクライアント タスクおよび案件プログラムのメタデータを同期化するために使用されます。

ユーザー設定の列

リストまたはライブラリの用途に合わせて追加される列。

拡張した列

特殊用途の列のセット。

  1. [列の追加設定] で、列の必要な追加設定を選択します。ここで選択可能なオプションは、[名前と種類] で選択している列の種類により異なります。

  2. [OK] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×