サイト上で検索可能にするコンテンツを有効にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユーザーがサイト上で検索を実行すると、結果が列、ライブラリ、ページなどのさまざまな場所から呼び出されます。サイトの所有者は、サイトのコンテンツを検索結果に表示するかどうかを決定する検索設定を変更できます。コンテンツの権限も、ユーザーが検索結果にコンテンツを表示できるかどうかに影響します。権限と検索設定の動作方法をよく理解していると、ユーザーが適切なドキュメントとサイトを検索結果に表示できる状態を確保できます。

注:  検索結果には、常にセキュリティ トリミングが行われるため、ユーザーは表示権限を持ったコンテンツのみを表示できます。検索設定で定義するのは、検索インデックスにどのコンテンツを含めるかのみです。

目的に合ったトピックをクリックしてください

検索結果でコンテンツを使えるように計画する

検索の設定および権限について理解する

サイトのコンテンツを検索結果に表示する

リストやライブラリのコンテンツを検索結果に表示する

ASPX ページのコンテンツを検索結果に表示する

列のコンテンツを検索結果から除外する

サイトのクロールを実行し、インデックスを再作成する

検索結果でコンテンツを使えるように計画する

サイトの所有者は、サイトのコンテンツを検索結果に表示するかどうかを制御する設定を使うことができます。コンテンツは、サイト、リスト、ライブラリ、Web パーツ、列など、さまざまな場所に保存されます。既定では、サイト、リスト、ライブラリ、Web パーツ、列に保存されたほとんどのコンテンツはクロールされ、検索インデックスに追加されます。検索インデックスの内容によって、検索結果に表示されるコンテンツが決まります。また、アイテム、リスト、ライブラリ、サイトなどに設定された権限も、ユーザーが検索結果にどのコンテンツを表示できるかに影響します。

サイトの所有者とサイト コレクション管理者は、サイトのコンテンツを検索結果に表示するかどうかを指定できます。既定では、サイトのコンテンツは検索結果に表示できます。サイトの所有者またはサイト コレクション管理者が、特定のサイトからのコンテンツを検索結果に表示しないように指定すると、リスト、ライブラリ、ASPX ページ、列などのサイト上で設定された検索結果に関する他の設定は無効になります。

同様に、サイトの所有者またはサイト コレクション管理者がリストやライブラリのコンテンツを検索結果に表示しないように指定すると、列の除外は無効になります。検索を効果的に計画するには、上位レベルから継承される設定を把握しておくことが重要です。

ページの先頭へ

検索の設定および権限について理解する

サイトの所有者の役割の 1 つは、コンテンツにアクセスできるユーザーを制御することです。ユーザーごとに、コンテンツの読み取りと変更、コンテンツの読み取りのみ、コンテンツ全体の閲覧不可などの権限を設定できます。このような権限設定の柔軟性を活用するため、権限グループを使って特定の権限レベルを割り当てます。ユーザーがサイトまたはコンテンツにアクセスできるようにするため、サイトの所有者はユーザーを 1 つまたは複数のセキュリティ グループに割り当てます。権限の設定を検索結果の設定と組み合わせて使うことで、サイトの所有者はユーザーがコンテンツを検索結果に表示できるかどうかを管理できます。

たとえば、青木さんは、Microsoft Office Word で提案依頼書 (RFP) を作成しており、10 人のチームと共同作業を行っています。彼のチーム サイトには、50 人のユーザーが所属しており、全員がサイト メンバーです。青木さんは、チームのメンバー全員が RFP を閲覧できるような準備を完了していません。そのため、RFP をチーム サイトにアップロードする際、チームの 10 人だけが閲覧や編集ができるように権限を設定します。50 人すべてのユーザーに読み取りの権限を与えるまで、ドキュメントを閲覧する権限を持つ 10 人のユーザーだけの検索結果に RFP が一覧表示されるようにすることができます。

権限は、リスト、サイト、ビュー、および Web パーツに適用できます。また、権限は他の権限に依存することもできます。このことはすべて、ユーザーが検索結果で閲覧する内容に影響を与えます。そのため、SharePoint の権限モデルや、サイトまたは組織の権限モデルについて理解を深め、コンテンツを追加する前にサイトの権限モデルを計画することが場合によっては必要です。

SharePoint Online の既定の SharePoint グループ」もご覧ください。

ページの先頭へ

サイトのコンテンツを検索結果に表示する

サイトの所有者は、サイトのコンテンツを検索結果に表示できるかどうかを指定できます。既定では、サイトのすべてのコンテンツが検索結果に表示されます。検索結果を閲覧するユーザーは、コンテンツを閲覧する権限を持っている必要があります。サイトのコンテンツを検索結果に表示しないようにすると、すべてのサブサイトのコンテンツについても検索結果への表示がブロックされます。

注: この設定を変更するには、権限の管理権限レベルを持っている必要があります。この権限レベルは "<サイト名>" 所有者グループに含まれています。

  1. サイト上で、[設定]、[サイトの設定] の順にクリックします。

  2. [検索] の [検索とオフラインでの使用制限] をクリックします。

  3. [サイト コンテンツのインデックス作成] セクションで、[検索結果に表示するには、このサイトを許可する] を選択して[はい]に検索結果に表示するサイトのコンテンツを許可します。

