サイトのユーザー インターフェイスで使用できるようにする言語の選択

サイトのユーザー インターフェイスで使用できるようにする言語の選択

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

サイトコレクション管理者は、複数言語ユーザーインターフェイス (MUI) 機能を使用して、個々のユーザーがサイトの表示言語を変更したり、既定のSharePointとは異なる言語でサイトを作成したりすることができます。言語.MUI と複数言語の web サイトの詳細については、「多言語機能の概要」を参照してください。

重要: MUI では、ユーザー インターフェイスの表示言語を変更できます。バリエーションでは、複数バージョンのコンテンツを作成し、それを機械翻訳サービスを利用したり、ローカライズの専門家に依頼したりして翻訳してもらうという作業が行えます。ユーザー設定のユーザー インターフェイス (UI) 要素に対する MUI のサポートには、制限事項があります。バリエーションの詳細については、「多言語 Web サイトの作成」をご覧ください。

サイトの言語設定を選択するには、サイトコレクション管理者としてサインインしている必要があります。さらに、 SharePoint server ファーム管理者は、最初にSharePointサーバーに言語パックを展開する必要があります。既定では、言語パックは既に展開されており、 SharePoint Onlineを使用して Office 365 ユーザーが利用できるようになっています。

  1. サイトページで、[設定  SharePoint Online の [設定] ボタン ] をクリックし、[サイトの設定] をクリックします。[サイトの設定] が表示されない場合は、[サイト情報] をクリックし、[すべてのサイト設定の表示] をクリックします。一部のページでは、サイトのコンテンツを選択し、[サイトの設定] を選ぶ必要がある場合があります。

  2. 設定ページの [サイトの管理] セクションで、[言語設定] をクリックします。

  3. [第 2 言語] セクションで、ユーザーが各自のユーザー インターフェイスの表示に使用できるようにする言語のチェック ボックスをオンにします。たとえば、インストールされている唯一の言語パックがフランス語だった場合、フランス語が、選択できる唯一の第 2 言語となります。

  4. [OK] をクリックします。

これで、ユーザーが個人使用のユーザー インターフェイスの表示言語を変更できるようになりました。「言語と地域設定の変更」をご覧ください。

サイトの第 2 言語を有効にしたら、片方の言語で新しいリストまたはライブラリを作成した後、他方の言語でサイトを表示して、その言語のリストまたはライブラリの名前を変更できます。リストやライブラリの列、およびナビゲーション リンクにも同じプロセスが使用できます。

注: リストアイテムは、コンテンツとしてではなく、UI と見なされるため、代替表示言語を選択すると変更されます。

必要な言語パックがインストールされていることを確認する

SharePoint Server またはSharePoint Foundation の場合

ユーザーが選ぶことができる使用可能な言語の一覧は、組織の SharePoint サーバーにインストールされている言語パックによって生成されます。これらの言語パックは、サーバーファーム管理者 (つまり、組織のサーバーコンピューターに言語パックをダウンロードするための適切なアクセス許可レベルを持つ IT 組織内のユーザー) によってインストールされている必要があります。sharepoint server 2016 および2019でサポートされる言語の一覧については、「 sharepoint server 2016 と2019の言語パックをインストールまたはアンインストールする」を参照してください。

SharePoint Online の場合

Office 365 管理者の場合、言語パックは既に展開されており、MUI は既定で有効になっているため、優先言語でSharePoint Online 管理センターを読むことができます。SharePoint Onlineサイト管理者の場合は、既定でサイトで MUI を有効にすることはできません。サイトを作成した後で、サイトに優先する代替言語を選択する必要があります。

サイトのユーザー インターフェイスとは

サイトのユーザーインターフェイスは、メニュー、ナビゲーションアイテム、ごみ箱など、SharePoint との対話に使う画面上の要素を参照します。

MUI 機能を使用すると、次のユーザー インターフェイス要素を異なる言語で表示できます。

  • Web パーツ

  • サイトのタイトルと説明

  • SharePoint の既定のメニューと操作

  • 既定の列

  • ユーザー設定の列 (リストまたはサイト)

  • ナビゲーション バーのリンク

  • Managed Metadata Service

サイト、サイトコレクション、または Web ページを、インストールの既定の言語以外の言語で作成する場合、またはサイトに使う予定の既定の言語で作業できないユーザーがサイトにある場合は、MUI を使用します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×