コンテンツを検索結果に表示しない場合は [いいえ] を選びます。

ページの先頭へ

リストやライブラリのコンテンツを検索結果に表示する

サイトの所有者は、サイトのリストやライブラリのアイテムを検索結果に含めるかどうかを指定できます。既定では、すべてのリストやライブラリは、すべてのアイテムを検索結果に含めるように設定されています。

注: この設定を変更するには、リストの管理権限レベルが必要です。編集者グループおよび "<サイト名>" 所有者グループに、この権限レベルが含まれています。リストの管理権限を持っていない場合、次の手順に示されるメニューは使用できません。

  1. サイト上で、カスタマイズするリストまたはライブラリを見つけてクリックします。

  2. [設定]、[サイトの設定]の順にクリックします

  3. [サイトの管理] の [サイトのライブラリとリスト] をクリックします。

  4. たとえば、["共有ドキュメント" のカスタマイズ] など、リストの項目をクリックします。

  5. [リストの設定] ページで、[全般設定] の [詳細設定] をクリックします。

  6. [検索] セクションの [このドキュメント ライブラリのアイテムを検索結果に表示する] で、リストやライブラリのすべてのアイテムを検索結果に含める場合は [はい] を選びます。

検索結果からすべてのアイテムを除外する場合は [いいえ] をクリックします。

ページの先頭へ

ASPX ページのコンテンツを検索結果に表示する

サイトの所有者は、ASPX ページのコンテンツを検索結果に含めるかどうかを制御できます。サイトを作成する際、たくさんのコンテンツのページが自動的に作成されます。たとえば、default.aspx、Web パーツ ギャラリー用の allitems.aspx などのページが自動的に作成されます。また、カスタム ASPX ページを作成することもできます。

既定では、ASPX ページに表示される Web パーツで、制限された権限 (詳細に設定された権限とも呼ばれます) など、リストやライブラリの情報が使われる場合、サイトの ASPX ページのコンテンツは検索結果に含まれません。これにより、許可されていないユーザーがコンテンツを閲覧できないようにします。

たとえば、50 人のメンバーが所属するチーム サイトの共有ドキュメントの Web パーツに、5 つのドキュメントが表示されているとします。これらのドキュメントの 1 つで権限が制限されており、数人のユーザーしか閲覧できません。検索結果では、このサイトのコンテンツは表示されないように自動的に設定されているため、ユーザーが検索を実行してもこのドキュメントのコンテンツは表示されません。これで、ASPX ページのコンテンツは、閲覧の権限が与えられていないユーザーに対して、誤って公開されないようになります。

この設定を無視して、権限に関係なく、検索結果にすべてのコンテンツを表示することができます。この場合、すべてのコンテンツが検索結果に表示されますが、許可されていないユーザーは実際のドキュメントにアクセスできない可能性があります。また、設定されている権限に関係なく、検索結果に ASPX コンテンツを含めないようにすることもできます。

注: この設定を変更するには、権限の管理権限レベルを持っている必要があります。この権限レベルは "<サイト名>" 所有者グループに含まれています。

  1. サイト上で、[設定]、[サイトの設定] の順にクリックします。

  2. [検索] の [検索とオフラインでの使用制限] をクリックします。

  3. ASPX ページのコンテンツのインデックス作成で] セクションで、次のオプションのいずれかを選択します。

オプション

説明

このサイトの権限が詳細に設定されている場合は Web パーツをインデックス処理しない

ASPX ページの権限が親サイトと異なる場合、検索結果にサイトのコンテンツは表示されません。

常にこのサイトのすべての Web パーツをインデックス処理する

設定されている権限に関係なく、サイトのすべての ASPX ページのコンテンツを検索結果に表示します。

このサイトの Web パーツをインデックス処理しない

設定されている権限に関係なく、サイトのすべての ASPX ページのコンテンツを検索結果に表示しません。

ページの先頭へ

列のコンテンツを検索結果から除外する

サイトの所有者は、リストやライブラリの特定の列のコンテンツを検索結果に表示するかどうかを制御できます。既定では、すべてのコンテンツが検索結果に表示されます。この設定は、機密データを検索結果に表示しないようにするときに便利です。

注: この設定を変更するには、権限の管理権限レベルを持っている必要があります。この権限レベルは "<サイト名>" 所有者グループに含まれています。

  1. 目的のリストまたはライブラリがあるサイト上で、[設定]、[サイトの設定]の順にクリックします。

  2. [検索] で [検索可能な列] をクリックします。

  3. [Search インデックス処理の対象外にする列]セクションの [除外] で、検索結果から除外する列の [列名] の横にあるボックスをオンにします。

注: 表示される列は、現在のサイトに属する列です。

ページの先頭へ

サイトのクロールを実行し、インデックスを再作成する

ユーザーが SharePoint サイトのコンテンツを検索するときには、検索インデックスの内容によって、何が検出されるかが決まります。検索インデックスには、サイト上のすべてのドキュメントとページからの情報が含まれています。SharePoint Online では、定義されたクロール スケジュールに従って、コンテンツのクロールが自動的に行われます。クローラーは、最後にクロールを実行したとき以降に変更されたコンテンツを取得し、インデックスを更新します。

場合によっては、サイト全体のインデックスの再作成を具体的に要求したいことがあります。詳細については、「クロールとインデックス再作成を手動で要求する」をご覧ください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×